プリウスの車検費用が15万は高い?相場はいくら?結論と車検代を安く抑える方法

「プリウスの車検費用が15万って高い?」

「車検代を安く抑える方法があれば教えてほしい!」

車を所有していれば、必ず迎える「車検」
受ける必要があるものの、車検費用が15万にもなると安くする方法を探したくなりますよね。

プリウスの車検費用の相場や安く抑えたい方にとって、気になる情報です。

そこで!本記事ではプリウスの車検費用が15万は高いのかの結論と車検代を安く抑える方法を詳しく解説していきます!

【結論】プリウスの車検費用が15万は高い?

プリウスの車検費用が15万は高いのかどうか?

結論からいうと、車検を受けた業者によると言えます。
なぜなら、車検業者によって車検費用は大きく異なるからです。

実際、中型乗用車(1.0~1.5t以下)の車検費用の相場を調べると、以下の結果が得られました。

中型乗用車(1.0~1.5t以下)の車検費用の相場

  • ディーラー:約10万円~
  • 自動車整備工場:約9万円~
  • ガソリンスタンド:約6万円~
  • カー用品店:約6万円~
  • 車検専門店:約5万円~
  • ユーザー車検:検査手数料2,100円のみ(法定費用は別)

ディーラーだと法定費用(約4万円~5万円程度)を足した総額が、15万円近くかかることがわかります。

ですので、ディーラーで車検を依頼した場合は、通常の車検費用の範囲であり、カー用品店や車検専門店では15万円は高額だと考えられます。

以上のように、どこの業者で車検を依頼したかで判断できるため、チェックしてみることをおすすめします。

まず、車検の見積もりを取りたい場合は、ニコニコ車検を利用するのがおすすめです。

ニコニコ車検から無料見積りを取ると、

無料見積で必ずもらえる特典

  • 支払い総額から「1,000円割引」
  • 車検実施時の「オイル交換が無料」

お得な特典も付いてきます。

年間16,771台近くの車検台数実績があるからこそ、見積りに関しても、他業者より選ばれている理由だといえます。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

車検費用の平均的な相場

参考までに、プリウスの車検費用の平均的な相場は、楽天Car車検調べで以下の通りとなります。

  • 基本料金+法定費用=62,020円

また、プリウスのような排気量1,500ccクラスのコンパクトカーの車検相場は、7万9,910円~8万9,510円となります。

車検にかかる費用の内訳

プリウスの車検にかかる費用の内訳は以下の通り。

法定費用

  • 自動車重量税(エコカー)1万5,000円
  • 自動車重量税(非エコカー)2万4,600円~4万5,600円
  • 自賠責保険料:17,650円
  • 検査手数料(印紙代・証紙代):1,600円~2,300円

  • プリウスの法定費用合計=約3万5,000円~6万5,000円程度
車検基本料金と整備費用

  • 車検専門店からディーラーまで 約5万円~10万円程度
    ※車両点検・整備や部品交換が含まれる

以上の結果から合算すると、

  • 法定費用 + 車検基本料金と整備費用 = 約8万5,000円~16万5,000万円程度

また、自分で車両を持ち込むユーザー車検を含めると、約4万円から車検を行うことができます。

プリウスの車検費用が15万と高くなる原因とは

ここまで、プリウスの車検費用が15万は高いのかどうかをまとめてきました。

結論、15万が高いかは車検業者です。
なんですが、車検業者次第といっても、プリウスの車検費用で15万は高いといえます。

ではなぜ、プリウスの車検費用で15万もついたのか?

プリウスの車検費用が15万と高くなる原因とは何か?解説します。

【原因1】ディーラーで車検を依頼すると高いため

まず1つ目の原因が「ディーラーで車検を依頼すると高いため」

ディーラーに車検を依頼すると高くなります。

主な理由として、ディーラーでは、ユーザーの車が次の車検までの2年間を、安全に走行できる状態にするため、念入りな整備が行われるから。

実際、トヨタの公式サイトによると、ディーラー車検の特徴を以下の通り挙げています。

ディーラー車検の特徴

  • トヨタ車を知り尽くしたプロのサービスエンジニアが対応
  • 車検ツールによるムダのない作業
  • 複数のスタッフによるチーム体制のサポート

確かな技術力のある整備士に行ってもらえる安心感を得る代わりに、高額になると考えることができます。

以上のように、ディーラー車検を依頼するというのが、プリウスの車検費用が高くなる原因となります。

【原因2】純正パーツ・部品交換のため

次に2つ目の原因が「純正パーツ・部品交換のため」

純正パーツや部品の交換をした場合、車検費用が高くなります。

たとえば、車検の整備費用の中に、消耗品や部品交換があると、追加費用が請求されますが、その際に純正品を選択した場合、料金が割高になります。

純正部品は、品質が保証されているため、壊れにくさや保証期間が長いなどのメリットがあるものの、値段は汎用品に比べれば、割高になります。

また、純正部品で交換した方が費用は高いものの、リセールバリューが良くなるといったメリットもあります。

以上のように、プリウスの車検が高くなる原因として、純正パーツ・部品交換も挙げられます。

【原因3】ハイブリッドスマートiチェックを行ったため

3つ目の原因が「ハイブリッドスマートiチェックを行ったため」

プリウスは、ガソリンと電気で走るハイブリットカーであるため、ハイブリッド専用の点検を行う必要があります。

それが、「ハイブリッドスマートiチェック」であり、ディーラーでしか受けられないサービスとなります。

具体的には、以下の点検項目を受けられます。

ハイブリッドスマートiチェックの点検項目

  • コンピュータシステム(異常がないか点検)
  • 昇圧制御(加速に影響する昇圧制御の点検)
  • ハイブリッドバッテリーの点検
  • 補器バッテリー充電状態の診断

ハイブリッドスマートiチェックの具体的な料金は、記載されていない販売店が多いですが、岩手トヨタでは「2,200円(全クラス)」との表示がありました。

以上のように、ハイブリッドスマートiチェックもプリウスの車検費用が高くなる原因に挙げられると言えるでしょう。

プリウスの車検代を安く抑えるおすすめの方法

ここまで、プリウスの車検に関する情報を詳しく解説してきました。

疑問に思う男性

「プリウスの車検費用が高くても、受け入れるしかない?他に安く抑える方法はない?」

あなたが最も知りたいのは、「車検費用を安く抑えるおすすめの方法」ですよね。

どうすれば、車検費用は安く抑えられるのか?

ここからは具体的なプリウスの車検代を安く抑えるおすすめの方法をご紹介します!

【方法1】安い指定整備工場を選ぶ

まず検討したいのが「安い指定整備工場を選ぶ」

指定工場」とは、地方運輸局長の認証を受けた「認証工場」の中でも、自動車の検査の設備があり、検査員による点検や整備を認められた工場を指します。

こうした国の認証を受けた指定工場の中で、安く車検ができる工場を選ぶと、安心な上に費用を抑えることが可能です。

たとえば、関東にお住まいの場合、「ニコニコ車検」を利用すれば、国交省指定整備工場で安く車検が行えます。

ニコニコ車検の利点は、車検の基本料金が全車11,000円と安いのはもちろん、Web割も利用できて安く抑えられます。

さらに、車検後のアフターフォロー(特典)も付いています。

ニコニコ車検利用後のアフターフォロー(特典)

  • 2年間ガソリン代ずっと5円/L割引
  • 車検後2年間整備保証付き
  • 6ヶ月点検が無料
  • 18ヶ月点検が無料
  • オイル交換2年間1,100円
  • タイヤローテーションが無料

かなりお得ですね。

ですので、車検費用を安く抑えるなら、安い指定工場を選ぶのがおすすめです。

ニコニコ車検で無料見積を取ると、もれなく「1,000円割引」と「オイル交換無料」も付いてきます

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法2】複数の車検業者から見積りを取る

今すぐできて簡単な方法は「複数の車検業者から見積りを取る」

一社に絞らず、相見積りも費用を安くする方法として有効です。
なぜなら、複数の車検業者の中から、比較検討を行って一番安い業者を選べるから。

自分が納得した上で、車検業者を選べる点が、相見積り最大の利点だといえます。

実際、ニコニコ車検の見積りを利用すると、最高ランクの国交省指定整備工場の中から、一番安い業者を選ぶことができます。

さらに、ニコニコ車検から無料見積りを取ると、

無料見積で必ずもらえる特典

  • 支払い総額から「1,000円割引」
  • 車検実施時の「オイル交換が無料」

お得な特典も付いてきます。

年間16,771台近くの車検台数実績があるからこそ、見積りに関しても、他業者より選ばれている理由だといえます。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法3】自分で車検を行う(ユーザー車検)

そして「自分で車検を行う(ユーザー車検)」

ユーザー車検」とは、自分で運輸支局に車を持ち込んで車検を行うことを指します。

運輸支局が開庁している平日に車を持ち込める時間的余裕があり、なおかつ、車の点検・整備に関する専門的知識があれば、ユーザー車検で安く費用を抑えることが可能です。

実際、ユーザー車検にかかる費用は、検査手数料1,400円+法定法定費用(自賠責保険料+重量税+印紙代)のみとなります。

なので、35,000円~40,000円程度で車検を受けることができるので、業者で受けるよりも実質10,000円~30,000円ほど車検費用を抑えることができます。

以上のことから、ユーザー車検も、車検費用を安く抑える方法のひとつとなります。

プリウスの車検費用が高すぎる時のベストな対処法

ここまで、プリウスの車検費用に関する情報を解説してきました。

高くても車検を受ける人は多いでしょう。
ですが、プリウスの車検費用が高すぎる時のベストな対処法があります。

それは、新しい車に買い替えるための「車買取」です。

車検費用が高額になるなら、車の買い替えを検討するのがベストです。
ただ、買い替えるにも、どういった方法で車を売却するのが良いのか?悩みますよね。

車の売却には、基本3つの方法があります。

  • 個人間での売買
  • ディーラーでの下取り
  • 中古車買取業者での車買取

この中で最も高値で車を売却できる方法が、中古車買取業者による車買取です。

実際、プリウス(Gモデル新車価格:245万円)を例に比較してみます。

車の売却比較 個人間での売買 ディーラーでの下取り 中古車買取業者での車買取
プリウス 20万円前後 8万円前後 38~206万円

※ 15年落ちモデル、売却金額はトヨタの「下取り参考価格シミュレーション」および価格コムから引用、2024年2月時点の情報

上記結果の通り、中古車買取業者による車買取が最も売却金額は高くなっています。

ですので、車検を受ける前に買取を依頼して、新しい車に乗り換えるのがベストな選択といえます。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】車検費用が15万のプリウスに関するよくある質問

最後に車検費用が15万のプリウスに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】10万キロ超えのプリウスの車検代はいくら?

疑問に思う男性

「10万キロ超えのプリウスの車検代はいくら?」

結論、10万キロを超えるプリウスの車検代は、平均で約15万円から20万円です。

この金額には、法定費用と点検整備費、必要に応じた部品交換費が含まれます。走行距離が多い車両は、摩耗や老朽化した部品の交換が必要になることが多く、その結果、車検費用が高くなる傾向にあります。たとえば、ブレーキパッドやタイヤの交換、サスペンションの整備などが挙げられます。これらの部品は安全に直接関係するため、特に注意が必要です。したがって、10万キロを超えるプリウスの車検代は、新車時や走行距離が少ない場合と比較して、高額になることが一般的です。

【質問2】プリウスの車検費用が20万になる理由は何?

疑問に思う男性

「プリウスの車検費用が20万になる理由は何?」

プリウスの車検費用が20万円になる理由は、高額な部品交換や点検整備費が主な要因です。

特にハイブリッド車特有の部品、例えばハイブリッドバッテリーやインバーターの交換が必要になる場合、その費用は数万円から数十万円に及びます。加えて、走行距離が多い車両ではブレーキパッド、タイヤ、サスペンションなどの消耗品の交換が必須となり、これらの整備費用も車検総額を押し上げる要因となります。法定費用と合わせて計算すると、車検費用は20万円に達することがあります。したがって、プリウスの車検費用が20万円になるのは、高額な部品交換や徹底した点検整備が求められるためです。

【質問3】20系プリウスの平均的な車検費用はどれくらい?

疑問に思う男性

「20系プリウスの平均的な車検費用はどれくらい?」

結論、20系プリウスの車検費用は平均で約10万円から15万円です。

この範囲内での変動は、車両の状態や選択する整備項目によるものです。法定費用には自動車重量税、自賠責保険料、印紙税が含まれ、これらは一定です。しかし、点検整備費や部品交換費は車両の使用状況に応じて大きく変わります。例えば、走行距離が多い車や、消耗品の交換が必要な車は、車検費用が上限に近づく傾向にあります。特に20系プリウスでは、ハイブリッドシステム関連の部品も点検の対象となり得るため、これが費用を押し上げる一因となります。結論として、20系プリウスの車検費用は、主に法定費用と車両の状態に依存する整備費用によって決定されます。

まとめ:プリウスの車検費用が15万は高いのかの結論と安く抑える方法

プリウスの車検費用が15万は高いのかの結論と安く抑える方法をまとめてきました。

結論、15万を超えるケースもあります。
なんですが、車検業者次第といっても、プリウスの車検費用で15万は高いといえます。

改めて、プリウスの車検費用が15万と高くなる原因をまとめると、

プリウスの車検費用が15万と高くなる原因

  • ディーラーで車検を依頼すると高いため
  • 純正パーツ・部品交換のため
  • ハイブリッドスマートiチェックを行ったため

実際、自分の車の車検費用がどれくらいなのか?
少しでも安く車検代を抑えたい場合は、ニコニコ車検に無料見積りを依頼してみることをおすすめします。

ニコニコ車検から無料見積りを取るだけでも、必ずもらえる特典も付いてきます。

もし、車検費用が高額になるようなら「車の買い替え」を検討するのも良いでしょう。

新しい車に乗り換えた方が、維持費も安く抑えられます。
また、車検前に買い替えるのもベストなタイミングで、無駄な費用を払わずに済みます。

では肝心の、車買取はどの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp