レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい?レンタアップの失敗事例と購入時の注意点

「レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい?」

「欲しい中古車を安心・お得に購入できる方法は何かない?」

中古車購入の手段の一つに選ばれる「レンタカー落ち」
レンタアップ車とも呼ばれますが、メリットはなんといっても価格の安さ。

なんですが、一部の購入者からは「レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい」との声も聞かれますが、なぜでしょうか?

  • 中古車の購入を検討している方
  • 欲しい中古車を安心して購入したい方

上記の方々に向けて、本記事ではレンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由と購入時の注意点を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

レンタカー落ちの中古車にもメリットはあります。
ですが、メリット以上にデメリットが多いため、やめておくのが無難です。

では、他に中古車購入の良い方法はないのか?
安心して中古車を買いたい方に、ネットに載らない「非公開車両」から探す方法がおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由

なぜ、「レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい」と言われるのか?

中古車購入の候補として、レンタカー落ちを検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

具体的なレンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由を深堀解説していきます。

【理由1】走行距離が不透明だから

まず1つ目の理由として挙がるのが「走行距離が不透明だから」

走行距離が正確でない場合、車の実際の使用状況や摩耗度が正しく把握できず、結果として購入後に予期せぬメンテナンスコストが発生するリスクがあります。

特に、レンタカーとして使用されていた車は多くの人に短期間で貸し出されるため、走行距離に比べて過酷な使用がされている可能性が高いです。例えば、実際には10万キロメートル走行しているのに、オドメーター上では5万キロメートルと表示されているケースもあり得ます。このような状況では、エンジンやトランスミッションなど主要な部品の消耗が通常よりも進んでいることが予想されます。

したがって、走行距離の不透明性は、レンタカー落ちの中古車を避けるべき重要な理由です。車の購入を検討する際には、走行距離の正確性と使用履歴を慎重に評価することをおすすめします。

【理由2】意外とキズや痛みが多いから

次に2つ目の理由で多いのが「意外とキズや痛みが多いから」

レンタアップ車は、多くの異なるドライバーによって扱われるため、使用に際しての注意が個人所有車に比べて薄れがちであり、その結果として内外装に傷や痛みが生じやすい状況にあります。

具体的には、ドアやバンパーに小さな傷が多数存在したり、内装であればシートの擦れや汚れ、ダッシュボードの細かな傷などが見られることがあります。これらは、一見しただけでは目立たないこともありますが、詳細な検査を行うと多くの微細な損傷が発覚することがあります。

このように、レンタカー落ちの中古車は、表面的にはきれいに見えても、実際には様々な使用者による細かな傷や痛みが蓄積されていることが多いです。したがって、購入を検討する際には、見た目だけでなく、「誰が使用したかわからない車」の問題点にも注意を払う必要があります。

【理由3】無理な運転で消耗が激しい可能性があるから

3つ目の理由として「無理な運転で消耗が激しい可能性があるから」

レンタカーは様々なドライバーに利用されるため、一貫した運転スタイルが保たれず、急加速や急ブレーキといった無理な運転が繰り返されることが多いです。

具体的には、急な加速や減速はエンジンやトランスミッション、ブレーキシステムに過度な負荷をかけ、それらの部品の寿命を短くすることがあります。例えば、急ブレーキが頻繁に行われることでブレーキパッドの摩耗が通常の使用よりも早く進行し、交換が必要になる時期が早まるといった事態が考えられます。

したがって、無理な運転による消耗が激しい可能性があることは、レンタカー落ちの中古車を避けるべき大きな理由となります。これらの車両の購入を検討する際には、車両の状態を十分にチェックし、可能な限りその運転履歴やメンテナンス記録に目を通すことが大切です。

【理由4】メーカー保証がないor保証期間が短いから

4つ目の理由で多く挙がるのは「メーカー保証がないor保証期間が短いから」

新車購入時に提供されるメーカー保証は、車両の不具合が発生した際に修理費用をカバーする重要な役割を果たしますが、レンタカー落ちの中古車ではこの保証が既に失効しているか、残り期間が短いことが一般的です。

例えば、新車のメーカー保証が3年間または6万キロメートルと設定されている場合、レンタカーとして使用された車両は短期間でこの距離を超えることがあります。その結果、購入者が車を手にした時点で、既に保証が失効しているか、残りの保証期間が非常に短い状況になる可能性が高いです。

このような状況では、将来的に車両に不具合が発生した場合、修理費用は全額自己負担となり、経済的なリスクが大きくなります。したがって、メーカー保証の欠如または保証期間の短さは、レンタカー落ちの中古車購入を検討する際に考慮すべきデメリットの一つです。

【理由5】再販価値(リセールバリュー)が低いから

そして5つ目の理由が「再販価値(リセールバリュー)が低いから」

レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由の一つに、再販価値の低さがあります。一般的に、中古車の価値は購入時の状態やブランド、人気度、走行距離などによって決まりますが、レンタカーとして使用されていた車両はこれらの条件で不利なため、市場での評価が低くなりがちです。

具体例として、同年式で同様の走行距離を持つ車両でも、レンタカー落ちであるという事実だけで評価が下がることがあります。例えば、一般の個人所有車が市場で100万円で取引される場合、同条件のレンタカー落ちの車両は80万円程度でしか取引されないことも珍しくありません。

このように、再販価値が低いことは、将来的に車を売却する際に損をする大きな要因となります。購入者がその車を手放す時、予想以上の価格低下に直面する可能性があるため、レンタカー落ちの中古車購入は総合的なコストパフォーマンスを考えると積極的にはおすすめできません。

※ 今すぐ欲しい中古車をお得に格安で購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探している車を無料で簡単に提案してくれます。

レンタアップ中古車を購入して経験した失敗事例

ここまで、レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由を解説してきました。

やめたほうがいいデメリットがあるのは事実です。
さらに、実際にレンタカー落ちの中古車を買って失敗した事例もあります。

ここからは、レンタアップ中古車を購入して経験した失敗事例をご紹介します。

【失敗1】年式の割に走行距離が長かった

まず1つ目の失敗事例が「年式の割に走行距離が長かった」

通常、年式が新しければ走行距離も少ないことが期待されますが、レンタカーとして利用されていた車両は多くのユーザーによって頻繁に使用されるため、その走行距離は一般の同年式の車両よりも格段に長くなりがちです。

具体例として、3年落ちのレンタアップ中古車が10万キロメートルを超える走行距離を記録しているケースがあります。これは同年式の個人所有車であれば、一般的には3万キロメートルから5万キロメートル程度が相場です。このような状況は、車の消耗が進んでいる可能性が高く、メンテナンスコストの増加や早期の大規模修理が必要になるリスクをはらんでいます。

したがって、「年式に対して走行距離が長い」点は、レンタアップ中古車購入時に留意しておきたい点であり、購入の判断基準として非常に大切です。

【失敗2】車両は選択肢が少なくデフォルト仕様ばかり

次に2つ目の失敗事例として「車両は選択肢が少なくデフォルト仕様ばかり」

レンタカー会社は多様な顧客に対応するため、比較的シンプルなモデルを揃える傾向にあります。このため、特別な装備や高級感を求める購入者には不向きな場合が多いです。

例えば、スポーツモデルや高級車種、特別なカスタマイズが施された車両を求めている消費者は、レンタアップ中古車市場では望んだ車を見つけることが困難です。大多数のレンタアップ中古車が基本的な機能のみを備えたスタンダードな仕様であるため、これらのニーズを満たすことができません。

したがって、「車両の選択肢が少なく、デフォルト仕様である」という事実は、レンタアップ中古車購入の大きなデメリットとなり、購入を検討する際にはこの点を十分に考慮する必要があります。

【失敗3】不特定多数の大勢が運転していて違和感を覚えた

そして3つ目の理由が「不特定多数の大勢が運転していて違和感を覚えた」

レンタカーは多くの異なるドライバーによって使用されるため、それぞれの運転スタイルに応じて内装に細かな損耗や傷が生じています。

例として、ハンドルやシート、インパネなどの接触頻度が高い部分に明らかな使用感が見られる場合があります。また、車内の空気感や匂いにも、多数の使用者による影響が現れることがあり、新車時の清潔感や統一感を損なわれていることが少なくありません。

また、ドライバーごとに「運転の癖」も異なるため、購入後に違和感を覚えた経験談もあります。

このような違和感は、レンタアップ中古車の購入後に所有の喜びを減退させる要因となります。したがって、多くの異なる人々が運転していたことによる違和感は、レンタアップ中古車の購入を考える際の重要な検討事項であると言えます。

※ 今すぐ欲しい中古車をお得に格安で購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探している車を無料で簡単に提案してくれます。

やめたほうがいいけどレンタカー落ちの中古車を買うメリット

ここまで、レンタカー落ちの中古車に関する評判をまとめてきました。

とはいえ、一概にレンタカー落ちの中古車はやめたほうがいいとはいえません。
なぜなら、レンタカー落ちの中古車購入にもメリットがあるからです。

どういったメリットがあるのか?
やめたほうがいいけどレンタカー落ちの中古車を買うメリットをご紹介します!

【メリット1】価格が安い

特に大きなメリットを得られるのが「価格が安い」

レンタカーとして使用されていた車両は、新車と比べて相場価格が大幅に低く設定される傾向にあります。これは、レンタカーとしての使用歴が価格評価に影響を与えるためです。

具体例として、新車で購入した場合に300万円かかる車種が、レンタカー落ちの中古車市場では200万円程度で販売されているケースがあります。このように、一定の使用期間を経たレンタカー落ちの車両は、価格が大きく下がるため、予算が限られている消費者にとって魅力的な選択肢となり得ます。

以上のことから、レンタカー落ちの中古車は、価格面で大きなメリットであり、予算を抑えて比較的新しい車種や良いコンディションの車を求める際には、適切な選択肢の一つと言えるでしょう。

【メリット2】整備記録がしっかりしている

次に2つ目のメリットとして「整備記録がしっかりしている」

レンタカー会社は事業として車両を運用しているため、車両が常に良好な状態に保たれるよう定期的なメンテナンスを徹底しています。これは、車両の安全性や信頼性を保つ上で非常に重要です。

具体例として、レンタカー会社では使用するすべての車両に対して、オイル交換やタイヤの点検、ブレーキの検査など、定期的なメンテナンスが実施され、その全てが記録として残されます。これにより、購入者は車両のメンテナンス履歴を詳細に確認することができ、車両の状態について透明性が保たれます。

ですので、整備記録がしっかりしていることは、レンタカー落ちの中古車が提供する大きなメリットであり、これにより、購入後のトラブルを避け、安心して車両を使用することが可能になります。

【メリット3】短期間でのモデルチェンジに対応しやすい

そして3つ目のメリットが「短期間でのモデルチェンジに対応しやすい」

レンタカー落ちの中古車は価格が安いため、最新の車種や機能を比較的低コストで経験することができ、短期間で次の車に乗り換えたいと考えるユーザーにとって理想的です。

たとえば、新車で最新モデルを購入する場合、高額な投資が必要となりますが、レンタカー落ちの中古車であれば、その半額程度の出費で済むことが多いです。これにより、2~3年ごとに最新の機能やデザインを楽しみたいユーザーも、経済的負担を抑えつつ車の乗り換えを楽しむことができます。

したがって、、「短期間でのモデルチェンジに対応しやすい」というメリットは、常に最新の車に乗りたいと考えるユーザーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

※ 今すぐ欲しい中古車をお得に格安で購入できる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。探している車を無料で簡単に提案してくれます。

レンタカー落ちの中古車購入時の注意点とは

レンタカー落ちの中古車購入にあたっての、デメリット・メリットを解説してきました。

すでに購入を決めている方もいるかもしれません。
レンタカー落ちの中古車は、一般的な中古車と違って、購入前に注意したい点もあります。

ここでは、レンタカー落ちの中古車購入時の注意点をまとめていきます。

【注意点1】走行距離の確認と評価

まず必ず行いたいのが「走行距離の確認と評価」

レンタカー落ちの中古車を購入する際、走行距離の確認と評価は非常に重要です。走行距離は車両の消耗度を示す指標の一つであり、走行距離が多いほど潜在的な修理や交換が必要な部品が増える可能性があります。

例えば、一般的な個人所有の中古車が5万キロメートルの走行距離である場合、レンタカー落ちの同じ年式の車両は10万キロメートル以上の走行距離であることが珍しくありません。このように走行距離が異なると、エンジンやトランスミッションなど主要部品の摩耗状態も異なり、将来的なメンテナンスコストが増加するリスクが高まります。

したがって、走行距離の確認と評価を正確に行い、車両の価格がその走行距離を反映しているかを慎重に判断することが、レンタカー落ちの中古車購入時の重要なポイントです。

【注意点2】内外装の状態のチェック

次に外せない注意点が「内外装の状態のチェック」

レンタカー落ちの中古車購入時には、内外装の状態を細かくチェックすることが非常に重要です。レンタカーは多数の利用者によって運転されるため、通常の使用よりも内外装に傷や損耗が多く見られる可能性が高いからです。

例えば、内装であればシートの擦れや汚れ、ダッシュボードの細かな傷、外装ではドアやバンパーについた小傷や塗装のはがれなどが挙げられます。これらの状態は、車両の全体的な品質や将来的な修理の必要性に影響を及ぼすため、購入前には内外装を徹底的に検査する必要があります。

ですので、内外装の状態のチェックは、レンタカー落ちの中古車を購入する際に見逃すことができない重要なポイントです。この検査を通じて、車両の真のコンディションを把握し、適切な判断を下すことが求められます。

【注意点3】実際に試乗をして運転感覚を確認

そして何より大切なのが「実際に試乗をして運転感覚を確認」

レンタカー落ちの中古車を購入する際には、実際に試乗をして運転感覚を確認することが不可欠です。これは、多様なドライバーによって使用されているため、車の運転感覚が標準と異なる可能性があるからです。

具体的には、ステアリングの応答性、ブレーキの効き、アクセルの反応、サスペンションの状態など、通常の使用状況とは異なる特徴が現れる場合があります。たとえば、ステアリングが過度に軽い、または重い、ブレーキの反応が鈍い、異音がするなどの症状があれば、その車は注意が必要です。

以上のことから、試乗を通じて車の運転感覚を直接確かめることは、レンタカー落ちの中古車購入時に後悔しないためにも重要です。この確認作業により、購入後の不満やトラブルを防ぐことができます。

【安心】欲しい中古車をお得に格安で購入できる方法

悩む男性

「やっぱり、レンタカー落ちの中古車はデメリットが多い。。代わりに安く中古車を購入できる方法は何かないですか?」

レンタカー落ちの中古車にもメリットはあります。
ですが、メリット以上にデメリットが多いため、やめておくのが無難です。

では、他に中古車購入の良い方法はないのか?
安心して中古車を買いたい方に、欲しい中古車をお得に格安で購入できる方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても、買取の方が数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】やめたほうがいいレンタカー落ちの中古車のよくある質問

最後にやめたほうがいいレンタカー落ちの中古車のよくある質問をまとめます。

【質問1】レンタアップとは何ですか?

疑問に思う男性

「レンタアップとは何ですか?」

「レンタアップ」とは、レンタカーの使用期間が終了し、その後中古車市場に流通する車両のことを指します。レンタカー会社は、車両を一定期間運用した後、新しいモデルへの更新や経済的な理由からこれらの車を市場に売却します。

具体的に、レンタカーとして数年間使用された後、車両は様々な点検やメンテナンスを受けた状態で中古車市場に出されます。これらの車両は比較的新しい年式であることが多いですが、多数のドライバーによって使用されているため、内外装の損耗や機械部品の消耗が進んでいることがあります。

以上、レンタアップ車両は価格が魅力的で比較的新しいものが多いですが、購入前にはその使用歴や状態を十分に確認する必要があります。

【質問2】レンタカー落ちの中古車が安い理由は?

疑問に思う男性

「レンタカー落ちの中古車が安い理由は?」

レンタカー落ちの中古車が市場で安価に提供される主な理由は、その使用歴と使用頻度にあります。レンタカーとして運用された車両は、多くの異なるドライバーによって使用されるため、一般の個人所有車に比べて内外装の損耗が進んでいると見なされます。

具体例として、レンタカーは短期間で様々な運転者が使用するため、通常の使用よりも早く劣化することが想定され、それが価格評価に反映されます。また、レンタカーの使用履歴は再販価値にも影響を与え、その結果、一般の中古車よりも価格が低く設定されます。

したがって、レンタカー落ちの中古車が安い理由は、多数の利用者による使用による劣化と、それに伴う再販価値の低下にあります。これらの車両を購入する際は、価格だけでなく、車両の状態を慎重に評価することが重要です。

【質問3】レンタカー落ちの中古車を見分ける方法は?

疑問に思う男性

「レンタカー落ちの中古車を見分ける方法は?」

レンタカー落ちの中古車を見分ける方法にはいくつかのポイントがあります。まず、車両の整備記録を確認し、定期的に多くのメンテナンスが記録されているかチェックします。レンタカーは頻繁に点検・整備が行われるため、その記録が詳細に残っていることが多いです。

次に、内外装のチェックも重要です。レンタカーは多くの人に利用されるため、通常の使用よりも内外装に明らかな損耗や傷がある場合があります。特に、シートやステアリング、ドアハンドルなどの触れる部分に使用感が見られることが一つの指標です。

レンタカー落ちの中古車を見分けるためには、整備記録の詳細な確認と内外装の状態チェックが効果的です。これらの点を注意深く検討することで、購入を検討している車がレンタカー落ちの中古車であるかどうかを見極めることができます。

【質問4】ディーラー系でレンタカー落ちの中古車購入はやめたほうがいい?

疑問に思う男性

「ディーラー系でレンタカー落ちの中古車購入はやめたほうがいい?」

結論、ディーラー系でレンタカー落ちの中古車を購入するかどうかは、購入者のニーズや状況によります。ディーラー系であっても、レンタカー落ちの中古車は一般の中古車に比べて使用頻度が高く、多くの人に運転されていることが予想されるため、内外装の損耗や機械部品の消耗が進んでいる可能性が高いです。

しかし、ディーラー系の中古車は、信頼性が高く、整備記録がしっかりしている場合が多いというメリットもあります。具体例として、購入後のアフターサービスや保証が充実していることも少なくありません。

ですので、ディーラー系でレンタカー落ちの中古車を購入する場合、車両の状態を詳細にチェックし、購入後のサポート体制を確認することが重要です。個々のニーズに応じて、そのメリットとデメリットを慎重に比較検討することをお勧めします。

【質問5】レンタカー落ちの残り車検期間は長くて1年程度?

疑問に思う男性

「レンタカー落ちの残り車検期間は長くて1年程度?」

レンタカー落ちの中古車の残り車検期間が長くて1年程度である場合が多い理由は、レンタカー会社が定期的に車両を更新する業務フローにあります。一般的に、レンタカー会社では車両を新しく保持するため、比較的短期間で車両の入れ替えを行うため、市場に出される時点で車検の残り期間が短くなっていることが一般的です。

例えば、レンタカー会社が新車を購入後、3年間運用し、その後中古車市場に出す場合、最初の車検は新車登録から3年で行うため、市場に出た時点で次の車検までの期間は最大でも2年となりますが、多くはそれよりも短い期間となります。

したがって、レンタカー落ちの中古車を購入する際には、車検の残り期間を確認し、その短さを理解した上で購入を検討することが重要です。これは車検にかかる費用や手間を将来的に考慮する上で必要な情報となります。

まとめ:レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由と購入時の注意点

レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由と購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由をまとめると、

レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい理由

  • 走行距離が不透明だから
  • 意外とキズや痛みが多いから
  • 無理な運転で消耗が激しい可能性があるから
  • メーカー保証がないor保証期間が短いから
  • 再販価値(リセールバリュー)が低いから

レンタカー落ちの中古車にもメリットはあります。
ですが、メリット以上にデメリットが多いため、やめておくのが無難です。

では、他に中古車購入の良い方法はないのか?
安心して中古車を買いたい方に、ネットに載らない「非公開車両」から探す方法がおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp