アルファードを維持できないと感じる5つの理由とは?年収目安と維持費を抑えて新車に乗れる方法

「アルファードを維持できない?理由は?」

「アルファードの維持費を抑えて新車に乗れる方法があるの?」

トヨタの高級ミニバン「アルファード」
豪華な内装と快適な乗り心地を提供する、人気の一台です。

そんなアルファードについて、「維持できない」との声が聞かれますがなぜでしょうか?

今後、アルファードの購入を検討している人にとっては、気になる情報です。

そこで!アルファードを維持できないと感じる理由と維持費を抑えて新車に乗れる方法を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、アルファードを維持できないと感じる主因は維持費の高さ。
初期費用の高さだけでなく、購入後の維持管理にかかる費用が高いことも原因です。

そのため、ある程度収入が高いor安定している人でないと、手が出せない一台だといえます。

ただ、上記の状況はあくまで「車の購入」が前提。
アルファードを買うことによって引き起こされる問題です。

でも実は、アルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法があります!

その方法というのが「カーリース」の活用です。

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「KINTO」と呼ばれるトヨタ・レクサスの新車をお得に乗れるサービス

KINTOは、トヨタとレクサスの新車を簡単定額で楽しめるサブスクリプションサービスです。

✅KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額!
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき!
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能!

もちろん、20代でも利用することは可能です。
費用を抑えて車に乗りたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

「アルファードには乗りたいけど、初期費用が高くて手が出せない。」
「維持費を最大限抑えて、気軽にアルファードの新車を運転してみたい!」

このように、アルファードを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

アルファードを維持できないと感じる5つの理由

なぜ、「アルファードは維持できない」と感じるのか?

アルファードの購入を検討している人にとっては、非常に気になる情報です。

早速、アルファードを維持できないと感じる5つの理由について深掘りしていきます。

【理由1】維持費がとにかく高いから

まず特に感じる理由として「維持費がとにかく高いから」

アルファードの維持が難しい理由の一つは、維持費が高額であることです。特に、定期的なメンテナンス費用や部品の交換費用がこれに該当します。アルファードは高級車セグメントに属し、専用の部品や高度な技術を要するため、一般的な車種と比較して修理やメンテナンスにかかるコストが高くなります。

例えば、アルファードのタイヤ一本の交換費用は、平均して2万円以上とされ、これは燃費の良い小型車やコンパクトカーのタイヤ交換費用と比べて約2倍にあたります。また、車検の際にも、アルファードの複雑な構造や高度な安全装備の検査により、通常よりも多額の費用が発生することがあります。このようなメンテナンスや部品交換の高額な費用は、アルファードの維持を困難にする主な要因の一つとなっています。

関連記事:アルファードの車検代が20万は高い?結論と車検費用や維持費を安く抑える方法

【理由2】保険料が高くなりがちだから

メンテナンス費用だけでなく「保険料が高くなりがちだから」

アルファードの維持が困難とされる一因は、高額な保険料にあります。この車両の価格帯と所有者の使用傾向を踏まえた保険会社のリスク評価により、他の一般的な車種と比較して保険料が高めに設定されているためです。

具体的には、アルファードの新車価格は約540万円からと高価であり、盗難や事故のリスクが高いモデルと見なされがちです。これにより、全体的な保険料が上昇する傾向にあります。実際、一般的なファミリーカーと比較して、アルファードの保険料は年間で数万円単位で高くなる場合が少なくありません。このように高い保険料の支払いは、アルファードの維持コストを高める要因の一つとなっています。

【理由3】大型車は税金が高いから

保険料だけでなく「大型車は税金が高いから」

アルファードの維持が困難である主な理由の一つは、大型車にかかる税金の高さにあります。自動車税(種別割)は、車両の排気量に基づいて計算され、アルファードのような大型車は排気量が大きいため、税額が高くなりがちです。

例えば、アルファードの排気量は2,500cc以上の場合が多く、これに対する自動車税は年間で約45,000円以上になります。さらに、重量税も車両の重量に比例して高額になり、アルファードはその大きさと重量から高い税率が適用されます。環境性能割に関しても、古いモデルのアルファードは燃費性能の基準を満たさないため、追加の税金が課せられることがあります。これらの税金の合計は、アルファードの年間維持費を大きく押し上げる要因となっています。

【理由4】燃費が悪くて燃料費がかさむから

大型車あるあるな理由として「燃費が悪くて燃料費がかさむから」

アルファードの維持が難しい理由の一つは、燃費の悪さによる燃料費の増大です。大型で高級感のあるこの車は、その快適性と実用性の代償として燃費の効率が低い傾向にあります。

具体的には、アルファードの燃費は平均して10km/L前後とされ、都市部での使用や頻繁な短距離運転ではさらに低下することがあります(出典:トヨタ アルファード「仕様・諸元」)。ガソリン価格が1リットルあたり150円と仮定した場合、年間10,000km走行すると、燃料費は約150,000円になります。この金額は、燃費が良いコンパクトカーやハイブリッド車と比較すると、顕著に高額であり、アルファードを維持できないと感じる理由の一つになっています。

【理由5】場所によっては駐車場の確保が難しいから

そして5つ目の理由として「場所によっては駐車場の確保が難しいから」

アルファードの維持が難しい理由の一つに、大型車故の駐車場の確保の難しさがあります。特に、都市部や繁華街では、駐車スペースが限られており、アルファードのような大きな車体を収容できるスペースが少ないためです。

アルファードのボディサイズは、全長が約4.9m、全幅は約1.85mにも及び、標準的な駐車スペースのサイズよりも大きいことが多いです。このため、利用可能な駐車場を見つけることが困難になる場合があります。実際、一般的な駐車場のスペースは、全長5.0m、全幅2.5mの車両を想定して設計されていることが多く、アルファードを駐車するには、特別な大型車スペースを探す必要があります。しかし、これらのスペースは数が限られており、追加料金が発生することも珍しくありません。このような駐車場の確保の難しさは、アルファードの維持を考える上で重要な課題となっています。

今すぐアルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、新車アルファードに乗れる方法があります。

アルファードの維持費をまかなうのに必要な年収目安

ここまで、アルファードを維持できないと感じる理由を解説してきました。

結論、主因は維持費の高さにあります。
維持費の高さが、アルファードを維持できないと感じさせる要因になっていることがわかります。

では、アルファードの維持費をまかなうのに必要な年収目安はどれくらいなのか?

結論からいうと、年収1,000万円以上がアルファードを快適に維持するための目安と言えるでしょう。その理由について解説します。

アルファードの維持費を賄うために必要な年収については、車両の価格、保険料、税金、燃料費、定期メンテナンスなどの維持費を総合的に考慮する必要があります。アルファードの購入価格はモデルにもよりますが、新車のメーカー希望小売価格は540万円から872万円であり、これに加えて年間の維持費用も考慮する必要があります。一般的に、車の維持費は購入価格の約10%が目安とされていますが、アルファードの場合はその豪華さとサイズから、維持費用がさらに高くなる傾向にあります。

維持費用には、保険料、税金、燃料費の他にも、車検費用、定期的なメンテナンス費用、消耗品の交換費用などが含まれます。これらを総合すると、アルファードの年間維持費用は平均して30万円から50万円程度になると推計されます。したがって、アルファードの購入と維持を快適に行うためには、これらの費用を問題なく支払えるだけの収入が必要となります。

具体的には、総合的な生活費や他の貯蓄・投資といった金融活動を考慮し、アルファードの維持費用が家計に与える影響を最小限に抑えるためには、年収の中で維持費用が占める割合を5%以下に保つことが望ましいとされています。これを基に計算すると、年収1,000万円以上がアルファードを快適に維持するための目安と言えるでしょう。これにより、車にかかる費用が全体の生活において適切なバランスを保ちつつ、安定した車の維持が可能となります。

今すぐアルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、新車アルファードに乗れる方法があります。

維持できないのにアルファード購入で失敗してしまう事例

アルファードを維持できない理由と年収目安をまとめてきました。

一言でいうと、高収入でなければアルファードの維持は難しいです。
それでも、アルファードの高級感や魅力に惹かれて購入を決断する人は多いです。

ですが、無理して購入したばかりに、後になって失敗することも少なくありません。

ここでは、維持できないのにアルファード購入で失敗してしまう事例をご紹介します。

【失敗1】予算オーバーで購入

特に多い失敗事例は「予算オーバーで購入」

多くの購入者は、アルファードの豪華さや快適性に魅力を感じ、購入を決めることがあります。しかし、その高額な購入価格は家計に大きな負担を及ぼすことになります。

例えば、アルファードの価格は新車で540万円から872万円ですが、これに加えて諸費用やオプションを選択すると、総額はさらに上がります。購入予算を超えた結果、月々の返済額や維持費用に苦しむことになり、最終的には他の生活費を削るか、維持が困難になり手放すことを余儀なくされるケースも少なくありません。このように、予算をオーバーしてまで購入することは、アルファードの持つ魅力に惑わされ、経済的な負担を甘く見てしまうことにより、経済的な困難を引き起こす原因となります。

【失敗2】維持費の見積もり不足

購入を検討している方は特に注意したいのが「維持費の見積もり不足」

アルファードの購入を決める際、維持費の見積もり不足は失敗に繋がる一因です。多くの場合、購入者はアルファードの初期費用に注目しがちで、維持に必要な実際のコストを見落としてしまいます。

具体的には、年間の保険料、車税、車検費用、定期的なメンテナンス費、そして燃料費などが含まれます。例えば、アルファードのような大型車は、燃費が比較的悪く、年間の燃料費が予想以上に高くなることがあります。また、高級車であるため、部品の交換や修理にも高額な費用がかかり、これらの維持費用が年間数十万円に上ることも珍しくありません。このように維持費の見積もりを正確に行わないと、購入後に経済的な負担が増大し、最悪の場合、車を手放すことになる可能性があります。したがって、アルファードを含むどの車を購入する際も、維持費用を含めたトータルコストの把握が重要です。

【失敗3】ローンの支払いが収入に見合わない

そして買い方についても注意したいのが「ローンの支払いが収入に見合わない」

アルファードをローンで購入する際に、月々の返済額が収入に見合わない場合、経済的な困難に直面するリスクが高まります。多くの購入者は、アルファードの豪華さや快適性に惹かれますが、高価な購入価格を考慮せずに長期のローンを組むことがあります。

例えば、アルファードの購入価格が500万円であった場合、金利3%で5年間のローンを組んだ場合、月々の返済額は約90,000円になります。これが収入に占める割合が高いと、他の生活費や予期せぬ出費に対応することが難しくなります。特に、経済状況の変動や収入の減少が発生した場合、ローンの返済が困難になり、最悪の場合、車を手放すことや債務不履行に陥る可能性もあります。したがって、アルファードを含む高価な車をローンで購入する場合は、返済計画を慎重に立て、収入に見合った返済額を選択することが重要です。これにより、経済的な負担を適切に管理し、車の所有を長期にわたって楽しむことができます。

今すぐアルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、新車アルファードに乗れる方法があります。

なぜ買える?アルファードを維持できる購入者の特徴とは

アルファードの維持は難しい。
それでも、アルファードを購入できる人はいます。

どんな人なら、アルファードの購入には向いているのか?

具体的なアルファードを維持できる購入者の特徴について触れていきます。

【特徴1】安定した収入がある人

まず1つ目の特徴として「安定した収入がある人」

アルファードを維持できる購入者は、安定した収入があることが大きな特徴です。高額な購入価格と維持費用を支払うためには、確実に収入が見込める状況が必要です。

例えば、年収が1,000万円以上の人は、アルファードの購入と維持費用を家計に大きな影響を与えることなく管理できる傾向にあります。これは、月々のローン返済額や保険料、税金、燃料費、そして定期的なメンテナンス費用など、車を維持するための費用を余裕を持って捻出できるからです。このように、安定した収入がある人は、アルファードを経済的な負担を感じることなく維持できます。

【特徴2】余裕のある予算設定をしている人

次に2つ目の特徴として「余裕のある予算設定をしている人」

アルファードを維持できる購入者は、余裕のある予算設定を心掛けています。購入時だけでなく、長期にわたる維持費用も考慮に入れ、月々の支出が収入を大幅に超えないように計画を立てることが重要です。

例えば、アルファードの維持には年間で30万円から50万円程度が必要とされます。この費用には保険料、税金、燃料費、定期メンテナンス費用が含まれます。購入者はこれらの費用を予測し、年収の5%以内に収まるように総予算を設定します。このように、維持費用を含めた全体のコストを見据えた予算設定をすることで、経済的な負担を避けながらアルファードを快適に維持できます。

【特徴3】高級車への強い憧れがある人

そして3つ目の特徴が「高級車への強い憧れがある人」

アルファードを維持できる購入者の中には、高級車への強い憧れを持つ人がいます。この憧れは、単に車を所有すること以上の価値を見出していることを意味します。

例えば、アルファードの快適な乗り心地、広い室内空間、高い安全性能などの特徴は、日常の移動を豊かな体験に変えると考えられています。そのため、これらの価値を高く評価し、維持費用を惜しまない準備がある人は、経済的な負担を受け入れやすい傾向にあります。強い憧れを持つことは、アルファードを長期にわたって維持し、その価値を最大限に享受する動機付けとなります。このような価値観を持つ人は、アルファードの所有と維持において成功している例と言えます。

【お得】アルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法

ここまで、アルファードの維持について情報をまとめてきました。

結論、アルファードを維持できないと感じる主因は維持費の高さ。
初期費用の高さだけでなく、購入後の維持管理にかかる費用が高いことも原因です

そのため、ある程度収入が高いor安定している人でないと、手が出せない一台だといえます。

なんですが、上記の状況はあくまで「車の購入」が前提。
アルファードを買うことによって引き起こされる問題です。

ですが、アルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「カーリース」の活用です。

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「KINTO」と呼ばれるトヨタ・レクサスの新車をお得に乗れるサービス

KINTOは、トヨタとレクサスの新車を簡単定額で楽しめるサブスクリプションサービスです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額!
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき!
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能!

もちろん、20代でも利用することは可能です。
費用を抑えて車に乗りたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

「アルファードには乗りたいけど、初期費用が高くて手が出せない。」
「維持費を最大限抑えて、気軽にアルファードの新車を運転してみたい!」

このように、アルファードを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

【Q&A】維持できないと感じるアルファードのよくある質問

最後に維持できないと感じるアルファードのよくある質問をまとめます。

【質問1】アルファードの購入者は見栄っ張りが多い?

疑問に思う男性

「アルファードの購入者は見栄っ張りが多い?」

結論からいうと、アルファードの購入者を一概に見栄っ張りとは言えません。

多くの購入者は、アルファードが提供する快適性、広い室内空間、高い安全性能といった実用的な価値を重視しています。例えば、家族のために広々とした車内で快適な長距離ドライブを楽しみたい、ビジネスでの信頼感を高めるために利用したいという理由で選ばれることが多いです。確かに外見の豪華さやブランドイメージを重視する層も存在しますが、それだけでなく多様なニーズに応える機能性や品質を評価して選んでいるユーザーが大半です。したがって、購入者全体を見栄っ張りと断じることは適切ではありません。

【質問2】10年落ちのアルファードの維持費はいくら?

疑問に思う男性

「10年落ちのアルファードの維持費はいくら?」

10年落ちのアルファードの維持費は、具体的な条件により異なりますが、概算で年間数十万円程度が目安です。

この費用には自動車税、自動車保険、定期的なメンテナンス費用、消耗品の交換費用などが含まれます。例えば、自動車税は排気量によって異なりますが、10年落ちのアルファードでは年間約45,000円程度、自動車保険は年間で数万円から10万円以上、そしてメンテナンスや消耗品交換にも年間で数万円から数十万円が必要になることがあります。特に、古い車では部品の摩耗や故障が発生しやすく、修理費用が高額になる可能性があります。したがって、10年落ちのアルファードを維持するためには、年間で数十万円の維持費用を見込んでおく必要があります。

余談ですが、10年落ちのアルファードのリセールバリューは、最大値で70%前後を推移しており、平均的な水準と比較しても高いといえます。そのため、再販価値は高く、今後も人気が衰えることは低いといえるでしょう。

【質問3】アルファードとノアの維持費の差はどれくらい?

疑問に思う男性

「アルファードとノアの維持費の差はどれくらい?」

結論、アルファードとノアの維持費の差は、車種による装備や性能の違いから生じます。

アルファードは高級ミニバンセグメントに位置し、ノアはより実用的なファミリーカーとされています。具体的に、アルファードの方が購入価格が高く、保険料や税金も高額になる傾向があります。また、アルファードの燃費はノアに比べて若干悪いことが多く、燃料費の面でも差が出ます。例えば、維持費用の一環である年間の自動車税は、アルファードがより排気量が大きいモデルの場合、ノアよりも数千円から1万円以上高くなることがあります。また、保険料も車両価格が高いアルファードの方が高額になりやすいです。したがって、アルファードの維持費はノアに比べて年間で数万円から10万円程度高くなる可能性があります。これらの差は、車両の価格差や燃費、保険料の違いによるものです。

【質問4】アルファードのエグゼクティブラウンジの維持費はいくら?

疑問に思う男性

「アルファードのエグゼクティブラウンジの維持費はいくら?」

アルファードのエグゼクティブラウンジモデルの維持費は、標準モデルに比べて高額になる傾向があります。

エグゼクティブラウンジはアルファードの中でも特に高級なモデルであり、その分、購入価格が高くなり、それに伴い保険料や税金も高額になります。例えば、自動車税は排気量に応じて課税されるため、エンジンが大きいこのモデルはより多くの税金が必要になります。また、保険料も車両価格が高いため、一般的なアルファードや他の車種に比べて高くなることが一般的です。維持費のうち、定期的なメンテナンス費用や部品の交換費用も、専用部品の使用や高度な技術が必要な場合が多く、これらのコストも高くなります。したがって、アルファードのエグゼクティブラウンジモデルの維持費は、年間で見て数十万円以上が見込まれます。これは、豪華な内装や高度な装備を備えるこのモデルの特性によるものです。

まとめ:アルファードを維持できない理由と維持費を賢く抑える方法

アルファードを維持できない理由と維持費を賢く抑える方法をまとめてきました。

改めて、アルファードを維持できないと感じる理由をまとめると、

アルファードを維持できないと感じる理由

  • 維持費がとにかく高いから
  • 保険料が高くなりがちだから
  • 大型車は税金が高いから
  • 燃費が悪くて燃料費がかさむから
  • 場所によっては駐車場の確保が難しいから

そして、アルファードの維持費を賢く抑えて新車に乗れる方法が「カーリース」の活用です。

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「KINTO」と呼ばれるトヨタ・レクサスの新車をお得に乗れるサービス

KINTOは、トヨタとレクサスの新車を簡単定額で楽しめるサブスクリプションサービスです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額!
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき!
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能!

アルファードを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com