走行距離が20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れる?結論と過走行車を運転し続ける懸念

「20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れる?懸念はない?」

「そろそろ買い替えるべき?どうやって売却するのがお得?」

愛車の軽自動車は、走行距離が20万キロ。
今後も乗り続けるべきか、それとも買い替えるべきか?

あなたも、今の車の扱いに、悩んでいるのではないでしょうか。

本記事では、20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れるかの結論と過走行車を運転し続ける懸念を解説していきます。

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、20万キロでも乗れます。
車の平均使用年数は、自動車メーカーの技術力向上などによって年々伸びているからです。

ただ、懸念がまったく無いわけではありません。
20万キロも過走行していれば、状態もスペックも今の車に比べたら悪いです。

実際、燃費が悪いだけでなく維持費(車検費用など)は高くなります。

ですので、20万キロはすでに買い替えを検討する良きベストなタイミングだといえます。

そして、車の買い替えを検討している方は、「車買取」を選択するのがベストです。

なぜなら、古い車も高く売却可能性が高いから。
実際、下取りよりも買取の方が査定額が高くなるデータもあるほど。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

走行距離が20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れる?

走行距離が20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れるのかどうか?

結論からいうと、乗れます。
主な理由としては、車の平均使用年数が年々伸びているから。

実際、軽自動車検査協会のデータによると、軽自動車の平均使用年数の推移は、

軽自動車の平均使用年数

  • 2008年:12.47年
  • 2013年:13.58年
  • 2018年:14.73年
  • 2023年:15.82年

上記結果の通り、年々伸びており、長く乗れる車は増えていることがわかります。

では、20万キロ走るには、何年かかるのでしょうか?

国交省が公表した「自動車の使用実態」によると、自家用乗用車の年間走行距離は、

  • 自家用乗用車:10,575km

なので、20万キロ÷10,575km=約19年(18.9年)。
2023年の軽自動車の平均使用年数は約16年なので、あと3年乗れば20万キロに到達することができます。

車の寿命を延ばす秘訣は、エンジンオイルの交換や部品整備など、ずばりメンテナンスにあります。

したがって、点検やメンテナンスをしっかりした軽自動車であれば、20万キロの車に乗ることは十分可能だと言えますね。

現在20万キロの軽自動車を探している方こちらをご覧ください。お得な中古車を、安心して探すことができます

20万キロの軽自動車も余裕で乗れるけど懸念はある

ここまで、走行距離が20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れるのかどうか、解説してきました。

結論、20万キロでも乗れます。
なぜなら、車の平均使用年数は、自動車メーカーの技術力向上などによって年々伸びているから。

なんですが、20万キロの軽自動車も余裕で乗れるけど懸念はあるのも事実。

「今の車」と「昔の車」では、スペックも大きく異なります。
今まさに、20万キロの軽自動車を運転している方にとって、知っておきたい情報です。

20万キロを超えると具体的にどういった懸念が顕在化されるのか?解説していきます。

【懸念1】燃費性能が悪くなる

特に懸念されるのは「燃費性能が悪くなる」

燃費に影響を与える要因は、日本自動車工業会(JAMA)の資料によると、

  • 使用環境(寒暖・日照、道路状況など)約20%
  • 電装品(空調、ライトなど)約30%
  • 使い方(加減速、ドライブ距離など)約50%

上記結果の通り、「使い方」が影響の大部分を占めています。

ただ、20万キロの軽自動車は、電装品などの設備は劣化が進んでいるでしょうし、何よりエンジン回りは新車ほどの働きができないため、燃費が落ちることは明らかです。

ましてや、現在20万キロ超えの車は、20年落ちの車である可能性が高いです。

そこで、20年前の車と2021年の車の平均燃費を比較してみると、

  • 2001年:13.2km/L
  • 2021年:23.1km/L

20年前のモデルの方が、大幅に燃費は劣ることがわかります。

したがって、燃費性能が悪くなるのは、20万キロの軽自動車の懸念点であると言えます。

【懸念2】車検費用が高くなりやすい

次に2つ目の懸念で多いのが「車検費用が高くなりやすい」

先ほど述べたように、現在20万キロ超えの車は、20年落ちの車である可能性が高いため、車検の際に、法定費用が高くなります。

実際、軽自動車税は、新車登録から13年以上、重量税は13年と18年以上が経過すると、増税されます。

具体的には、

車歴に対する税金 13年未満 13年以上 18年以上
軽自動車税 10,800円 12,900円
重量税[エコカー以外] 6,600円 8,200円 8,800円

(出典:総務省「平成28年度から軽自動車税の税率が変わります」

上記の通り、年数が経過するほど、税金が高くなっていきます。

税金が高くなると、車検のたびに高い費用負担が必要になり、維持費も高額になります。

ですので、車検費用が高くなりやすい点も、20万キロの軽自動車における懸念材料だと言えるでしょう。

【懸念3】交換部品も増えて修理に時間がかかる

そして3つ目の懸念として留意したいのが「交換部品も増えて修理に時間がかかる」

20万キロの車は、部品交換が多くなります。

実際、国交省の情報にも、「自動車は走行距離や時間の経過とともに劣化・摩耗する部品等が多く使用されている」と記載されています。

当然ながら、劣化・摩耗する部品が増えると、それだけ交換部品が増えて、修理に時間がかかります。

たとえば、10万キロを到達した車に交換が必要な部品の一例を挙げると、以下の通りです。

10万キロに到達した車の交換

  • タイミングベルト(約3万円)
  • ウォーターポンプ(約2万円)
  • オルタネーター(新品だと約5~10万円)

ですので、20万キロだと上記部品の交換サイクルが、もう一度やってくることを意味します。

または、それ以上に故障した部位の交換が必要になる可能性も考えられます。

以上の点で、20万キロの軽自動車の懸念点として、交換部品も増えて修理に時間がかかることが挙げられます。

20万キロでも軽自動車に余裕で乗るためのポイント

20万キロも走っていれば、まだ余裕で乗れても運転に支障も出始めます。

どうすれば、もっと長く乗れるようになるのか?

愛着ある今の車に、乗り続けたい方も多いことと思います。

ここでは、20万キロでも軽自動車に余裕で乗るためのポイントをご紹介します!

【ポイント1】定期的なメンテナンスを実施する

まず必ず行いたいのが「定期的なメンテナンスを実施する」

20万キロの軽自動車に乗り続けるためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。これにより、車の性能を最適な状態に保ち、故障リスクを低減します。例えば、エンジンオイルは5,000キロ毎、エアフィルターは10,000キロ毎の交換が推奨されています。また、ブレーキパッドは20,000キロを目安に点検することが望ましいです。これらのメンテナンスを行うことで、燃費の劣化や予期せぬ故障から車を守り、長期間にわたる使用を可能にします。

したがって、定期的なメンテナンスの実施は、軽自動車を長く安全に乗るための鍵です。

【ポイント2】タイヤを適切に管理する

見落としがちなのが「タイヤを適切に管理する」

タイヤの適切な管理は、軽自動車を20万キロ以上乗るために重要です。適切な空気圧の維持は燃費を改善し、タイヤの摩耗を均等に保ちます。例えば、タイヤの推奨空気圧は一般的に前輪で2.2バール、後輪で2.2バールが基準とされており、月に一度のチェックが推奨されます。さらに、タイヤの溝の深さは1.6mm以上が法的安全基準ですが、安全のためには3mm以上を目安に交換を検討することが望ましいです。

このようにタイヤを適切に管理することで、軽自動車の走行性能を維持し、長期間の使用を実現します。タイヤ管理は軽自動車の維持において不可欠です。

【ポイント3】適切な運転方法を実践する

そして何より大切なのは「適切な運転方法を実践する」

適切な運転方法を実践することは、軽自動車を20万キロ以上安全に乗り続けるために必須です。急発進や急ブレーキは車に大きな負荷をかけ、エンジンやブレーキシステムの早期の摩耗につながります。例えば、一般的に急加速すると燃料消費率は平均的な運転状態に比べて約20%増加し、ブレーキパッドの寿命も30%短縮されると報告されています。そのため、加速や減速をなるべくスムーズに行い、速度を一定に保つ運転を心掛けることが重要です。

このような運転方法を実践することで、軽自動車の寿命を延ばし、経済的なメリットも享受できます。適切な運転方法は、長期的な車の維持に欠かせません。

軽自動車で20万キロを超えたら検討しておきたいこと

ここまで、20万キロ超えの軽自動車に余裕で乗れるのかどうか?情報を網羅的に解説してきました。

結論、乗れるけど懸念もある。
20万キロも超えれば、車の状態だけでなく維持費も苦しくなるのは事実です。

ですので、軽自動車で20万キロを超えたら検討しておきたいことがあります。

それは、今の車に乗り続けるべきか、それとも新しい車に買い替えるべきか。

判断は、車両の状態や今後のライフスタイル次第になりますが、乗り続けるよりも買い替えた方が、メリットは多いです

具体的に、メリット・デメリットを表にまとめます。

メリット デメリット
乗り続ける
  • 愛着が湧く
  • 乗り慣れているため安全運転になる
  • メンテナンス費用がかかる(車検・消耗品交換)
  • リセールバリューがなくなる
  • 壊れやすい部品が出てくる
  • 交換部品が生産終了している場合がある
買い替える
  • 燃費が良い
  • 車検が安い
  • 最新装備で安全性能が高い
  • リセールバリューが高い
  • 費用面でお金がかかる
  • 乗り慣れるのに時間がかかる

上記の通り、乗り続けるメリットよりも、買い替えるメリットの方が多いことがわかります。

また、リセールバリューに関して言うと、軽自動車の減価償却資産の耐用年数は4年となり、4年目以降は価値が落ちてしまいます。

なので、20万キロ超えの軽自動車だと、リセールバリューが落ちるのは明らかです。

以上を総合して考えると、買い替えた方が維持費が安く済み、リセールバリューも高い状態なので、実質的にはお得、ということができます。

車の売却は「車買取」を選ぶのが賢明

では、買い替えるにあたって、どうやって車を売却するのがいいのか?

結論からいうと、車の売却は「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、車買取が最も高く売却できるから。
車の売却は、基本的に以下3つの方法で売却することができます。

  • 個人間での売買
  • ディーラーでの下取り
  • 中古車買取業者での車買取

この中で最も高値で車を売却できる方法が、中古車買取業者による車買取です。

なぜ高値で売却できるのか?
理由は様々ですが、最たるは買取業者が独自の販路を多く持つ点が挙げられます。

実際、下取りよりも買取の方が査定額が高くなるデータもあるほど。
ですので、車の買い替えを検討している方は、車買取を選択するのがベストです。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

中古車を探すなら「車探しのプロ」に任せる

そして、中古車を探すなら「車探しのプロ」に任せるのがおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」の中古車無料お探しサービス

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

ズバット車販売なら、あなたのニーズにマッチした車をご紹介!メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをプロが無料でお手伝いしてくれるサービスです。

実際、ズバット車販売であれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

自分に合う車を探したい、少しでも効率的に中古車を探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

維持費を抑えるなら「カーリース」もおすすめ

もし、維持費を抑えるなら「カーリース」もおすすめです。

カーリースは、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

そんなカーリースの中でも、特におすすめは、商社最大手の双日グループが運営するcool mint

cool mintの特徴と利用するメリット

  • 頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検など一切不要!
  • 業界最安値宣言!購入するよりもお得な超高残価設定!
  • 契約期間を決めずにすぐに乗れて、いつでもやめられるプランあり

まずは3年間、お試しで運転してみるのもあり。
購入後の後悔や悩みを回避して、カーライフを楽しめるメリットもあります。

車の購入ではなくカーリースを利用して、気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月々1万円から新車に乗れる!/
『cool mint』で気になる車種を問い合わせて審査に進む
【公式サイト:https://mintsubsc.com

20万キロの軽自動車を安心してお得に購入する方法

なかには安さを理由に、20万キロの軽自動車を購入したい方もいるかと思います。

ただ、安いとはいえ、20万キロも過走行していれば、購入に対する不安やハードルは高いですよね。

車の専門家でもないので、良い車がどれなのか?購入後にサポートは受けられるのか?状態の良い・悪いの判断も難しいのが本音です。

でも実は、20万キロの軽自動車を安心してお得に購入する方法があります!

それが、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」の中古車無料お探しサービスを活用する方法。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

ズバット車販売を活用すれば、車探しのプロがあなたのニーズにマッチした車を紹介してくれます!

また、中古車を探していて必ず悩むであろう、これら作業や不安も、ズバット車販売なら解決してくれます。

  • ネット検索しても情報量が膨大すぎて時間ばかりかかってしまう
  • マニアックな車が欲しいけれど、どこを探しても見つからない
  • 安く買うためにオークションでも探しているが、保証が付かないことが多いので正直不安

メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをプロが無料でお手伝いしてくれるサービスです。

自分に合う車を探したい、少しでも効率的に中古車を探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】走行距離20万キロの軽自動車に関するよくある質問

最後に走行距離20万キロの軽自動車に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】軽自動車に20年乗ることは可能?

疑問に思う男性

「軽自動車に20年乗ることは可能?」

結論、軽自動車に20年乗ることは可能です。

この実現には、定期的なメンテナンスと適切な運転方法が重要です。車両の平均寿命は使用状況にもよりますが、適切なケアを施すことで20年以上の使用も珍しくありません。例えば、年間走行距離が10,000キロの場合、総走行距離が200,000キロに達するのに20年かかります。この間、オイル交換やタイヤの点検を定期的に行い、急激な加速や急ブレーキを避けることが、長期使用の鍵となります。

したがって、適切なメンテナンスと運転方法により、軽自動車を20年乗ることは十分に可能です。

【質問2】軽自動車のターボは20万キロでも余裕?

疑問に思う男性

「軽自動車のターボは20万キロでも余裕?」

軽自動車のターボエンジンでも20万キロの走行は可能ですが、そのためには適切なメンテナンスが不可欠です。

ターボエンジンは高温で動作するため、エンジンオイルや冷却液の定期的な交換が特に重要になります。例えば、ターボエンジン用のエンジンオイルは高温下での性能が求められるため、5,000キロ毎の交換が推奨される場合が多いです。また、ターボチャージャー自体の点検も、10万キロを目安に専門の整備士による確認が必要です。

これらのメンテナンスを適切に行うことで、ターボエンジン搭載の軽自動車も長期間にわたって性能を維持し、20万キロの走行が実現可能です。

【質問3】軽自動車の寿命は何万キロが目安になる?

疑問に思う男性

「軽自動車の寿命は何万キロが目安になる?」

軽自動車の寿命は、一般的に20万キロを目安にすることが多いです。

しかし、定期的なメンテナンスと適切な運転習慣によっては、この数字を大幅に超えることも可能です。実際、メーカーによる推奨メンテナンススケジュールに従い、オイル交換やタイヤの点検を定期的に行うことで、車の性能を長期間維持できます。また、急発進や急ブレーキなどの過酷な運転を避けることも重要です。これらの取り組みにより、軽自動車は20万キロを超えても安全に使用することができます。

したがって、軽自動車の寿命は適切な管理次第で伸ばすことが可能です。

まとめ:20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れるかの結論

20万キロの軽自動車はまだ余裕で乗れるかの結論をまとめてきました。

結論、20万キロでも乗れます。
なぜなら、車の平均使用年数は、自動車メーカーの技術力向上などによって年々伸びているから。

ただ、懸念がまったく無いわけではありません。
20万キロも過走行していれば、状態もスペックも今の車に比べたら悪いです。

改めて、20万キロ超えの軽自動車の懸念点をまとめると、

20万キロ超えの軽自動車の懸念点

  • 燃費性能が悪くなる
  • 車検費用が高くなりやすい
  • 交換部品も増えて修理に時間がかかる

20万キロは車の買い替えを検討するにベストなタイミング。

そして、車の買い替えを検討している方は、「車買取」を選択するのがベストです。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp