軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得?結論と車検代を抑える方法

「軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得?」

「どういった方法で車を売却するのがベスト?」

車を持っていれば必ず訪れる「車検」
その車検費用が15万と高額になれば、買い替えも考えますよね。

でも実際のところ、車検15万なら買い替えた方がお得なのかどうか?

車検のタイミングで車を買い替えようか、迷っている方は少なくありません。

そこで!本記事では軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得なのかの結論と車検代を抑える方法も解説していきます!

【結論】軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得?

軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得なのかどうか?

結論からいうと、買い替えたほうがお得だと言えます。
なぜなら、最も高いと言われるディーラー車検の相場ですら軽自動車で15万円もかからないから。

実際、軽自動車の車検費用の相場を調べると、以下のようになります。

軽自動車の車検費用の相場

  • ディーラー:約6万2000円~約8万円
  • カー用品店:約4万円~約6万5000円
  • 自動車整備工場:約3万8000円~約6万円
  • ガソリンスタンド:約4万4000円~約5万7000円
  • ユーザー車検(持ち込み車検):検査費用1400円のみ(法定費用は別)

上記の通り、ディーラーでも法定費用(約3万円)を足した総額が、高くて11万円程度であることがわかります。

さらに部品代などのメンテナンス費用や、古い車ほど高額になる重量税が加算されたとしても、15万円は明らかに高額だと言えるでしょう。

したがって、軽自動車で車検費用が15万もかかる場合は、車検の度ごとに金額の負担が大きいので、 買い替えた方がお得だと言えます。

では、車を買い替えるにあたって、どの車買取業者に依頼するのが良いのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」を利用する方法がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

車検15万でなくても軽自動車の買い替えを検討したいタイミング

結論、軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がいいです。

では15万円かからない場合は、買い替えない方がいいのでしょうか?

こちらも結論からいうと、タイミング次第です。

どういったタイミングなら買い替えを検討すべきなのか?
具体的な車検15万でなくても軽自動車の買い替えを検討したいタイミングをご紹介します。

【タイミング1】走行距離が10万キロ以上経過

一般的な車の買い替え時期として、走行距離が10万キロ以上経過することが挙げられます。

なぜなら、10万キロを目安に高額な部品交換の時期がやってくるからです。

実際、10万キロに到達した車で、交換が必要とされる部品とその交換費用は以下の通りとなります。

10万キロに到達した車の交換

  • タイミングベルト(約3万円)
  • ウォーターポンプ(約2万円)
  • オルタネーター(新品だと約5~10万円)

一般的な年間走行距離は1万キロであり、10万キロに達する頃には10年経過しているので、部品劣化の時期に差し掛かります。

また、10年経過すると車の買い取り金額も下がります。

ですので、買い替えのタイミングとしては、走行距離が10万キロ以上経過した車が挙げられます。

【タイミング2】軽自動車税と重量税が上がる時期

車両に課される税金が増税される時期も、買い替えのタイミングとなります。

たとえば、軽自動車税は、新車登録から13年以上、重量税は13年と18年以上が経過すると増税されます。

具体的には、以下の通りで年数が経過するほど、税金が高くなっていきます。

車歴に対する税金 13年未満 13年以上 18年以上
軽自動車税 10,800円 12,900円
重量税[エコカー以外] 6,600円 8,200円 8,800円

(出典:総務省「平成28年度から軽自動車税の税率が変わります」

なので、税金が安いうちに、買い替えてしまったほうが、負担が少なくなり、お得になります。

以上のように、軽自動車税と重量税が上がる時期も、買い替えるタイミングとしては妥当だと言えます。

【タイミング3】車検が切れてしまう直前の時期

車検が切れる直前も、買い替えるには良いタイミングと言えます。

なぜなら、車の買取価格や下取り価格に、車検の有無は反映されないから。

実際、車検前に買い替えをした方が良い理由として、以下の要因が挙げられます。

車検前に買い替えをした方が良い理由

  • 車検費用を負担せずに済む (車検前の方が費用をカットできる)
  • 車検の手間がなくなる(車検で持ち込みの手間をなくせる)
  • 短期間で複数回車検を通す必要がなくなる(車検後に中古車を買った場合、すぐに車検の時期がくる可能性あり)

なので、車検の直前の方が、車検にかかる費用である約10万円ほどの費用を、次に買い替える車の費用に充てられてお得になります。

以上のような理由で、車検が切れてしまう直前の時期も、買い替えるタイミングとしてはベストな選択といえます。

軽自動車の車検費用が15万と高くなる原因とは

ここまで、軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得なのかどうか、まとめてきました。

結論、買い替えた方がお得です。
軽自動車で車検15万は高いため、新調した方が長い目で見れば経済的にお得になります。

ではなぜ、軽自動車の車検費用で15万もついたのか?

軽自動車の車検費用が15万と高くなる原因とは何か?解説します。

【原因1】ディーラーで車検を依頼したため

まず1つ目の原因が「ディーラーで車検を依頼したため」

ディーラー車検を依頼すると、民間業者で依頼するよりも高額になります。

なぜなら、ディーラー車検の目的が、民間のように車検を通すためだけではなく、安全に走行するための保守点検も含まれるからです。

また、車検で部品交換などが生じた際も、純正部品を手配して取り付けるため、社外品よりも割高になってしまいます。

実際、ディーラーで軽自動車の車検を行った場合の費用相場は、基本料金だけで35,000~100,000円程度かかるケースもあるほど。

なので、ディーラーはサービスの質や安全性は高い反面、費用が割高になってしまいます。

以上のように、軽自動車の車検費用が高くなる原因として、ディーラーに依頼した場合が考えられます。

【原因2】車両の状態が悪く整備箇所が多いため

次に2つ目の原因が「車両の状態が悪く整備箇所が多いため」

車両の状態が悪く整備箇所が多い場合も、車検費用が高額になります。

年式が新しい車でも、運転の利用目的や、乗り方によって、車両の状態は大きく変わってきます。

たとえば、修理箇所や交換部品が多い車の例を挙げると以下の通り。

修理箇所や交換部品が多い車の例

  • 頻繁に利用して走行距離が長い
  • 長距離通勤に使っている
  • 運転が荒い

上記のような車は、エンジンに負荷がかかり、部品の劣化が激しくなるため、車検で修理や部品交換が必要になる可能性が高いです。

なので、車両の状態が悪く整備箇所が多い点も、車検費用が高くなる原因に入ると言えます。

【原因3】年式の古い車両に乗っているため

3つ目の原因が「年式の古い車両に乗っているため」

年式の古い車も高い車検費用になりやすいです。

なぜなら、税金が上がるだけでなく、経年劣化で消耗品パーツや部品交換の追加費用が必要になるからです。

実際、経年劣化で弱った部位は、路上での故障率も高くなります。

たとえば、国交省による「路上故障の実態調査結果」で、一般道路における故障部位別発生率を見ると、

一般道路における故障部位別発生率

  • タイヤ:32.1%
  • バッテリー:29.7%
  • オルタネータ:4.9%
  • 冷却水:1.8%
  • クラッチ:1.3%
  • トランスミッション(A/T):1.2%

上記結果の通り、消耗品の故障がほとんどであることがわかります。

タイヤやバッテリーは、古い車でも簡単にチェックできますが、クラッチやトランスミッションまでは、チェックしきれていない場合があります。

そうなると、車検で交換する必要が生じた場合、高い費用になる可能性があります。

従って、年式の古い車両に乗っている点も、車検で高額になる原因に挙げられると言えます。

買い替える前に!軽自動車の車検費用を安く抑える方法

結局、どうすれば軽自動車の車検費用は安く抑えられるのか?

あなたが最も知りたいのは、「車検費用を安く抑える方法」ですよね。

「今のところ買い替えは考えてない、でも車検の費用は安くしたい。」

このような方に向けて、軽自動車の車検費用を安く抑える方法をご紹介します!

【方法1】安い指定整備工場を選ぶ

まず検討したいのが「安い指定整備工場を選ぶ」

指定工場」とは、地方運輸局長の認証を受けた「認証工場」の中でも、自動車の検査の設備があり、検査員による点検や整備を認められた工場を指します。

こうした国の認証を受けた指定工場の中で、安く車検ができる工場を選ぶと、安心な上に費用を抑えることが可能です。

たとえば、関東にお住まいの場合、「ニコニコ車検」を利用すれば、国交省指定整備工場で安く車検が行えます。

ニコニコ車検の利点は、車検の基本料金が全車11,000円と安いのはもちろん、Web割も利用できて安く抑えられます。

さらに、車検後のアフターフォロー(特典)も付いています。

ニコニコ車検利用後のアフターフォロー(特典)

  • 2年間ガソリン代ずっと5円/L割引
  • 車検後2年間整備保証付き
  • 6ヶ月点検が無料
  • 18ヶ月点検が無料
  • オイル交換2年間1,100円
  • タイヤローテーションが無料

かなりお得ですね。

ですので、軽自動車の車検費用を安く抑えるなら、安い指定工場を選ぶのがおすすめです。

ニコニコ車検で無料見積を取ると、もれなく「1,000円割引」と「オイル交換無料」も付いてきます

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法2】複数の車検業者から見積りを取る

今すぐできて簡単な方法は「複数の車検業者から見積りを取る」

一社に絞らず、相見積りも費用を安くする方法として有効です。
なぜなら、複数の車検業者の中から、比較検討を行って一番安い業者を選べるから。

自分が納得した上で、車検業者を選べる点が、相見積り最大の利点だといえます。

実際、ニコニコ車検の見積りを利用すると、最高ランクの国交省指定整備工場の中から、一番安い業者を選ぶことができます。

さらに、ニコニコ車検から無料見積りを取ると、

無料見積で必ずもらえる特典

  • 支払い総額から「1,000円割引」
  • 車検実施時の「オイル交換が無料」

お得な特典も付いてきます。

年間16,771台近くの車検台数実績があるからこそ、見積りに関しても、他業者より選ばれている理由だといえます。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法3】自分で車検を行う(ユーザー車検)

そして「自分で車検を行う(ユーザー車検)」

ユーザー車検」とは、自分で運輸支局に車を持ち込んで車検を行うことを指します。

運輸支局が開庁している平日に車を持ち込める時間的余裕があり、なおかつ、車の点検・整備に関する専門的知識があれば、ユーザー車検で安く費用を抑えることが可能です。

実際、ユーザー車検にかかる費用は、検査手数料1,400円+法定法定費用(自賠責保険料+重量税+印紙代)のみとなります。

なので、35,000円~40,000円程度で車検を受けることができるので、業者で受けるよりも実質10,000円~30,000円ほど車検費用を抑えることができます。

以上のことから、ユーザー車検も、車検費用を安く抑える方法のひとつとなります。

軽自動車の車検費用が高すぎる時のベストな対処法

ここまで、軽自動車の車検費用に関する情報を解説してきました。

高くても車検を受ける人は多いでしょう。
ですが、軽自動車の車検費用が高すぎる時のベストな対処法があります。

それは、新しい車に買い替えるための「車買取」です。

車検費用が高額になるなら、車の買い替えを検討するのがベストです。
ただ、買い替えるにも、どういった方法で車を売却するのが良いのか?悩みますよね。

車の売却には、基本3つの方法があります。

  • 個人間での売買
  • ディーラーでの下取り
  • 中古車買取業者での車買取

この中で最も高値で車を売却できる方法が、中古車買取業者による車買取です。

なぜ高値で売却できるのか?
理由は様々ですが、最たるは買取業者が独自の販路を多く持つ点が挙げられます。

ですので、車検を受ける前に買取を依頼して、新しい車に乗り換えるのがベストな選択といえます。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】軽自動車の車検15万で買い替えるべきかよくある質問

最後に軽自動車の車検15万で買い替えるべきかよくある質問をまとめます。

【質問1】ディーラー車検が高すぎな理由は何?

疑問に思う男性

「ディーラー車検が高すぎな理由は何?」

ディーラー車検は一般の車検に比べて高額です。これは、純正部品の使用や専門技術者による点検・整備が行われるためです。

平均的に、ディーラー車検は市場の車検よりも約20%~30%高くなることが多いです。たとえば、一般的な車検費用が10万円の場合、ディーラー車検では12万円から13万円程度になることがあります。このように、高品質なサービスと純正部品の提供が、高額になる主な理由です。ですから、車の状態や所有の価値を重視する場合には、ディーラー車検の利用を検討する価値があります。

【質問2】車検費用が20万円なら買い替えた方がお得?

疑問に思う男性

「車検費用が20万円なら買い替えた方がお得?」

結論、車検費用が20万円の場合、買い替えを検討するのがお得な場合があります。

軽自動車の新車平均価格は約120万円から150万円であり、車検費用が新車価格の約13%~17%に達することを考えると、経済的な負担は小さくありません。さらに、車検費用が高額になる主な理由は、大規模な修理や部品交換が必要であることが多く、これらは車両の老朽化を示しています。例えば、エンジンやトランスミッションの大幅な修理が必要な場合、その費用は新車購入の初期投資と比較して将来的な経済的利益をもたらさない可能性が高いです。従って、車検費用が20万円となる車両は、買い替えを検討するべきです。

【質問3】軽自動車の車検はいくらかかった?(知恵袋調べ)

疑問に思う男性

「軽自動車の車検はいくらかかった?(知恵袋調べ)」

知恵袋での調査によると、軽自動車の車検費用は平均で4万円から6万円の範囲です。この費用には法定費用と整備費が含まれています。

法定費用は固定で、主に重量税、自賠責保険料、印紙税から構成され、これらは車種や地域による変動がほとんどありません。一方、整備費は車の状態やディーラー、整備工場によって大きく異なります。例えば、エンジンオイルの交換やブレーキパッドの交換など、車両の状態に応じた追加の整備が必要になる場合があります。結果として、軽自動車の車検費用は平均4万円から6万円となります。

まとめ:軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得かの結論

軽自動車で車検費用が15万なら買い替えた方がお得かの結論をまとめてきました。

結論、買い替えたほうがお得だと言えます。
なぜなら、最も高いと言われるディーラー車検の相場ですら軽自動車で15万円もかからないから。

ではなぜ、軽自動車の車検費用が15万と高くなるのか?原因を改めてまとめると、

軽自動車の車検費用が15万と高くなる原因

  • ディーラーで車検を依頼したため
  • 車両の状態が悪く整備箇所が多いため
  • 年式の古い車両に乗っているため

車検費用の高さは、車の買い替えを検討する最適なタイミング。

ですので、車検を受ける前に車買取を依頼して、新しい車に乗り換えるのがベストな選択といえます。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp