レクサスの車検は高すぎる?高い理由と維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法

「レクサスの車検が高い理由は何?」

「もっと維持費を抑えて、レクサス新車に賢く乗る方法が知りたい!」

トヨタが誇る高級車ブランド「レクサス」
一度は乗ってみたい車として、根強い人気を誇るブランドです。

そんなレクサスも「車検が高い」といった声が聞かれますが、なぜでしょう?

今後、レクサスの車検を受ける方や新車購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではレクサスの車検が高い理由と維持費を最大抑えてレクサス新車にく乗る方法を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

レクサスの車検費用は高いです。
高級車ということもあり、他車種に比べて車検代は高くなりがちです。

その分、トータルの維持費も高くなってしまうということ。

経済的には維持するのが苦しい車。
でも実は、維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法があることをご存知でしょうか。

それが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

✅KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え(途中で車種変更も)可能

また、KINTOの3年プランであれば車検なしで車を利用可能。
ですので、車検をより簡単に費用の不安なく迎えられるのも、KINTOを利用するメリットだといえます。

「維持費を最大限抑えて、身軽にレクサスを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車に乗ってみたい!」

レクサスを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

レクサスの車検が高い3つの理由

なぜ、レクサスの車検は高いのか?

今後レクサスの車検を受ける予定の方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは具体的なレクサスの車検が高い3つの理由について解説します。

【理由1】ディーラーで車検を依頼したから

まず1つ目の理由が「ディーラーで車検を依頼したから」

ディーラー車検を依頼すると、民間業者で依頼するよりも高額になります。
なぜなら、ディーラー車検の目的が、民間のように車検を通すためだけではなく、安全に走行するための保守点検も含まれるからです。

また、車検で部品交換などが生じた際も、純正部品を手配して取り付けるため、社外品よりも割高になってしまいます。

実際、ディーラーで普通自動車(重量1.5~2t)の車検を行った際の費用相場は、基本料金だけで10万以上かかる場合も多々あるほど。

ですので、ディーラーはサービスの質や安全性が高い反面、費用は割高になってしまいます。

以上の理由から、レクサスの車検費用が高くなる原因として、ディーラーに依頼した場合が考えられます。

【理由2】メンテナンスパック「LCMPⅡ」があるから

次に2つ目の理由として「メンテナンスパック「LCMPⅡ」があるから」

レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)は、新車購入から3年間は無料ですが、車検後の3年目以降は「LCMPⅡ」として、有料のプログラムになります。

任意のプログラムであるものの、専門スタッフの点検や高度なメンテナンスが受けられるため、車検とセットで契約する人は多いです。

金額の詳細は、公式サイトに掲載がないため、筆者の経験談でご紹介します。

  • LCMP(2年間の点検延長&2年間のオイル交換費用):約70,000円
  • レクサスのメンテナンス契約:約90,000円
  • LCMPⅡ契約料:50,000円~60,000円程度

まとめると、だいたい5~9万円くらいの契約料になります。

したがって、メンテナンスパック「LCMPⅡ」も、レクサスの車検が高い理由のひとつになると言えます。

【理由3】「G-Link」に加入しているから

3つ目の理由が「「G-Link」に加入しているから」

G-Link」は、CPO(レクサス認定中古車)以外で新車購入した際に提供されるネットワークサービスで、レクサスの車載機能を有効に利用するために加入が推奨されています。

G-Linkの具体的なサービスは以下の通りです。

G-Linkのサービスと内容

  • G-Security(防犯アラートシステム)
  • ヘルプネット(緊急時連絡システム)
  • ロードアシスト24(24時間トラブル対応)

セキュリティやナビ関連の対応を主に行います。

ソフトウェア更新などのサービスも含まれるため、加入しているほうが安心で便利であるものの、年間19,000円の基本料金が追加されます。

以上のように、「G-Link」の契約にかかる費用も、レクサスの車検が高くなる理由に挙げられると言えるでしょう。

※ 今すぐ維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車検の手続きも不要になり、気軽にレクサスを楽しむことができます。

レクサスの車検費用で高い検査項目と概算

ここまで、レクサスの車検が高い理由を解説してきました。

車検費用が高くなる理由があるのは事実です。
なんですが、レクサスの車検の項目でも高くなる検査があります。

具体的なレクサスの車検費用で高い検査項目と概算をまとめていきます。

【項目1】純正部品の交換にかかる費用

純正部品の交換をした場合は、車検費用が高くなります。

たとえば、車検の際に部品のパーツ交換などがあると、純正部品は料金が高くなってしまいます。

さらに、ディーラーで車検を行った場合は、交換にかかる工賃も、民間業者よりも割高になります。

実際、ディーラー車検を行った場合、「外注マージン」が発生する可能性があります。

純正部品は、品質が保証されているため、壊れにくさや保証期間が長いなどのメリットがあるものの、値段は汎用品に比べれば、割高になります。

以上のように、純正部品の交換作業がある点は、車検が高くなる理由に入ると言えます。

【項目2】バッテリー交換の費用

レクサスのバッテリー交換の費用も、他に比べて高いです。

実際、筆者の経験から70,000円程度はかかりました。

ディーラーで交換しないと保証が受けられないため、工賃も含めて高くなってしまいます。

また、レクサスのハイブリッド車である場合、 駆動用のメインバッテリーと電装品用の補機バッテリーの2種類が搭載されております。

そのため、通常のガソリンエンジンのバッテリーよりも、交換費用が割高になります。

たとえば、バッテリー専門店によると、レクサスのバッテリー交換費用は、 リビルド品で77,660円~272,800円と非常に高額です。

したがって、レクサスの車検が高くなる理由に、バッテリー交換費用も挙げられると言えます。

【項目3】エンジンオイル交換の料金

レクサスは、新車購入から3年間はエンジンオイル等の消耗品の交換料金が無料(レクサスケアメンテナンスプログラム)となります。

ですが、3年後から有料となり、中でもエンジンオイルの交換費用が高いです。
実際、民間業者のエンジンオイル交換費用を見てみると、約7,000円~20,000円(エレメント交換含む)かかります。

ちなみに、トヨタディーラーでレクサスと同クラスである2,400ccのエンジンオイルの交換料金を見てみると、

  • エンジンオイル交換のみ:5,613円
  • エンジンオイル+オイルフィルター交換:8,388円

上記の通りで、レクサスよりも安いことがわかりますね。

ですので、エンジンオイル交換の料金も、レクサスの車検が高くなる理由に入ると言えます。

※ 今すぐ維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車検の手続きも不要になり、気軽にレクサスを楽しむことができます。

レクサスの車検費用の相場【ディーラーvs民間】

では最も気になる車検費用の相場について。

ディーラー車検と民間車検で比較した時のレクサスの車検費用の相場はどれくらいか?まとめます。

ディーラーでの車検の場合

ディーラーでの車検費用は、約10万円~40万円ほどになります。

2回目以降(5年目)の車検費用は、初回よりさらに高くなる可能性があります。

ディーラー車検の特徴(メリット・デメリット)を挙げると以下の通り。

ディーラー車検のメリット

  • 高品質な車検サービスが受けられる
  • 品質が保証されている
  • 純正部品で対応してくれる

ディーラー車検のデメリット

  • 料金が高い
  • 時間がかかる
  • 必要のないメンテナンスまでされる可能性あり

民間車検場での車検の場合

レクサスは、民間の車検場でも受けることができます。

イエローハットの情報によると、民間整備工場でレクサス(LSモデル) が車検を受けた場合、

  • 法定費用:61,740円
  • 基本料金:10,000~20,000円
  • 整備費用:20,000~30,000円

合計12万円前後で受けることができるので、ディーラーよりも安くなります。

民間車検の特徴(メリット・デメリット)を挙げると以下の通りとなります。

民間車検のメリット

  • 費用が安い
  • 整備の質も悪くない
  • スピードが速い

民間車検のデメリット

  • 純正パーツではない
  • 保証が受けられない
  • すぐに故障などのトラブルが発生する可能性あり

レクサスの車検代を安く抑えるおすすめの方法

ここまで、レクサスの車検に関する情報を詳しく解説してきました。

疑問に思う男性

「レクサスの車検費用が高くても、受け入れるしかない?他に安く抑える方法はない?」

あなたが最も知りたいのは、「車検費用を安く抑えるおすすめの方法」ですよね。

どうすれば、車検費用は安く抑えられるのか?

結論から先にいうと、車検費用を安くする方法はあります。

ここからは具体的なレクサスの車検代を安く抑えるおすすめの方法をご紹介します!

【方法1】安い指定整備工場を選ぶ

まず検討したいのが「安い指定整備工場を選ぶ」

指定工場」とは、地方運輸局長の認証を受けた「認証工場」の中でも、自動車の検査の設備があり、検査員による点検や整備を認められた工場を指します。

こうした国の認証を受けた指定工場の中で、安く車検ができる工場を選ぶと、安心な上に費用を抑えることが可能です。

たとえば、関東にお住まいの場合、「ニコニコ車検」を利用すれば、国交省指定整備工場で安く車検が行えます。

ニコニコ車検の利点は、車検の基本料金が全車11,000円と安いのはもちろん、Web割も利用できて安く抑えられます。

さらに、車検後のアフターフォロー(特典)も付いています。

ニコニコ車検利用後のアフターフォロー(特典)

  • 2年間ガソリン代ずっと5円/L割引
  • 車検後2年間整備保証付き
  • 6ヶ月点検が無料
  • 18ヶ月点検が無料
  • オイル交換2年間1,100円
  • タイヤローテーションが無料

かなりお得ですね。

ですので、車検費用を安く抑えるなら、安い指定工場を選ぶのがおすすめです。

ニコニコ車検で無料見積を取ると、もれなく「1,000円割引」と「オイル交換無料」も付いてきます

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法2】複数の車検業者から見積りを取る

今すぐできて簡単な方法は「複数の車検業者から見積りを取る」

一社に絞らず、相見積りも費用を安くする方法として有効です。
なぜなら、複数の車検業者の中から、比較検討を行って一番安い業者を選べるから。

自分が納得した上で、車検業者を選べる点が、相見積り最大の利点だといえます。

実際、ニコニコ車検の見積りを利用すると、最高ランクの国交省指定整備工場の中から、一番安い業者を選ぶことができます。

さらに、ニコニコ車検から無料見積りを取ると、

無料見積で必ずもらえる特典

  • 支払い総額から「1,000円割引」
  • 車検実施時の「オイル交換が無料」

お得な特典も付いてきます。

年間16,771台近くの車検台数実績があるからこそ、見積りに関しても、他業者より選ばれている理由だといえます。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法3】自分で車検を行う(ユーザー車検)

そして「自分で車検を行う(ユーザー車検)」

ユーザー車検」とは、自分で運輸支局に車を持ち込んで車検を行うことを指します。

運輸支局が開庁している平日に車を持ち込める時間的余裕があり、なおかつ、車の点検・整備に関する専門的知識があれば、ユーザー車検で安く費用を抑えることが可能です。

実際、ユーザー車検にかかる費用は、検査手数料1,400円+法定法定費用(自賠責保険料+重量税+印紙代)のみとなります。

なので、35,000円~40,000円程度で車検を受けることができるので、業者で受けるよりも実質10,000円~30,000円ほど車検費用を抑えることができます。

以上のことから、ユーザー車検も、車検費用を安く抑える方法のひとつとなります。

維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法

ここまで、レクサスの車検に関する情報を解説してきました。

レクサスの車検費用は高いです。
高級車ということもあり、他車種に比べて車検代は高くなりがちです。

その分、トータルの維持費も高くなってしまうということ。

経済的には維持するのが苦しい車です。
でも、レクサスには乗り続けたいし、新車で乗ってみたい方も多い人気の車。

実は、維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法があることをご存知でしょうか。

それが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

また、KINTOの3年プランであれば車検なしで車を利用可能。
ですので、車検をより簡単に費用の不安なく迎えられるのも、KINTOを利用するメリットだといえます。

「維持費を最大限抑えて、身軽にレクサスを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車に乗ってみたい!」

このようにレクサスを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

【Q&A】高いレクサスの車検に関するよくある質問

最後に高いレクサスの車検に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】レクサスNXの車検費用は平均いくらかかる?

疑問に思う男性

「レクサスNXの車検費用は平均いくらかかる?」

レクサスNXの法定費用は、約42,650円となります。
ディーラーで受けた場合の最低限かかる車検費用は、85,550円なので総額は最低でも約12万円以上かかります。

民間業者での平均相場は、楽天Car車検によると、法定費用込みで70,680円となっています。

上記金額から、さらに消耗品等の交換費が追加で必要になる場合があります。

【質問2】レクサスディーラーでの車検時間はどれくらい?

疑問に思う男性

「レクサスディーラーでの車検時間はどれくらい?」

一般的に、ディーラーで車検を行った場合、目安は2~3日かかります。

レクサスの場合も、他のディーラーと変わらないと言えるでしょう。
また、店の混み具合や車の状態等によっても、時間がかかるかどうかが変わってくるでしょう。

ただ、民間業者で車検を行うよりも、ディーラーの方が時間はかかると言えます。

【質問3】5年目を迎えるレクサスの車検費用はいくらかかる?

疑問に思う男性

「5年目を迎えるレクサスの車検費用はいくらかかる?」

たとえば、初代「NX」は2014年発売なので、5年以上経っており、かつ、税金が上がる13年目以内であるため、5年目を迎えるレクサスの車検費用の参考になると言えます。

その初代「NX」の法定費用は、ガソリン車とハイブリッド車を含め、約40,000円~約55,000円程度になります。

一方、車検整備費用は、50,000円~200,000円程度が最も多い費用となります。

つまり、車検総額は90,000円~250,000円程度かかるということ。
この金額から、メンテナンスパックやG-Linkサービスの契約をすると、さらに割高になると考えられます。

まとめ:レクサスの車検は高い理由と維持費を抑えて賢く乗る方法

レクサスの車検は高い理由と維持費を抑えて賢く乗る方法をまとめてきました。

改めて、レクサスの車検が高い理由をまとめると、

レクサスの車検が高い理由

  • ディーラーで車検を依頼したから
  • メンテナンスパック「LCMPⅡ」があるから
  • 「G-Link」に加入しているから

レクサスの車検費用は高いです。
高級車ということもあり、他車種に比べて車検代は高くなりがちです。

その分、トータルの維持費も高くなっていくということ。

経済的には維持するのが苦しい車。
でも実は、維持費を最大抑えてレクサス新車に賢く乗る方法があります。

それが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

また、KINTOの3年プランであれば車検なしで車を利用可能。
ですので、車検をより簡単に費用の不安なく迎えられるのも、KINTOを利用するメリットだといえます。

「維持費を最大限抑えて、身軽にレクサスを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車に乗ってみたい!」

このようにレクサスを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com