ヤリスクロスは乗り心地が悪い?視界が悪いから?5つの原因と車購入で後悔しない方法

「ヤリスクロスは乗り心地が悪いってホント?」

「ヤリスクロスの購入リスクや後悔しない方法は何かない?」

トヨタが手掛けるクロスオーバーSUV「ヤリスクロス」
スタイリッシュなデザインと先進的な安全機能を備えた、人気の都市型コンパクトSUVです。

なんですが、「ヤリスクロスは乗り心地が悪い」といった声も聞かれますが、なぜでしょうか?

ヤリスクロスに乗りたい人や購入を検討している人にとって、気になる情報です。

そこで!ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる原因と車購入で後悔しない方法を詳しく解説していきます!

【結論】ヤリスクロスは乗り心地が悪い車?

ヤリスクロスは乗り心地が悪い車なのかどうか?

結論からいうと、一概に「乗り心地が悪い」と評価するのは難しいです。なぜなら、車の乗り心地については使用状況やドライバーの感じ方、さらには車の販売価格に対する性能のバランスによっても大きく左右されるから。

実際、ヤリスクロスはコンパクトSUVとして開発されており、そのサイズと価格帯からすると、非常に優れた乗り心地の良さを期待するのは少し難しいかもしれません。具体的には、車体が軽いために高速道路での安定感が若干低いと感じるドライバーもいます。さらに、サスペンションが固めに設定されているため、粗い路面での振動が直接車内に伝わりやすいです。

ただし、これは乗り心地が全体として「悪い」というわけではなく、車の特性として理解する必要があります。例えば、市街地での運転では、ヤリスクロスのサイズとハンドリングの良さが非常に役立ちます。また、コンパクトながらも適切な内装の工夫が見られ、日常的な使用には十分な快適性を提供しています。

つまり、乗り心地の良し悪しは使用状況や個人の期待値に大きく左右されるため、一概に「ヤリスクロスは乗り心地が悪い」と断言するのは適切ではないということ。

まずは、どういった目的でヤリスクロスを運転したいのか?利用目的と購入予算を明確にしたうえで、買うかどうかは検討するのが良いといえます。

※ 今すぐヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクだけでなく、購入後の後悔や悩みを回避できる方法があります。

ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる5つの原因

ではなぜ、「ヤリスクロスは乗り心地が悪い」との声が聞かれるのか?

ヤリスクロスに乗りたい人にとっては、非常に気になる情報です。

ここからは、ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる5つの原因について深掘りしていきます。

【原因1】サスペンションの硬さ

まず1つ目の原因として挙げられるのが「サスペンションの硬さ」

ヤリスクロスのサスペンションは硬いため、乗り心地が悪いとされることがあります。この硬さは、主に都市部での運転を快適にする目的で設計されていますが、粗い道路や不整地では不快感を与えることがあるのです。

例えば、市街地の小さな段差や速度抑制のための突起を乗り越える際に、車内に振動が直接伝わりやすくなります。特に、サスペンションのバネ定数が高く設定されている場合、振動吸収能力が低下し、これが乗り心地を硬く感じさせる原因となっています。この結果、ヤリスクロスは硬いサスペンションのため、乗り心地が悪いとされることがあります。

【原因2】ホイールベースの短さ

次に2つ目の原因として「ホイールベースの短さ」

ヤリスクロスのホイールベースの短さが乗り心地に影響を及ぼしています。ホイールベースが短いという特性は、車の安定性や乗り心地に直接関係しており、特に不整地や大きな凹凸が多い道での運転時に乗り心地の悪さが顕著になります。

具体的に、ヤリスクロスのホイールベースは2,560ミリメートルであり、これは同クラスの他のSUVと比較しても短い部類に入ります(出典:トヨタ ヤリス クロス「主要諸元表」)。短いホイールベースは小回りが利く一方で、大きな段差を乗り越える際には前輪と後輪の間で大きな揺れが発生しやすくなります。実際、縦列駐車場の出入り口など、急な勾配の変化がある場所で乗り心地の悪さを感じやすいです。したがって、ホイールベースの短さはヤリスクロスの乗り心地が悪いとされる一因です。

【原因3】軽量な車体で安定感に不安

3つ目の原因として「軽量な車体で安定感に不安」

ヤリスクロスの軽量な車体は、安定感に不安をもたらす原因となっています。軽量化は燃費の向上や取り回しの良さに寄与する一方で、高速走行時や強風時に車体が不安定になりやすいというデメリットがあります。

具体的には、ヤリスクロスの車両重量は約1,200キログラムと他のSUVと比較して軽量で、これが車体の挙動を不安定にさせる一因です(出典:トヨタ ヤリス クロス「仕様・諸元」)。例えば、高速道路での追い越し時や、横風が強い日には、車体が流されやすく、ドライバーはハンドルをしっかりと握り続ける必要があります。このような状況は、乗車している人々にとって不快感や不安感を与えることがあります。したがって、ヤリスクロスの軽量な車体は、安定感に欠けるとされる原因の一つです。

【原因4】ピラーが太くて視界が悪い

4つ目の原因として「ピラーが太くて視界が悪い」

ヤリスクロスのピラーが太く設計されているため、視界が悪くなり乗り心地が悪いとされています。車両のAピラーが太いと、特に左右の斜め前方への視界が遮られ、運転中に周囲の状況を正確に把握するのが難しくなります。これは、交差点での左右の安全確認や、駐車時に特に問題となります。

例えば、運転者が交差点に近づく際、対向車や歩行者を見落とすリスクが高まり、不安定な運転行動を引き起こす可能性があります。このような状況は、運転者や乗車している人々にとって精神的なストレスや不快感を与える原因となり、結果として乗り心地の悪化につながります。したがって、ヤリスクロスの太いピラーによる視界の悪さは、乗り心地を悪くする一因です。

【原因5】エンジンやロードノイズがうるさい

そして5つ目の原因として挙げられるのは「エンジンやロードノイズがうるさい」

ヤリスクロスのエンジンやロードノイズがうるさいとされることは、乗り心地を著しく悪化させています。車両の遮音材が不十分であるため、エンジン音や路面からのノイズが内部に容易に侵入します。

具体的には、加速時や高速道路での運転中にエンジンからの騒音が顕著になり、これが運転の快適性を低下させます。さらに、アスファルトの粗い道を走行する際にはタイヤと路面との摩擦によるノイズも増大し、これが乗り心地の質をさらに損なう原因となっています。このように、エンジンとロードノイズの過度な侵入は、運転中の静寂性の欠如と直結し、ヤリスクロスの乗り心地を悪くしています。したがって、エンジンやロードノイズがうるさいことは、乗り心地の悪さに直接影響する要因だといえます。

※ 今すぐヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクだけでなく、購入後の後悔や悩みを回避できる方法があります。

乗り心地が悪いと感じない!ヤリスクロスの魅力

ここまで、ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる原因について解説してきました。

乗り心地が悪いと感じる理由があるのは事実。
なんですが、乗り心地だけでなくヤリスクロスは魅力が多い車。

どういった点に魅力や運転するメリットがあるのか?

具体的な乗り心地が悪いと感じない!ヤリスクロスの魅力をご紹介します!

【魅力1】燃費が良くて経済的にも良い!

まず特に魅力として感じるのが「燃費が良くて経済的にも良い!」

ヤリスクロスは燃費の良さが経済性に直結し、多くのドライバーにとって魅力的な選択肢となっています。この車の燃費効率は、先進のハイブリッド技術とエンジンの最適化により実現されており、WLTCモードにおいては、ハイブリッド車が25.0km/L~30.8km/L、ガソリン車が17.6km/L~19.8km/Lの燃費を達成しています。これにより、日常の通勤や週末のドライブでも燃料コストを抑えることが可能です。実際、同クラスの非ハイブリッド車が15km/L程度の燃費であることを考慮すると、ヤリスクロスの燃費の良さがいかに経済的かが明らかですね。結果的に、ヤリスクロスは燃費の良さが経済的なメリットをもたらしています。

【魅力2】コンパクトな設計で運転しやすい!

実際に運転してみて感じる魅力は「コンパクトな設計で運転しやすい!」

ヤリスクロスのコンパクトな設計は、運転のしやすさと都市部での取り回しの良さを提供します。この車は全長約4,180mm、全幅約1,765mmというサイズで、狭い道路や小さな駐車スペースでもスムーズに運転できます。

例えば、日本の多くの住宅地や商業施設では駐車スペースが限られており、コンパクトな車体はそうした環境下でのストレスを軽減します。また、車両の全高が約1,560mmであるため、低い天井の駐車場でも楽に入出庫が可能です。これらの点から、ヤリスクロスのコンパクトな設計は、都市部での運転において大きな利点をもたらしてくれます。

【魅力3】スタイリッシュなデザインがかっこいい!

見た目も大事!「スタイリッシュなデザインがかっこいい!」

ヤリスクロスはスタイリッシュなデザインが特徴で、多くのドライバーに支持されています。このデザインの魅力は、先進的な外観と洗練されたラインが都市的なイメージを強調する点にあります。

具体的には、ヤリスクロスのフロントグリルは大胆かつ特徴的で、シャープなヘッドライトと組み合わされており、ダイナミックな印象を与えます。サイドビューでは、流れるようなルーフラインと強調されたフェンダーがスポーティさを演出しています。このようなデザイン要素は、特に若い世代のドライバーからの評価が高く、都会的なライフスタイルにマッチした魅力的な選択肢となっています。したがって、ヤリスクロスはそのスタイリッシュなデザインがかっこよく、多くの人々に愛されています。

【魅力4】四輪駆動モデルは安定した走行が可能!

走りにこだわりたい人にとって大きな魅力が「四輪駆動モデルは安定した走行が可能!」

ヤリスクロスの四輪駆動モデルは、安定した走行を実現し、様々な路面条件での信頼性を高めます。四輪駆動システム(電気式4WDシステム)は、滑りやすい路面や悪天候時でも各輪に均等にトルクを配分することで、車両のグリップ力を向上させ、安定した走行を可能にします。

例えば、雪道や雨天時のスリップが起こりやすい状況でも、四輪駆動は車両の制御性を保ち、安心して運転を続けることができます。さらに、急な登り坂やオフロードのような挑戦的な環境においても、そのパフォーマンスは一貫しています。このように、ヤリスクロスの四輪駆動モデルは、多様な運転環境においても高い安定性を提供し、ドライバーに安心感を与えます。したがって、四輪駆動モデルは安定した走行が可能で、幅広い運転条件下での信頼性が高いと評価されています。

【魅力5】カスタマイズの自由度が個性を出せる!

そして5つ目のメリットが「カスタマイズの自由度が個性を出せる!」

ヤリスクロスのカスタマイズの自由度が高いため、個々のユーザーが自身の個性を表現することができます。車両をパーソナライズすることにより、所有者は自分だけの特別な一台を作り上げる楽しさを享受することが可能です。

具体的には、ヤリスクロスのボディカラーは全部で11種類!多数のボディカラーオプション、インテリア素材の選択肢、アクセサリーパッケージを提供しており、外観から室内空間に至るまで幅広く自分好みにカスタマイズすることができます。例えば、スポーティな外観を求めるユーザーはエアロパーツや専用デザインのアロイホイールを選択することができ、また、高級感を望むユーザーはレザーシートやプレミアムサウンドシステムを選ぶことも可能です。このように、ヤリスクロスのカスタマイズの自由度は、ユーザーに自身のライフスタイルや好みに合わせた車を創造する機会を提供しています。したがって、カスタマイズの自由度が個性を出せるという点で、ヤリスクロスは非常に魅力的な選択肢です。

※ 今すぐヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクだけでなく、購入後の後悔や悩みを回避できる方法があります。

どんな人に向いてる?ヤリスクロスに乗ってる人の特徴

ここまで、ヤリスクロスの評判を詳しくご紹介してきました。

ではどういった人に、ヤリスクロスは向いているのか?

最も気になるどんな人に向いてる?ヤリスクロスに乗ってる人の特徴をまとめます!

【特徴1】都市部での運転が多い人

まず1つ目の特徴として「都市部での運転が多い人」

ヤリスクロスは都市部での運転が多い人に最適です。この車のコンパクトなサイズと機動性は、狭い道路や混雑した市街地での運転に対応するために特に設計されています。

例えば、全長約4,180mm、全幅約1,765mmの寸法は、限られた駐車スペースにも簡単に収まりますし、頻繁に発生する交通の流れの変化にも柔軟に対応することが可能です。また、タイトなUターンや急な車線変更もスムーズに行えます。これらの特性は、都市部で日常的に運転する人々にとって非常に便利な機能です。したがって、ヤリスクロスは都市部での運転が多い人にぴったりの車です。

【特徴2】アウトドア活動を楽しむ人

次に2つ目の特徴が「アウトドア活動を楽しむ人」

ヤリスクロスはアウトドア活動を楽しむ人に適しています。この車は広々とした荷室と分割可倒式の後席を備えており、大きな荷物やアウトドア用品を簡単に積み込むことができます。

具体的に、荷室の容量は最大で390リットルあり、キャンプ用品や登山道具、サイクリングの際の自転車など、さまざまなアウトドアギアを収納するのに十分なスペースを提供します。また、四輪駆動オプションを選択すれば、悪路や雪道でも安定した走行が可能です。これにより、自然の中での冒険にも理想的な車となります。ですので、ヤリスクロスはアウトドア活動を楽しむ人にとって非常に魅力的な選択肢です。

【特徴3】デザインを重視する若い世代

そして3つ目の特徴として「デザインを重視する若い世代」

ヤリスクロスはデザインを重視する若い世代に特に人気があります。この車はモダンでスタイリッシュな外観が特徴で、若者たちのファッション感覚や個性的なライフスタイルに合わせやすいデザインを採用しています。

具体的には、流線型のボディライン、大胆なフロントグリル、そして魅力的なカラーバリエーションが提供されており、これらの要素が都会的な魅力を演出します。実際、ビビッドなカラーオプションは若者の個性と自己表現の願望を満たすのに役立ちます。以上のことから、デザインを重視する若い世代にヤリスクロスは適した選択肢です。

※ 今すぐヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクだけでなく、購入後の後悔や悩みを回避できる方法があります。

ヤリスクロスの乗り心地が悪いと感じた時の改善策

ヤリスクロスに多くの魅力があっても、購入後に「乗り心地が悪い」と感じる可能性は否定できません。

実際、購入前に試乗して運転感覚を確認したとしても、いざ購入して乗ると「乗り心地が悪い」と感じる場合もあります。

すでに購入してしまった場合に有効なヤリスクロスの乗り心地が悪いと感じた時の改善策もご紹介します。

【改善1】シートのクッション性を強化する

まず1つ目の改善策として「シートのクッション性を強化する」

ヤリスクロスの乗り心地を改善するためには、シートのクッション性を強化することが効果的です。元々のシートが硬いため、長時間の運転で疲労や不快感を感じることがあります。クッション性が向上したシートカバーや高品質のクッション材を使用することで、これらの問題を軽減できます。

例として、メモリーフォームやゲルを含んだシートカバーを装着することで、体圧が均等に分散され、座り心地が大幅に向上します。このような改善により、ヤリスクロスの乗り心地が改善され、長距離運転も快適に行えるようになります。

【改善2】高品質で柔らかいタイヤに交換する

次に2つ目の改善策が「高品質で柔らかいタイヤに交換する」

ヤリスクロスの乗り心地を改善する効果的な方法の一つは、高品質で柔らかいタイヤに交換することです。硬いタイヤは路面からの衝撃を直接車内に伝えがちですが、柔らかいタイヤはその衝撃を吸収しやすいため、乗り心地が向上します。

例えば、低転がり抵抗タイヤではなく、サイドウォールが厚いツーリングタイヤに交換することで、路面の凹凸からの振動が減少し、運転中の快適さが増します。このように、タイヤの選択を見直すことで、ヤリスクロスの乗り心地の質を大きく改善できます。

【改善3】ホイールサイズを小径に変更する

そして3つ目の改善策として「ホイールサイズを小径に変更する」

ヤリスクロスの乗り心地を改善するためにホイールサイズを小径に変更することは有効です。小径のホイールでは、タイヤのサイドウォールが相対的に高くなり、これにより路面からの衝撃が軽減され、より快適な乗り心地が実現します。

具体的には、標準の18インチホイールから16インチまたは17インチのホイールに変更することで、タイヤのサイドウォールが厚くなり、衝撃吸収性が向上します。この結果、粗い道路でも振動が少なくなり、車内での快適性が大幅に改善されます。したがって、ホイールサイズを小径に変更することは、ヤリスクロスの乗り心地を良くする効果的な手段です。

※ 今すぐヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車両購入のリスクだけでなく、購入後の後悔や悩みを回避できる方法があります。

【賢い】ヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法

ここまで、ヤリスクロスの乗り心地をはじめ評判に関する情報を解説してきました。

ヤリスクロスの乗り心地は悪い、と感じる人はいます。
いますが、それ以上にヤリスクロスの魅力や運転するメリットもあるのも事実。

結局は、使用状況や利用者の捉え方次第だといえます。
購入して「失敗した・・・」と後悔しないためにも、試乗や入念な情報収集が必要不可欠だといえます。

でも実は、ヤリスクロスの購入で後悔したくない人向けの方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「カーリース」の活用です。

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースの中でも特におすすめなのが「cool mint」と呼ばれる商社最大手の双日グループが運営するサービス

cool mintは、月々1万円台から新車に乗れる、購入よりもお得なカーリースサービスです。

cool mintの特徴と利用するメリット

  • 頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検など一切不要!
  • 業界最安値宣言!購入するよりもお得な超高残価設定!
  • 契約期間を決めずにすぐに乗れて、いつでもやめられるプランあり

まずは3年間、お試しで運転してみるのもあり。
購入後の後悔や悩みを回避して、カーライフを楽しめるメリットもあります。

「ヤリスクロスの新車を買って後悔したくない!」
「まずはお試しで乗ってみて、ヤリスクロスの運転価値を体感したい!」

このように、ヤリスクロスを購入ではなく、気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月々1万円から新車に乗れる!/
『cool mint』で気になる車種を問い合わせて審査に進む
【公式サイト:https://mintsubsc.com

【Q&A】乗り心地が悪いと囁かれるヤリスクロスのよくある質問

最後に乗り心地が悪いと囁かれるヤリスクロスのよくある質問をまとめます。

【質問1】ヤリスクロスは運転が難しい車?

疑問に思う男性

「ヤリスクロスは運転が難しい車?」

結論からいうと、ヤリスクロスは運転が難しい車ではありません。

この車はコンパクトなサイズで操縦性に優れ、特に都市部での運転がしやすい設計になっています。例えば、全長約4,180mm、全幅約1,765mmという寸法は、狭い道や駐車スペースでの取り回しを容易にします。さらに、視界が広く取られているため、運転中の周囲の状況を把握しやすく、初心者でも安心して運転できます。したがって、ヤリスクロスは運転が難しいということはありません。

【質問2】ヤリスクロスの18インチの乗り心地は良い?悪い?

疑問に思う男性

「ヤリスクロスの18インチの乗り心地は良い?悪い?」

ヤリスクロスの18インチタイヤの乗り心地は、道路状況によって異なる可能性があります。

タイヤサイズが18インチの場合、スタイリッシュでスポーティな外観を提供しますが、タイヤのプロファイルが低くなるため、硬い乗り心地に感じることがあります。特に、粗い舗装や段差が多い道では、衝撃がダイレクトに伝わりやすく、乗り心地が悪く感じることがあります。しかし、滑らかな道路では、これらのタイヤは優れたハンドリング性能を提供し、快適な運転体験が得られます。以上のことから、ヤリスクロスの18インチタイヤは乗り心地が良いとは一概に言えず、使用する道路状況に依存すると言えます。

【質問3】ヤリスクロスの評判は乗り心地以外に悪い点はある?

疑問に思う男性

「ヤリスクロスの評判は乗り心地以外に悪い点はある?」

ヤリスクロスに関して乗り心地以外で評判が悪い点として挙げられることは少ないですが、一部のユーザーからはエンジンのパワー不足についての指摘があります。

特に、高速道路での追い越し時や坂道での加速時に、エンジンが求められるパフォーマンスを発揮しきれないと感じることがあるようです。たとえば、ヤリスクロスの一部モデルは1.5リッターエンジンを搭載しており、車両重量に対して出力が十分でないと感じるドライバーもいます。ですので、乗り心地以外でヤリスクロスの評判がやや悪いとされるのは、エンジンのパワー不足が主な理由です。

まとめ:ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる原因と後悔しない方法

ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる原因と後悔しない方法をまとめてきました。

改めて、ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる原因をまとめると、

ヤリスクロスは乗り心地が悪いとされる原因

  • サスペンションの硬さ
  • ホイールベースの短さ
  • 軽量な車体で安定感に不安
  • ピラーが太くて視界が悪い
  • エンジンやロードノイズがうるさい

ヤリスクロスの乗り心地は悪い、と感じる人はいます。
いますが、それ以上にヤリスクロスの魅力や運転するメリットもあるのも事実。

結局は、使用状況や利用者の捉え方次第だといえます。
購入して「失敗した・・・」と後悔しないためにも、試乗や入念な情報収集が必要不可欠だといえます。

もし、ヤリスクロスの購入で後悔したくない人は、「カーリース」の選択もおすすめです

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースの中でも特におすすめなのが「cool mint」と呼ばれる商社最大手の双日グループが運営するサービス

cool mintは、月々1万円台から新車に乗れる、購入よりもお得なカーリースサービスです。

cool mintの特徴と利用するメリット

  • 頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検など一切不要!
  • 業界最安値宣言!購入するよりもお得な超高残価設定!
  • 契約期間を決めずにすぐに乗れて、いつでもやめられるプランあり

まずは3年間、お試しで運転してみるのもあり。
ヤリスクロス購入による後悔や悩みを回避して、カーライフを楽しめるメリットもあります。

\月々1万円から新車に乗れる!/
『cool mint』で気になる車種を問い合わせて審査に進む
【公式サイト:https://mintsubsc.com