【最新・現在】新型ハリアーのリセールバリューは悪い?結論と高値で売却する方法

「新型ハリアーのリセールバリューは悪いってホント?」

「ハリアーを高値で売却する方法は何が最もベスト?」

トヨタの人気ミッドサイズSUV「ハリアー」
広い室内空間と快適な乗り心地で、ファミリーからビジネスシーンまで幅広く使われる人気車種です。

なんですが、一部で「新型ハリアーのリセールバリューは悪い」といった情報が散見されますが、ホントでしょうか?

今後、ハリアーの売却を検討している方にとっても、非常に気になる情報です。

そこで!新型ハリアーのリセールバリューは悪いのかの結論と高値で売却する方法を詳しく解説していきます。

忙しい方に先に本記事の結論をお伝えすると・・・

結論、ハリアーのリセールは横ばいもしくは高い状況。。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

ですが、今後ハリアーのリセールバリューが下落する可能性は否定できません。
さらにいうと、リセール価格の推移は日々変化しており、上下動を繰り返しています。

ですので、売却を検討しているのであれば、高い今のうちに手放すのがベストなタイミングといえます。

ではどういった方法が最もベストなのか?
少しでも高値で売却したいなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、ハリアーの買取相場・下取り相場を比較すると、30万円近くも買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、無料査定&高値買取で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【結論】新型ハリアーのリセールバリューは悪い?

新型ハリアーのリセールバリューは悪いのかどうか?

結論からいうと、ハリアーのリセールは横ばいもしくは高い状況。

つまり、値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

実際、ガリバーが公表する「ハリアー(トヨタ)の年落ち別リセールバリュー」。本情報をみると、1年~3年落ち(2021年~)のモデルは70%~80%、4年~5年落ち(2019年~2020年)のモデルは、80%前後で推移しているのがわかります。

さらに、購入後の平均的なリセールバリューの推移と比較しても、ハリアーのリセールは高いのが明白です。

リセールバリュー推移 ハリアー(最大値) 平均 比較
購入から3年後 70%~80% 50%~60% 20%以上
購入から5年後 80%前後 40%~50% 30%以上
購入から8年後 50%~80% 5%~10% 40%以上

(出典:ラビット

これらの結果からも分かる通り、ハリアーは平均以上の高いリセールバリューを維持していることがうかがえますね。

ですので、ハリアーのリセールは悪くなく、非常に高いリセール価値を維持していると結論づけできます。

リセールが悪くなる前に車を高値で売却したい方は、こちらをご覧ください。現在の買取金額も簡単に確認することができます。

3年後(1年~3年落ち)のリセールバリュー

参考までに、2024年6月現在のハリアーの年落ち別リセール情報をまとめておきます。

まずは、ハリアーの3年後(1年~3年落ち)のリセールバリューは以下の通りです。

ハリアーの3年後(1年~3年落ち)のリセールバリュー

  • 最大値:70%~80%前半
  • 最小値:40%~60%

5年後(4年~5年落ち)のリセールバリュー

次に、ハリアーの5年後(4年~5年落ち)のリセールバリューは以下の通りです。

ハリアーの5年後(4年~5年落ち)のリセールバリュー

  • 最大値:80%前後
  • 最小値:30%~40%

8年後(6年~8年落ち)のリセールバリュー

そして、ハリアーの8年後(6年~8年落ち)のリセールバリューは以下の通りです。

ハリアーの8年後(6年~8年落ち)のリセールバリュー

  • 最大値:50%~60%
  • 最小値:10%~30%

8年後のリセールバリューも非常に高いのがわかります。

とはいえ、高い状況がずっと続くとも限りません。現在の買取相場を確認するには、無料査定を依頼するのが手っ取り早いです。

新型ハリアーのリセールバリューが悪くなる5つの原因

結論、ハリアーのリセールは横ばいもしくは高い状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

ですが、今後ハリアーのリセール価値が下落する可能性は否定できません。

売却や車の乗り換えを検討しているのであれば、リセールバリューが良い時に車を手放すのが賢明だといえます。

では、ハリアーのリセールバリューが悪くなる原因は何か?

具体的な新型ハリアーのリセールバリューが悪くなる5つの原因を詳しく解説していきます。

【原因1】供給過剰による市場の飽和

まずハリアー独自の原因として挙げられるのが「供給過剰による市場の飽和」

市場に流通するハリアーの台数が需要を超えると、価値が下がる傾向にあります。

例えば、特定の年にハリアーの生産台数が需要を大幅に上回った場合、中古市場に多くのハリアーが出回り、それによって価格が下落します。実際に、過去には一部の人気車種でこの現象が観察されています。具体的には、ある年の生産台数が前年比で20%増加した車種は、その後のリセールバリューが平均10%低下したというデータがあります。

このように、供給量が需要を上回ることでリセールバリューに影響を及ぼすことは、ハリアーの価値を考える上で重要な要素です。

【原因2】車両の状態が悪くて走行距離が多い

購入後の原因として多いのは「車両の状態が悪くて走行距離が多い」

メンテナンスが不十分で走行距離が多い車両は、その価値が著しく低下します。

具体的には、ハリアーのようなSUVでは、10万キロメートルを超える走行距離を持つ車両は、5万キロメートル以下のものに比べてリセールバリューが30%から40%低いとされています。これは、走行距離が多いと機械的な不具合が生じるリスクが高まり、新しい所有者が追加のメンテナンス費用を負担する可能性があるためです。また、事故歴や修理歴のある車両は、未経験の車両と比較して平均20%の価値減少が見られます。これらのデータは、中古車市場の実情を反映しており、車両の状態と走行距離がリセールバリューに与える影響の大きさを示しています。

このため、ハリアーを高く売却するためには、車両の状態を良好に保ち、走行距離を抑えることが重要です。

リセールが悪くなる前に車を高値で売却したい方は、こちらをご覧ください。現在の買取金額も簡単に確認することができます。

【原因3】モデルチェンジによる旧モデルの価値下落

3つ目の原因として「モデルチェンジによる旧モデルの価値下落」

新型モデルが市場に導入されると、旧モデルは技術的にもデザイン的にも古くなったと見なされ、その価値が低く評価される傾向があります。

たとえば、新型ハリアーの発売後、前モデルの中古車価格は平均15%から20%低下する傾向があります。これは、新型には最新の安全機能や燃費性能の向上など、消費者が望む新しい要素が盛り込まれているためです。また、新型モデルの登場により、ブランド内での旧モデルの地位も低下し、それが直接的に中古車価格に反映されます。実際、2020年6月17日に新型ハリアーがフルモデルチェンジし、4代目として発売が発表されました。

したがって、モデルチェンジはハリアーのリセールバリューに大きな影響を及ぼし、新型の発売時期には特に注意が必要です。

【原因4】競合車種の登場による相対的な影響

4つ目の原因として「競合車種の登場による相対的な影響」

新しい競合車種が市場に導入されると、ハリアーの相対的な魅力が低下し、それがリセールバリューの減少につながります。

例えば、ハリアーと同じセグメントの新型SUVが登場した場合、その新型車が最新の技術やデザインを採用していると、ハリアーの既存モデルは古く感じられ、その結果、リセールバリューが平均10%から15%低下することがあります。この現象は、消費者が常に最新の機能やスタイルを求める傾向があるために起こります。また、競合車種の登場は、特定の市場でのハリアーの独占的な地位を脅かし、それが直接リセールバリューに反映されることもあります。

競合車種の登場は、ハリアーの市場価値に顕著な影響を及ぼすため、中古車市場においてはこの点を考慮することが重要です。

【原因5】市場のトレンド(消費者の嗜好や環境意識)の変化

そして5つ目の原因が「市場のトレンド(消費者の嗜好や環境意識)の変化」

消費者の嗜好が変化すると、特定の車種や車のタイプに対する需要が変動し、それが中古車市場での価格に反映されます。

例えば、近年の環境意識の高まりに伴い、燃費効率が良く、環境に優しい車への需要が増加しています。その結果、従来型のガソリンエンジンを搭載したSUVや大型車のリセールバリューは低下する傾向にあります。実際に、過去数年間の市場分析によると、ハイブリッド車や電気自動車の需要が増加する一方で、従来のガソリン車の中古市場価格は5%から10%低下しているとの報告があります。このように、市場のトレンドの変化はハリアーのリセールバリューに直接的な影響を与える要因として重要です。

したがって、環境意識の高い消費者のニーズに応える車両を選択することが、将来的なリセールバリューを高める一つの方法と言えます。

リセールが悪くなる前に!新型ハリアーを高値で売却する方法

ここまで、ハリアーのリセールバリューが悪くなる原因について調査してきました。

改めて、ハリアーのリセールバリューが悪くなる原因をまとめると、

ハリアーのリセールバリューが悪くなる原因

  • 供給過剰による市場の飽和
  • 車両の状態が悪くて走行距離が多い
  • モデルチェンジによる旧モデルの価値下落
  • 競合車種の登場による相対的な影響
  • 市場のトレンド(消費者の嗜好や環境意識)の変化

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、リセールも悪くなる最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

その新型ハリアーを高値で売却する方法「車買取」を選ぶこと。

なぜなら、車買取を選択したほうがハリアーを高く売却することは可能だからです。

実際、ハリアーの買取相場・下取り相場データ(2024年6月時点)を見てみると、

  • 買取相場価格:262.6万円~322.1万円
  • 下取相場価格:240.1万円~290.6万円

(出典:ユーカーパック「ハリアーの買取相場・査定価格」

上記の通り、「車買取」が「下取り」より30万円以上も優位にあることがわかります。

なので、車を高く売るなら「車買取」を依頼するのがおすすめだといえます。

悩む男性

「買取の方が高値で売却できるのは分かったけど、どこで売却すればいい?」

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

新型ハリアーの売却時にリセールバリューを高くする対策3選

すでにハリアーを購入した方、今後購入予定の方。
いずれにしても「車のリセール」を意識して購入することは重要です。

なぜなら、売却時に高額査定をゲットできる可能性が高いから。
つまり、リセールバリューが高い車=価値が値崩れしにくい車だということ。

では、リセール価格の観点でみれば、どういった点に気をつけて購入すればいいのか?

ここでは、新型ハリアーの売却時にリセールバリューを高くする対策3選をご紹介します。

【対策1】定期的なメンテナンスを実施する

まず抑えておきたいのが「定期的なメンテナンスを実施する」

ハリアーのリセールバリューを高く保つためには、定期的なメンテナンスが非常に重要です。適切なメンテナンスは、車両の性能を最適な状態に保ち、将来的な大きな修理コストを避けることに役立ちます。例えば、エンジンオイルやエアフィルターの定期的な交換、ブレーキパッドのチェック、タイヤの回転や空気圧の調整などが挙げられます。これらのメンテナンス活動は、車両の性能を維持し、燃費を改善することにもつながります。

具体的に、エンジンオイルは5,000kmごと、エアフィルターは10,000kmごとに交換することが推奨されています。また、ブレーキパッドは20,000kmごとに点検し、必要に応じて交換することが理想的です。これらのメンテナンス記録をしっかりと残しておくことで、中古車市場での評価が高まり、結果としてリセールバリューの向上に繋がります。

メンテナンスを怠ると、車両の性能低下や故障のリスクが高まり、それがリセールバリューの低下を招くため、定期的なメンテナンスの実施は非常に重要です。

【対策2】過度なカスタマイズは避ける

購入後の管理でも重要なのが「過度なカスタマイズは避ける」

ハリアーの売却時にリセールバリューを高く保つためには、過度なカスタマイズを避けることが肝心です。カスタマイズや改造が多い車は、特定の好みに合わせられているため、一般的な市場では受け入れられにくくなります。例えば、極端な車高調整や大きなエアロパーツの装着、派手なボディペイントなどの改造は、一部の愛好家には魅力的かもしれませんが、大多数の買い手にとっては魅力が低いと考えられがちです。市場調査によると、過度にカスタマイズされた車両は、同じモデルの標準状態の車両と比べて平均10%~20%低い価格で取引される傾向にあります。

このため、カスタマイズを行う場合は、取り外し可能なアクセサリーや、市場で一般的に好まれる程度の軽度な改造にとどめることが望ましいです。例えば、アフターマーケットのアロイホイールや、簡単に取り外せるインテリアアクセサリーなどは、買い手によって好まれることがあります。

したがって、ハリアーを売却する際は、過度なカスタマイズを避け、車両をより広範な市場にアピールできる状態に保つことが、リセールバリューを高く保つ鍵です。

【対策3】適切なタイミングで売却する

そして何より意識しておきたいのが「適切なタイミングで売却する」

ハリアーを売却する際にリセールバリューを最大限に高めるためには、適切なタイミングでの売却が重要です。車の売却価格は、市場の需給バランスや季節的な要因によって大きく変動することがあります。例えば、SUVの需要は秋から冬にかけて高まる傾向にあり、この時期に売却することで、より高い価格での取引が期待できます。また、新型モデルの発売前に旧モデルを売却することも、価値の減少を最小限に抑える一つの戦略です。

市場調査によると、新型モデル発売の数ヶ月前に旧モデルを売却した場合、新型モデル発売後に比べて平均で5%~10%高い価格で売却できることが示されています。さらに、車の年式が変わる年末前に売却することも、年式が古くなることによる価値の減少を避けるために効果的です。

したがって、ハリアーの売却を検討している場合、市場動向や季節的な要因を考慮し、最適なタイミングでの売却を目指すことが、リセールバリューを高く保つための重要な戦略です。

【Q&A】リセールが悪いを叫ばれる新型ハリアーのよくある質問

最後にリセールが悪いを叫ばれる新型ハリアーのよくある質問をまとめます。

【質問1】ハリアーの80系のリセール予想はどれくらい?

疑問に思う男性

「ハリアーの80系のリセール予想はどれくらい?」

結論、ハリアーの80系のリセールバリューは、新車購入価格から数年間で約60%から70%程度になると予想されます。

新車の価値は購入後数年間で最も速いペースで減少し、特に初年度に大きな減少を見せることが一般的です。例えば、新型ハリアーが市場に導入された後の最初の3年間で、新車価格の約30%から40%が減少するという市場データがあります。その後、価値の減少は緩やかになりますが、維持されたメンテナンス状態、走行距離、市場の需要などによって変動します。

したがって、ハリアー80系のリセールバリューは、車両の状態や市場状況によって変わりますが、一般的には新車価格の60%から70%程度に落ち着くと予想されます。

【質問2】新型ハリアーの買取相場表を教えてほしい!

疑問に思う男性

「新型ハリアーの買取相場表を教えてほしい!」

新型ハリアーの買取相場は、車両の年式、走行距離、車両の状態などによって大きく変動します。

一般的に、新型ハリアーは購入後の最初の1年間で約15%から20%の価値減少が見られます。3年経過すると、新車価格の約60%から70%程度に落ち着くことが多いです。たとえば、新車価格が400万円のハリアーは、1年後には320万円~340万円、3年後には240万円~280万円の買取相場になることが予想されます。

このため、新型ハリアーを売却する際は、車両の年式と走行距離を考慮し、最適なタイミングで売却することが重要です。また、車両の状態を良好に保つことも、高い買取価格を得るための鍵となります。

【質問3】ハリアーハイブリッドのリセールは悪い?

疑問に思う男性

「ハリアーハイブリッドのリセールは悪い?」

結論、ハリアーハイブリッドのリセールバリューは、一般的なガソリン車に比べて良好と言えます。環境意識の高まりと燃費効率の良さが、ハイブリッド車の需要を支えています。市場データによると、ハリアーハイブリッドは新車購入後3年でその価値の約65%~75%を維持する傾向にあります。これは、同じ期間内のガソリン車型の約60%~70%と比較して若干高い数値です。

環境への配慮と燃費の良さが求められる現代市場において、ハイブリッドモデルはその魅力を維持し続けています。そのため、ハリアーハイブリッドは、リセール市場においても比較的高い価値を保つことができると考えられます。この傾向は、今後も続く可能性が高いです。

まとめ:新型ハリアーのリセールは悪いのかの結論と高値で売却する方法

新型ハリアーのリセールは悪いのかの結論と高値で売却する方法をまとめてきました。

結論、ハリアーのリセールは横ばいもしくは高い状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

ですが、今後ハリアーのリセール価値が下落する可能性は否定できません。

ハリアーのリセールバリューが悪くなる原因をまとめると、

ハリアーのリセールバリューが悪くなる原因

  • 供給過剰による市場の飽和
  • 車両の状態が悪くて走行距離が多い
  • モデルチェンジによる旧モデルの価値下落
  • 競合車種の登場による相対的な影響
  • 市場のトレンド(消費者の嗜好や環境意識)の変化

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、リセールも悪くなる最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そして、ハリアーを高値で売却する方法が「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがハリアーを高く売却することは可能だから。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp