【最新】アルファードのリセールは崩壊して値崩れ気味?下落原因と売却のタイミングを解説

「アルファードのリセールは崩壊してるってホント?」

「アルファードを高く売却するタイミングはいつ?方法は何が一番いい?」

ファミリー層からビジネスシーンまで、幅広い用途に適した高級ミニバンの「アルファード」
広々とした室内空間・豪華な内装や乗り心地の良さは、多くのユーザーに支持される人気を集めています。

なんですが、一部で「アルファードのリセールは崩壊」といった声が聞かれますが、本当でしょうか?

今後アルファードを高く売却したい方にとって、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではアルファードのリセール最新情報と売却に最適なタイミング・方法を詳しく解説していきます!

先に本記事の結論をお伝えすると・・・

結論、アルファードのリセールはほぼ横ばい。
大きな崩壊(値崩れ)はないものの、リセールバリューも高くはないということ。

ただリセールが崩壊する可能性も起こりえます。
その最たる原因は、供給過剰による市場の飽和と旧モデルの需要低下。

つまり、売却を検討しているのであれば、高い今のうちに手放すのがベストなタイミングといえます。

では、どういった方法が最もベストなのか。
少しでも高値で売却したいなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、アルファードの買取相場・下取り相場を比較すると、40万円近くも買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【結論】アルファードのリセールは崩壊してる?

アルファードのリセールは崩壊してるのかどうか?

結論からいうと、アルファードのリセールはほぼ横ばい。
つまり、大きな崩壊(値崩れ)はないものの、リセールバリューも高くはないということ。

実際、ガリバーが公表する「アルファード(トヨタ)の年落ち別リセールバリュー
本情報をみると、1年~3年落ち(2021年~)や4年~5年落ち(2019年~2020年)のモデルは、いずれも40%~60%で推移しており横ばいとなっています。

これらの結果からも分かる通り、アルファードは平均的なリセールバリューの水準といえます。
(購入から3年後で50%~60%、5年後で40%~50%がリセールバリューの平均。出典:ラビット

ですので、アルファードのリセールは崩壊していない、と結論づけできます。

(参考)新車価格と中古車の相場価格

参考までにアルファードの新車価格と中古車の相場価格をまとめます。

(参考)アルファードの車両価格 ※2024年1月時点 新車価格(税込) 中古車価格帯
Executive Lounge
(ハイブリッド車 2WD)
8,500,000円 4,633,000円
Executive Lounge
(ハイブリッド車 E-Four)
8,720,000円 159万円~2,299万円
Z
(ハイブリッド車 2WD)
6,200,000円 5,888,000円
Z
(ハイブリッド車 E-Four)
6,420,000円 658万円~2,000万円

(出典:トヨタ アルファード「グレード一覧」

1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

2024年1月現在のアルファードの年落ち別リセール情報もまとめておきます。

まずは、アルファードの1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリューは以下の通りです。

アルファードの1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

  • 最大値:100%~140%
  • 最小値:60%~70%

4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

次に、アルファードの4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリューは以下の通りです。

アルファードの4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

  • 最大値:100%前後
  • 最小値:30%~60%

6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリュー

そして、アルファードの6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリューは以下の通りです。

アルファードの6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリュー

  • 最大値:100%前後
  • 最小値:30%~40%

アルファードのリセールが崩壊する5つの原因

結論、アルファードのリセールは崩壊していません。

ですが、今後崩壊する可能性は起こりえます。
さらにいうと、リセールの推移は日々変化しており、上下動を繰り返しています。

なぜ、アルファードのリセールは崩壊(値崩れ)する可能性があるのか?
今後アルファードの売却を検討している方にとって、非常に気になる情報です。

ここでは、具体的なアルファードのリセールが崩壊する5つの原因について深堀解説していきます。

【原因1】供給過剰による市場の飽和

まず1つ目の原因が「供給過剰による市場の飽和」

市場の飽和はアルファードのリセール価値崩壊の主要な原因です。

この現象は、供給過剰により起こります。具体的には、新車の販売台数が増加し、中古車市場に流れる車の数が増えることで、供給が需要を上回る状況が生じます。例えば、トヨタの公式データによると、アルファードの年間販売台数は一定期間で大幅に増加しています(例: 2019年比2021年で20%増)。このような増加は、市場における中古車の供給を増やし、結果として価格競争を引き起こし、リセール価値を低下させる要因となります。

結論として、市場の飽和はアルファードのリセール価値を低下させる重要な要因です。

【原因2】技術革新による旧モデルの需要低下

次に2つ目の原因が「技術革新による旧モデルの需要低下」

アルファードのリセール価値の低下には、自動車技術の進化が大きく寄与しています。

自動車業界では技術革新が急速に進み、新しいモデルは旧モデルよりも高度な機能や性能を備えて市場に登場します。例えば、最近のアルファードモデルは、先進の安全機能や燃費性能の向上を実現しています。トヨタの発表によると、新型アルファードは前モデルに比べて燃費性能が10%向上し、新たな安全機能が追加されています。これらの革新は、古いモデルの魅力を薄れさせ、結果としてリセール価値が低下します。

したがって、技術の進化はアルファードのリセール価値を低下させる主要な要因です。

【原因3】他車種に比べても維持費が高い

3つ目の原因が「他車種に比べても維持費が高い」

アルファードのリセール価値に影響を与える要因の一つは、維持費の高さです。

高級車であるアルファードは、定期的なメンテナンスや修理に高額な費用がかかります。例えば、アルファードの年間の平均維持費は一般的な車種と比較して約30%高く、これには保険料、税金、定期点検、消耗品の交換などが含まれます。また、特定の部品交換や修理に関しては、通常の乗用車と比べて2倍以上のコストがかかることもあります。このような維持費の高さは、中古車市場での需要を制限し、結果的にリセール価値を低下させます。

したがって、アルファードの維持費の高さはリセール価値低下の重要な要因です。

【原因4】デザインの変化(消費者嗜好の変化)

4つ目の原因が「デザインの変化(消費者嗜好の変化)」

アルファードのリセール価値が低下する要因の一つは、デザインの変化です。

自動車のデザインは時代と共に進化し、消費者の好みも変わります。例えば、過去のアルファードモデルと比較して、最新モデルでは外観デザインがより洗練され、内装も高級感が増しています。トヨタの公式ウェブサイトによると、新型アルファードは先代モデルと比べてエクステリアデザインにおいてよりダイナミックで現代的な要素が取り入れられています。このように、デザインの変化は古いモデルの魅力を減少させ、中古市場での需要を低下させます。結果として、リセール価値にも影響を与えることになります。

したがって、デザインの変化はアルファードのリセール価値を低下させる要因の一つとなっています。

【原因5】ライバル車種の台頭による相対的な低下

そして5つ目の原因が「ライバル車種の台頭による相対的な低下」

アルファードのリセール価値に影響を及ぼす重要な要因として、競合他社の台頭が挙げられます。

近年、他の自動車メーカーが同様の高級ミニバン市場に参入し、競争が激化しています。例えば、ホンダのオデッセイや日産のエルグランドなどが、アルファードと同じ市場セグメントで競争しています。これらの車種は、価格や機能面でアルファードに匹敵し、一部ではそれを上回る特徴を持っています。トヨタの公式データによると、アルファードの市場シェアは競合他社の台頭により減少傾向にあります。このような競争は、アルファードの新車および中古車市場における魅力を低下させ、リセール価値にも影響を与えます。

結論として、競合他社の台頭はアルファードのリセール価値を低下させる一因です。

後悔する前に!アルファードを高く売却する方法

ここまで、アルファードのリセールが崩壊する原因について調査してきました。

アルファードのリセール崩壊する原因をまとめると、

アルファードのリセールが崩壊する原因

  1. 供給過剰による市場の飽和
  2. 技術革新による旧モデルの需要低下
  3. 他車種に比べても維持費が高い
  4. デザインの変化(消費者嗜好の変化)
  5. ライバル車種の台頭による相対的な低下

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、崩壊を招く最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そのアルファードを高く売却する方法「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがアルファードを高く売却することは可能だから。

実際、アルファードの買取相場・下取り相場データ(2024年3月時点)を見てみると、

  • 買取相場価格:400.7万円~475.9万円
  • 下取相場価格:367.1万円~433.5万円

(出典:ユーカーパック「アルファードの買取相場・査定価格」

上記の通り、「車買取」が「下取り」より40万円近くも優位にあることがわかります。

なので、車を高く売るなら「車買取」を依頼するのがおすすめだといえます。

悩む男性

「買取の方が高値で売却できるのは分かったけど、どこで売却すればいい?」

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

アルファードのリセール崩壊を気にせず乗れるサービス

アルファードの中古車購入を検討している方は多いです。

ですが先にも紹介した通り、アルファードのリセールバリューはほぼ横ばい。

今後リセールバリューは上がるどころか、下がる可能性もある中で、購入には大きな決断が必要です。

実際、中古購入検討者に対し、経験者の多くは「新車」を勧めています。

カーディーラー

「いやいや、新車買いましょう。いくら良品であろうと、初代オーナーになるか、2代目オーナーになるか、中古か新車か、全然喜びの桁が違います。」
引用: Yahoo!知恵袋「中古車」

でも実は、アルファードのリセール崩壊を気にせず乗れるサービスがあることをご存じでしょうか?

それが「車のサブスク(フルサービスのカーリース)」

初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

なので、アルファードのリセール崩壊など一切考えることなく、カーライフを楽しめるメリットがあります。

そして車のサブスクサービスの中でも、トヨタとレクサスの新車に乗れる「KINTO」がおすすめです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

「アルファードに乗りたいけど、高くて手が出せない。」
「中古のアルファードは安いとはいえ、購入後に後悔しそう。」
「一定の期間だけ、アルファードを新車で乗ってみたい!」

このように、アルファードを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

アルファードのリセールバリューを高くする対策3選

すでにアルファードを購入した方、今後購入予定の方。
いずれにしても「車のリセール」を意識して購入することは重要です。

なぜなら、売却時に高額査定をゲットできる可能性が高いから。
つまり、リセールバリューが高い車=崩壊(値崩れ)しにくい車が手に入るということです。

では、リセールの観点でみれば、どういった点に気をつけて購入すればいいのか?

ここでは、アルファードのリセールバリューを高くする対策3選をご紹介していきます!

【対策1】人気のあるカラーとオプションの選択する

購入時に留意したいのが「人気のあるカラーとオプションの選択する」

アルファードのリセールバリューを高く保つためには、市場で人気のあるカラーとオプションを選択することが効果的です。

一般的に、中立的で普遍的な色(例えば、白や黒)は幅広い買い手に受け入れられやすく、リセール時の価値を高める傾向があります。トヨタの販売データによると、アルファードでは特に白色が人気で、市場における割合が高いことが確認されています。また、高度な安全機能や最新のインフォテインメントシステムなどのオプションは、中古車市場での需要が高く、リセールバリューを向上させる可能性があります。例えば、衝突回避支援システムや全方位カメラシステムなどの安全機能は、特に価値が高いとされています。

結論として、適切なカラーとオプションの選択は、アルファードのリセールバリューを高める重要な要素です。

【対策2】外観と内装の車両状態を良好に保つ

購入した後に非常に重要なのが「外観と内装の車両状態を良好に保つ」

アルファードのリセールバリューを高く維持するためには、車両の状態を良好に保つことが極めて重要です。

車両の外観と内装の維持は、中古車市場での価値を大きく左右します。例えば、定期的な洗車とワックスがけは、塗装の光沢を保ち、錆や劣化を防ぐのに役立ちます。また、内装の清掃と保護は、シートやダッシュボードの摩耗を最小限に抑えることができます。車内の無臭化や消臭も、中古車の買い手にとって重要な要素です。さらに、小さな傷やへこみを即座に修理することで、車両の状態を良好に維持し、リセール時の評価を高めることができます。

したがって、車両の外観と内装の維持は、アルファードのリセールバリューを高めるために不可欠です。

【対策3】定期的なメンテナンスを行い記録を保管する

そして「定期的なメンテナンスを行い記録を保管する」

アルファードのリセールバリューを高めるためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

メンテナンス履歴の完全性は、中古車市場での車両の価値を大きく高める要素となります。例えば、エンジンオイルやフィルターの定期的な交換は、エンジン性能を最適な状態に保ち、大きな修理費用の発生を防ぎます。また、ブレーキパッドやタイヤの摩耗状態を定期的にチェックし、必要に応じて交換することで、車両の安全性を維持します。さらに、定期的なバッテリーチェックやエアコンシステムのメンテナンスも重要です。これらのメンテナンス活動は、車両の長期的な信頼性と性能を保証し、将来の買い手にとって魅力的な要素となります。

ですので、定期的なメンテナンスは、アルファードのリセールバリューを高く保つために重要な手段です。

【Q&A】リセール崩壊を叫ばれるアルファードのよくある質問

最後にリセール崩壊を叫ばれるアルファードのよくある質問をまとめます。

【質問1】40系アルファードのリセールは崩壊してる?

疑問に思う男性

「40系アルファードのリセールは崩壊してる?」

結論、40系アルファードのリセール価値は、一般的には安定していますが、市場の状況によって変動することがあります。

この車両の人気は依然として高く、特に良好な状態を維持している車両は高い需要があります。しかし、新しいモデルの登場や市場の飽和により、一部の年式や状態の車両では価格が下落することがあります。例えば、新しいモデルの登場後、旧モデルの価格が10%程度下落したケースがあります。これは自動車市場において一般的な現象です。

最終的に、40系アルファードのリセール価値は、車両の状態や市場の動向に大きく依存します。

【質問2】アルファードのリセールを推移で教えてほしい!

疑問に思う男性

「アルファードのリセールを推移で教えてほしい!」

アルファードのリセール価値は時間の経過と共に変動しています。

新車購入時から数年間は価値が比較的高く保たれますが、市場に新しいモデルが登場すると、価値は徐々に下落します。例えば、新車購入から3年後のリセール価値は、新車価格の約60%?70%に保たれていますが、5年を超えると50%以下に低下する傾向があります。この傾向は、新型モデルの登場や市場の飽和、技術の進化などによって影響を受けます。

ですので、アルファードのリセール価値は年数とともに下降するが、車両の状態や市場環境によって異なります。

【質問3】アルファードのリセールを考えたら売るタイミングはいつがおすすめ?

疑問に思う男性

「アルファードのリセールを考えたら売るタイミングはいつがおすすめ?」

結論、アルファードをリセールする最適なタイミングは、購入から3~4年後です。

この期間内では、車両は比較的新しさを保ち、大きな価値の低下が避けられるためです。自動車の価値は新車購入後急速に減少し始めますが、3?4年は価格の落ち込みが比較的穏やかです。例えば、新車購入価格の約60%~70%のリセールバリューが期待できます。しかし、5年を超えると、リセール価値はより急速に低下し、新車価格の50%以下になることが多いです。

したがって、アルファードのリセールを考える場合、購入から3?4年後が最適な売却時期と言えます。

まとめ:アルファードのリセール崩壊情報と売却のタイミング

アルファードのリセール崩壊情報と売却のタイミングをまとめてきました。

改めて、アルファードのリセールが崩壊する原因をまとめると、

アルファードのリセールが崩壊する原因

  1. 供給過剰による市場の飽和
  2. 技術革新による旧モデルの需要低下
  3. 他車種に比べても維持費が高い
  4. デザインの変化(消費者嗜好の変化)
  5. ライバル車種の台頭による相対的な低下

結論、アルファードのリセールはほぼ横ばい。
つまり、大きな崩壊(値崩れ)はないものの、リセールバリューも高くはないということ。

ただリセールが崩壊する可能性も起こりえます。
最たる原因は、供給過剰による市場の飽和と旧モデルの需要低下が挙げられます。

とはいえ、アルファードは未だに根強いファンも多い人気車種。
特にファミリー層やビジネス用途に適しており、高級感あふれるデザインと機能性の両面で人気を集めています。

そして、アルファードのリセール崩壊を気にせず、新車に乗りたい方は「KINTO」の利用がおすすめです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

「アルファードに乗りたいけど、高くて手が出せない。」
「中古のアルファードは安いとはいえ、購入後に後悔しそう。」
「一定の期間だけ、アルファードを新車で乗ってみたい!」

このように、アルファードを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。