アクセル踏むとカラカラ音がする原因は?低速時・加速時など状況別での原因と修理代も解説

「アクセル踏むとカラカラ音がする原因は?」

「修理代はいくらかかる?高額になりそうなら費用を抑える方法は何かない?」

アクセル踏んだ時に聞こえる「カラカラ音」

異音が聞こえるって怖いですよね。
このまま走行しても大丈夫なのか、不安にもなります。

本記事では、アクセル踏むとカラカラ音がする原因と修理代の目安や費用を抑えるコツについて詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、アクセル踏むとカラカラ音がする原因は一つとは限りません。

  • タイヤやホイールの問題
  • サスペンションの損傷
  • ブレーキシステムの問題
  • 排気系統の緩みや損傷
  • 燃料噴射システムの問題
  • ドライブシャフトやCVジョイントの摩耗または損傷
  • アクセサリードライブベルトまたはプーリーの問題
  • エンジンまたはトランスミッションマウントの緩みや破損

上記のような原因が多岐にわたるためです。

一つではないからこそ、原因を特定するのは難しい。
ですので、本件について不明な場合は、早急に整備士や専門家に診てもらうのが最適解となります。

ただ、原因の内容や車の状態によっては、修理が高額になる場合もあります。
運転する車の状態や今後のメンテナンス等を考えると、「車の買い替え」を検討するのも一つです

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクストがおすすめ。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

アクセル踏むとカラカラ音がする原因

なぜ、アクセル踏むとカラカラ音がするのか?

異音がすると気になりますよね。
特定の状況や車種に限らず、主だった原因は何なのか?

アクセル踏むとカラカラ音がする原因について解説していきます。

【原因1】タイヤやホイールの問題

タイヤやホイールの問題がアクセルを踏んだ際にカラカラという音の原因になります。具体的には、タイヤの異常摩耗やホイールのバランスの崩れが挙げられます。

例えば、タイヤの摩耗が進んだ状態で走行すると、不均等な接地圧が発生し、特定の速度でノイズが出やすくなります。また、ホイールのバランスが崩れている場合、車輪が正常な回転をしなくなり、振動や異音の原因となります。このような状況は、適切なメンテナンスで対処することが可能になります。タイヤの状態やホイールバランスの定期的なチェックが対策のカギといえます。

【原因2】サスペンションの損傷

サスペンションの損傷はアクセルを踏むとカラカラという音の一因となります。サスペンション部品が損傷すると、車両の振動吸収機能が低下し、不規則な振動や音が発生します。

例えば、サスペンションのブッシュが摩耗すると、走行中に金属部品が直接接触し、特定の条件下で異音が生じることがあります。この問題は、定期的な点検と必要に応じた部品交換により防ぐことが可能です。サスペンションの損傷は、何より早期発見が大切です。

【原因3】ブレーキシステムの問題

ブレーキシステムの問題がアクセル操作時にカラカラ音を引き起こす原因の一つです。ブレーキパッドやディスクの不適切な装着、摩耗により、ブレーキ部品が正常に機能しないことがあります。

具体的には、ブレーキパッドが薄くなった状態でディスクに接触し続けることで、回転中に金属音が発生することがあります。また、ブレーキの緩みが原因で異音が出ることもあります。これらの問題は、ブレーキシステムの定期的な点検と適切なメンテナンスによって防ぐことができます。ブレーキの状態を常に良好に保つことが、異音を発生させない重要な対策になります。

【原因4】排気系統の緩みや損傷

排気系統の緩みや損傷がアクセルを踏むとカラカラという音の原因となります。排気管が固定されているボルトが緩むことや、排気管自体が腐食や損傷を受けることで、エンジンの振動や走行中の揺れによって異音が発生します。

例えば、サビやクラックが排気管に発生し、その部分が振動するとカラカラ音が出ることがあります。このような状況は、排気系統の定期的な点検と必要に応じた修理で予防できます。排気系統を適切に維持することが、カラカラ音などの異音を発生させないうえで重要になってきます。

【原因5】燃料噴射システムの問題

燃料噴射システムの問題がアクセルを踏むとカラカラという音を引き起こす原因となります。このシステムの不具合や汚れが蓄積すると、燃料の流れが不均一になり、エンジンが不安定に動作します。

具体的には、インジェクターが汚れている場合、適切な燃料噴射が行えず、エンジン内で異常燃焼が起こり、それが異音として表れることがあります。この問題は、燃料噴射システムの定期的なクリーニングとメンテナンスによって防ぐことができます。燃料システムの適切な管理が異音を発生させないうえで重要です。

【原因6】ドライブシャフトやCVジョイントの摩耗または損傷

ドライブシャフトやCVジョイントの摩耗または損傷が、アクセルを踏むとカラカラという音の原因となります。これらの部品は車の駆動力を車輪に伝える重要な役割を担っているため、損傷や摩耗が進むと適切な動作が行えなくなります。

具体的には、CVジョイントのグリースが漏れたり、ドライブシャフトが曲がったりすると、車が加速する際に異音が生じやすくなります。特に、鋭いカーブを曲がる際や坂道を上る際に音が顕著になることがあります。このような状況を防ぐためには、定期的な点検と、必要に応じた部品の交換が望ましいです。ドライブシャフトとCVジョイントのメンテナンスは、車の安全性を保つ上で非常に重要です。

【原因7】アクセサリードライブベルトまたはプーリーの問題

アクセサリードライブベルトまたはプーリーの問題が、アクセルを踏む際にカラカラという音の原因となります。これらの部品が摩耗や損傷を受けると、エンジンと連動して動作する多くの補機器具への動力伝達が不安定になり、異音が発生します。

具体的には、ベルトがひび割れや伸びを起こした場合、プーリーがゆるんでいるか、摩耗している場合に、エンジンが高負荷になるときに騒音が顕著になります。また、エアコンのコンプレッサーやオルタネーターなどの補機器が正常に作動しなくなることもあります。この問題を解決するためには、定期的な点検と必要に応じてベルトやプーリーの交換が重要です。適切なメンテナンスにより、車の性能と安全性を維持することができます。

【原因8】エンジンまたはトランスミッションマウントの緩みや破損

エンジンまたはトランスミッションマウントの緩みや破損は、アクセルを踏むとカラカラという音がする原因となります。これらのマウントはエンジンやトランスミッションを車体に固定する役割を持ち、緩みや破損があると、エンジンの振動が直接車体に伝わりやすくなります。

例えば、エンジンマウントが劣化している場合、加速時にエンジンが異常に動いてしまい、異音が発生することがあります。これはエンジンの位置が不安定になるためです。このような状況を防ぐためには、定期的な点検が不可欠であり、必要に応じてマウントの交換を行うことをおすすめします。適切なメンテナンスにより、エンジンとトランスミッションの安定を保つことができるようになります。

アクセル踏むとカラカラ音がする状況別での原因

ここまで、アクセル踏むとカラカラ音がする原因について詳しく解説してきました。

では、状況別での原因は何が想定されるのか?
今回は「低速走行時」「加速時」「足回りやマフラー」に焦点を当てて、アクセル踏むとカラカラ音がする状況別での原因を解説します。

【状況1】低速で走行中にカラカラ音がする時の原因

まず1つ目の状況として「低速で走行中にカラカラ音がする時の原因」

低速で走行中にカラカラ音がする場合、サスペンションの問題が一般的な原因です。サスペンションシステムのブッシュやジョイントが摩耗または破損していると、路面の小さな凹凸を超える際に異音が発生しやすくなります。

具体的には、低速走行時に段差を越えた際、サスペンションのコンポーネントが適切に動作しないため、カラカラという音が車内に響くことがあります。特に、ブッシュが劣化している場合、金属同士が直接触れ合うことで、異音が生じます。この問題に対処するためには、定期的なサスペンションシステムの点検と必要に応じた部品の交換が重要です。低速走行時のカラカラ音は、適切なメンテナンスにより軽減できます。

【状況2】加速時にカラカラ音がする場合の原因

次に2つ目の状況として「加速時にカラカラ音がする場合の原因」

加速時にカラカラ音がする場合、エンジンまたはトランスミッションのマウントが原因であることが多いです。これらのマウントが緩んだり、破損したりすると、エンジンやトランスミッションが正常な位置を保てず、加速する際に異常な振動や音が発生します。

具体例として、加速時にエンジンの重量がシフトする際、緩んだマウントではエンジンが動き、それが金属的なカラカラ音の原因となります。特に、エンジンマウントが劣化している車両でこの問題がよく見られます。このような状態を放置すると、エンジンのパフォーマンスにも影響を与えるため、発見次第、迅速に修理することを強くおすすめします。加速時のカラカラ音は、マウントの点検と適切なメンテナンスにより防げます。

【状況3】足回りやマフラーからカラカラ音がする時の原因

そして3つ目の状況として「足回りやマフラーからカラカラ音がする時の原因」

足回りやマフラーからカラカラ音がする場合、その主な原因は部品の緩みや損傷にあります。足回りの部分では、サスペンションのブッシュやボールジョイントが摩耗し、遊びが生じると、車体が動く度にカラカラと音が発生します。マフラーについては、排気系統の固定部品が緩んだり、マフラー自体が腐食によって穴が開いたりすることがあります。

例えば、走行中にマフラーが路面の凹凸によって振動し、その結果、緩んだクランプやブラケットから異音が発生することがあります。このような問題は、定期的な点検と適切なメンテナンスによって予防および修理が可能です。足回りやマフラーからのカラカラ音は、部品の状態を診断することや迅速な対応によって解消できます。

アクセル踏むと聞こえるカラカラ音以外の異音と原因

アクセル踏むとカラカラ音以外にも異音が聞こえる場合があります。

どういった異音で、その異音がする時の原因は何なのか?

ここからは、アクセル踏むと聞こえるカラカラ音以外の異音と原因についても解説します。

【異音1】低速走行時にカタカタ音がするのはなぜ?

まず1つ目の異音が「低速走行時にカタカタ音がするのはなぜ?」

低速走行時にカタカタ音がする主な原因は、サスペンションシステムの部品が摩耗または緩んでいることです。特に、サスペンションのコントロールアームスタビライザーリンクが劣化すると、車が小さな凹凸を超える際に異音が発生します。

具体例として、スタビライザーリンクのブッシュが摩耗し、その結果、リンクが接続部分で不適切に動くことで「カタカタ」という音が生じることがあります。この問題を解決するためには、定期的な点検を行い、摩耗した部品は早期に交換することが必要です。低速走行時のカタカタ音は、サスペンション部品の状態を適切に管理することで防げます。

【異音2】エンジン始動時にガラガラ音がするのはなぜ?

次に2つ目の異音が「エンジン始動時にガラガラ音がするのはなぜ?」

エンジン始動時にガラガラ音がする主な原因は、タイミングチェーンまたはタイミングベルトの問題にあります。これらの部品が摩耗すると、エンジンのタイミングが不正確になり、適切に同期されず「ガラガラ」といった異音が発生します。

具体的には、タイミングチェーンが伸びたり、テンショナーが劣化したりすると、エンジンのクランクシャフトとカムシャフトの間の同期が取れず、エンジン始動時に異常な振動や音が生じます。この問題を解決するには、タイミングチェーンやベルトの定期的な点検と、必要に応じて交換が大切です。適切なメンテナンスにより、エンジンの健全な始動を保つことができます。

【異音3】アクセル踏むとカリカリ音がするのはなぜ?

そして3つ目の異音が「アクセル踏むとカリカリ音がするのはなぜ?」

アクセルを踏むとカリカリ音がする主な原因は、燃料噴射システムの不具合によるものです。特に、インジェクターの汚れや不具合が発生すると、燃料の噴射が不均一になり、エンジン内で不完全燃焼が起こることがあります。

具体例として、インジェクターが詰まっている場合、エンジンに十分な燃料が供給されないため、アクセルを踏んだ際に「カリカリ」とした音が発生します。このような音は、燃料噴射量が不均等になることでエンジン内部で異常な圧力が発生した結果として現れます。燃料噴射システムの適切なクリーニングや必要に応じての部品交換により、この問題は解決できます。定期的なメンテナンスがエンジン性能を維持し、異音を防ぐために重要です。

アクセルを踏むとカラカラ音がする時の対処法と対策

ここまで、アクセルを踏むと聞こえる「カラカラ音」やその他の異音について、その原因を解説してきました。

では、音が聞こえたらどう対処すればいいのか?
今すぐに整備士やディーラーに持っていくことができない場合に、対策はどうすればいいのか。

簡易的な方法から今できることとして、アクセルを踏むとカラカラ音がする時の対処法と対策をご紹介します!

【対処法1】エンジンオイルを交換する

今すぐできる対処法として「エンジンオイルを交換する」

エンジンオイルを定期的に交換することは、エンジンの健全性を保つために非常に重要です。古くなったオイルはその潤滑性が低下し、エンジン内部の部品が適切に機能しなくなるといった原因を引き起こす恐れもあるからです。

具体的には、適切な間隔や走行距離でオイルを交換しない場合、エンジン部品の摩擦が増加し、その結果、アクセルを踏んだ際に異音が発生することがあります。実際、エンジンオイルの粘度が不適切だと、ピストンやシリンダー間での適切なクッションが提供されず、カラカラ音の原因となります。

以上のことから、定期的なオイル交換は、エンジンを清潔に保ち、最適な動作状態を維持するために不可欠です。エンジンオイルの交換は、車のメンテナンススケジュールに従って行うことをおすすめします。

【対処法2】サスペンションの部品を交換する

エンジンオイルだけでなく「サスペンションの部品を交換する」

サスペンションの部品を交換することは、アクセルを踏んだ際に発生するカラカラ音を解消する効果的な対策です。サスペンション部品の摩耗や損傷は、車両の乗り心地や操作性に影響を及ぼすだけでなく、異音の原因となることがあるからです。

具体的には、摩耗したブッシュやボールジョイントが原因で、不規則な振動や音が発生する例が多く見られます。これらの部品が劣化すると、車輪と車体の間の適切なクッショニングが失われ、小さな衝撃でも大きな音となって現れます。

したがって、サスペンションの部品を新しいものに交換することで、これらの問題を根本から解決し、車両の安全性と快適性を高めることができます。定期的な点検と適切なメンテナンスが必要です。

【対処法3】タイヤとホイールのバランスを調整する

そして3つ目の対処法として「タイヤとホイールのバランスを調整する」

タイヤとホイールのバランスを調整することは、アクセルを踏んだ際に発生するカラカラ音を減少させる効果的な方法です。タイヤやホイールのバランスが崩れると、車両の振動が増加し、それが異音として現れることがあるからです。

例えば、ホイールの重心がずれている場合、高速走行時に特に顕著な振動が発生し、これがカラカラ音の原因となることが多いです。そのため、ホイールバランスを適切に調整することで、このような振動を効果的に抑制し、快適なドライビングを実現できます。

タイヤとホイールのバランス調整は、専門の整備士に依頼し機械を使用して正確に行う必要があります。定期的なチェックと調整が、車両の性能を維持し、異音を防ぐために重要です。

アクセル踏むとカラカラ音がする時の修理代と費用を抑えるコツ

ここまで、アクセル踏むとカラカラ音がする原因や対処法をご紹介してきました。

では肝心の修理代はいくらかかるのか?アクセル踏むとカラカラ音がする時の修理代と費用について、以下の通り、想定される原因別に修理箇所と修理費用の目安をまとめます。

原因 修理箇所 修理費用の目安
タイヤとホイール タイヤ、ホイール バランス調整は比較的安価で、4輪分で約5,000円から10,000円程度です。
サスペンション ショックアブソーバー、スプリング、ブッシュなど 部品によって異なりますが、一般的には部品費と労働費を合わせて50,000円から100,000円が目安です。
排気系統 排気管の固定部分やマフラー 排気管やマフラーの修理や交換には20,000円から50,000円程度が必要です。
アクセサリードライブベルト アクセサリードライブベルト ベルト自体の費用はそれほど高くないが、交換には5,000円から20,000円が目安です。
ドライブシャフトやCVジョイント ドライブシャフト、CVジョイント 部品交換には一箇所あたり30,000円から70,000円、両側での交換が必要な場合はそれ以上になることもあります。
エンジンまたはトランスミッションマウント エンジンマウント、トランスミッションマウント 各マウントの交換費用は通常10,000円から30,000円程度。作業費を含めると、合計で30,000円から60,000円が目安です。

上記の修理費用は、車種や部品のブランド、地域によって異なることがありますので、正確な見積もりを得るためには専門の修理工場に相談することをおすすめします。また、複数の原因が重なっている場合は、修理費用がそれぞれ加算されることも考慮してください。

もし、修理代が想定以上に高額になった、などの状況でお困りなら、費用を抑えるコツや根本的な解決策をいくつかご紹介します。

【コツ1】車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」

走行時の異音やエンジンの不具合は、車の異常を知らせるサインです。

  • 思った以上に修理代が高額だった
  • 車の状態が悪くて修理も増えてきた
  • 走行距離は10万キロに近づいている
  • 今所有している車の新型車が発売された

今の車が上記のような状況であれば、「車の買い替え」を検討するのも賢明です。

なぜなら、買い替えた方がお得に済む場合が多いから。
リスクを抱えた車に乗り続けるよりも、新調したほうが将来的にも安心です。

そして、車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【コツ2】維持費を抑えて賢く新車に乗るなら「カーリース」

もし、維持費を抑えて賢く新車に乗るなら「カーリース」の利用を検討するのもおすすめです。

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「定額カルモくん」と呼ばれるお得なマイカーリース

定額カルモくんは、月1万円台から新車が持てるカーリースです。

定額カルモくんを利用するメリット

  • 税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリース
  • 全国納車が可能!定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能
  • メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利!安心の求償保証付き

定額カルモくんの特徴として、オンラインで契約まで締結できるため、非常に手軽に新車が持てる点。

また、新車が納車された後も完全月額定額で、契約満了時の追加精算がなく、安心してカーライフを楽しむことができます。

「維持費を最大限抑えて、身軽に新車に乗り換えたい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽に人気車種に乗ってみたい!」

このように購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月1万円台から新車が持てる!/
『定額カルモくん』まずは車両を探して審査に進む
申込が20万人を突破!

【コツ3】中古車選びなら無料探しサービスの「ズバット車販売」

そして、中古車選びなら無料探しサービスの「ズバット車販売」の利用が最もおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】アクセル踏むとカラカラ音がする状況でのよくある質問

最後にアクセル踏むとカラカラ音がする状況でのよくある質問をまとめます。

【質問1】低速時にタイヤからカタカタ音がするのはなぜですか?

疑問に思う男性

「低速時にタイヤからカタカタ音がするのはなぜですか?」

低速時にタイヤからカタカタ音がする主な原因は、タイヤやホイールのバランスが崩れていることです。

タイヤの不均等な摩耗や、ホイールの重心がズレている場合、走行中に不規則な振動が発生し、それがカタカタという音として現れます。例えば、タイヤに石が挟まっている場合や、ホイールナットの締め付けが不十分である場合にこの症状が現れることがあります。ですので、タイヤとホイールのバランスを定期的にチェックし、必要に応じて調整することをおすすめします。これにより、今までのような快適なドライビング体験を得られるようになります。

【質問2】アクセルを軽く踏んだらカラカラ音がするのはなぜですか?

疑問に思う男性

「アクセルを軽く踏んだらカラカラ音がするのはなぜですか?」

アクセルを軽く踏んだ際にカラカラ音がする原因は、多くの場合、エンジンやトランスミッション周りの部品の緩みや損傷にあります。

特に、エンジンマウントやトランスミッションマウントが劣化していると、軽いアクセル操作でもエンジンが不必要に動いてしまい、それが音として現れることがあります。例として、エンジンマウントが緩んでいる場合、エンジンの振動が直接車体に伝わりやすくなり、異音が生じます。このような状態を放置すると、他の機械部品にも影響を及ぼす可能性があるため、異音を感じたら早めに専門のメカニックに診てもらうことをおすすめします。

【質問3】ワゴンRを運転していて加速時にアクセル踏むとカラカラ音がする原因は?

疑問に思う男性

「ワゴンRを運転していて加速時にアクセル踏むとカラカラ音がする原因は?」

ワゴンRで加速時にアクセルを踏むとカラカラ音がする原因は、ドライブシャフトやCVジョイントの損傷にあることが多いです。

これらの部品が摩耗または損傷していると、車軸が不均一に回転し、加速時に異音が発生します。例えば、CVジョイントのブーツが破れてグリースが漏れ出し、異物が内部に侵入することで摩耗が進み、カラカラ音として現れます。この問題は、部品の交換によって解決可能です。ですので、異音に気づいたら、早めに修理工場で診断を受けることをおすすめします。

まとめ:アクセル踏むとカラカラ音がする低速時・加速時の原因と修理代

アクセル踏むとカラカラ音がする低速時・加速時の原因と修理代に関する情報をまとめてきました。

改めて、アクセル踏むとカラカラ音がする原因をまとめると、

アクセル踏むとカラカラ音がする原因

  • タイヤやホイールの問題
  • サスペンションの損傷
  • ブレーキシステムの問題
  • 排気系統の緩みや損傷
  • 燃料噴射システムの問題
  • ドライブシャフトやCVジョイントの摩耗または損傷
  • アクセサリードライブベルトまたはプーリーの問題
  • エンジンまたはトランスミッションマウントの緩みや破損

主だった原因は上記の通り。
なんですが、想定される原因は他にもあり、一つとは限りません。

ですので、素人が原因を突き止めるのは難しく、自分で対処しても再び問題が起きることは否めません。

しかし、修理を依頼しても原因の症状や車の状態によっては、修理が高額になる場合もあります。

つまり、運転する車の状態や今後のメンテナンス等を考えると、「車の買い替え」を検討するのも一つです。

では、どの方法で車を売却するのが良いのか?
高値で売買して、新しい車に乗り換えるベストな選択は何か?

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクストがおすすめ。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp