トヨタの自動車保険(クレジット一体型保険)の評判は?向いてる人の特徴と最適な保険の探し方

「トヨタの自動車保険の評判は?」

「加入に向いてる人の特徴は?保険はどうやって選べばいい?」

加入メリットが多いトヨタの自動車保険。
車を買う・乗り換える時に合わせて、保険を選ぶ人も少なくないです。

ただ、多くの人はどの保険が良いのか?迷うケースが多い。

本記事では、トヨタの自動車保険(クレジット一体型保険)の評判と向いてる人の特徴を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

クレジット一体型保険には、充実したメリットがあります。
ただデメリットもあって、加入には向き不向きがあるといえます。

では、どの自動車保険がいいのか?
自分に合った保険は、どうやって探せばいいのか?

実は「保険選び」に迷って、諦めてディーラーに勧められた自動車保険を選ぶ人も少なくありません。

もしあなたが、保険選びに、

  • 保険会社を比較するのが手間
  • 1社1社見積もり依頼するのは時間がかかって面倒くさい
  • 少しでも楽して、保険料が安い、自分に合った保険を選びたい!

上記のように感じているなら「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することをおすすめします。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、無料一括見積もりの「インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能です。

平均節約額は36,682円!
一括見積もりした利用者の満足度も93.9%と高評価を得ています。

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

トヨタの自動車保険「クレジット一体型保険」とは

トヨタの自動車保険「クレジット一体型保険」とはは、自動車の購入と保険が一体となったプランです。このプランでは、自動車購入のクレジット支払いと自動車保険の支払いが一緒になっており、月々の支払いを簡単にすることができます。

また、一般的な分割払いの保険と比べてお得になる場合があり、保険期間中は毎月の支払い額が変わらないため、安定した支払い計画を立てやすいです。さらに、トヨタファイナンスのクレジットで車を購入した人が対象で、一回の手続きで毎年の継続手続きが不要になります。

クレジット一体型保険の種類は、以下の3つが提供されています。

  • コンビにプラン
  • まとめてバリュープラン
  • カップるプラン

順番に、保険の特徴と評判についてもまとめていきます。

※ 実は保険選びに迷う人におすすめの探し方があります!詳細はこちらをご覧ください。自分に合う保険を簡単に見つけられるだけでなく、平均節約額は36,682円と満足度の高い方法となっています。

あいおいニッセイ同和損保が提供する「コンビにプラン」の特徴と評判

まず、あいおいニッセイ同和損保が提供する「コンビにプラン」の特徴と評判についてです。

あいおいニッセイ同和損保の「コンビにプラン」について、特徴を挙げると以下の通り。

コンビにプランの特長

  1. 車の初年度登録時期や装備に応じた割引制度あり
  2. テレマティクス技術を活用した保険
  3. 示談対応を含めた24時間365時間の事故対応

1.の主な割引に関しては、

  • ASV割引:9%割引(衝突被害軽減ブレーキ(AEB)装備車が対象)
  • ECOカー割引:3%割引(ハイブリッド車や電気自動車が対象)
  • 新車割引:2~36%割引(始期日が新車登録から49ヶ月以内に適用)

2.は、1ヶ月ごとの運転レポートがあり、安全運転スコアに応じて割引される仕組み。
3.は、安心の見守りサポートサービスとなります。

コンビにプランは累計契約80万件とトップクラスの実績を持っているので、評判の良さがうかがえます。

東京海上日動が提供する「まとめてバリュープラン」の特徴と評判

次に、東京海上日動が提供する「まとめてバリュープラン」の特徴と評判についてです。

まとめてバリュープラン特徴は以下の通り

まとめてバリュープランの特徴

  • 3つの基本補償:賠償責任保険、傷害保険、車両保険
  • 3つの基本特約:弁護士費用特約、入院時選べるアシスト特約、レンタカー費用等補償特約

特約に関しては、「コネクテッドカー保険プラン」と題して、以下のようなサービスを受けることができます。

  • 運転スコアによる保険料の割引(スコア80点以上なら次年度割引)
  • 運転診断レポートの提供(安全運転サポート)
  • データを活用した事故対応(説明負担の軽減)

また、まとめてバリュープランは、

  • メディカルアシスト:救急医療機関などの案内
  • 介護アシスト:高齢者の介護等に関する電話相談
  • デイリーサポート:法律・税務等の電話相談

上記のように、家族にやさしいサービスプランがあり、好評を得ているようですね。

三井住友海上が提供する「カップるプラン」の特徴と評判

そして、三井住友海上が提供する「カップるプラン」の特徴と評判についてです。

カップるプランの特徴は、車に関する補償が充実していること。具体的には以下の大きな二本柱となります。

  • 新車割引
  • 新車特約

新車割引に関しては、

新車割引の割引率 割引率 等級 割引が適用できる場合
車両保険 21% 6等級 始期日が新車登録から49ヶ月以内
車両保険 11% 6等級以外
対人賠償保険 11% 全ての等級 始期日が新車登録から25ヶ月以内
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害

上記の通り、他社よりも割引率が高く、ハイブリッド車であれば、さらに1%プラスされます。

また、新車特約に関しては、もし事故で車が大破した場合、以下の対応で保障されます。

  • 買い替え:買い替えた車の取得価額
  • 修理:修理費

したがって、車に関する補償内容を充実させたいといった方には、カップるプランがお得だと言えますね。

トヨタの自動車保険「クレジット一体型保険」のメリット

ここからは、トヨタの自動車保険「クレジット一体型保険」のメリットについてご紹介します。

【メリット1】通常の保険より支払い総額が安くなる

まず1つ目のメリットとして「通常の保険より支払い総額が安くなる」

クレジット一体型にすると、一般的な保険の分割払いよりも支払い保険料が安くなります。

たとえば、あいおいニッセイ同和損害保険が提供する「コンビにプラン(保険期間3年)」を見てみると、

  • 「コンビにプラン」:月々9,035円(年間108,420円)=払込総額325,260円

一方で、通常の保険(3年間無事故)で換算してみると、

  • 1年目10等級:月々10,110(年間121,320円)
  • 2年目11等級:月々9,820(年間117,840円)
  • 3年目12等級:月々9,500(年間114,000円)

3年間の払込総額は「353,260円」
上記の通り、一体型と比べて27,900円割高になることがわかります。

ですので、長い期間で考えた場合、お得にできる可能性が高いと言えます。

したがって、通常の保険より支払い総額が安くなる点は、トヨタのクレジット一体型保険のメリットに挙げられます。

【メリット2】事故を起こしても支払いは定額

次に2つ目のメリットが「事故を起こしても支払いは定額」

クレジット一体型にすると、契約期間に事故を起こしたとしても、満期まで支払額は変わりません。

つまり、通常の保険のように等級が下がり、翌年度から保険料が値上がりする心配はないということ。

実際、三井住友海上の「カップるプラン」は、3年間の契約で、

  • 月々7,361円(年間88,332円)=払込総額264,996円

となっており、上記金額は事故があっても変わりません。

一方、通常の保険であれば、1年目に3等級ダウン事故に遭った場合は、

  • 1年目16等級:月々8,050(年間96,600円)
  • 2年目13等級:月々12,260(年間147,120円)
  • 3年目14等級:月々12,130(年間145,560円)

3年間の払込総額は「389,280円」
比較すると、12万円以上多く支払う結果になってしまいます。

以上のように、事故を起こしても支払いが定額なのは、トヨタのクレジット一体型保険のメリットと言えるでしょう。

【メリット3】毎年の手続きが不要になる

そして3つ目のメリットとして「毎年の手続きが不要になる」

トヨタのクレジット一体型保険にすると、煩雑な手続きが不要になります。

実際、東京海上日動の資料には、「自動車保険の毎年の更新手続きも不要」と記載されています。

通常の自動車保険では、1年ごとに満期が訪れます。
その度に、保険の見直しが行われ、更新手続きをしなければならないので、手間がかかってしまいます。

しかし、クレジット一体型保険では、クレジットも自動車保険もまとめて1回の手続きで完了するので、便利です。

相談窓口もディーラーで一体化しているため、聞きたいことがあれば、まとめて相談できるのもいいですよね。

以上のように、毎年の手続きが不要になる点も、トヨタのクレジット一体型保険のメリットに挙げられます。

※ 実は保険選びに迷う人におすすめの探し方があります!詳細はこちらをご覧ください。自分に合う保険を簡単に見つけられるだけでなく、平均節約額は36,682円と満足度の高い方法となっています。

トヨタの自動車保険「クレジット一体型保険」のデメリット

ここまで、クレジット一体型保険に関する加入メリットをご紹介してきました。

メリットがあれば、もちろんデメリットもあり。
保険の良し悪しをしっかり理解したうえで、検討するのが最良の選択になります。

では、クレジット一体型保険にはどういったデメリットがあるのか?

ここからは、トヨタの自動車保険「クレジット一体型保険」のデメリットについてまとめていきます。

【デメリット1】通販型(ダイレクト型)に比べて高い

まず1つ目のデメリットが「通販型(ダイレクト型)に比べて高い」

クレジット一体型保険は、代理店型の保険と同程度の料金設定なので、通販型と比較すると割高になってしまいます。

通販型が安い理由は、店舗を必要としない分、運営費や人件費、事務費用などのコストを削減できるから。

実際、アクサダイレクトで、トヨタ・アクアの保険料例を見てみると、

  • 29歳、新規6等級:年間60,920円(ネット割15,000円適用)
  • 34歳、継続11等級:年間32,510円(ネット割10,000円適用)

最低でも月々約6,000円かかる一体型に比べると、断然安いことがわかります。

ですので、できるだけ月々の出費を抑えたいと考えている人にとっては、通販型の方が向いていると言えるでしょう。

以上のように、トヨタのクレジット一体型保険のデメリットとして、通販型(ダイレクト型)に比べて高い点が挙げられます。

【デメリット2】ディーラー修理になるため割高

次に2つ目のデメリットが「ディーラー修理になるため割高」

クレジット一体型保険は、ディーラーで車を購入時に提供されるサービスとなるため、 保険で修理を行う際は、ディーラーの修理費用となります。

したがって、通常の民間整備工場で修理するよりも、費用が割高になる可能性が高いです。

具体的に、ディーラーの修理費用が高くなる要因としては、

  • 交換パーツが純正品となる
  • ディーラーで行えない修理には中間マージンが発生する

上記のような要因が挙げられます。

保険が全額適用されるのであれば、ディーラー修理でも構わないかもしれませんが、全額適用されない場合は、費用負担が大きくなるため、注意が必要です。

ですので、ディーラー修理になるため割高になる点も、トヨタのクレジット一体型保険のデメリットだと言えるでしょう。

【デメリット3】途中解約すると違約金が発生する

そして3つ目のデメリットとして「途中解約すると違約金が発生する」

トヨタのクレジット一体型保険は、契約期間中に更新手続き等が不要な点は大変便利なのですが、途中で解約すると出費がかさむといったデメリットがあります。

ですので、契約期間中の2~5年間は、確実に月々の支払いができることを確認してから、契約するのがベストだと言えます。

実際、東京海上日動の「まとめてバリュープラン」によると、途中解約した場合、「解約追加手数料」が発生することを明記しています。

また、中古車販売サイトの情報によると、まとまったお金が入り、ローンを一括で支払った場合でも、一体型の保険は、途中解約とみなされるとのこと。

したがって、途中解約すると違約金が発生することも、トヨタのクレジット一体型保険のデメリットになります。

※ 実は保険選びに迷う人におすすめの探し方があります!詳細はこちらをご覧ください。自分に合う保険を簡単に見つけられるだけでなく、平均節約額は36,682円と満足度の高い方法となっています。

トヨタのクレジット一体型保険とダイレクト型を比較

ここまで、トヨタの自動車保険に関する評判をまとめてきました。

いずれもメリット・デメリットあり。
保険の内容を理解したうえで、加入するか決めることをおすすめします。

では、他の保険と比較した時の優位性は何か。
本章では、トヨタのクレジット一体型保険とダイレクト型を比較してみます。

まず、結論からいうと、保険料の安さで選ぶなら「ダイレクト型(通販型)」、充実したサービスや手続きの簡略さで選ぶなら「クレジット一体型保険」がおすすめです。

補償内容等の基本的な保険サービスに関しては、両者とも大差はありません。

たとえば、

  • 基本補償(対人・対物賠償等)
  • 事故対応
  • ロードサービス

上記の補償に関しては、両者とも遜色のない内容を設定することができます。

大きな違いがあるとすれば以下の項目。

  • 料金
  • 手続き
  • 担当者による対応

つまり、クレジット一体型保険であれば、料金が高い分、専門の担当者がついて、書類手続きなど、その人にあったサポートをしてくれます。

そのような手厚いサポートは不要で、料金の安さを重視するのであれば、ダイレクト型が良いと言えるでしょう。

もし、ご自身で保険を探して選びたい方は「自動車保険の無料一括見積もり」を利用するのが便利です。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

評判からトヨタのクレジット一体型保険に向いてる人の特徴

ではどういった人が、トヨタのクレジット一体型保険の加入に向いているのか?

具体的な評判からトヨタのクレジット一体型保険に向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】手続きを簡単に済ませたい人

まず1つ目の特徴が「手続きを簡単に済ませたい人」

手続きを簡単に済ませたい人にとって、トヨタのクレジット一体型保険は理想的です。この保険は、複雑な保険手続きを減らし、毎年の保険更新の手間を省くことができます。例えば、保険加入時のみの手続きで、継続的なサービスが確保されるため、毎年の更新手続きをする必要がなくなります。このように、トヨタのクレジット一体型保険は、手間をかけずに保険手続きを完了させたいと考える人に最適です。

【特徴2】クレジットで車を購入予定の人

次に2つ目の特徴として「クレジットで車を購入予定の人」

クレジットで車を購入予定の人にトヨタのクレジット一体型保険は特に適しています。このプランを選ぶ理由は、車の購入と保険の支払いを一つのプロセスで管理できるため、財務管理が簡素化される点にあります。具体例として、月々の支払いが一定であることから、予算計画が立てやすくなります。また、年間を通じて支払い額に変動がないため、予期せぬ出費を心配する必要がありません。このように、トヨタのクレジット一体型保険は、クレジットで車を購入し、財務管理をシンプルに保ちたい人に最適です。

【特徴3】長期的に安定した支払いを好む人

そして3つ目の特徴が「長期的に安定した支払いを好む人」

長期的に安定した支払いを好む人は、トヨタのクレジット一体型保険を選択することで、毎月の出費を予測しやすくなります。この保険は、支払額が保険期間中一定であり、突発的な出費が生じる心配が少ないため、予算管理がしやすくなります。たとえば、車両購入時に設定された月額支払いが、クレジット期間中変わらないことが特徴です。このように、予定通りの財務計画を立てたい人にとって、この保険は最適な選択肢です。

評判をみてもわからない!保険選びに迷う人におすすめの探し方

ここまで、トヨタの自動車保険の評判について詳しく解説してきました。

もしあなたが、保険選びに、

  • 保険会社を比較するのが手間
  • 1社1社見積もり依頼するのは時間がかかって面倒くさい
  • 少しでも楽して、保険料が安い、自分に合った保険を選びたい!

上記のように評判をみてもわからない!保険選びに迷う人におすすめの探し方があります。

その探し方というのが、「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することです。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、無料一括見積もりの「インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能です。

平均節約額は36,682円!
一括見積もりした利用者の満足度も93.9%と高評価を得ています。

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

【Q&A】評判が気になるトヨタの自動車保険のよくある質問

最後に評判が気になるトヨタの自動車保険のよくある質問をまとめます。

【質問1】トヨタの自動車保険の値段はいくら?

疑問に思う男性

「トヨタの自動車保険の値段はいくら?」

トヨタのクレジット一体型保険の値段は、選択する保険内容やクレジットの条件によって異なります。保険料は、車種、加入者の年齢や運転歴、さらには保険の補償内容によって左右されるため、一概には言えません。具体的な金額を知りたい場合は、トヨタの公式サイトで見積もりを取得するか、直接ディーラーに問い合わせることをお勧めします。これにより、個人の状況に最適な保険プランを正確に把握できます。

【質問2】自動車保険の強さ(満足度)ランキングは?

疑問に思う男性

「自動車保険の強さ(満足度)ランキングは?」

自動車保険の満足度ランキングは、保険の補償内容、顧客サービス、価格の適正さ、利用者の満足度など、多角的な視点から評価されます。トヨタのクレジット一体型保険も含め、自動車保険を選ぶ際は、最新のランキング情報とともに、自身のニーズに合った保険を選択することが重要です。

もし、ご自身で保険を探して選びたい方は「自動車保険の無料一括見積もり」を利用するのが便利です。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

【質問3】入ってはいけない自動車保険ワーストランキングは?

疑問に思う男性

「入ってはいけない自動車保険ワーストランキングは?」

まとめ:トヨタの自動車保険の評判と加入に向いてる人の特徴

トヨタの自動車保険の評判と加入に向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて、トヨタのクレジット一体型保険のメリット・デメリットをまとめると、

クレジット一体型保険のメリット

  • 通常の保険より支払い総額が安くなる
  • 事故を起こしても支払いは定額
  • 毎年の手続きが不要になる

クレジット一体型保険のデメリット

  • 通販型(ダイレクト型)に比べて高い
  • ディーラー修理になるため割高
  • 途中解約すると違約金が発生する

もしあなたが、保険選びに、

  • 保険会社を比較するのが手間
  • 1社1社見積もり依頼するのは時間がかかって面倒くさい
  • 少しでも楽して、保険料が安い、自分に合った保険を選びたい!

上記のように感じているなら「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することをおすすめします。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、無料一括見積もりの「インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能です。

平均節約額は36,682円!
一括見積もりした利用者の満足度も93.9%と高評価を得ています。

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp