ディーラーの自動車保険はやめとけ?5つの理由と加入するメリットを徹底解説

「ディーラーの自動車保険はやめとけってホント?」

「どんな人に向いてる?加入するメリットや保険の選び方を教えてほしい!」

新車や中古車をディーラーで購入する際に勧められる保険。
勧められることが多いものの、実際のところ、ディーラーの自動車保険はどうなのか?

一部のユーザーからは「ディーラーの自動車保険はやめとけ」とも言われますが、理由は何か。

ディーラーの自動車保険に入ろうか迷っている方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではディーラーの自動車保険はやめとけの理由と加入するメリットを徹底解説していきます!

【結論】ディーラーの自動車保険はやめとけ?

「ディーラーの自動車保険はやめとけ」は本当かどうか。

結論からいうと、やめた方がいい。
なぜなら、ディーラーの自動車保険は限定的な保険商品と言わざるを得ないから。

具体的に、どういった点で「ディーラーの自動車保険はやめとけ」と言われるのか?

その理由について、ディーラーの自動車保険のデメリットと絡めながら、詳しく解説していきます。

【理由1】保険料が高いから

まず理由で多いのが「保険料が高いから」

ディーラーで保険に入るのは、基本的に「代理店型」の自動車保険になります。

そのため、ディーラーが提案する代理店型の自動車保険は、一般的な直販型保険に比べて保険料が高い傾向にあります。これは、代理店型保険が中間マージンや営業コストを保険料に上乗せしているためです。

具体的には、代理店型の保険は、ディーラーや保険代理店が販売する際に発生する手数料や人件費などのコストが加算されます。また、代理店を通じて保険を購入する際、個々の顧客のリスクプロファイルに合わせたカスタマイズが難しく、結果的に不必要な補償内容で保険料が高くなるケースも少なくありません。

このように、代理店型の自動車保険は、直販型に比べて高い保険料が課されることが多いです。

【理由2】保険対象は限定的だから

次に2つ目の理由として「保険対象は限定的だから」

ディーラーが提供する自動車保険は、保険対象が限定的であるため、多くのドライバーや車種にとって最適な選択肢ではない可能性が高いです。主な理由は、ディーラーの保険が特定の車種やブランドに特化していることにあります。

具体的な例として、あるディーラーの保険は、そのブランドの車にのみ適用され、他のメーカーの車や特定の古いモデルには対応していないことがあります。また、車種によっては保険料が大幅に異なる場合もあります。このように、ディーラーの保険では、多様なドライバーのニーズに応える柔軟性が不足しているため、全ての人に適した保険とは言えません。

したがって、ディーラーの自動車保険は、保険対象が限定的であることを理解した上で選択する必要があります。

【理由3】車両変更時に不便だから

3つ目の理由として「車両変更時に不便だから」

ディーラーの自動車保険には、車両の変更があった際に不便さを感じることが一つの大きなデメリットです。この不便さの主な理由は、多くのディーラーの保険が特定の車種やブランドに特化しているため、異なる車種やブランドの車に乗り換えた場合、元の保険が適用されず、新しい保険契約を結ぶ必要が出てくるからです。

例えば、特定のメーカーの車に特化した保険に加入している場合、その後他のメーカーの車に乗り換えた際には、その保険は適用されません。このため、新しい車に対する新しい保険を再度探し、手続きを行う必要が生じます。これは時間と労力の両方を要するプロセスであり、特に頻繁に車を乗り換える方にとっては大きな負担となり得ます。

このように、ディーラーの自動車保険は、車両の変更時に再度保険の見直しや手続きを行う必要があるため、利便性に欠けることが結論として挙げられます。

【理由4】プランの選択肢は制限されるから

4つ目の理由が「プランの選択肢は制限されるから」

ディーラーの自動車保険を選択する場合、プランの選択肢が制限されるという重要なデメリットがあります。ディーラーは特定の保険会社と提携しており、その会社のプランのみを提供することが一般的です。これにより、顧客は市場全体の中から最適な保険プランを選択する機会を失います。

例えば、あるディーラーが提供する保険プランは、基本的な補償内容に限られ、追加オプションや特別な割引が不足していることがあります。他の保険会社では、安全運転割引や複数車両割引など、より幅広い割引オプションを提供している場合も多く、これらのオプションを利用することで保険料を大幅に節約できる可能性があります。

したがって、ディーラーの自動車保険は、選択肢が限定されるため、顧客にとって最も適切な保険を選ぶ機会を制限してしまいます。

【理由5】比較検討できる時間が取れないから

そして5つ目の理由が「比較検討できる時間が取れないから」

ディーラーの自動車保険に加入する際の一つの大きなデメリットは、他の保険との比較検討に必要な時間が取れないことです。車を購入するプロセス中に保険の提案がなされることが多く、その場での決断が求められるため、顧客は他の保険会社のプランを十分に比較する時間がない場合があります。

具体的な例として、あるディーラーでは車の購入と同時に保険の加入を勧められるが、その際に他社の保険プランと比較するための十分な情報や時間が提供されないことがあります。このため、顧客は保険の詳細や価格に関する総合的な比較検討を行うことなく、提案されたプランを選択することになりがちです。

この結果、ディーラーの保険は、顧客が最もコストパフォーマンスの高い、自分に最適な保険を選ぶ機会を限定してしまいます。保険選びには、複数の選択肢を比較し、検討する時間を十分に取ることが重要です。

本当にやめとけ?ディーラーの自動車保険に加入するメリット

ここまで、ディーラーの自動車保険はやめとけと言われる理由を解説してきました。

結論、やめとけと言われる理由があるのは事実です。
実際に、保険料の高さや選択肢の不自由さを考慮すると、ディーラーの自動車保険はやめとけと言わざるを得ないでしょう。

なんですが、加入するメリットもあります。

ここでは、ディーラーの自動車保険に加入するメリットもご紹介します。

【メリット1】保険手続きも修理もワンストップで対応

まず1つ目のメリットが「保険手続きも修理もワンストップで対応」

ディーラーの自動車保険のメリットの一つとして、「保険手続きも修理もワンストップで対応」が挙げられます。この利点は、事故やトラブルが発生した際に、保険の申請から修理までのプロセスをディーラーが一括で管理し、顧客にとって手間が少なくなる点にあります。

例えば、事故が発生した場合、通常は保険会社に連絡し、適切な修理工場を探し、見積もりを取り、修理を依頼する必要があります。しかし、ディーラーの保険を利用する場合、これらのプロセス全てをディーラーが行い、顧客はディーラーに連絡するだけで済みます。これにより、事故発生時の顧客の負担が大幅に軽減され、迅速かつスムーズな対応が可能になります。

このように、ディーラーの自動車保険では、「保険手続きも修理もワンストップで対応」することにより、事故やトラブル発生時のストレスや手間を大幅に削減できるメリットがあります。これは、特に忙しい方や事故処理の経験が少ない方にとって、大きな利点となるでしょう。

【メリット2】メーカー独自の付帯サービスを受けられる

そして2つ目のメリットが「メーカー独自の付帯サービスを受けられる」

ディーラーの自動車保険が提供するメーカー独自の付帯サービスは、特定の車種やブランドに特化したユニークな利点を顧客に提供します。このようなサービスは、一般的な保険会社では提供されない特別なメリットを持っています。

例えば、ある自動車メーカーの保険では、そのメーカーの車に特化した定期的な点検や独自の安全運転サポートシステムを提供しています。また、別のメーカーでは、高級車オーナー向けに専用のコンシェルジュサービスや緊急時の代車提供サービスを実施しています。これらのサービスは、メーカー独自のリソースや知識を活用しており、一般的な保険では得られない利点を提供します。

このように、ディーラーの自動車保険を選択することで、メーカー独自の付帯サービスを受けられるという大きなメリットがあります。これは、特定のメーカーの車に対する深い理解とサポートを求めるオーナーにとって、非常に価値のある選択肢となるでしょう。

やめとけと言われてもディーラーの自動車保険加入に向いてる人の特徴

ここまで、ディーラーの自動車保険について詳しく解説してきました。

では、どういった人がディーラーの自動車保険加入には向いているのか?

具体的なやめとけと言われてもディーラーの自動車保険加入に向いてる人の特徴をまとめます。

【特徴1】手続きの簡便さを求める人

ディーラーの自動車保険が特に適しているのは、保険や車の手続きの簡便さを重視する人です。

理由として、ディーラーの保険は車の購入と同時に加入が可能であり、事故が発生した際のクレーム処理や修理の手続きもディーラーが一手に担ってくれるからです。

例えば、車を購入する際に保険に加入し、万が一の事故や故障が起きた場合、そのディーラーに連絡するだけで保険の手続きから修理までをスムーズに進めることができます。これは、保険会社と直接やり取りする必要がなく、時間や手間を大幅に節約できる点です。

したがって、時間や手間をできるだけ省きたい、そして車の購入から保険の管理までを一元化したい人にとって、ディーラーの自動車保険は非常に適しています。

【特徴2】加入手続きが煩わしくて苦手な人

ディーラーの自動車保険が特に向いているのは、加入手続きが煩わしくて苦手な人です。その理由は、ディーラーの保険が車の購入時に同時に手続きでき、複雑な手続きを省略できる点にあります。

具体的な例としては、新車を購入する際、ディーラーが提供する保険にその場で加入することができます。これにより、別途保険会社を探したり、複数の保険プランを比較したりする手間が省けます。また、事故が発生した場合も、ディーラーが保険の申請から修理の手配までを一括して対応してくれるため、顧客は面倒な手続きを自ら行う必要がありません。

以上のことから、手続きの簡略化と時間節約を重視する人にとって、ディーラーの自動車保険は非常に便利で適切な選択肢です。

【特徴3】メーカー特有のサービスを重視したい人

ディーラーの自動車保険が適しているのは、メーカー特有のサービスを重視する人です。その理由は、ディーラーの保険が特定のメーカーの車に特化した独自のサービスや特典を提供しているからです。

例えば、高級車ブランドのディーラー保険では、専用のロードサービスやコンシェルジュサービス、特別な保守プランなど、そのブランドに特化したサービスが提供されます。これらのサービスは、その車の性能を最大限に活用し、オーナーにとっての付加価値を高めるものです。

自分の車に最適なサービスを受けたい、または特定のメーカーの車に対する高いこだわりを持っている人にとって、ディーラーの自動車保険は非常に魅力的な選択肢です。

ディーラーの自動車保険以外でおすすめの保険と最適な選び方

では、ディーラーの自動車保険が向かない人は、どういった保険を選べばいいのか?

一例を示すと、

ディーラーの自動車保険が向かないなら

  • 直販型自動車保険: インターネットや電話を通じて直接保険会社から購入できる保険です。代理店を介さないため、コスト削減が反映された比較的安価な保険料が魅力です。また、カスタマイズ可能なプランが多く、自分の必要とする補償内容を選べる柔軟性があります。
  • 任意保険の付帯サービスが充実した保険: 特定の保険会社では、ロードサービス、レンタカー提供、24時間事故サポートなど、豊富な付帯サービスを提供しています。これらのサービスは、日常的なドライブや万が一の事故時に大きなサポートとなります。
  • 複数の車両割引を提供する保険: 家族が複数の車を保有している場合、車両数に応じて割引が適用される保険プランが適しています。こうした割引制度は、保険料の節約に大いに役立ちます。

これらの保険は、ディーラーの自動車保険と比較して、保険料のコストパフォーマンス、サービスの多様性、割引の利用など、異なる利点があります。

なんですが、ディーラーの自動車保険以外でおすすめの保険と最適な選び方があります!

それは「プロのアドバイザーに相談する」ことです。
豊富な保険知識を持つ専門家に相談するのが、最適な保険の選び方に繋がります。

そしてもし、ご自身で保険を探して選びたい方は「無料一括見積もり」を利用するのが便利です。

なかでも「インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

車の買い替えにあわせて自動車保険を乗り換える際の注意点

ここまで、ディーラーの自動車保険に関する情報を解説してきました。

どの自動車保険に加入するにしても、車の買い替えにあわせて自動車保険を乗り換える際の注意点があります。

それは、「保険の有効期限」

車の買い替えに伴う自動車保険の乗り換えを考える際、まず重要なのは現在加入している保険の有効期限を確認することです。この確認作業が重要な理由は、保険の有効期限内であれば既存の契約を継続するか、または新たに保険を契約する必要があるかを判断する基準となるからです。

例えば、現在の自動車保険がまだ数か月の有効期限が残っている場合、新しい車に保険を移行することができるかどうかを保険会社に確認する必要があります。また、保険期間が近くに終了する場合は、新しい車に適した保険プランに変更する機会となります。このように、保険の有効期限を確認することで、無駄な保険料の支払いを避け、スムーズな乗り換えが可能になります。

結論として、車の買い替え時には、現在の自動車保険の有効期限を確認し、最適な保険選びのための第一歩とすることが重要です。

【Q&A】やめとけと囁かれるディーラーの自動車保険に関するよくある質問

最後にやめとけと囁かれるディーラーの自動車保険に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ディーラー営業には保険のノルマがある?

疑問に思う男性

「ディーラー営業には保険のノルマがある?」

結論、一般的にディーラー営業員には自動車保険の販売目標が設定されていることが多いと言えます。これは、ディーラーが保険会社と提携し、車の販売と同時に保険も提案するビジネスモデルを取っているためです。

具体的には、多くのディーラーでは、新車や中古車の販売に加えて、保険の販売も営業員の業績評価の一部として含まれます。これにより、営業員は保険の販売にも積極的に取り組むことになります。

したがって、ディーラー営業員には自動車保険の販売目標が設定されている場合が多く、そのために保険提案が積極的に行われることがあります。

【質問2】ディーラー保険はしつこい?上手い断り方も知りたい!

疑問に思う男性

「ディーラー保険はしつこい?上手い断り方も知りたい!」

結論、ディーラーの自動車保険の提案がしつこいと感じる場合があるかもしれませんが、これはディーラー側の保険販売に対するノルマや積極的なビジネス戦略が背景にあるためです。例えば、ディーラーの営業員は保険販売のノルマを達成するために、顧客に対して繰り返し保険加入を勧めることがあります。

ディーラーの保険提案を上手に断るには、まずは明確かつ礼儀正しく自分の意思を伝えることが重要です。具体的には、「すでに別の保険会社と契約している」「他の保険会社のプランを検討している」「現時点で保険については検討しない」といった具体的な理由を伝えると良いでしょう。これにより、営業員もあなたの意向を尊重しやすくなります。

ですので、ディーラーの保険提案がしつこく感じられる場合は、はっきりとした理由を伝えて断ることが効果的です。ただし、断り方は常に丁寧に行うことが望ましいです。

【質問3】自動車保険の乗り換えが気まずい時の対処法はある?

疑問に思う男性

「自動車保険の乗り換えが気まずい時の対処法はある?」

自動車保険を乗り換える際に気まずさを感じることがあれば、事前にしっかりと自分の意志を決め、それを丁寧に伝えることが対処法として有効です。保険の乗り換えを決定する主な理由は、より良い条件やサービス、保険料の節約などです。

例えば、他の保険会社のプランが現在の生活スタイルや予算に合っていると判断した場合、その旨をディーラーに伝えることが重要です。具体的には、「他社の保険が自分の状況により適していると感じた」「保険料の節約を考えている」といった理由を伝えると良いでしょう。これにより、ディーラー側も理解しやすく、スムーズな保険の乗り換えが可能になります。

結論として、自動車保険を乗り換える際は、自分の決定理由を明確に伝えることが、気まずさを軽減する上で効果的です。その際、常に礼儀正しく対応することが望ましいです。

【質問4】自動車保険の3年契約はお得?メリット・デメリットを教えて!

疑問に思う男性

「自動車保険の3年契約はお得?メリット・デメリットを教えて!」

自動車保険の3年契約は、一定のメリットとデメリットがあります。メリットとしては、長期契約により年間の保険料が割安になることが多いです。例えば、一部の保険会社では3年契約を選ぶことで、年間の保険料が割引されることがあります。

一方で、デメリットとしては、契約期間中にライフスタイルの変化や他の保険会社のより良いプランが出てきた場合でも、契約を変更するのが困難になることです。また、契約途中でのキャンセルにはペナルティが発生することがあります。

したがって、自動車保険の3年契約は、保険料の割引を重視し、今後数年間での大きなライフスタイルの変更がないと予想される場合にお得です。しかし、柔軟性を重視する場合は、短期契約の方が適している場合があります。

【質問5】自分の車で1日自動車保険に入ることはできる?

疑問に思う男性

「自分の車で1日自動車保険に入ることはできる?」

結論、自分の車は対象外です。

ワンデイ保険などの1日単位で加入できる保険はありますが、このタイプの保険は、特定の日や短期間だけ車を使用する際に適しています。例えば、レンタカー会社や保険会社の一部では、1日単位で加入できる自動車保険を提供しています。これにより、旅行や出張、特別なイベントで自車を使用する際などに、必要な期間だけ保険に加入することができます。ただし、1日保険のプラン内容や料金は保険会社によって異なりますので、事前に比較検討することが重要です。

まとめ:ディーラーの自動車保険はやめとけと言われる理由と加入メリット

ディーラーの自動車保険はやめとけと言われる理由と加入メリットをまとめてきました。

改めて、ディーラーの自動車保険はやめとけと言われる理由をまとめると、

ディーラーの自動車保険はやめとけと言われる理由

  1. 保険料が高いから
  2. 保険対象は限定的だから
  3. 車両変更時に不便だから
  4. プランの選択肢は制限されるから
  5. 比較検討できる時間が取れないから