ベンツは車両保険に入れない?結論と保険の選び方や保険料を安く抑えるコツ

「ベンツは車両保険に入れないってホント?」

「保険に加入したいけど、選び方や保険料を安くするコツは何かない?」

愛車のベンツを保険で守りたい。
何かあった時に安心なのが「車両保険」です。

しかし一部で、「ベンツは車両保険に入れない」との情報も散見されますが、本当でしょうか?

ベンツオーナーで車両保険の加入を検討している方にとっては、気になる情報です。

そこで!本記事ではベンツは車両保険に入れないのかの結論と保険の選び方や保険料を安く抑えるコツを解説していきます!

【結論】ベンツは車両保険に入れない?

ベンツは車両保険に入れないのかどうか?

結論からいうと、ベンツは車両保険に入れます。

ただし、基本的に入れますが、状況や条件によっては入れない場合もあります。

どういった状況で入れない可能性があるのか?
具体的な、ベンツが車両保険に入れない理由を解説していきます。

【理由1】料率クラス17のモデルだから

まず1つ目の理由が「料率クラス17のモデルだから」

ベンツの中でも、車両保険の料率クラスが17のモデルだと、加入を断られる可能性が高いです。

主な理由として、 クラスが高い車両は盗難などのリスクが高く、保険会社の補償で賄えない可能性が出てくるから。

実際、三井ダイレクト損保のように、料率クラス17以上は車両保険がセットできないと明記している会社もあります。

では、ベンツの料率クラス17のモデルはどれか?
損害保険料率算出機構の「型式別料率クラス検索」から、ベンツの料率クラス17のモデルを調べてみると、

  • ベンツSクラス(型式140043)
  • ベンツGグラス(型式G500L)
  • ベンツEクラス(型式124133)

上記のモデルが、車両保険の料率クラスが17でした。

ですので、これらベンツが車両保険に入れない理由として、料率クラスが17のモデルが挙げられます。

【理由2】ベンツの最上級グレードだから

次に2つ目の理由として「ベンツの最上級グレードだから」

料率クラスが17でなくても、最上級グレードのベンツは、車両保険に入れない可能性があります。

主な理由として、最上級グレードのベンツは車両価値が高額すぎるため、修理費用が高額になってしまうから。

具体的には、車両価格が1,000万円以上になるベンツは、車両保険に加入できないケースがあります。

ベンツで1,000万円以上のモデルは、「Cクラス」、「Eクラス」、「Sクラス」などが挙げられます。

したがって、ベンツの中でも最上級グレードは、車両価格が高すぎることから、車両保険に加入できない場合があり注意が必要です。

【理由3】新車登録から20年以上経過しているから

そして3つ目の理由が「新車登録から20年以上経過しているから」

新車登録から、年数が経ちすぎる古いベンツ車両も、車両保険に加入できない可能性が高いです。

なぜなら、各保険会社によって、保険金額として補償できる一定の期間が設定されているから。

実際、保険会社の記事によると、車両保険の保険金額は、「車両価格表をもとに保険会社が定める一定の範囲内で設定」されるとのこと。

したがって、使用した年数分だけ市場価値が下がる古い車両は、時価額が低くなりすぎて、修理代を補償しきれなくなるため、ベンツでも加入できないケースがあります。

以上のことから、新車登録から20年以上経過している点も、ベンツが車両保険に加入できない理由に挙げられます。

※ 今すぐベンツの車両保険で保険料を安く抑えるコツを知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で保険料を節約できるコツがあります。

ベンツで車両保険に入る際の保険の選び方

ここまで、ベンツの車両保険について解説してきました。

結論、ベンツは車両保険に入れます。
基本的に入れますが、ただし状況や条件によっては入れない場合もあります。

ここで重要になってくるのが「保険の選び方」
入れない保険を選んでも、時間と労力を無駄にする結果になりかねません。

ここからは、ベンツで車両保険に入る際の保険の選び方

【選び方1】保険の種類を理解する

まず基本中の基本でも重要な「保険の種類を理解する」

ベンツの車両保険選びでは、保険の種類を正しく理解することが重要です。

全損保険は、車両が全損した場合のみ補償され、一方、部分損害保険は小さな損傷もカバーします。例えば、全損保険では修理費用が車両価値の50%を超える事故のみ補償されますが、部分損害保険ではドアのへこみやバンパーの損傷なども補償範囲内です。ベンツのように高価な車両では、修理費用が数百万円に上ることも珍しくないため、より広範な補償を提供する部分損害保険を選ぶことをお勧めします。この選択により、小さな事故や損傷にも柔軟に対応でき、経済的な負担を軽減できます。

【選び方2】補償範囲が広い保険を選ぶ

不安な方は「補償範囲が広い保険を選ぶ」

ベンツ所有者は、補償範囲が広い車両保険を選ぶべきです。

広範な補償は、事故や自然災害、盗難など予期せぬリスクから車両を守ります。具体例として、盗難補償では車両価値の100%までの保証が可能で、自然災害時には修理費用全額が補償される場合があります。また、対人・対物賠償では無制限の補償を提供する保険もあり、大きな事故に遭遇した際にも安心です。ベンツのような高価な車では、小さな損害でも修理費用が高額になることがあるため、これらのリスクを広くカバーする保険を選択することが経済的な安全を確保する上で重要です。

【選び方3】ノンフリート契約を検討する

フリート契約とは別の割引制度を活用するなら「ノンフリート契約を検討する」

ベンツ所有者は、ノンフリート契約の検討が推奨されます。

ノンフリート契約は、個人が所有する車両を対象にした保険で、事故歴が少ない場合に保険料が割引されるメリットがあります。例えば、無事故であれば毎年保険料が5%割引されるケースもあり、長期にわたり安全運転を続けることで、大幅な保険料の節約が可能になります。ベンツのような高級車では、保険料が高額になりがちですが、ノンフリート契約を利用することで、経済的負担を軽減できます。安全運転を心がけるベンツオーナーにとって、ノンフリート契約は非常に有効な選択肢です。

もし、あなたが、

  • 保険会社を比較するのが手間
  • 1社1社見積もり依頼するのは時間がかかって面倒くさい
  • 少しでも楽して、保険料が安い、自分に合った保険を選びたい!

上記のように感じているなら「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することをおすすめします。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

ベンツで車両保険に加入しておくメリット

結論、ベンツは車両保険に一部の条件を除いて入れます。

ただ入れるものの、車両保険に加入するメリットは何なのか?

メリットがないと、単に保険料を無駄に払うことになりかねません。

ベンツで車両保険に入るメリットは何なのか?
加入を検討している方に、ベンツで車両保険に加入しておくメリットをご紹介します。

【メリット1】高額な修理費のカバー

まずメリットとして大きいのが「高額な修理費のカバー」

ベンツを所有する際、車両保険への加入が高額な修理費をカバーする大きなメリットを提供します。

ベンツの修理費は特に高価な部品や専門技術を要するため、一般的な車種と比較して非常に高額になりがちです。例えば、ベンツのエンジンやトランスミッションの修理には数百万円が必要になる場合があります。車両保険に加入しておけば、これらの高額な修理費用が保険から補償されるため、オーナーの経済的負担を大幅に軽減できます。したがって、安心してベンツを運転し続けるためには、車両保険への加入が非常に重要です。

【メリット2】盗難時の補償と心理的安心

高級車だからこそのメリットが「盗難時の補償と心理的安心」

ベンツのような高級車は、盗難のリスクが高いため、車両保険による盗難時の補償は大きな安心を提供します。

盗難に遭った場合、車両の価値に応じた補償が受けられるため、経済的損失を大幅に軽減できます。例えば、盗難に遭い車両が見つからない場合、保険から車両価値の全額が補償されることもあります。このような補償は、オーナーが安心してベンツを所有し続けることを可能にします。したがって、盗難時の補償は、ベンツオーナーにとって経済的な保護と精神的な安心の両方を提供します。

【メリット3】対人・対物賠償への備え

そして3つ目のメリットが「対人・対物賠償への備え」

ベンツオーナーが車両保険に加入するメリットの一つは、対人・対物賠償への備えです。

事故によって他人や他人の財物に損害を与えた場合、その賠償責任は非常に高額になる可能性があります。例えば、相手方の怪我の治療費や高価な車両の修理費用がこれに該当します。車両保険による対人・対物賠償補償があれば、これらの費用を保険がカバーするため、オーナーは大きな経済的負担から解放されます。したがって、安全運転を心掛けても予期せぬ事故は発生するため、対人・対物賠償への備えは非常に重要です。

もし、あなたが、

  • 保険会社を比較するのが手間
  • 1社1社見積もり依頼するのは時間がかかって面倒くさい
  • 少しでも楽して、保険料が安い、自分に合った保険を選びたい!

上記のように感じているなら「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することをおすすめします。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

ベンツの車両保険で保険料を安く抑えるコツ

ここまで、ベンツの車両保険に関する情報を詳しく解説してきました。

加入するメリットはあります。
入ること前提で考えるなら、気になるのが「保険料を安くするコツ」

どうすれば、車両保険料を安く抑えられるようになるのか?

ここから具体的なベンツの車両保険で保険料を安く抑えるコツをご紹介します!

【コツ1】等級制度を利用する

まず考えたコツが「等級制度を利用する」

ベンツの車両保険料を安く抑えるには、等級制度の活用が効果的です。

自動車保険の等級制度は、運転者の事故歴に応じて保険料が決定される仕組みで、事故を起こさないで安全運転を続けることで等級が上がり、保険料が割引されます。例えば、無事故で1年間運転すると等級が上がり、最大で等級に応じた割引率が適用されるため、年々保険料が安くなります。この制度を利用することで、長期的に見て保険料を大幅に節約できるため、ベンツオーナーは安全運転を心がけ、等級制度を最大限に活用することが推奨されます。

【コツ2】不要な特約を削除する

今すぐできるコツとして「不要な特約を削除する」

ベンツの車両保険で保険料を節約する方法の一つに、不要な特約を削除することがあります。

保険には多様な特約が用意されていますが、すべてが自分のライフスタイルや車の使用状況に合致するわけではありません。例えば、レンタカー特約やロードサービス特約は、必要性が低い場合があります。これらの特約を保険契約から外すことで、保険料を無駄なく抑えることができます。重要なのは、自分の実際のニーズを見極め、必要な補償だけを選択することです。このアプローチにより、ベンツの車両保険料を効率的に節約することが可能です。

【コツ3】複数の保険会社を比較する

そして最も簡単なコツが「複数の保険会社を比較する」

ベンツの車両保険料を低く抑えるためには、複数の保険会社の見積もりを比較することが有効です。

保険会社によって提供される補償内容や保険料が異なるため、自分のニーズに最も合った保険を選ぶことができます。例えば、ある保険会社では高額な保険料で広範な補償を提供しているかもしれませんが、別の保険会社では同等の補償をより低い保険料で提供している場合があります。複数の保険会社から見積もりを取り、補償内容と保険料を慎重に比較することで、コストパフォーマンスの高い保険を選択できます。この方法により、ベンツの車両保険で賢く節約することが可能です。

もし、あなたが、

  • 保険会社を比較するのが手間
  • 1社1社見積もり依頼するのは時間がかかって面倒くさい
  • 少しでも楽して、保険料が安い、自分に合った保険を選びたい!

上記のように感じているなら「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することをおすすめします。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\最短3分で最大20社から見積り!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

【Q&A】ベンツの車両保険に関するよくある質問

最後にベンツの車両保険に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ベンツの車両保険は月々いくらですか?

疑問に思う男性

「ベンツの車両保険は月々いくらですか?」

自動車保険の見積もりサイトによると、

  • Aクラス(型式:176042)38,001円~54,886円
  • Bクラス(型式:246242)38,720円~57,703円
  • Bクラス(型式:247012)47,376円~69,421円
  • Cクラス(形式:205040C)43,109円~64,336円

車両保険ありの保険料は上記の通りとなります。

一方、全国の自動車保険料の平均金額は、損害保険料率算出機構の「自動車保険の概況(2022年)」から算出すると、

  • (保険料合計)1,286,658,384千円 ÷ (契約台数)17,528,238台 = 73,405円

自家用乗用車(普通)の保険料が上記の通りとなります。

ですので、上記クラスのベンツだと、平均以下か同程度で自動車保険に入れる可能性があります。

【質問2】ベンツの車両保険でおすすめは何ですか?

疑問に思う男性

「ベンツの車両保険でおすすめは何ですか?」

メルセデスベンツは、公式でも「自動車保険プログラム」を用意しています。

主な引受保険会社は以下の通り。

  • 損保ジャパン(「THE クルマの保険」など)
  • 三井住友海上(「GK クルマの保険」など)
  • 東京海上日動(「トータルアシスト自動車保険」など)
  • あいおいニッセイ同和損保(「タフ・クルマの保険」など)

上記4つの保険会社のプランであれば、無償サービスがついており、

  • フロント、リア、サイドガラスの交換サービス
  • タイヤパンク修理、新品交換サービス

上記のサービスを受けることができます。

なので、掛け金はダイレクト型よりも割高になりますが、手厚い補償が受けられるため、おすすめだと言うことができます。

【質問3】車両保険に入っていないとどうなる?

疑問に思う男性

「車両保険に入っていないとどうなる?」

結論、車両保険に入っていなければ、修理費用などを自分で補填する必要が出てきます。

たとえば、ソニー損保によると、車両保険で補償されるケースは以下の通り。

  • 車同士の事故で、契約車両が損傷
  • 契約車両に落書きなどの被害
  • 盗難被害
  • 自損事故(一般型のみ)

上記のようなリスクは、可能性としては低いものの、万一の際に、自分の費用負担が軽減されるので、加入する人は多いです。

実際、損害保険料率算出機構の「自動車保険の概況(2022年)」で、任意自動車保険の車種別普及率を見てみると、

任意自動車保険の車種別普及率

  • 自家用普通乗用車:63.2%
  • 自家用小型乗用車:52.6%
  • 軽四輪乗用車:48.8%

上記結果の通り、普通自動車の加入率は6割以上と、車両別では一番高いことがわかります。

まとめ:ベンツは車両保険に入れないのかの結論と保険料を安く抑えるコツ

ベンツは車両保険に入れないのかの結論と保険料を安く抑えるコツをまとめてきました。

結論、ベンツは車両保険に入れます。
基本的に入れますが、ただし状況や条件によっては入れない場合もあります。

改めて、ベンツが車両保険に入れない理由をまとめると、

ベンツが車両保険に入れない理由

  • 料率クラス17のモデルだから
  • ベンツの最上級グレードだから
  • 新車登録から20年以上経過しているから

ベンツの車両保険に入るメリットはあります。

メリットはあるものの、保険の選び方で迷っている方や自動車保険の保険料を安くしたい方なら、「自動車保険の無料一括見積もり」を利用することをおすすめします。

一括見積もりを利用することで、複数の保険会社の中から、自分に合う保険を簡単に見つけることができます。

なかでも、無料一括見積もりの「インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能です。

平均節約額は36,682円!
一括見積もりした利用者の満足度も93.9%と高評価を得ています。

保険選びに、「手間」と「時間」と「お金」を費やしたくない方は、ぜひ試してみてください。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp