ハリアーの車検費用が20万超えは高すぎ?結論と車検代や維持費を安く抑える方法

「ハリアーの車検費用が20万は高すぎ?」

「車検代や維持費を安く抑えるおすすめの方法はない?」

ハリアーの車検で20万?

長年乗り続けた愛車とはいえ、20万も払うとなると躊躇しますよね。

車検で20万は平均的な金額なのか?
高額なら、費用を安く抑える方法は何かないのか?

本記事ではハリアーの車検費用が20万超えは高すぎかの結論と費用を安く抑える方法を詳しく解説していきます!

【結論】ハリアーの車検費用が20万超えは高すぎ?

ハリアーの車検費用が20万超えは高すぎなのかどうか?

結論からいうと、20万超えは高い金額だといえます。
ハリアーのような大型乗用車(1.5~2.0t以下)の場合、20万もあり得ますが、超えるとなると割高感は否めません。

実際、車種別での車検費用の例をみると、以下のようになります。

  • 軽自動車:約6万円~12万円
  • 普通自動車(~1t):約7万円~15万円
  • 普通自動車(1~1.5t):約9万円~17万円
  • 普通自動車(1.5~2.0t):約11万円~20万円

上記の金額はあくまで目安ではあるものの、「1.5~2.0t」の自動車の車検相場は、20万円がマックスの金額となっています。

一方で、業者別の車検相場をみてみると、

  • ディーラー:約6万円~20万円
  • 整備工場:約5万円~17万円
  • カー用品店:約4万円~13万円
  • 車検専門店:約5万円~14万円
  • ガソリンスタンド:約4万円~14万円
  • ユーザー車検:約3万円~6万円

業者では「ディーラー車検」が、最も高額になってしまいます。

したがって、ハリアーの車検費用が20万円である場合、ディーラー車検だと、十分にありえる金額であることがわかります。

※ 今すぐハリアーの車検費用を安く抑えるおすすめの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。今なら無料見積りを取るだけでも特典がもらえます。

車検費用の平均金額

参考までに、ハリアーの車検費用の平均金額は以下の通りとなります。

  • 法定費用 + 車検基本料 = 約6万円~18万円

上記の平均金額から、部品交換や修理費用が追加されるイメージです。

「法定費用」と「車検基本料」の細かい内訳については、後述します。

車検にかかる費用の内訳

ハリアーの車検にかかる費用の内訳は以下の通りです。

まず、ハリアーのような大型乗用車(1.5~2.0t以下)の法定費用は、

大型乗用車(1.5~2.0t以下)の法定費用

  • 重量税[エコカー以外](13年未満)32,800円、(13年以上)45,600円、(18年以上)50,400円
  • 自賠責保険(24ヶ月):(2023年4月1日以降)17,650円、(2021年4月1日以降)20,010円
  • 印紙代:1,800円

法定費用を合計すると、重量税+自賠責保険+印紙代=51,950~71,910円となります。

さらに、業者別の車検基本料を見てみると、

業者別の車検基本料

  • ディーラー:約4万円~10万円程度
  • 整備工場:約2万円~7万円程度
  • カー用品店:約1万円~3万円程度
  • 車検専門店:約2万円~3万円程度
  • ガソリンスタンド:約2万円~4万円程度
  • ユーザー車検:0円

以上の結果から、ハリアーの車検費用の平均金額は以下のようになります。

  • 法定費用 + 車検基本料 = 約6万円~18万円

法定費用と車検基本料を合計すると、基本的な車検費用となり、そこから部品交換や修理費用が追加されると考えておいた方がいいでしょう。

【車検費用の内訳算出根拠】
日本損害保険協会「保険料試算」
国交省「令和5年度税制改正に伴う自動車重量税の税額の基本的な考え方」

ハリアーの車検費用が20万を超える原因とは

ここまで、ハリアーの車検費用が20万超えは高いのかどうかをまとめてきました。

結論、車検費用で20万超えもあり得る金額。
なんですが、費用相場から考えると、20万は「高い」金額です。

ではなぜ、車検費用が20万を超えてしまうのか?

ここからは、ハリアーの車検費用が20万を超える原因とは何か?解説します。

【原因1】ディーラー車検を依頼したため

まず1つ目の原因が「ディーラー車検を依頼したため」

どのメーカーにも当てはまりますが、ディーラーに車検を依頼すると高くなります。

ではなぜ、ディーラー車検は高くなるのか?
主な理由として、ディーラー車検の目的が、点検項目をチェックするだけでなく、次の車検まで安全に走行できることを念頭に置かれているからです。

実際、トヨタ公式ページによると、ディーラー車検の特徴として、

  • トヨタ車を知り尽くしたプロのサービスエンジニアが対応
  • 車検ツールによるムダのない作業
  • 複数のスタッフによるチーム体制のサポート

上記の通りで、費用の一例を挙げると、「トヨタモビリティ東京」のハリアー(Lクラス)の車検料金は、

  • 法定費用:52,250円(自動車重量税32,800円+自賠責保険料17,650円+印紙代1,800円)
  • 基本料金:70,400円(定期点検料48,400円+完成検査料11,000円+代行手数料11,000円)

合計すると支払い総額は、122,650円となります。

上記支払い総額から、メンテナンス料金や修理・交換費用が追加されると、20万を超える可能性はあります。

以上のように、ディーラー車検を依頼すると、ハリアーの車検費用は高くなる原因になると言えます。

【原因2】純正パーツや部品の交換をしたため

次に2つ目の原因が「純正パーツや部品の交換をしたため」

ディーラー車検でなくても、純正パーツや部品の交換をした場合は、車検費用が高くなります。

特に、ハリアーのような高級クロスオーバーSUVの場合、使用されているパーツや部品は、高品質なものとなるので、交換すると高額になる可能性が高いです。

純正部品は、品質が保証されている分、値段は汎用品に比べれば割高になります。

ただ、純正部品で交換した方が料金は高いものの、リセールバリューは良くなるといったメリットもあります。

上記の観点から、純正部品に交換したいというニーズがあると考えられますが、金額面では負担が大きくなることを考慮に入れる必要があります。

以上のように、ハリアーの車検費用が高くなる原因としては、純正パーツや部品の交換による可能性もあると言えるでしょう。

【原因3】ハイブリッド・スマートiチェックを依頼したため

そして3つ目の原因が「ハイブリッド・スマートiチェックを依頼したため」

ハリアーには、ガソリン車とハイブリッド車の2種類のラインナップがあります。

もし、ハイブリッドユーザーなら、ハイブリッド専用の点検を行う必要があります。

それが「ハイブリッド・スマートiチェック」であり、ディーラーでしか受けられないサービスとなります。

具体的な点検項目として、以下のような項目をチェックします。

  • コンピュータシステム(異常がないか点検)
  • 昇圧制御(加速に影響する昇圧制御の点検)
  • ハイブリッドバッテリーの点検
  • 補器バッテリー充電状態の診断

ハイブリッド・スマートiチェックの具体的な料金は、記載されていない販売店が多いですが、岩手トヨタでは「2,200円(全クラス)」との表示がありました。

チェック自体の金額は高くないものの、ディーラー車検とセットで行った場合、20万円のなかに含まれる可能性が高いです。

以上のように、ハイブリッド・スマートiチェックも、ハリアーの車検費用が20万を超える原因になると考えられます。

ハリアーの車検20万から安く抑えるおすすめの方法

ここまで、ハリアーの車検に関する情報を詳しく解説してきました。

結論、車検費用が20万はあり得る金額でも、割高なのは確か。

疑問に思う男性

「ハリアーの車検費用が高くても、受け入れるしかない?他に安く抑える方法はない?」

ハリアーの車検を通る予定の方にとって、少しでも安く抑える方法を知りたいのが本音ですよね。

そこで!ここからは、ハリアーの車検20万から安く抑えるおすすめの方法をご紹介します!

【方法1】安い指定整備工場を選ぶ

まず検討したいのが「安い指定整備工場を選ぶ」

指定工場」とは、地方運輸局長の認証を受けた「認証工場」の中でも、自動車の検査の設備があり、検査員による点検や整備を認められた工場を指します。

こうした国の認証を受けた指定工場の中で、安く車検ができる工場を選ぶと、安心な上に費用を抑えることが可能です。

たとえば、関東にお住まいの場合、「ニコニコ車検」を利用すれば、国交省指定整備工場で安く車検が行えます。

ニコニコ車検の利点は、車検の基本料金が全車11,000円と安いのはもちろん、Web割も利用できて安く抑えられます。

さらに、車検後のアフターフォロー(特典)も付いています。

ニコニコ車検利用後のアフターフォロー(特典)

  • 2年間ガソリン代ずっと5円/L割引
  • 車検後2年間整備保証付き
  • 6ヶ月点検が無料
  • 18ヶ月点検が無料
  • オイル交換2年間1,100円
  • タイヤローテーションが無料

かなりお得ですね。

ですので、車検費用を安く抑えるなら、安い指定工場を選ぶのがおすすめです。

ニコニコ車検で無料見積を取ると、もれなく「1,000円割引」と「オイル交換無料」も付いてきます

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法2】複数の車検業者から見積りを取る

今すぐできて簡単な方法として「複数の車検業者から見積りを取る」

一社に絞らず、相見積りも費用を安くする方法として有効です。
なぜなら、複数の車検業者の中から、比較検討を行って一番安い業者を選べるから。

自分が納得した上で、車検業者を選べる点が、相見積り最大の利点だといえます。

実際、ニコニコ車検の見積りを利用すると、最高ランクの国交省指定整備工場の中から、一番安い業者を選ぶことができます。

さらに、ニコニコ車検から無料見積りを取ると、

無料見積で必ずもらえる特典

  • 支払い総額から「1,000円割引」
  • 車検実施時の「オイル交換が無料」

お得な特典も付いてきます。

年間16,771台近くの車検台数実績があるからこそ、見積りに関しても、他業者より選ばれている理由だといえます。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法3】自分で車検を行う(ユーザー車検)

そして「自分で車検を行う(ユーザー車検)」

ユーザー車検」とは、自分で運輸支局に車を持ち込んで車検を行うことを指します。

運輸支局が開庁している平日に車を持ち込める時間的余裕があり、なおかつ、車の点検・整備に関する専門的知識があれば、ユーザー車検で安く費用を抑えることが可能です。

実際、ユーザー車検にかかる費用は、検査手数料1,400円+法定法定費用(自賠責保険料+重量税+印紙代)のみとなります。

なので、35,000円~40,000円程度で車検を受けることができるので、業者で受けるよりも実質10,000円~30,000円ほど車検費用を抑えることができます。

以上のことから、ユーザー車検も、ハリアーの車検費用を安く抑える方法のひとつとなります。

ハリアーの車検費用が高すぎる時のベストな対処法

ここまで、ハリアーの車検費用に関する情報を解説してきました。

結論、ハリアーの車検で20万はあり得る金額。
なんですが、車検費用の相場から考えれば、20万は「高い」です。

高くなる原因も、依頼する業者だけでなく、年式の古さや車両の状態が費用を押し上げる要因になっています。

つまり、車検費用が高い時は買い替えを検討するベストなタイミングだということ

なぜなら、車検前に買い替えれば車検費用を払わずに済むから。
新しい車に乗り換えられるうえ、無駄な費用も払わなくて済むので、合理的な選択だといえます。

ここからは、ハリアーの車検費用が高すぎる時のベストな対処法をご紹介します。

【対処法1】車の買い替えなら「車買取」がおすすめ

まず、車の買い替えなら「車買取」がおすすめです。

なぜなら、高値で売却できる方法だから。

車の売却には、「下取り」か「買取」かの方法があります。
その中でも高値で売却できる方法が、中古車買取業者による車買取です。

実際、ハリアー(2021年式)を例に比較してみます。

車の売却比較 ディーラーでの下取り 中古車買取業者での車買取
ハリアー 238.3万円~282.2万円 262.4万円~320.7万円

※ 売却金額はユーカーパックの「ハリアーの買取相場・査定価格」から引用、2024年2月時点の情報

上記結果の通り、車買取の方が下取りより30万円以上高いのがわかります。

ですので、車検を受ける前に買取を依頼して、新しい車に乗り換えるのがベストな選択といえます。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【対処法2】維持費を抑えて新車に乗り換えるなら「カーリース」

もし、維持費を抑えて新車に乗り換えるなら「カーリース」も最良の選択です。

カーリースは、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

また、車検なしのプランもあり、車検の費用や面倒な手続きも考えることなく、カーライフを楽しめるメリットもあります。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスでトヨタユーザーにおすすめなのが「KINTO

KINTOは、月々コミコミ定額でトヨタ・レクサスの新車が乗れるお得なサービスです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、KINTOなら安心補償の自動車保険もコミコミで、特別な手続きも不要。
車両保険だけでなく、「弁護士費用特約」や「事故現場アシスト」など、契約率の高い人気の特約があらかじめセットになっています。

「維持費を最大限抑えて、身軽にトヨタ車を運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車にも乗ってみたい!」

このようにトヨタ車を購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

【Q&A】車検費用が20万のハリアーに関するよくある質問

最後に車検費用が20万のハリアーに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】トヨペットだとハリアーの車検費用はいくら?

疑問に思う男性

「トヨペットだとハリアーの車検費用はいくら?」

「大阪トヨペット」の車検料金表を参考にすると、ハリアーの車検費用は以下のようになります。

Aクラス1,701kg~(※ハリアーの一部ハイブリッドタイプが該当)

  • 基本料金:基本点検28,600円+代行手数料8,800円
  • 追加整備(最低4項目):15,070円~
  • 保安確認検査料:11,000円
  • 法定費用:54,410円

  • 最低車検総額=117,880円(経済コース)
Bクラス1,501~1,700kg(※ハリアーの一部ハイブリッドとガソリンタイプが該当)

  • 基本料金:基本点検23,100円+代行手数料8,800円
  • 追加整備(最低4項目):14,520円~
  • 保安確認検査料:11,000円
  • 法定費用:54,410円

  • 最低車検総額=111,830円(経済コース)

【質問2】ハリアー5年目の車検費用の平均はいくら?

疑問に思う男性

「ハリアー5年目の車検費用の平均はいくら?」

ハリアー5年目の車検費用について調べると、ディーラー車検で「125,000円」という情報がありました。

初回から13年目の車検全てをまとめると、業者によって、約8万円~17万円の料金幅になります。

また、5年目のディーラー車検で、「メンテナンスパックと補償プラン込み」にすると、20万円を提示された経験もあります。

以上の結果から、ハリアー5年目の車検費用の平均は、計算すると15万円程度になると考えられます。

【質問3】ディーラーでの車検だとハリアーの費用相場はいくら?

疑問に思う男性

「ディーラーでの車検だとハリアーの費用相場はいくら?」

ハリアーのディーラー車検の相場は、約6万円~20万円。
平均的な金額を考えると、12万円程度がディーラー車検の相場とみていいでしょう。

実際、「トヨタモビリティ東京」のハリアー(Lクラス)の車検料金は、122,650円です。

ですので、最低金額は12万円程度から、追加費用として、エンジン回りのメンテナンス料金や、部品の交換・修理費用等が加算される形になると考えられます。

まとめ:ハリアーの車検20万超えは高すぎかの結論と費用を抑える方法

ハリアーの車検20万超えは高すぎかの結論と費用を抑える方法をまとめてきました。

結論、車検費用で20万超えもあり得る金額。
なんですが、費用相場から考えると、20万は「高い」金額です。

改めて、ハリアーの車検費用が20万を超える原因をまとめると、

ハリアーの車検費用が20万を超える原因

  • ディーラー車検を依頼したため
  • 純正パーツや部品の交換をしたため
  • ハイブリッド・スマートiチェックを依頼したため

高くなる原因も、依頼する業者だけでなく、年式の古さや車両の状態が費用を押し上げる要因になっています。

つまり、車検費用が高い時は買い替えを検討するベストなタイミングだということ

なぜなら、車検前に買い替えれば車検費用を払わずに済むから。
新しい車に乗り換えられるうえ、無駄な費用も払わなくて済むので、合理的な選択だといえます。

では、どうやって買い替えるのが良いのか?
ハリアーの買い替えに最適な高値売却の方法はなにか。

結論からいうと、「車買取」です。
車の売却には「下取り」か「買取」かの方法があり、中古車買取業者による車買取が売却金額は高くなっています。

ですので、車検を受ける前に買取を依頼して、新しい車に乗り換えるのがベストな選択といえます。

では肝心の、どの買取業者に依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

もし、維持費を抑えて新車に乗り換えるなら「カーリース」という選択も賢明です。

カーリースは、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

また、車検なしのプランもあり、車検の費用や面倒な手続きも考えることなく、カーライフを楽しめるメリットもあります。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスでトヨタユーザーにおすすめなのが「KINTO

KINTOは、月々コミコミ定額でトヨタ・レクサスの新車が乗れるお得なサービスです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、KINTOなら安心補償の自動車保険もコミコミで、特別な手続きも不要。
車両保険だけでなく、「弁護士費用特約」や「事故現場アシスト」など、契約率の高い人気の特約があらかじめセットになっています。

「維持費を最大限抑えて、身軽にトヨタ車を運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車にも乗ってみたい!」

このようにトヨタ車を購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com