プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因は?車種別のリセット方法と対処法

「プリクラッシュセーフティ故障が表示されるのはなぜ?」

「リセット方法は?消えない場合、どう対処法すればいい?」

見慣れない点検サイン。
突然、インパネにメッセージが表示されると心配になりますよね。

ですが、プリクラッシュセーフティ故障が表示されるのには原因があります。

想定しうる原因は何なのか?
そして、原因に対する適切な対処法は何なのか?

本記事ではプリクラッシュセーフティ故障が表示される原因と対処法や修理代について詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因は一つとは限りません。

  • センサーの汚れや損傷
  • 電気系統の問題
  • ソフトウェアの不具合
  • システムの老朽化
  • 悪天候による影響

上記のような原因が多岐にわたるためです。

一つではないからこそ、原因を特定するのは難しい。
ですので、本件について不明な場合は、早急に整備士や専門家に診てもらうのが最適解となります。

ただ、症状によっては修理が高額になる場合もあります。
つまり、運転する車の状態や今後のメンテナンス等を考えると、「車の買い替え」を検討するのも一つです。

では、どの方法で車を売却するのが良いのか?
高値で売買して、新しい車に乗り換えるベストな選択は何か?

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

プリクラッシュセーフティとは何か?

プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因について触れる前に。
そもそもプリクラッシュセーフティとは何か?、ご存知ない方にシステムの目的と概要をまとめます。

プリクラッシュセーフティ(PCS)」とは、自動車が事故を未然に防ぐための先進的な安全技術の一つです。このシステムは、自動車が衝突の可能性を感知した場合に、自動的に対応を行うことで事故の回避または被害の軽減を図ります。

主に、レーダーやカメラなどのセンサーを用いて周囲の状況を監視し、他の車両や歩行者、障害物の存在を検知します。車両がこれらのセンサーからの情報を基に、衝突の危険が迫っていると判断すると、ドライバーに警告を発し、必要に応じて自動ブレーキを作動させることで衝突の回避や衝撃の軽減を試みます。

プリクラッシュセーフティは、特に緊急時の反応速度が人間よりも速く、事故発生のリスクを大幅に低減させることが可能です。また、ドライバーが反応できない状況や注意散漫時にも効果を発揮し、安全運転をサポートします。近年では、多くの新型車に標準装備されるなど、自動車安全技術の重要な要素となっています。

ただし、このシステムはあくまで補助的な機能であり、最終的な安全運転の責任はドライバーにあります。そのため、プリクラッシュセーフティに過度に依存せず、常に注意深い運転を心がけることが重要です。

今すぐ、プリクラッシュセーフティ故障が表示された際の対処法を確認したい方は、こちらをご覧ください。

プリクラッシュセーフティ故障が表示される5つの原因

なぜ、プリクラッシュセーフティ故障が表示されるのか?

突然インパネに点検が表示されると焦りますよね。

ここから早速、想定しうるプリクラッシュセーフティ故障が表示される5つの原因について解説します。

【原因1】センサーの汚れや損傷

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出る主な原因の一つは、センサーの汚れや損傷です。

このシステムは、カメラやレーダーなどのセンサーに依存して周囲の状況を検知し、衝突回避に寄与します。センサーが汚れたり、物理的な損傷を受けたりすると、正確なデータの取得が困難になり、システムの性能が低下します。例えば、泥や雪、氷による汚れ、小石の衝突による傷がセンサーに生じた場合、これらは正確な情報の取得を阻害し、故障と判断されることがあります。定期的な清掃や点検を行うことで、センサーの機能を保持し、プリクラッシュセーフティシステムの正確な動作を確保することが重要です。

【原因2】電気系統の問題

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出る原因の一つに、電気系統の問題があります。

このシステムは車両の電気系統に深く結びついており、配線の不具合や電子制御ユニット(ECU)の故障が原因で正常に機能しなくなることがあります。例えば、配線の経年劣化や損傷により、センサーやECUへの電力供給が不安定になったり、断線したりすることがあります。これにより、センサーからのデータが正確にECUに伝達されず、故障警告が表示されることがあります。また、ECU自体の故障やソフトウェアの不具合も、システムの誤作動を引き起こす原因となります。したがって、電気系統の定期的な点検とメンテナンスが、プリクラッシュセーフティシステムの正確な機能維持には不可欠です。

【原因3】ソフトウェアの不具合

プリクラッシュセーフティシステムにおけるソフトウェアの不具合は、故障表示の一因となります。

このシステムは複雑なソフトウェアによって制御されており、プログラミングの誤りやアップデートの際の不具合が、誤動作や故障警告の表示を引き起こす可能性があります。具体的には、新しいソフトウェアバージョンへのアップデート後にシステムが正しく機能しなくなるケースや、特定の条件下でのプログラムの予期せぬ挙動が故障警告を引き起こすことがあります。このような状況では、ディーラーや専門の整備工場でのソフトウェアの診断とアップデートが必要となります。ソフトウェアの最新状態を保つことで、プリクラッシュセーフティシステムの機能を適切に維持し、安全な運転を支援することができます。

【原因4】システムの老朽化

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出る原因として、システムの老朽化が挙げられます。

時間の経過と共に、センサーや電子制御ユニット(ECU)、配線などのシステム構成要素が劣化することがあり、これが故障の要因になります。例えば、センサーの感度低下、ECUの処理速度の遅れ、配線の断線や腐食などは、システムの正確な機能を損なうことにつながります。特に、センサーの感度が低下した場合、周囲の車両や障害物を正確に検知できなくなり、誤った情報がECUに送信されることにより、故障警告が表示されることがあります。このため、定期的な点検と必要に応じた部品の交換は、システムの効果的な機能維持には不可欠です。

【原因5】悪天候による影響

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出る原因の一つに、悪天候による影響があります。

雨、霧、雪などの悪天候は、車両のセンサー機能に大きく影響を及ぼすことがあります。具体的には、激しい雨や濃霧がセンサーの視界を妨げ、周囲の車両や障害物を正確に検知できなくなる場合があります。また、センサーに雪や氷が付着することで、正確な情報の取得が困難になり、故障警告が表示されることがあります。実際、トヨタもPCSが有効に作動しない場合として、悪天候の状況を指摘しています。

これらの状況では、センサーが正常に機能していても、外部環境によりシステムの性能が一時的に低下するため、故障と誤認されることがあります。したがって、悪天候下ではプリクラッシュセーフティシステムの機能が制限されることを理解し、運転には十分注意が必要です。

今すぐ、プリクラッシュセーフティ故障が表示された際の対処法を確認したい方は、こちらをご覧ください。

車種別でのプリクラッシュセーフティ故障の原因とリセット方法

ここまで、プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因について触れてきました。

では車種別での想定しうる原因は何か?
また、インパネに表示された際のリセット方法はどうすればいいのか?

車種別でのプリクラッシュセーフティ故障の原因とリセット方法もまとめます。

プリウスの場合

トヨタ・プリウスにおけるプリクラッシュセーフティシステムの故障原因は多岐にわたりますが、特にセンサーの汚れや損傷、電気系統の問題が挙げられます。例えば、フロントグリルに設置されたレーダーセンサーが汚れや損傷を受けると、システムが正しく周囲の状況を検知できなくなります。また、電気系統の不具合、例えば配線の断線やECUの故障も、故障の原因となり得ます。

プリウスでプリクラッシュセーフティシステムの故障警告が表示された場合のリセット方法には、車両の再起動が基本的な手順となります。具体的には、エンジンを一度完全に停止させ、数分待機した後に再度エンジンを起動します。このシンプルなリセット方法で故障警告が解消される場合もありますが、表示が消えない場合や再発する場合は、専門の整備工場での診断と修理が必要です。定期的なセンサーの点検と清掃、電気系統のメンテナンスが、プリウスにおけるプリクラッシュセーフティシステムの正常な機能を維持する上で重要です。

C-HRの場合

トヨタ・C-HRにおけるプリクラッシュセーフティシステムの故障原因は、センサーの障害やソフトウェアの不具合などが考えられます。センサー部分に、汚れや氷、積雪が付着することで、正確な情報の取得が困難になり、システムの故障警告が表示されることがあります。また、ソフトウェアの不具合、例えばアップデート後の互換性の問題やプログラミングエラーも、故障の原因となり得ます。

C-HRでプリクラッシュセーフティシステムの故障警告が表示された場合のリセット方法には、車両の電源を完全にオフにし、数分間待機後に再起動する方法があります。このプロセスは、システムをリフレッシュし、一時的なエラーをクリアするのに効果的です。しかし、リセット後も故障警告が続く場合、または頻繁に同じ問題が発生する場合は、正確な診断と対処のために専門のディーラーまたは整備工場に相談することが重要です。定期的なセンサーの点検とソフトウェアの更新は、C-HRのプリクラッシュセーフティシステムを適切に機能させるために不可欠です。

今すぐ、プリクラッシュセーフティ故障の修理に必要な症状別の修理費用を確認したい方は、こちらをご覧ください。

ハイエースの場合

トヨタ・ハイエースにおけるプリクラッシュセーフティシステムの故障原因は、主にセンサーの問題や電気系統の不具合に関連しています。商用車としての多用途性を持つハイエースは、異なる環境下で使用されることが多く、センサーが汚れや損傷を受けやすいです。例えば、建設現場の粉塵や道路の泥がセンサーに付着し、正確な情報の取得が困難になることがあります。また、頻繁な使用による電気系統の摩耗や老朽化も、システムの故障を引き起こす原因となり得ます。

ハイエースでプリクラッシュセーフティシステムの故障警告が表示された際のリセット方法としては、エンジンを完全に停止させ、数分間待機した後に再起動することが一般的です。この手順は、システムの一時的な不具合をリセットするのに有効です。しかし、故障警告が消えない場合や再発する場合は、専門の整備工場での診断が必要です。特に、ハイエースのように商用で広範囲に使用される車両では、センサーの定期的な清掃と電気系統のメンテナンスが、システムの適切な機能維持には欠かせません。

アルファードの場合

トヨタ・アルファードにおけるプリクラッシュセーフティシステムの故障原因は、センサーの障害や電子系統の不具合が主です。ラグジュアリーミニバンであるアルファードは、都市部や長距離走行で使用されることが多く、センサーの汚れや損傷が原因で故障警告が表示されることがあります。例えば、都市部の汚染物質や長距離走行中の虫の付着などがセンサーの機能を阻害し、正確な情報の取得が困難になります。また、複雑な電子系統における配線の老朽化やECUの不具合も、故障の原因になり得ます。

アルファードでプリクラッシュセーフティシステムの故障警告が表示された場合のリセット方法としては、エンジンを完全に停止させ、数分間待機した後に再起動することが推奨されます。この単純なリセット手順は、システムの一時的な不具合を解消するのに役立ちます。しかし、故障警告が続く場合や頻繁に再発する場合は、専門の整備工場での診断が必要です。アルファードのような高級車両では、定期的なセンサーの清掃と電子系統のメンテナンスが、システムの正常な機能を維持する上で重要です。

ランドクルーザープラドの場合

トヨタ・ランドクルーザープラドにおけるプリクラッシュセーフティシステムの故障原因として、主にセンサーの問題や電気系統の障害が考えられます。オフロード走行などの厳しい環境での使用が多いランドクルーザープラドでは、泥や砂、水しぶきなどによりセンサーが汚れや損傷を受けやすいです。これにより、周囲の車両や障害物を正確に検知できなくなり、故障警告が表示されることがあります。また、複雑な電気系統における配線の損傷や接続不良も、システムの故障原因となることがあります。

ランドクルーザープラドでプリクラッシュセーフティシステムの故障警告が表示された際のリセット方法には、エンジンを一度完全に停止させ、数分待機した後に再起動する手順があります。この単純なリセット方法は、一時的なシステムの不具合を解消することがあります。しかし、故障警告が続く場合や頻繁に表示される場合は、専門の整備工場での診断と修理が必要です。特に、オフロード使用による影響を受けやすいランドクルーザープラドにおいては、定期的なセンサーの点検と清掃、電気系統のメンテナンスが重要です。

今すぐ、プリクラッシュセーフティ故障の修理に必要な症状別の修理費用を確認したい方は、こちらをご覧ください。

プリクラッシュセーフティ故障の表示を放置したらどうなる?

ここまで、プリクラッシュセーフティに関する情報をまとめてきました。

いずれにしても、表示されたら早急に対処は必要です。
ただ、プリクラッシュセーフティ故障の表示を放置したらどうなるのか?

起こりうる問題として、以下のような事象が想定されます。

プリクラッシュセーフティ故障の表示を放置した場合の起こりうる問題

  • 安全機能の低下: プリクラッシュセーフティシステムが正常に機能しなくなり、事故の未然防止や衝撃軽減の効果が得られなくなる可能性があります。
  • 事故リスクの増加: 故障したシステムは衝突回避や緊急ブレーキの効果を提供できなくなるため、事故のリスクが高まります。
  • 修理費用の増加: 故障を放置することで、最終的にはより高額な修理費用が発生する可能性があります。

したがって、プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出た場合は、早急に専門の整備士に診断と修理を依頼することが重要です。安全運転には、車両の安全機能が正常に働いていることが不可欠です。

「プリクラッシュセーフティ故障 販売店で点検してください」時の対処法

ここから、「プリクラッシュセーフティ故障 販売店で点検してください」時の対処法をご紹介します!

【対処法1】車両の再起動

まず実践したいのが「車両の再起動」

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出た際、最初の対処法として車両の再起動が効果的です。これは、システムに一時的なエラーが発生した場合、エンジンを停止してシステムをリセットすることで、エラーがクリアされる可能性があるからです。具体的には、エンジンを完全にオフにし、数分間待機した後、再びエンジンを起動します。このシンプルなプロセスは、プリクラッシュセーフティシステムのソフトウェアや電子系統に一時的な不具合があった場合に、故障表示を解消することが期待できます。

【対処法2】センサーの清掃と配線の確認

次に取り組みたいのが「センサーの清掃と配線の確認」

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示に対する対処法として、センサーの清掃と配線の確認が重要です。汚れや損傷がセンサーの機能に影響を与え、誤った故障表示を引き起こすことがあります。センサーは通常、車両のフロント部分にあり、清掃は柔らかい布で優しく拭き取ることで行えます。また、配線の問題も故障の原因となるため、配線の緩みや断線がないかを確認します。特に、センサーと電子制御ユニット(ECU)を結ぶ配線に注意が必要です。

【対処法3】ディーラーまたは整備工場への相談

自己解決が難しい場合は「ディーラーまたは整備工場への相談」

プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が解消されない場合、ディーラーまたは専門の整備工場に相談することが最善の対処法です。自己解決が難しい技術的な問題や、再起動やセンサーの清掃、配線の確認を行っても故障表示が消えない場合、専門家による詳細な診断が必要です。ディーラーや整備工場では、専門的な診断機器を用いてシステム全体をチェックし、故障の原因を特定します。さらに、必要に応じて修理や部品の交換、ソフトウェアのアップデートを行い、システムを正常な状態に戻します。プリクラッシュセーフティシステムは車両の安全運転に重要な役割を果たすため、専門家による適切な対処が不可欠です。

プリクラッシュセーフティ故障の修理に必要な症状別の修理費用

対処法はわかっても、どれくらいの費用がかかるのか?
気になる、プリクラッシュセーフティ故障の修理に必要な症状別の修理費用についてです。

結論、プリクラッシュセーフティシステムの故障に関する修理費用は、故障の種類や車種、部品の価格、作業の複雑さによって異なります。

一般的なケースとして、以下の通り症状別の修理費用(目安)を示します。

修理箇所 症状と修理費用(目安)
センサーの清掃または調整 比較的簡単な作業で、費用は数千円程度から可能です。
センサーの交換 センサー自体が故障している場合、新しいセンサーの価格と交換作業費用が必要です。一般的には数万円から数十万円の範囲で変動します。
配線の修理または交換 配線に問題がある場合、修理や交換には数千円から数万円程度が見込まれます。
電子制御ユニット(ECU)の交換 ECUが故障している場合は、部品の価格が高いため、修理費用は数十万円に上ることがあります。
ソフトウェアのアップデート ソフトウェア関連の問題であれば、アップデート作業費用のみで数千円から数万円程度です。

これらはあくまで一般的な目安であり、車種や故障の具体的な状況により費用は異なるため、正確な見積もりを得るためには車両を専門のディーラーや整備工場に持ち込む必要があります。また、保証期間内の場合、修理費用がカバーされる可能性もあるため、保証書の確認も忘れずに行ってください。

車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」

プリクラッシュセーフティの故障は、ドライバーの命にもかかわります。

  • 思った以上に修理代が高額だった
  • 車の状態が悪くて修理も増えてきた
  • 走行距離は10万キロに近づいている
  • 今所有している車の新型車が発売された

今の車が上記のような状況であれば、「車の買い替え」を検討するのも賢明です。

なぜなら、買い替えた方がお得に済む場合が多いから。
リスクを抱えた車に乗り続けるよりも、新調したほうが将来的にも安心です。

そして、車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

中古車選びなら無料探しサービスの「ズバブーン」

そして、中古車選びなら無料探しサービスの「ズバブーン」の利用が最もおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

維持費を抑えて賢く乗るなら「カーリース」

もし、維持費を抑えて賢く乗るなら「カーリース」の利用を検討するのもおすすめです。

カーリースは、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

そんなカーリースの中でも、特におすすめは、商社最大手の双日グループが運営するcool mint

✅cool mintの特徴と利用するメリット

  • 頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検など一切不要!
  • 業界最安値宣言!購入するよりもお得な超高残価設定!
  • 契約期間を決めずにすぐに乗れて、いつでもやめられるプランあり

まずは3年間、お試しで運転してみるのもあり。
購入後の後悔や悩みを回避して、カーライフを楽しめるメリットもあります。

車の購入ではなくカーリースを利用して、気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月々1万円から新車に乗れる!/
『cool mint』まずは気になる車種を問い合わせる
【公式サイト:https://mintsubsc.com

【Q&A】プリクラッシュセーフティ故障の原因に関するよくある質問

最後にプリクラッシュセーフティ故障の原因に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】プリクラッシュセーフティ故障はリコールの対象?

疑問に思う男性

「プリクラッシュセーフティ故障はリコールの対象?」

結論、プリクラッシュセーフティ故障がリコールの対象になるかは、故障の原因とその普遍性に依存します。

一般的に、製造過程での欠陥や設計上の問題が広範囲の車両に影響を及ぼし、安全性に重大なリスクをもたらす場合、リコールの対象となり得ます。例えば、特定の車種でプリクラッシュセーフティシステムに関連する部品に同じ欠陥が発見され、その結果として多数の故障報告があった場合、メーカーはリコールを実施することがあります。実際、過去にプリウスが衝突回避支援システム(プリクラッシュセーフティシステム)の不具合でリコール対象になったことが消費者庁より公表されています。

しかし、個々の車両の使用状況やメンテナンス不足に起因する故障は、リコールの対象外です。故障が発生した場合は、まず正式なリコール情報をメーカーのウェブサイトやディーラーから確認することが重要です。

【質問2】プリクラッシュセーフティ故障でエンジン掛からない場合もある?

疑問に思う男性

「プリクラッシュセーフティ故障でエンジン掛からない場合もある?」

結論、プリクラッシュセーフティシステムの故障が原因でエンジンが掛からなくなることは一般的ではありません。

プリクラッシュセーフティシステムは、主に車両の安全機能に関わる部分であり、エンジンの始動機能とは直接的な関連は少ないです。しかし、車両の電子制御システムに広範囲にわたる問題がある場合、エンジンの始動に影響を及ぼす可能性は否定できません。例えば、車両の電子制御ユニット(ECU)に深刻な不具合がある場合、それがエンジンの始動問題を引き起こすことがあります。ただし、プリクラッシュセーフティシステムの故障表示が出ていても、それがエンジン始動の直接的な原因であるとは限りません。エンジンが掛からない場合は、その他の原因も考慮して専門の整備士に診断を依頼することが重要です。

【質問3】プリクラッシュセーフティがオフになっていると点灯するのはなぜ?

疑問に思う男性

「プリクラッシュセーフティがオフになっていると点灯するのはなぜ?」

プリクラッシュセーフティシステムがオフになっている状態で故障表示が点灯する主な理由は、システムに何らかの問題が発生していることを示しています。

このシステムは車両の安全機能の一部であり、正常に動作していない場合、ドライバーに警告を発するために故障表示が点灯します。例えば、センサーの汚れや故障、電子制御ユニットの不具合などが原因で、システムが正しく機能しない状態が検出された場合にこのような警告が表示されます。プリクラッシュセーフティがオフに設定されていても、システム自体に問題があると判断されると、故障表示が点灯することはあります。この表示が点灯した場合、車両を専門の整備士に点検してもらうことが重要です。

まとめ:プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因とリセット方法

プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因とリセット方法をまとめてきました。

改めて、プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因をまとめると、

プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因

  • センサーの汚れや損傷
  • 電気系統の問題
  • ソフトウェアの不具合
  • システムの老朽化
  • 悪天候による影響

結論、プリクラッシュセーフティ故障が表示される原因は一つとは限りません。

なぜなら、上記のような原因が多岐にわたり起こるからです。

一つではないからこそ、原因を特定するのは難しい。
ですので、本件について不明な場合は、早急に整備士や専門家に診てもらうのが最適解となります。

ただ、症状によっては修理が高額になる場合もあります。
つまり、運転する車の状態や今後のメンテナンス等を考えると、「車の買い替え」を検討するのも一つです。

では、どの方法で車を売却するのが良いのか?
高値で売買して、新しい車に乗り換えるベストな選択は何か?

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめ。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp