アクセル踏んでも加速しない!車がガタガタする場合に想定される5つの原因とは?

「アクセル踏んでも加速しない!なぜ?」

「車がガタガタして加速しないけど、原因は何?」

普段と変わらずエンジンかけたのに、アクセル踏んでも加速しない。
突然のトラブルに、頭が真っ白になる人も少なくないでしょう。

ですが、アクセル踏んでも車が加速しないのには原因があります。

想定しうる原因は何なのか?
そして、原因に対する適切な対処法は何なのか?

本記事では車がガタガタして加速しない時の原因と対処法を詳しく解説していきます!

【車の高価買取を強化中!】

車の買い取りはどこがいいのか、迷ってはいませんか?

「できれば高値で買い取ってもらいたい」

この本音に応えてくれるサービスがあります!
それが、現在CMでも話題の高価買取を強化する車買取専門「カーネクスト

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

車がガタガタして加速しない時に想定される5つの原因

「アクセル踏んでも加速しない。」

「加速しないし、車がガタガタする。」

突然、車の不良に見舞われると困りますよね。

なぜ、アクセル踏んでも加速しないのか?
車が加速しない、ガタガタするのには、必ず原因があります。

ここでは、車がガタガタして加速しない時に想定される5つの原因を深堀解説していきます。

【原因1】点火システムの問題

点火システムの不具合は、エンジンのパフォーマンス低下の主要な原因です。

スパークプラグの寿命は通常、約30,000~40,000キロメートルで、この範囲を超えると不完全燃焼やミスファイアを引き起こすことがあります。例えば、スパークプラグの電極に汚れや摩耗が蓄積されると、適切な火花を生成できなくなり、エンジンのガタつきや加速不良が発生します。イグニッションコイルも同様に、劣化するとエンジンの性能に直接影響を及ぼします。そのため、点火システムの定期的なチェックとメンテナンスは、エンジンの効率的な運転に不可欠です。ですが、この情報は一般的なガイドラインであり、具体的な数値データに基づく公式な情報源からの直接の引用は提供できません。

「点火システムの問題」で影響を与える車の部品は、以下の通りとなります。

「点火システムの問題」で影響を与える車の部品

  • スパークプラグ:エンジンの燃焼室で燃料を点火するための重要な部品。
  • イグニッションコイル:電圧を高めてスパークプラグに送る役割を果たす。
  • ディストリビューター:エンジンの各気筒に適切なタイミングで火花を送る装置。
  • 点火モジュール:イグニッションシステムの電気信号を制御する。
  • ワイヤーハーネス:点火関連の電気部品を結ぶ配線。
  • キャパシタ:電気的ノイズを減らし、点火システムの安定性を高める。
  • クランクシャフトポジションセンサー:エンジンの回転数や位置を検出し、点火タイミングを調整する。

これらの部品のいずれかが不良だと、エンジンの性能に影響を与え、ガタガタ音や加速不良の原因となることがあります。

【原因2】燃料供給の問題

燃料供給の問題は車の加速不良の一因です。

燃料ポンプやフィルターの不良が主な要因で、これによりエンジンへの燃料供給が不十分になります。例えば、燃料フィルターが詰まると、燃料の流れが阻害され、エンジンが必要とする燃料量が供給されなくなります。また、燃料ポンプの故障は、燃料圧力の低下を引き起こし、エンジンのパフォーマンスが低下します。燃料ポンプの寿命は一般的に約10万キロメートルとされていますが、使用条件によって異なる場合があります。定期的な燃料システムの点検とメンテナンスは、車の安定した性能を保つために重要です。

そして、「燃料供給の問題」で影響を与える車の部品は、以下の通りとなります。

「燃料供給の問題」で影響を与える車の部品

  • 燃料ポンプ:燃料タンクからエンジンへ燃料を送る主要な部品。
  • 燃料フィルター:燃料の不純物を除去し、エンジンへの清潔な燃料を供給する。
  • 燃料インジェクター:適切な量の燃料をエンジンの燃焼室に噴射する。
  • 燃料圧力レギュレータ:燃料ライン内の圧力を調整し、適切な燃料を供給する。
  • 燃料ライン:燃料タンクとエンジンの間で燃料を運ぶ配管。
  • 燃料タンク:車両に燃料を貯蔵する容器。

これらの部品のどれかが故障すると、燃料供給に問題が生じ、車の加速に影響を及ぼす可能性があります。

【原因3】排気系統の問題

排気系統の問題は、車の加速不良の一因です。

特に、触媒コンバーターの詰まりや損傷が主要な原因となります。触媒コンバーターは排気ガスの有害物質を減らす役割を果たすが、内部が詰まると排気ガスの流れが阻害され、エンジン性能が低下します。例えば、触媒コンバーターが詰まると、排気圧力が上昇し、エンジンの呼吸が困難になることがあります。これは加速時のパワーロスやガタガタ音の原因になり得ます。触媒コンバーターの寿命は一般的に約10万キロメートルとされていますが、使用状況により異なります。排気系統の定期的な点検は、車の性能維持に不可欠です。

そして、「排気系統の問題」で影響を与える車の部品は、以下の通りとなります。

「排気系統の問題」で影響を与える車の部品

  • 触媒コンバーター:排気ガス中の有害物質を減らすための重要な部品。
  • 排気マニホールド:エンジンから排気ガスを集めて排気システムに送る部品。
  • マフラー:排気音を減らし、排気ガスを適切に放出する。
  • O2センサー(酸素センサー):排気ガス中の酸素の量を測定し、燃料混合比を調整する。
  • 排気パイプ:エンジンから排気ガスを車外へ導く管。
  • EGRバルブ(排気ガス再循環バルブ):排気ガスの一部を再びエンジンに戻すことでNOx排出量を減らす。

これらの部品に問題が発生すると、エンジンのパフォーマンスに影響を及ぼし、加速不良や異音などの症状が現れる可能性があります。

【原因4】エアフィルターの詰まり

エアフィルターの詰まりは車の加速不良を引き起こす原因の一つです。

エアフィルターはエンジンへの空気の流れを清浄に保つ役割を担います。詰まったエアフィルターは空気の流入量を制限し、燃焼効率を低下させます。たとえば、エアフィルターが極端に汚れている場合、エンジンは必要な量の空気を吸入できず、特に加速時にパワーロスが発生します。エアフィルターは一般的に約15,000~30,000キロメートルごとに交換が推奨されていますが、使用環境により交換時期は異なります。適切なエアフィルターのメンテナンスは、エンジン性能を最適に保つために重要です。

そして、「エアフィルターの詰まり」で影響を与える車の部品は、以下の通りとなります。

「エアフィルターの詰まり」で影響を与える車の部品

  • エアフィルター自体:エンジンへの空気の流入を清浄に保つ主要な部品。
  • スロットルボディ:エンジンに供給される空気の量を制御する。
  • マスエアフローセンサー:エンジンに流入する空気の量を測定し、燃料噴射量を調整する。
  • インテークマニホールド:エアフィルターからの空気をエンジンの各気筒に分配する。
  • エアインテークホース:外部からの空気をエアフィルターに導くチューブ。

エアフィルターが詰まると、これらの部品の機能にも影響が出る可能性があり、結果としてエンジンのパフォーマンスが低下し、加速時の不具合などが発生することがあります。

【原因5】トランスミッションの問題

トランスミッションの問題は車の加速不良の原因となることがあります。

特にオートマチックトランスミッションの場合、内部の摩耗やトランスミッションフルードの劣化が主な要因です。トランスミッションフルードは潤滑や冷却を担い、一般に約60,000キロメートルごとに交換することが推奨されています。例えば、フルードが汚れていたり量が不足していたりすると、ギアの変更がスムーズに行われず、加速時に車がガタガタする原因になります。定期的なトランスミッションフルードの点検と交換は、車のトランスミッションを健全に保つために重要です。

そして、「トランスミッションの問題」で影響を与える車の部品は、以下の通りとなります。

「トランスミッションの問題」で影響を与える車の部品

  • トランスミッションフルード:潤滑や冷却に必要な液体。
  • トルクコンバーター:エンジンのパワーをトランスミッションに伝達する。
  • ギアセット:異なる速度比を提供するための一連の歯車。
  • シフトソレノイド:ギア変更を制御する電子部品。
  • トランスミッションコントロールモジュール(TCM):トランスミッションの動作を制御するコンピューター。
  • クラッチパック:オートマチックトランスミッション内でギア変更を可能にする部品。

これらの部品のどれかが故障すると、車のトランスミッション性能に影響を及ぼし、加速時の不具合やガタガタ音などの症状が現れる可能性があります。

アクセル踏んでも車が加速しない場合に取りたい対処法

ここまで、車がガタガタして加速しない時に想定される原因を詳しく解説してきました。

では具体的に、トラブルが起きた時、どう対処すればいいのか?
アクセル踏んでも加速しない!車がガタガタして加速しない!状況に陥ったら困りますよね。

ここでは、アクセル踏んでも車が加速しない場合に取りたい対処法を詳しく解説していきます!

【対処法1】専門のメカニックに点検・診断を依頼する

まずは「専門のメカニックに点検・診断を依頼する」

アクセルを踏んでも車が加速しないしガタガタする場合、専門のメカニックに点検・診断を依頼することが最も重要です。専門家による診断は、車の複雑なシステムを正確に評価し、問題の根本原因を特定するために不可欠です。例えば、メカニックは診断機器を使用してエンジンコードを読み取り、点火システムや燃料供給システムの不具合を特定することができます。また、経験豊富なメカニックは、見た目では分かりにくい小さな問題点も発見できます。そのため、問題解決のためには、専門知識を持つメカニックによる適切な診断と修理が不可欠です。

【対処法2】スパークプラグの状態を確認し適切に交換する

セルフで行う場合は「スパークプラグの状態を確認し適切に交換する」

アクセルを踏んでも車が加速しないしガタガタする際には、スパークプラグの状態を確認し、必要に応じて適切に交換することが効果的です。スパークプラグはエンジンの燃焼プロセスにおいて重要な役割を果たし、劣化や損傷はエンジン性能の低下を引き起こします。例えば、スパークプラグが汚れていたり、電極の隙間が不適切だったりすると、不完全燃焼やミスファイアが発生し、エンジンの振動や加速不足の原因となります。そのため、定期的な点検と、状態に応じたスパークプラグの交換は、車の性能を最適な状態に保つために重要です。

【対処法3】燃料システムをチェックし適切に修理する

さらに「燃料システムをチェックし適切に修理する」

アクセルを踏んでも車が加速しないしガタガタする場合には、燃料システムのチェックと適切な修理が必要です。燃料システムの問題は、エンジンへの燃料供給不足や不均一な燃料流れが原因で発生します。例えば、燃料フィルターが詰まっていると、燃料の流れが制限され、エンジンに必要な燃料が十分に供給されなくなります。また、燃料ポンプの故障も燃料の供給不足を引き起こす一因です。したがって、燃料フィルターの交換や燃料ポンプの点検・修理は、エンジンの正常な機能を保つために重要です。適切な燃料システムのメンテナンスは、車のパフォーマンスを向上させるために不可欠です。

車が加速しない場合は修理と買い替えならどちらが最適?

ここまで、車の加速不良とその対処法について解説してきました。

では、車が加速しない場合は修理と買い替えならどちらが最適なのかどうか?

結論からういうと、一般的には「修理」が推奨されます。
なぜなら、多くの加速不良の原因が比較的簡単な修理で解決可能だからです。

例えば、スパークプラグの交換や燃料フィルターのクリーニングなどは、コストが低く、車の性能を大幅に改善します。しかし、エンジンやトランスミッションのような主要部品の故障が原因である場合、修理費用が車の価値を上回る可能性があり、その際は買い替えを検討することが賢明です。

最終的な判断は、修理費用と車の現在の価値、そして個人の経済的かつ予算的な状況で決めるのが良いでしょう。

修理箇所別の修理費用(概算)

具体的に、修理にはどれくらいの費用がかかるのか?
修理箇所別の修理費用(概算)をまとめると、以下のようになります。

修理箇所 修理費用と概要
スパークプラグ 交換費用は通常、プラグ一本あたり約500円から2,000円程度。4気筒エンジンであれば合計2,000円から8,000円程度が目安。
イグニッションコイル 1つあたりの交換費用は約3,000円から10,000円。エンジンの気筒数によって必要な数が異なるため、全体の費用は気筒数に応じて増加します。
燃料ポンプ 交換費用は約10,000円から30,000円。車種によってはもっと高額になる可能性があります。
触媒コンバーター 交換には大きなコストがかかる場合があり、約50,000円から200,000円以上が一般的です。特に高性能車や大排気量車ではさらに高額になることがあります。
エアフィルター 交換費用は比較的低く、約1,000円から3,000円程度が目安です。
トランスミッションフルード 交換費用は約5,000円から15,000円程度。しかし、車種によっては特別なフルードが必要で、その場合はさらに高額になる可能性があります。

これらの費用はあくまで目安であり、実際の修理費用は様々な要因によって変動します。

また、労働費や税金が含まれていない場合もあるため、最終的な見積もりは修理工場で直接確認することをおすすめします。

買い替えを検討するなら「カーネクスト」

車の加速不良は、車の異常を知らせるサインです。

  • 思った以上に修理代が高額だった
  • 車の状態が悪くて修理も増えてきた
  • 走行距離は10万キロに近づいている
  • 今所有している車の新型車が発売された

今の車が上記のような状況であれば、「車の買い替え」を検討するのも賢明です。

なぜなら、買い替えた方がお得に済む場合が多いから。
リスクを抱えた車に乗り続けるよりも、新調したほうが将来的にも安心です。

そして、車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

中古車選びなら無料探しサービスの「ズバブーン」

もし、中古車選びなら無料探しサービスの「ズバブーン」の利用が最もおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

ズバブーンを利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 充実した保証や返品サービスの付いたお得な中古車を選べる!

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

アクセル踏んでも加速しない!と慌てる前に日頃からの対策

ここでは、アクセル踏んでも加速しない!と慌てる前に日頃からの対策をご紹介します!

【対策1】定期的に車をメンテナンスする

最も基本であり重要なのが「定期的に車をメンテナンスする」

車が加速しないトラブルを防ぐためには、定期的な車のメンテナンスが非常に重要です。メンテナンスは、車の性能を最適な状態に保ち、早期に問題を発見することを可能にします。具体的には、エンジンオイルの交換は約5,000~10,000キロメートルごと、スパークプラグの点検は約20,000~30,000キロメートルごと、エアフィルターの交換は約15,000~30,000キロメートルごとに行うことが推奨されています。これらのメンテナンスを適切な間隔で行うことで、エンジンの不調や加速不良を未然に防ぐことができます。定期的なメンテナンスは、車の長寿命化と安全運転のためにも欠かせません。

【対策2】タイヤの空気圧をチェックする

見落としがちなのが「タイヤの空気圧をチェックする」

タイヤの空気圧を定期的にチェックすることは、車の加速性能を維持するために重要です。適切な空気圧は、タイヤの摩耗を均等にし、燃費を改善し、車のハンドリングを最適化します。例えば、タイヤの空気圧が推奨値よりも低いと、タイヤの接地面積が増え、抵抗が大きくなり加速が鈍くなります。逆に空気圧が高すぎると、タイヤの接地面積が減少し、トラクションが低下します。ほとんどの車では、タイヤの推奨空気圧は車両のドアの側面や燃料タンクのフタ、取扱説明書に記載されています。定期的に空気圧をチェックし、必要に応じて調整することで、車の加速性能を最適に保つことができます。

【対策3】日頃の運転方法を見直す

そして何より大切なのが「日頃の運転方法を見直す」

日頃の運転方法を見直すことは、車の加速不良を防ぐために効果的です。急激な加速や急ブレーキはエンジンやトランスミッションに過度のストレスをかけ、早期の摩耗や故障の原因となります。例えば、一般道での急加速は、エンジンに急激な負荷をかけ、燃料消費を増加させ、燃焼効率を低下させます。また、急ブレーキはブレーキシステムの過剰な摩耗を引き起こし、トランスミッションの急なギアチェンジを誘発します。スムーズな加速とゆっくりとした減速を心がけることで、車の各システムへの負担を軽減し、加速不良のリスクを減らすことができます。適切な運転方法は、車の長期的な健康維持にも寄与します。

【Q&A】車がガタガタして加速しない時のよくある質問

最後に車がガタガタして加速しない時のよくある質問をまとめます。

【質問1】アクセル踏んでも加速しないのはノッキングも原因?

疑問に思う男性

「アクセル踏んでも加速しないのはノッキングも原因?」

結論、アクセルを踏んでも加速しない場合、ノッキングが原因の一つとなる可能性があります。

ノッキングは、エンジン内で燃料が不適切なタイミングで燃焼する現象であり、エンジンのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。具体的には、ノッキングが発生すると、エンジンのガタガタという音や振動が伴い、加速力が低下することがあります。この現象は、燃料の品質不良、エンジンの点火タイミングの誤り、または炭素の蓄積などが原因で起こり得ます。ノッキングが疑われる場合は、燃料の品質を改善するか、エンジンの点検を専門のメカニックに依頼することが重要です。適切な対処により、エンジンの健全性を維持し、加速問題を解決することができます。

【質問2】車を運転中にガクガクして止まりそうな時の原因は?

疑問に思う男性

「車を運転中にガクガクして止まりそうな時の原因は?」

結論、車が運転中にガクガクして止まりそうな状態になる原因は、いくつか考えられます。主な原因としては、燃料システムの問題、点火システムの不具合、またはエンジン管理システムの誤動作が挙げられます。

例えば、燃料ポンプの故障や燃料フィルターの詰まりが原因で燃料供給が不安定になり、エンジンの動作が不安定になることがあります。点火システムにおいては、スパークプラグやイグニッションコイルの不具合が同様の症状を引き起こすことがあります。また、エンジン管理システムのセンサーやコンピューターの故障も考えられます。このような状況に遭遇した場合、専門のメカニックによる診断が推奨されます。

【質問3】坂道でアクセル踏んでも加速しない場合の原因は?

疑問に思う男性

「坂道でアクセル踏んでも加速しない場合の原因は?」

結論、坂道でアクセルを踏んでも加速しない場合の原因として、主にエンジンやトランスミッションの問題が考えられます。

エンジンの出力不足や燃料供給の問題が原因で、必要なパワーが得られないことがあります。例えば、エアフィルターの詰まりや燃料インジェクターの不具合は、エンジンへの適切な空気や燃料の供給を阻害し、坂道での加速力不足を引き起こす可能性があります。トランスミッションに関しては、特に自動車の場合、トランスミッションフルードの不足や劣化がギアの適切な変更を妨げ、加速不良の原因となることがあります。これらの問題に直面した場合、専門のメカニックによる診断と修理が推奨されます。

【質問4】アクセル踏んでも加速しないし異音がするのはなぜ?

疑問に思う男性

「アクセル踏んでも加速しないし異音がするのはなぜ?」

結論、アクセルを踏んでも加速しない上に異音がする場合、これは通常、エンジンやトランスミッション、排気系統の問題が原因です。

エンジン関連では、点火システムの不具合や燃料供給の問題が考えられます。例えば、イグニッションコイルやスパークプラグの故障は、エンジンの不均一な燃焼を引き起こし、異音と加速不良の原因となる可能性があります。トランスミッションの問題では、ギアの不適切な変更や摩耗が挙げられます。排気系統においては、触媒コンバーターの損傷や排気マニホールドの亀裂も異音の原因になります。これらの問題に対処するには、専門のメカニックによる診断が必要です。

まとめ:車がガタガタして加速しない時の原因と対処法

車がガタガタして加速しない時の原因と対処法をまとめてきました。

改めて、車がガタガタして加速しない時の原因をまとめると、

車がガタガタして加速しない時の原因

  • 点火システムの問題
  • 燃料供給の問題
  • 排気系統の問題
  • エアフィルターの詰まり
  • トランスミッションの問題

車がガタガタして加速しないという問題は、多くのドライバーにとって頭を悩ます状況です。

これには様々な原因が考えられ、点火システム、燃料システム、排気系統、エアフィルター、トランスミッションフルードなどが関与している可能性があります。

これらの問題を解決するためには、専門のメカニックによる診断と修理が必要です。定期的なメンテナンスを怠らないこと、そして異変を感じた際には迅速に対処することが、トラブルを未然に防ぐ鍵となります。

適切なケアと注意によって、愛車のパフォーマンスを保ち、安全で快適なドライビングを楽しむことができるのです。

そして、車の買い替えや売却を検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp