バッテリーの警告灯が点灯!どれくらい走る?原因は?対処法と状況別の修理代

「バッテリーの警告灯が点灯した後、どれくらい走る?」

「バッテリー警告灯が点灯する原因は?どれくらい修理代はかかる?」

見慣れない赤ランプの点灯。
突然、警告灯が点くとこのまま走っていいのか?不安になりますよね。

バッテリー警告灯の点灯でどれくらい走るのか。
そもそも、バッテリー警告灯が点灯する原因は何なのか。

本記事では、バッテリーの警告灯が点灯する主な原因と状況別の対処法を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、バッテリーの警告灯が点灯してから一般的には数十キロメートル程度とされています。

ただし、バッテリー警告灯が点灯した場合は、できるだけ迅速に安全な場所に停車し、整備工場やディーラーへの対応を求めることが最良です。走行を続けることはリスクが伴いますので、注意が必要です。

また、症状によっては修理が高額になる場合もあります。

つまり、運転する車の状態や今後のメンテナンス等を考えると、「車の買い替え」を検討するのも一つです。

では、どの方法で車を売却するのが良いのか?
高値で売買して、新しい車に乗り換えるベストな選択は何か?

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクストがおすすめ。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

バッテリーの警告灯が点灯する主な原因

普段、なんともないパネルに見慣れない赤ランプが点灯していたら、焦りますよね。

なぜ、バッテリーの警告灯が点灯するのか?
どうすれば警告灯は消えるのか?対処法は何なのか?

まずは、バッテリーの警告灯が点灯する主な原因について深堀解説していきます。

【原因1】バッテリーの寿命

まず主な原因として挙げられるのが「バッテリーの寿命」

車のバッテリーの寿命は一般的に3~5年とされています。この期間が経過すると、バッテリーの充電保持能力が低下し、結果的にバッテリーの警告灯が点灯する原因となります。

たとえば、バッテリーが充電不足に陥った場合、エンジンの始動が困難になったり、ライトの明るさが低下したりすることがあります。また、寒冷地ではバッテリーの寿命がさらに短くなる傾向があり、平均的な使用年数よりも早く交換が必要になることが一般的です。実際に、バッテリーの性能は使用環境や頻度によっても変わるため、定期的な点検が推奨されています。以上のことから、バッテリーの寿命は車の性能に直接影響を及ぼす重要な要素であり、適切なメンテナンスとタイムリーな交換が不可欠です。

【原因2】オルタネーターの不具合

次に想定される原因として「オルタネーターの不具合」

オルタネーターの不具合は、車のバッテリー警告灯が点灯する主要な原因の一つです。オルタネーターはエンジンが稼働している間、バッテリーに電力を供給し続ける役割を担っています。

この装置が適切に機能しない場合、バッテリーは必要な電力を蓄えることができず、その結果、警告灯が点灯します。例えば、オルタネーターのベアリングの損傷や、電気的な接続の不良が原因で発電量が不足することがあります。また、オルタネーターが完全に故障すると、エンジンはバッテリー電力のみで稼働し続けるため、バッテリーが急速に消耗し、最終的には車が停止してしまうこともあります。したがって、オルタネーターの適切な機能は車の安定した運行に不可欠であり、定期的な点検と必要に応じたメンテナンスが重要です。

【原因3】駆動ベルトの緩みや破損

3つ目の原因として多いのは「駆動ベルトの緩みや破損」

駆動ベルトの緩みや破損は、車のバッテリー警告灯が点灯する主要な原因の一つです。駆動ベルトはオルタネーターとエンジンをつなぎ、エンジンの動力をオルタネーターへと伝達する重要な役割を持っています。

このベルトが緩んでいたり、破損していたりすると、オルタネーターは適切に機能せず、バッテリーへの充電が不十分になります。たとえば、駆動ベルトが適切な張力を失うと、スリップしてしまい、オルタネーターが回転数に応じて正常に動作しなくなることがあります。また、ベルトが切れた場合は、オルタネーターは完全に機能停止し、バッテリー充電が全く行われなくなります。これにより、警告灯が点灯し、場合によっては車が動かなくなる可能性もあります。ですので、駆動ベルトの適切な状態の維持は、車の電気系統の正常な機能にとって極めて重要であり、定期的な点検と必要に応じた交換をおすすめします。

※ 今すぐバッテリー警告灯が消えない時に必要な症状別の修理代を知りたい方は、こちらをご覧ください。修理代だけでなく最良の選択肢も確認できます。

【原因4】バッテリーケーブルの接触不良

4つ目の原因が「バッテリーケーブルの接触不良」

バッテリーケーブルの接触不良は、車のバッテリー警告灯が点灯する一般的な原因です。バッテリーケーブルは、バッテリーと車両の電気システムを繋ぐ重要な役割を担っています。

これらのケーブルの接触不良が起こると、バッテリーからの電力が適切に車両に供給されず、結果としてバッテリー警告灯が点灯します。具体的には、端子の腐食やケーブルの緩み、断線が接触不良の原因となり得ます。たとえば、端子がサビや汚れで覆われている場合、適切な電気接続が妨げられ、エンジンの始動困難や電子機器の動作不良を引き起こすことがあります。また、ケーブルの緩みや断線は、振動や熱などの外部要因によって発生することが多いです。したがって、バッテリーケーブルの状態を定期的にチェックし、必要に応じて清掃や締め直し、交換を行うことが重要です。これにより、車の安定した性能を維持し、突然のトラブルを防ぐことができます。

【原因5】電気系統のショートや消費過多

そして5つ目の原因として想定されるのが「電気系統のショートや消費過多」

電気系統のショートや消費過多は、バッテリーの警告灯が点灯する原因の一つです。車両内の電気系統にショートが発生すると、電流が異常に増加し、バッテリーに過剰な負荷がかかります。

同様に、電気消費量が過多になると、バッテリーの放電速度が加速し、充電が追いつかなくなることがあります。具体例としては、不適切なアフターマーケット機器の取り付けや、絶縁不良によるショートが挙げられます。例えば、大容量のオーディオシステムや追加照明を、車両の電気容量以上に取り付けた場合、バッテリーへの負担が増大し、結果として警告灯が点灯する可能性があります。このような問題を未然に防ぐためには、車両の電気系統を定期的に点検し、特にアフターマーケット機器の取り付け時には、専門の知識を持つ技術者に相談することが重要です。これにより、バッテリーの健全な状態を保ち、車両の安定した運行を支えることができます。

バッテリーの警告灯が点いてからどれくらい走る?

ここまで、バッテリーの警告灯が点灯する主な原因について解説してきました。

では、最も気になるバッテリーの警告灯が点いてからどれくらい走るのかどうか?

結論からいうと、バッテリーの警告灯が点灯してからの平均的な走行可能距離は、状況により大きく変わりますが、一般的には数十キロメートル程度とされています。ただし、この距離はあくまで目安であり、可能な限り早く整備工場やディーラーに車を持ち込むべきです。

理由として、バッテリー警告灯が点灯するということは、バッテリーが正常に充電されていないか、電気系統に何らかの問題があることを示しています。例えば、オルタネーターの故障が原因であれば、バッテリーが放電され続けることになり、やがてエンジンが停止し、車が動かなくなる可能性があります。このため、警告灯が点灯したら、すぐに走行を停止し、専門家に診てもらうのが最も安全な対処方法です。

以上のことから、バッテリー警告灯が点灯した場合は、できるだけ迅速に安全な場所に停車し、整備工場やディーラーへの対応を求めることが最良です。走行を続けることはリスクが伴いますので、注意が必要です。

※ 今すぐバッテリー警告灯が消えない時に必要な症状別の修理代を知りたい方は、こちらをご覧ください。修理代だけでなく最良の選択肢も確認できます。

バッテリーの警告灯が点灯した際の状況別対処法

では、バッテリーの警告灯が点灯したらどうすればいいのか?

ここからは、バッテリーの警告灯が点灯した際の状況別対処法をまとめていきます。

【対処法1】バッテリー警告灯が点灯し続ける

まず1つ目の状況として「バッテリー警告灯が点灯し続ける」

バッテリー警告灯が点灯し続ける場合、直ちに専門家に相談することが重要です。

この警告灯が点灯する主な理由は、バッテリーや充電システムに問題が発生していることを示しています。例えば、オルタネーターの不具合やバッテリー自体の老朽化が挙げられます。このような状況では、車両を安全な場所に停車させた後、エンジンをオフにし、すぐに整備工場やディーラーに連絡する必要があります。バッテリー警告灯が点灯した状態での長時間の運転は、エンジン停止や走行中の事故につながるリスクがあるため、おすすめできません。以上のことから、バッテリー警告灯が点灯し続ける際は、速やかにプロフェッショナルな対応を求めることが最善策です。

【対処法2】少し走るとバッテリー警告灯が消える

次に2つ目の状況として「少し走るとバッテリー警告灯が消える」

少し走行した後にバッテリー警告灯が消える場合でも、過信は禁物です。

この現象は一時的なバッテリーの充電不足や、軽度の充電システムの不具合が原因である可能性があります。例えば、短距離走行の繰り返しなどでバッテリーが十分に充電されていない場合、エンジンを始動させることでオルタネーターが働き、一時的にバッテリーが充電され、警告灯が消えることがあります。しかし、これは問題が解決したわけではなく、根本的な原因が残っている可能性が高いです。したがって、警告灯が消えたとしても、安心せずに整備工場でシステムのチェックを受けるべきです。このような状況では、早期の診断と対処が将来的な大きなトラブルを防ぎます。したがって、少し走って警告灯が消えたとしても、専門家による確認を怠らないことが重要です。

【対処法3】バッテリー警告灯が点いたり消えたりする

3つ目の状況として「バッテリー警告灯が点いたり消えたりする」

バッテリー警告灯が点いたり消えたりする状況は、電気系統の間欠的な問題を示している可能性があります。

このような症状は、接触不良や電気系統の不安定な接続が原因であることが多いです。例えば、バッテリーケーブルの端子が緩んでいる、または腐食している場合、走行中の振動で接触が不安定になり、警告灯がランダムに点灯したり消えたりすることがあります。この状況を放置すると、エンジンの突然の停止や走行中の電力不足につながる恐れがあります。したがって、バッテリー警告灯が不安定な場合は、速やかに整備工場で診断してもらうべきです。これにより、より深刻なトラブルを未然に防ぐことができます。

※ 今すぐバッテリー警告灯が消えない時に必要な症状別の修理代を知りたい方は、こちらをご覧ください。修理代だけでなく最良の選択肢も確認できます。

【対処法4】バッテリーを交換したのに警告灯が点灯する

4つ目の状況として「バッテリーを交換したのに警告灯が点灯する」

バッテリーを新しいものに交換したにも関わらず警告灯が点灯する場合、他の電気系統に問題がある可能性が高いです。

バッテリー交換後に警告灯が消えない主な理由は、オルタネーターや電気配線、接続端子の不具合など、バッテリー以外の部分に原因があることを示唆しています。例えば、オルタネーターが適切に機能していないと、新しいバッテリーでも充電が維持できず、結果として警告灯が点灯し続けることがあります。このような場合、専門家による診断が必要で、オルタネーターや関連する電気系統のチェックが推奨されます。したがって、新しいバッテリーを取り付けた後も警告灯が点灯する際は、バッテリー以外の電気系統に原因があるため、迅速に整備工場での診断を受けるべきです。

【対処法5】急にバッテリー警告灯が点いてエンストする

そして5つ目の状況として「急にバッテリー警告灯が点いてエンストする」

急にバッテリー警告灯が点灯してエンジンが停止する場合、重大な電気系統の不具合が発生している可能性があります。

この状況は、オルタネーターの故障や主要な電気回路のショートなど、車の電源供給に直接的な影響を与える問題を示唆しています。例えば、オルタネーターが突然故障した場合、バッテリーへの充電が途絶え、エンジンが動かなくなる可能性があります。このような状況では、ただちに車を安全な場所に停車させ、エンジンを再始動しようとせず、専門家に連絡することが重要です。したがって、急にバッテリー警告灯が点灯してエンジンが停止する場合は、直ちに専門の整備士に診断を依頼し、車を安全な状態に保つことが必要です。

バッテリー警告灯が消えない時に必要な症状別の修理代

それでは、バッテリー警告灯が消えない時に必要な症状別の修理代はどれほどになるのか?

結論からいうと、修理代は症状や原因によって大きく異なります。
ですので、一概にはいえませんが、バッテリー警告灯が消えない場合に考えられる主な症状とそれに伴う修理代(目安)について、以下に示します。

修理箇所 症状と修理代(目安)
バッテリー自体の交換が必要な場合 バッテリー自体が劣化または故障している場合、新しいバッテリーに交換する必要があります。
修理代: 約10,000円~30,000円(バッテリーのタイプや容量による)
オルタネーターの故障が原因の場合 オルタネーターが正常に機能していない場合、バッテリーへの充電が不足し、警告灯が消えません。
修理代: 約30,000円~100,000円(部品代と労働費含む)
バッテリーケーブルや端子の修理・交換が必要な場合 接触不良や腐食が原因で修理または交換が必要になることがあります。
修理代: 約5,000円~20,000円(部品と作業費による)
電気系統のショートや配線の修理が必要な場合 配線の損傷やショートが原因で電気系統全体をチェックし、修理が必要になる場合があります。
修理代: 約10,000円~50,000円以上(損傷の程度や修理範囲による)
電子制御ユニット(ECU)の故障が原因の場合 車のコンピューターであるECUが故障すると、バッテリー警告灯が正常に機能しないことがあります。
修理代: 約50,000円~200,000円以上(ECUの交換およびプログラミングが必要な場合)

これらの症状と修理代はあくまで一般的な目安です。正確な診断と見積もりには、車を専門の整備士に診てもらうことが必要です。

車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」

バッテリー警告灯の点灯は、車の異常を知らせるサインです。

  • 思った以上に修理代が高額だった
  • 車の状態が悪くて修理も増えてきた
  • 走行距離は10万キロに近づいている
  • 今所有している車の新型車が発売された

今の車が上記のような状況であれば、「車の買い替え」を検討するのも賢明です。

なぜなら、買い替えた方がお得に済む場合が多いから。
リスクを抱えた車に乗り続けるよりも、新調したほうが将来的にも安心です。

そして、車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

中古車選びなら無料探しサービスの「ズバット車販売」

そして、中古車選びなら無料探しサービスの「ズバット車販売」の利用が最もおすすめです。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

維持費を抑えて賢く新車に乗るなら「カーリース」

もし、維持費を抑えて賢く新車に乗るなら「カーリース」の利用を検討するのもおすすめです。

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「定額カルモくん」と呼ばれるお得なマイカーリース

定額カルモくんは、月1万円台から新車が持てるカーリースです。

定額カルモくんを利用するメリット

  • 税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリース
  • 全国納車が可能!定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能
  • メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利!安心の求償保証付き

定額カルモくんの特徴として、オンラインで契約まで締結できるため、非常に手軽に新車が持てる点。

また、新車が納車された後も完全月額定額で、契約満了時の追加精算がなく、安心してカーライフを楽しむことができます。

「維持費を最大限抑えて、身軽に新車に乗り換えたい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽に人気車種に乗ってみたい!」

このように購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月1万円台から新車が持てる!/
『定額カルモくん』まずは車両を探して審査に進む
【公式サイト:https://carmo-kun.jp

バッテリー警告灯の点灯を防ぐ対策・メンテナンス方法

ここまで、バッテリー警告灯の点灯時の原因と対処法を詳しく解説してきました。

現車での原因を解決できても、今後また起こりえる可能性は十分あります。

今後のためにも、日頃からどういった対策やメンテナンスを施せばいいのか?

具体的なバッテリー警告灯の点灯を防ぐ対策・メンテナンス方法をご紹介します。

【対策1】定期的なバッテリーチェック

今すぐできる対策の一つが「定期的なバッテリーチェック」

バッテリーの状態は車両の健全性を保つ上で極めて重要です。

定期的なバッテリーチェックによって、バッテリーの早期の劣化や不具合を発見し、トラブルを未然に防ぐことができます。具体的には、専用のテスターを用いてバッテリーの電圧や起動電流を測定し、バッテリー液のレベルや比重も確認します。例えば、正常なバッテリーの電圧はエンジンオフ時で約12.6ボルト以上、エンジン稼働時は約13.5~14.5ボルトであるべきです。これらのチェックを定期的に行うことで、バッテリー自体の交換時期を適切に判断し、急なバッテリー上がりを防ぐことができます。したがって、バッテリーの定期チェックは車の安定した動作を維持するために不可欠です。

【対策2】バッテリーターミナルの清掃

メンテナンスで重要なのは「バッテリーターミナルの清掃」

バッテリーターミナルの清掃は、電気接続の良好な状態を保ち、バッテリーの性能を最大限に活用するために不可欠です。

ターミナルが腐食すると、バッテリーから車両への電力供給が不安定になり、結果的にバッテリー警告灯の点灯を引き起こす可能性があります。清掃作業では、専用のブラシを使用してターミナルとケーブルの接点の酸化物や腐食物を取り除きます。例えば、白い粉末状の腐食物が見られた場合、これを適切に除去し、後に防錆スプレーを適用することで再腐食を防ぐことができます。このようにバッテリーターミナルを定期的に清掃し、保護することは、バッテリーの健全な機能維持と警告灯の点灯防止に直結します。したがって、バッテリーターミナルの清掃は定期的なメンテナンスの中でも特に重要な作業です。

【対策3】オルタネーターの状態チェック

そして何より大切なのが「オルタネーターの状態チェック」

オルタネーターの状態チェックは、車のバッテリーシステムの正常な機能維持に欠かせない作業です。

オルタネーターが適切に機能していない場合、バッテリーへの充電が不足し、最終的にはバッテリー警告灯の点灯や車両の始動不良に繋がる可能性があります。具体的なチェック内容としては、オルタネーターのベルトの締まり具合、摩耗状態の確認、さらにはオルタネーターからの電圧出力測定が挙げられます。例えば、エンジン稼働中にオルタネーターが13.5ボルトから14.5ボルトの間の電圧を出力しているかをテスターで確認します。これらのチェックを通じて早期に異常を発見し、必要に応じて修理や交換を行うことは、バッテリー警告灯の予防と車両の安定稼働に寄与します。したがって、オルタネーターの状態チェックは定期的なメンテナンスの重要な部分です。

【Q&A】どれくらい走るか懸念されるバッテリー警告灯のよくある質問

最後にどれくらい走るか懸念されるバッテリー警告灯のよくある質問をまとめます。

【質問1】バッテリーランプが点灯したまま走っても大丈夫?

疑問に思う男性

「バッテリーランプが点灯したまま走っても大丈夫?」

結論、バッテリーランプが点灯したまま走行を続けるのはおすすめできません。

理由としては、バッテリー警告灯が点灯する主な原因は、バッテリーの充電不足やオルタネーターなどの充電システムに問題があることを示しており、これらが解決されないまま運転を続けると、エンジンが停止するリスクが高まります。具体例として、オルタネーターが正常に機能していない場合、バッテリーへの充電が行われず、最終的にはバッテリーが完全に放電してしまい、エンジンが始動しなくなる可能性があります。したがって、バッテリーランプが点灯した際は、速やかに安全な場所に停車し、専門家による診断を受けることが重要です。

【質問2】バッテリー警告灯が点灯したらエンジンはかかる?

疑問に思う男性

「バッテリー警告灯が点灯したらエンジンはかかる?」

バッテリー警告灯が点灯しても、エンジンがかかるケースはありますが、安心してはいけません。

バッテリー警告灯が点灯している状態では、バッテリーの充電システムに何らかの問題が発生していることを示しています。例えば、オルタネーターの故障がある場合、エンジンは始動するかもしれませんが、バッテリーが充電されず、次第に電力が不足し、エンジンが停止する恐れがあります。したがって、バッテリー警告灯が点灯した際は、エンジンがかかる場合でも、すぐに車を安全な場所に停止させ、専門のサービスを利用して診断を受けるべきです。これにより、より深刻なトラブルや不便を防ぐことができます。

【質問3】バッテリー警告灯の点検はガソリンスタンドでもみてくれる?

疑問に思う男性

「バッテリー警告灯の点検はガソリンスタンドでもみてくれる?」

一部のガソリンスタンドでは、簡単なバッテリーチェックを行ってくれる場合がありますが、バッテリー警告灯に関する専門的な診断を期待するのは難しいかもしれません。

ガソリンスタンドで可能なチェックは、バッテリーの電圧測定程度であり、深刻な充電システムのトラブルを特定するには限界があります。例えば、スタンドのスタッフがマルチメーターを使用してバッテリーの電圧を測定することは可能ですが、オルタネーターの故障など複雑な問題については、自動車整備工場やディーラーでの診断が必要になります。したがって、バッテリー警告灯が点灯している場合は、ガソリンスタンドでの簡易チェックに頼らず、専門の整備士による詳細な診断を受けることをおすすめします。これにより、正確な原因を特定し、適切な対処が可能となります。

まとめ:バッテリー警告灯でどれくらい走る?原因と対処法

バッテリー警告灯でどれくらい走る?原因と対処法をまとめてきました。

改めて、バッテリーの警告灯が点灯する主な原因をまとめると、

バッテリーの警告灯が点灯する主な原因

  • バッテリーの寿命
  • オルタネーターの不具合
  • 駆動ベルトの緩みや破損
  • バッテリーケーブルの接触不良
  • 電気系統のショートや消費過多

結論、バッテリーの警告灯が点灯してから一般的には数十キロメートル程度とされています。

ただし、バッテリー警告灯が点灯した場合は、できるだけ迅速に安全な場所に停車し、整備工場やディーラーへの対応を求めることが最良です。走行を続けることはリスクが伴いますので、注意が必要です。

また、症状によっては修理が高額になる場合もあります。

つまり、運転する車の状態や今後のメンテナンス等を考えると、「車の買い替え」を検討するのも一つです。

では、どの方法で車を売却するのが良いのか?
高値で売買して、新しい車に乗り換えるベストな選択は何か?

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクストがおすすめ。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp