20代で車は買えない?その理由と若者でも新車に乗れる最適なサービスを紹介

「20代で車は買えない?その理由は?」

「20代の若者でも新車に乗れる方法は何かない?」

20代で新車購入を検討している方も多いことでしょう。
ですが、「20代で車は買えない」といった意見も散見されますが、なぜでしょうか。

今後、新車購入を検討している20代にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!20代で車は買えない理由と若者でも新車に乗れる最適なサービスを紹介していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、20代で車は買えない理由があるのは事実。
特にお金が掛かる点が買い控えを起こす主たる原因となっています。

さらに、20代はライフスタイルの変化が多い年代。
車を購入しても、将来的には売却しなければならない状況に陥る可能性も否定できません。

ですので、20代で車は買えない意見は多いようです。

ですが、ご存知でしょうか?
車を買わなくても、20代で新車に乗れるサービスがあります。

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

✅KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え(途中で車種変更も)可能

もちろん、20代でも利用することは可能です。
費用を抑えたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

車は購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

20代で車は買えない3つの理由

若者の車離れ」が叫ばれる昨今。
なぜ、20代で車は買えない状況が起きてしまうのか?

ここでは、具体的な20代で車は買えない3つの理由について深堀解説していきます。

【理由1】価格も維持費も高いから

まず特に多い理由として「価格も維持費も高いから」

20代では車の購入と維持が経済的に困難な場合が多いです。

実際、新車の平均価格は約300万円で、中古車でも150万円程度が一般的です。さらに、年間の維持費は平均で約30万円に上ります。この維持費には、燃料費、保険料、税金、車検費用などが含まれます。特に、ガソリン代は1リットル当たり約160円となっており、月間の走行距離によっては、かなりの出費となります。また、自動車税は排気量に応じて年間約3万円から10万円、自動車保険料は年間約5万円から15万円です。これらの数字は、20代の平均年収が約400万円であることを考えると、経済的負担は大きいと言わざるを得ません。

したがって、価格も維持費も高いため、20代での車の購入は難しいと結論づけられます。

【理由2】ローンに通らないから

20代特有の理由として挙げられるのが「ローンに通らないから」

20代での車購入が困難な理由の一つに、ローンの承認が難しいことが挙げられます。

実際、若年層はクレジットヒストリーが未発達であることが多く、信用情報が不足しています。このため、金融機関からの車ローン承認を受けるのが難しくなります。例えば、日本の金融機関では、ローン申込者の年収や勤続年数、過去の信用履歴などを厳しく審査します。20代の平均年収は約400万円で、職歴も短いことが多いため、必要な信用を築くのが難しいです。さらに、ローン承認が得られたとしても、若年層は通常、高い金利を適用されることがあります。高金利は月々の返済額を増加させ、経済的負担をさらに重くします。

このように、ローンの承認が得られにくく、条件が不利であるため、20代での車の購入は難しいと結論付けられます。

【理由3】生活スタイルの変化が多いから

そして3つ目の理由が「生活スタイルの変化が多いから」

20代では車の購入が難しい主な理由の一つとして、生活スタイルの変化の多さが挙げられます。

20代という若い年代はキャリアの初期段階にあり、職場や住まいの変更が頻繁に起こります。統計によると、20代の約30%が毎年仕事や住所を変えています。これは、職場の変更や新たなキャリアのチャンスを追求するためです。例えば、都市部で働く若者は、公共交通機関の発達した地域に移住することが多く、車の必要性が低くなります。また、仕事の変更に伴い、車通勤が不要、または不便になるケースもあります。

このように、生活環境やキャリアパスの変化が激しいため、車を購入し維持することが不便であり、経済的な負担にもなるため、20代での車の購入は難しいと結論付けられます。

20代の若者が車を買わない原因とは

ここまで、20代で車は買えない理由を解説してきました。

20代で車が買えないのは事実です。
でも実は、車を「買いたい」と考えている若者は多数なんです。

実際、20歳を対象に行った「カーライフ意識調査
本調査で、「購入予定または購入意向あり」の割合を居住地別にみると、都市部では62.9%、地方で55.1%と、いずれも半数以上が「車が欲しい」と回答した結果が得られています。

ではなぜ、車欲しいのに買わないのか?
20代の若者が車を買わない原因とは何なのでしょうか。

結論からいうと、「お金が掛かる」ことが主たる原因になります。

下記調査結果をみても、62.7%が「お金が掛かる」という理由で車購入を控えていることが明らかとなっています。

つまり、車の購入ハードルさえ下がれば、車を買う機会は20代でも訪れる可能性が高いということ。

20代の若者でも新車に乗れる最適なサービス

悩む男性

「20代でも車は買いたい。でも、お金が掛かるから買えない。」

20代若者の車購入に対する本音です。

でも実は、20代の若者でも新車に乗れる最適なサービスがあります!

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、20代でも利用することは可能です。
費用を抑えたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

車は購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

車を所有したい20代におすすめの車を買う方法

車を所有したい20代におすすめの車を買う方法があります!

それが「中古車を利用する」という選択肢。
実際、アンケート調査によると車所有者のうち、新車に次いで中古車の利用が多いのがわかっています。

中古車を選んだ理由も、「購入費用を安く抑えたかったから」が最多となっています。

ですので、新車は買えなくても中古車を検討してみるのも最良の選択肢といえるでしょう。

悩む男性

「中古車を買うのがおすすめなのは分かったけど、どこで買えばさらにお得で購入できる?」

実は、気になる中古車をさらに安く購入できる方法があります!
その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

気になる中古車、欲しい車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

20代で乗ってたらかっこいい車を年収別に紹介

ここでは、20代で乗ってたらかっこいい車を年収別に紹介します!

平均年収が300万の場合

平均年収が300万の場合、おすすめの車は以下の通り。

20代で乗ってたらかっこいい車
【年収300万の場合】
特徴 価格帯
トヨタ アクア コンパクトで燃費効率が良いハイブリッドカー。平均燃費は約37.0km/Lと経済的。 中古市場で約150万円から利用可能。
ホンダ フィット スタイリッシュなデザインと優れた実用性を兼ね備えたコンパクトカー。燃費は約26.0km/L。 中古市場で約100万円から。
マツダ デミオ スポーティな外観と走行性能が魅力。燃費は約23.0km/L。 中古市場で約120万円から。
スズキ スイフト コンパクトながらもダイナミックな走りが可能。燃費は約20.0km/L。 中古市場で約100万円から。
日産 マーチ 小回りが利き市街地での運転がしやすい。燃費は約22.0km/L。 中古市場で約80万円から。

これらの車は、比較的安価で維持費も低いため、年収300万円の20代に適しています。

また、燃費の良さは長期的な経済性にも寄与します。

関連記事:250万円以下で買えるおすすめの新車21選!安くてかっこいい車をジャンル別に厳選

平均年収が400万の場合

平均年収が400万の場合、おすすめの車は以下の通り。

20代で乗ってたらかっこいい車
【年収400万の場合】
特徴 価格帯
ホンダ シビック スポーティなデザインと優れた運転性能。平均燃費は約20km/L。 中古市場で約200万円から利用可能。
マツダ MX-5(ロードスター) 軽量で俊敏な走りが特徴のオープンカー。燃費は約15km/L。 中古市場で約250万円から。
スバル BRZ スポーティなクーペで、優れたハンドリングが魅力。燃費は約13km/L。 中古市場で約300万円から。
トヨタ GR86 BRZと同様、スポーティなクーペ。優れた運転の楽しさを提供。燃費は約13km/L。 中古市場で約300万円から。
フォルクスワーゲン ゴルフ ヨーロピアンスタイルのコンパクトカーで、高い実用性と洗練されたデザイン。燃費は約18km/L。 中古市場で約250万円から。

これらの車は、デザイン性と性能のバランスが良く、年収400万円の20代に適しています。

また、比較的燃費が良いモデルも含まれており、維持費の面でも経済的です。

平均年収が500万の場合

平均年収が500万の場合、おすすめの車は以下の通り。

20代で乗ってたらかっこいい車
【年収500万の場合】
特徴 価格帯
アウディ A3 洗練されたデザインと高品質な内装が特徴のコンパクトセダン。平均燃費は約16km/L。 新車で約400万円から、中古市場では約300万円から。
メルセデス・ベンツ Aクラス エレガントな外観と先進的な技術を備えたプレミアムコンパクトカー。燃費は約17km/L。 新車で約450万円から、中古市場では約350万円から。
BMW 1シリーズ スポーティな走行性能と高い操作性が魅力のコンパクトカー。燃費は約18km/L。 新車で約450万円から、中古市場では約350万円から。
レクサス CT 高級感溢れるインテリアとハイブリッドシステムによる環境性能が特徴。燃費は約23km/L。 新車で約400万円から、中古市場では約300万円から。
ボルボ V40 北欧の洗練されたデザインと高い安全性能が特徴のプレミアムハッチバック。燃費は約17km/L。 新車で約400万円から、中古市場では約300万円から。

これらの車は、デザイン性、走行性能、そしてブランドイメージにおいて優れており、年収500万円の20代に適しています。

また、燃費効率も良いため、維持費の面でも経済的です。

【Q&A】20代で車は買えない状況に関するよくある質問

最後に20代で車は買えない状況に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】20代の車所有率はどれくらい?

疑問に思う男性

「20代の車所有率はどれくらい?」

20代の車所有率は比較的低い傾向にあります。

統計によると、20代の車所有率は約50%程度です。これは、経済的な制約や生活スタイルの変化、公共交通の利便性の向上などが理由です。例えば、都市部に住む20代は公共交通機関が発達しているため、車を所有する必要が少ない傾向にあります。また、初期キャリアの段階で収入が限られているため、車の購入と維持が経済的に困難です。さらに、キャリアや住まいの変更が多いため、車の必要性が低下しています。

したがって、20代の車所有率は全体的に低いと言えます。

【質問2】20代独身におすすめの車は何?

疑問に思う男性

「20代独身におすすめの車は何?」

20代独身におすすめの車は、経済性とスタイルを兼ね備えたコンパクトカーやハイブリッド車です。

例えば、トヨタの「アクア」やホンダの「フィット」が適しています。これらは燃費が良く、維持費が低いため、限られた予算でも所有しやすいです。アクアの燃費は約37.0km/L、フィットは約26.0km/Lで、都市部での使用にも適しています。また、スタイリッシュなデザインで、若者のライフスタイルにマッチします。価格も新車で約200万円からと、比較的手頃です。

これらの車は、20代独身者にとって経済的かつスタイリッシュな選択肢と言えます。

【質問3】20代で車を購入した場合のローンの平均はいくら払う?

疑問に思う男性

「20代で車を購入した場合のローンの平均はいくら払う?」

結論からいうと、車の種類や価格、ローンの条件によって平均月額は異なります。

一般的に20代で車を購入した場合のローンの平均月額は、約3万円から5万円程度です。例えば、新車の平均価格が約300万円の場合、5年間のローンで月々の返済額は約5万円になります。これには金利や手数料も含まれます。中古車の場合、平均価格が約150万円であれば、同じく5年間のローンでは月々約3万円の返済となります。しかし、金利や手数料は金融機関によって異なるため、具体的なローン額は個々の契約条件によります。

したがって、20代で車を購入する場合、月々3万円から5万円のローン返済を見込むことが一般的です。

まとめ:20代で車は買えない理由と若者でも新車に乗れるサービス

20代で車は買えない理由と若者でも新車に乗れるサービスをまとめてきました。

改めて、20代で車は買えない理由をまとめると、

20代で車は買えない理由

  1. 価格も維持費も高いから
  2. ローンに通らないから
  3. 生活スタイルの変化が多いから

20代で車は買えない理由があるのは事実。
特に、お金が掛かる点が買い控えを起こす原因となっています。

ですが、ご存知でしょうか。
車を買わなくても、新車に乗れるサービスがあります。

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、20代でも利用することは可能です。
費用を抑えたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

車は購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んで見積りを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com