レクサス車の価格はなぜ高いのか?3つの理由と維持費を抑えてレクサス新車に賢く乗る方法

「なぜ、レクサス車の価格は高い?」

「維持費を抑えてレクサス新車に乗る方法があれば教えてほしい!」

高級車ブランド「レクサス」
一度は乗ってみたい憧れのカーブランドで堂々の1位を獲得する人気ブランド。

ですが、「レクサス車の価格が高い」といった声も聞かれますが、なぜ高いのでしょうか。

今後、レクサス購入を検討している方や新車で乗りたい方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではレクサス車の価格が高い理由と維持費を抑えてレクサス新車に賢く乗る方法を詳しく解説していきます!

レクサス車の価格が高い3つの理由

レクサスの人気車種の価格を見てみると、

  • NXモデル(2,487cc):4,550,000円~7,535,000円
  • ISモデル(1,998cc~4,968cc):4,810,000円~8,500,000円
  • UXモデル(1,986cc):4,559,000~5,657,000円

レクサスは、500万以上のモデルが多いです。

一方、同クラスの他車メーカーのモデルと比較してみると、

  • マツダ CX-60(NXと同クラス):3,223,000円~6,462,500円
  • スバル WRX S4(ISと同クラス):4,477,000円~5,027,000円
  • 日産 エクストレイル(UXと同クラス):3,510,100円~5,029,200円

上記の通り、レクサスの方がより高額であることがわかりますね。

ではなぜ、レクサス車の価格はここまで高いのか?
今後、レクサスの購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

具体的なレクサス車の価格が高い3つの理由を解説していきます。

【理由1】通常の車よりも生産工程が多いから

まず1つ目の理由が「通常の車よりも生産工程が多いから」

わかりやすい例として、レクサスはトヨタの車よりも生産工程が多いです。
実際、トヨタとレクサスの生産工程のデータを比較すると、その差は歴然としています。

では具体的に、トヨタ自動車(トヨタの車vsレクサス)の生産工程の数値を比較してみると、

1台あたりの生産工程比較 組付ける部品数 検査
トヨタの車 クルマ1台につき2,300個 約1,500項目
レクサス クルマ1台につき約6,500個 約1,800項目

比較すると明らかですが、部品数も検査の項目数も、レクサスの方がトヨタ車より断然多いです。

部品数や検査の項目数が多いということは、単純に考えても、車1台にかかる生産コストが高くなると考えられます。

以上の点で、通常の車よりも生産工程が多いということが、レクサスの価格が高い理由のひとつと言えます。

【理由2】オーナーシステムが充実しているから

次に2つ目の理由が「オーナーシステムが充実しているから」

レクサスは、生産工程に力を入れているだけでなく、ユーザーサービスも徹底した充実ぶりを見せています。

たとえば、レクサスの「レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)」は、新車購入から3年間、エンジンオイル等の消耗品の交換料金が無料となります。

レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)のメリットとして、以下の利点が挙げられます。

レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)のメリット

  • 高度な技術を持ったテクニカルスタッフによる点検
  • 1ヶ月ケア×1回、6ヶ月ケア×3回、法定12ヶ月点検×2回が無料
  • 純正のエンジンオイルやパーツ交換保証が受けられる

上記のような徹底した、サービスぶりのため、アメリカ月刊誌「コンシューマー・レポート」の「オーナー満足度」でも、レクサスブランドはスコア5点満点中4点と高水準を得ています。

以上のような点で、オーナーシステムが充実しているのも、レクサス車の価格が高い理由に挙げられます。

【理由3】品質管理を徹底しているから

そして3つ目の理由が「品質管理を徹底しているから」

レクサスは品質についても、徹底したこだわりがあります。

たとえば、レクサスの最終検査工程を行う愛知県の「田原工場」では、「匠の技」と「高精度の検査機器」を融合させた技術で、独自の品質管理をしています。

その結果、JDパワージャパンが発表した「日本自動車初期品質調査(2023)」では、レクサスが「ラグジュアリーブランド」で、第1位を獲得しています。

また、レスサスのリセールバリュー(5年経過時)を見ても、

レスサスのリセールバリュー(5年経過時)

  • レクサス NX350:67.05%
  • レクサス NX250:67.05%
  • レクサス LX600:64.68%

上記結果の通りで、平均的な5年経過時の残価率(40~50%)よりも高水準であることがわかります。

以上のように、品質管理を徹底している点も、レクサスの価格が高い理由であると言えます。

レクサスの人気が高い理由とは?3つの魅力

ここまで、レクサス車の価格はなぜ高いのか?その理由について解説してきました。

ここまでの情報は、レクサスの製造・技術的な側面にフォーカスし「車両価格が高い理由」を客観的に解説しています。

なんですが、コストが高いだけでなく、レクサスは多くのユーザーに支持される人気ブランドです。

実際、「一度は乗ってみたい憧れのカーブランド」の調査でレクサスは堂々の1位を獲得するほど。

ですので、レクサスの価格の高さは、根強い人気の裏返しともいえます。

ではどういった点にレクサスの魅力を感じるのか?
具体的なレクサスの人気が高い理由とは?3つの魅力をご紹介します!

【魅力1】高級感と洗練されたデザイン

まず最たる魅力となるのが「高級感と洗練されたデザイン」

レクサスの車両は高級感と洗練されたデザインで知られています。この魅力の根底には、独自のデザイン哲学「L-finesse」があります。たとえば、レクサスの象徴である「スピンドルグリル」は、ブランドのアイデンティティを強く表現しており、各モデルに独自の表情をもたらしています。内装に目を向けると、高品質な素材の選択と細部へのこだわりが見られ、木目やレザーの使用により、上質な空間を創出しています。加えて、革新的な技術とデザインが融合したデジタルインターフェースは、利便性と美しさを兼ね備えています。これらの要素が、レクサスが高級感と洗練されたデザインで評価される理由です。

【魅力2】革新的な技術と高い安全性

さらに技術面でも評価がされるのが「革新的な技術と高い安全性」

レクサスは革新的な技術と高い安全性で評価されます。その背景には、最先端の安全技術「Lexus Safety System+」があります。このシステムは、プリクラッシュセーフティ、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビームなど、複数の安全機能を統合しており、運転者の負担軽減と事故防止を実現します。例えば、プリクラッシュセーフティは、衝突の可能性が高い場合に自動でブレーキをかける機能で、事故の回避または被害軽減に貢献しています。このような技術が、レクサスが安全性の高い車として信頼される理由です。

【魅力3】乗り心地の良さと優れた運転体験

そして何よりドライバーの心を掴み続ける「乗り心地の良さと優れた運転体験」

レクサス車は乗り心地の良さと優れた運転体験で評価されます。この背景には、先進の技術と細部にわたるこだわりがあります。例えば、ハイブリッドシステムは、燃費効率の向上と同時に、加速時の滑らかさを実現し、静粛性を保ちながら力強い走りを提供します。また、アダプティブバリアブルサスペンションシステムは、路面状況に応じて車両の挙動を最適化し、どのような道でも乗り心地の良さを保ちます。さらに、内装には高品質な素材を使用し、運転席からの視界の良さや操作性の高さも追求されています。これらの点が、レクサスの乗り心地の良さと運転体験の質を高めています。

価格が高いと気になるレクサスを買う人の年収目安

ここまで、レクサス車の価格はなぜ高いのか?そのコスト的な理由と人気の理由の両側面から解説してきました。

では価格が高いと気になるレクサスを買う人の年収目安はどれくらいなのか?
結論からいうと、レクサスを快適に購入し、所有するための年収目安は、一般的には年収700万円以上とされています。

この理由は、レクサスの車両価格が新車で500万円から1000万円以上に及ぶため、購入後の維持費用を含めた経済的負担を考慮する必要があるからです。例えば、レクサスのエントリーモデルであるレクサスCTの価格は約400万円からスタートし、フラッグシップモデルのレクサスLSは1,000万円を超えることも珍しくありません。これに加えて、年間の保険料、税金、メンテナンス費用などの維持費が必要です。特に、高級車は保険料率が高く、また消耗品や部品交換の費用も普通車に比べて高額です。

実際、年間の維持費は平均で30万円以上となることが一般的で、安定した収入が必要となります。また、厚労省が公開した「2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況」によると、日本の世帯の平均年収は545.7万円ですが、レクサスを快適に維持するためには、この平均を大きく上回る収入が求められるわけです。

したがって、これらの経済的負担を支えるには、年収700万円以上が望ましいと言えます。この年収があれば、レクサスの購入とその後の維持が経済的にも安心して行えると考えられます。

【お得】維持費を抑えてレクサス新車に賢く乗る方法

悩む男性

「レクサスに乗りたい。でも、車両価格も維持費も高すぎて乗れない・・・」

一度は乗ってみたいカーブランド。
レクサスに乗りたいけど、「価格の高さ」がネックで購入できないのが本音です。

でも、維持費を抑えてレクサス新車に賢く乗る方法があります!

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

また、KINTOの3年プランであれば車検なしで車を利用可能。
ですので、車検をより簡単に費用の不安なく迎えられるのも、KINTOを利用するメリットだといえます。

「維持費を最大限抑えて、身軽にレクサスを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車に乗ってみたい!」

このようにレクサスを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

レクサスの人気モデルを価格が高い順に特徴とともに紹介

ここでは、レクサスの人気モデルを価格が高い順に特徴とともに紹介していきます!

【モデル1】レクサス LS

レクサス LSは、レクサスが誇るフラッグシップセダンであり、高いモデルで約1,700万円の価格帯で提供されています。このモデルは、究極のラグジュアリーと洗練された技術の融合を象徴しています。特に、内装の高級感には特筆すべきものがあり、選び抜かれた素材と細部にわたる職人技が随所に見られます。加えて、革新的な安全技術と先進の運転支援システムが、快適かつ安全なドライブを約束します。他車種にはないLSの魅力は、卓越した快適性と走行性能にあり、長距離運転でも疲れ知らずのドライブを楽しめます。

【モデル2】レクサス LC

レクサス LCは、約1,500万円前後で提供される高性能クーペモデルです。この車種の最大の魅力は、その圧倒的なデザイン性と、高い走行性能にあります。エレガントながらも力強い外観は、レクサスのデザイン哲学「L-finesse」を体現しており、どの角度から見ても美しいシルエットを描きます。また、V8エンジンやハイブリッドシステムを搭載することで、パワフルかつ効率的なドライビングを実現しています。内装においても、上質な素材を使用したラグジュアリーな空間が広がり、運転する喜びとともに、高級感溢れる乗り心地を提供します。LCは、スポーツカーの性能とラグジュアリーカーの快適性を兼ね備えた、他車種にはない特別な存在です。

【モデル3】レクサス LX

レクサス LXは、約1,200万円以上で提供されるラグジュアリーSUVです。このモデルの魅力は、圧倒的な存在感と、オフロード性能と快適性を兼ね備えた走行能力にあります。堂々とした外観は、どんな道でも自信を持って進む力強さを象徴しています。内装では、上質なレザーと精緻な木目の装飾が施され、広々としたキャビンで最高レベルの快適性を提供します。また、最新の安全技術と運転支援システムが搭載されており、都市部の走行から未舗装路でのオフロード走行まで、あらゆるシーンでの安心感を高めます。LXは、豪華さと実用性を両立させた、他のレクサスモデルにはない独特の魅力を持っています。

【モデル4】レクサス RX

レクサス RXは、約600万円から800万円程度で提供されるミッドサイズSUVです。この車種は、洗練されたデザイン、高い快適性、そして革新的な技術で知られています。特に、スピンドルグリルをはじめとするダイナミックな外観は、都市部でも自然の中でも映えるスタイリッシュさを演出します。内装では、高品質な素材を使用したラグジュアリーな空間が広がり、細部にわたるこだわりが感じられます。また、レクサス独自のハイブリッドシステムは、環境に優しく、かつパワフルな走行を可能にしています。RXは、ファミリーにも最適な広々とした室内空間と、高い安全性を備えた、他のモデルにはないバランスの良さが魅力です。

【モデル5】レクサス GS

レクサス GSは、新車時の価格が約600万円から800万円で、現在は生産終了していますが、中古市場で根強い人気を誇る高級スポーツセダンです。GSの最大の魅力は、洗練されたデザインと卓越した走行性能のバランスにあります。特に、駆動力と操縦性の優れたバランスは、ドライバーに直接的な運転の喜びを提供します。内装もラグジュアリーさが際立ち、高品質な素材と精緻な作り込みが快適なドライブを約束します。また、革新的な安全技術と運転支援システムを搭載しているため、安心して高速道路から都市部まで幅広く活用できます。GSは、スポーティさと快適性を兼ね備えた、他のレクサス車種にはない独自の魅力を持つモデルです。

【Q&A】なぜ高いのか気になるレクサス車のよくある質問

最後になぜ高いのか気になるレクサス車のよくある質問をまとめます。

【質問1】レクサスを買わない理由は何ですか?

疑問に思う男性

「レクサスを買わない理由は何ですか?」

結論、レクサスを購入しない理由として多く挙げられるのは、その高価格です。

レクサスは品質、快適性、技術の面で高い評価を受けていますが、新車価格が500万円から1000万円以上となるモデルが多く、これが購入の大きな障壁となっています。例えば、フラッグシップモデルのLSは1000万円を超える価格設定です。また、維持費も高額で、保険料や税金、メンテナンス費用が他のブランドの車種に比べて高くなる傾向にあります。これらの経済的な負担が、レクサスの購入をためらわせる理由です。

【質問2】レクサスで一番高いのは何円ですか?

疑問に思う男性

「レクサスで一番高いのは何円ですか?」

レクサスで一番高いモデルは、フラッグシップのSUVである「レクサス LX」の最上級グレードで、価格は約1,200万円からとなります。

この価格設定は、LXが提供する最高級の快適性、豪華な内装、そして先進的な技術によるものです。例えば、最上級グレードでは、高品質なレザーシート、最新の運転支援システム、そして高度なオフロード性能を備えています。これらの特徴が、LXをレクサスのラインナップの中で最も価格が高い車種にしています。したがって、レクサスで最も高価な車種を求める場合、LXの最上級グレードが該当します。

【質問3】クラウンとレクサスの価格はどちらが高いですか?

疑問に思う男性

「クラウンとレクサスの価格はどちらが高いですか?」

レクサスの価格は、一般的にクラウンよりも高いです。

これは、レクサスがトヨタの高級車ブランドとして位置づけられており、より高品質な素材の使用、先進的な技術の搭載、そして細部にわたるデザインと機能性へのこだわりからくるものです。例えば、レクサスのエントリーモデルである「レクサス CT」の価格は約400万円からスタートし、フラッグシップセダン「レクサス LS」は1000万円を超える価格設定です。一方で、クラウンは約500万円から始まり、最上級グレードでも約700万円程度です。この価格差は、ブランドが提供する価値とターゲットとする顧客層の違いに基づいています。したがって、レクサスとクラウンを比較する場合、レクサスの方が価格が高いと言えます。

まとめ:レクサス車の価格が高い理由と維持費を抑えて賢く乗る方法

レクサス車の価格が高い理由と維持費を抑えて賢く乗る方法をまとめてきました。

改めて、レクサス車の価格が高い理由をまとめると、

レクサス車の価格が高い理由

  • 通常の車よりも生産工程が多いから
  • オーナーシステムが充実しているから
  • 品質管理を徹底しているから

レクサス車の価格が高いのは事実。
価格が高いだけでなく、レクサスは多くのユーザーに支持される人気ブランドです。

とはいえ、レクサスに乗りたいけど、「価格の高さ」がネックで購入できないのが本音。

でも実は、買わなくてもレクサス新車に乗る方法があります。
維持費を抑えてレクサス新車に賢く乗る方法というのが、トヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

また、KINTOの3年プランであれば車検なしで車を利用可能。
ですので、車検をより簡単に費用の不安なく迎えられるのも、KINTOを利用するメリットだといえます。

「維持費を最大限抑えて、身軽にレクサスを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にレクサス新車に乗ってみたい!」

このようにレクサスを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com