【2024年版】買って後悔した軽自動車ランキング!買ってはいけない軽自動車とは

軽といえども、車は高い買い物です。

「買って後悔なんてしたくない。」
「でも、どんな軽自動車を選べばいいのかわからない。」

そんな、軽自動車の購入に迷っている方に!

買って後悔した軽自動車の特徴と買ってよかった軽自動車も合わせてランキングでご紹介していきます!

先に結論をお伝えすると・・・

後悔しないためにも「車選び」が非常に重要です。

なぜなら、軽自動車のラインナップも多種多様。
目的(ニーズ)に合わない車を選んでも、後悔する可能性は高いからです。

でも後悔する人の多くは、その選び方がわからない、という悩みがあります。

つまり、車が多すぎて自分に合う軽自動車が選べない、という悩み。

実は、車探しのプロがあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスがあります。

それが、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」と呼ばれる中古車無料お探しサービス。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

✅ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

自分のニーズを満たす車を探したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

さらに、今の車から乗り換えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高いことがわかっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

買って後悔した軽自動車の特徴をランキング化

ある調査で、買い物に適した車は「軽自動車」と半数以上が回答。

軽自動車が選ばれた理由として、小回りの良さや積載量の多さが支持されているようです。

普段使いから非常に重宝される軽自動車。
ですが、軽自動車の選び方を間違えれば、後悔する可能性は高いです。

実際、車を買って二人に一人は「後悔した」と回答する調査結果があります。

どんな点に気をつけて購入した方がいいのか?
具体的な買って後悔した軽自動車の特徴をランキング化してご紹介していきます。

1位:安全性能が劣る軽自動車

悩む男性2

「軽自動車は安全性能はやはり劣ってしまうのでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「自動車」

軽自動車を買って、安全性の面で後悔する人は多いです。

口コミをみても、軽自動車は車体が軽いために耐久性に難があり、事故が起こった時に損傷がひどく危ない、といった印象を持つ人が多いようです。

しかし実際のところは、警察庁の交通事故統計でも、2011~2021年の10年で起こった事故のうち、乗用車が全体の26.4%で軽自動車が24.2%と、それほど差はありません。

とはいえ、軽自動車に限らず、安全装備に乏しい自動車を購入すると、事故が起こった時に重篤な結果に陥る場合があるので、後悔してしまう可能性は高いです。

なので、軽自動車の中でも、自動ブレーキや先進運転支援機能が充実しているだけでなく、衝突安全性能の高い車を選ぶことをおすすめします。

2位:用途に合っていない軽自動車

乗用車よりも安価な軽自動車を買ってみたものの、用途に合っていなくて失敗した、という事例も多いです。

たとえば、通勤で長距離走行がメインなのに、窮屈な運転席の車を購入してしまい、運転が疲れる、といったユーザーの意見もありました。

軽自動車はコンパクトで小回りが利く、運転がしやすい車が多いです。
しかし実際は、車体が小さいせいで窮屈に感じる人も多く、長時間走行するには快適性が乗用車より劣ります。

また、他の事例でも、オフロードに向いている軽自動車を買って街乗りメインで利用したユーザーが、燃費が悪くて後悔する、といったケースもあります。

以上のことから、ユーザーは軽自動車を購入する前に、どういった目的・用途で利用するかを考えた上で、車両を選んだほうが後悔しないと言えます。

3位:壊れやすい軽自動車

軽自動車のなかでも、壊れやすい車種を購入して後悔するといったケースがあります。

「壊れやすい軽自動車の特徴」には、以下3つの要素が挙げられます。

壊れやすい軽自動車の特徴

  • 価格が安い
  • 装備面が充実していない
  • 走行中の車の揺れや衝撃が大きい

理由として、軽自動車はコストを下げる分、必要最低限の構造になってしまうため、壊れやすくなりがちです。

とはいえ、最新の軽自動車であれば、どの車も強度の面では、安全基準を満たしているので普通に運転はできるはずです。

しかし、注意しなればならないのは、安い中古車の軽や、新車でも装備が安っぽい車両を選んでしまうと、後悔する可能性が高いので注意しましょう。

4位:走行性能が劣る軽自動車

軽自動車は、エンジン自体が乗用車よりも小さいため、パワーの面では劣ります。
というのも、軽自動車は安全性の観点から、64馬力規制という自主規制がなされているからです。

軽自動車で最もパワー不足が感じられるのは、坂道を上る時。
アクセルを目いっぱい踏み込んでも、なかなか進まないのでイライラを感じたことがある人も多いでしょう。

軽自動車のパワー問題に対処する方法として、以下のようなことが挙げられます。

軽自動車のパワー問題に対処する方法

  • トルクのある車を選ぶ
  • ターボ機能のある車を選ぶ

トルクとは、エンジンの出力に対してタイヤを回転させる力のことを言います。
たとえば、カタログ値で示される「最大トルク」の単位(N・m/rpm)は、一分間の回転数を表し、数値が少ないほど力が強い、ということになります。

基本的に、ターボ車は最大トルク値が高く、ノンターボ車でもカタログ値で最大トルクの低い車を選ぶと、加速力は上がるので力不足の不安は軽減されます。

なので、軽自動車を購入する方で、走行性能を重視する人は、最大トルク値に注目して車両を選んでみると、良いかもしれません。

5位:燃費の悪い軽自動車

走行性能が優れた車を選んでしまうと、燃費の問題に悩まされる可能性は否定できません。

たとえば、ターボ車はパワフルな分、エネルギー消費量は大きくなりますから、燃費が悪くなるのは当然と言えば当然です。

ではターボ車に向いている人はどんな人か?特徴を挙げると、以下のような方々です。

ターボ車に向いている人の特徴

  • 長距離利用が多い人
  • 坂道で利用する機会が多い人
  • レジャー利用が多くパワーのある車が欲しい人

逆に言うと、ターボ車は出だしが高出力になるので、短距離での利用が多い人には、燃費が悪くなり、向いていないと言えます。

なので、燃費効率を考えた場合も、ご自身の利用目的・用途にあった車種選びは欠かせないものとなります。

買って後悔した軽自動車のメーカーはある?

買って後悔した軽自動車のメーカーはあるのかどうか?
軽自動車の購入を検討している方にとって、特に気になる情報です。

結論からいえば、ありません。
特定のメーカーに対し、買ってはいけないことはありません。

ここでは、実際に購入者・愛用者レビューから軽自動車メーカーの評判を確認していきます。

【評判1】ダイハツ

ダイハツの車は壊れにくいことで定評があります。

実際、J.D.パワージャパンが発表した2022年日本自動車初期品質調査では、ダイハツがブランド部門で総合1位になっているほどです。

初期品質調査とは、ユーザーが不具合を指摘する数によって評価される調査です。
従って、初期品質でトップとなるダイハツは、新車購入後に不具合などの問合せが最も少ない自動車メーカー、ということになります。

もちろん、ダイハツにもリコールの届出が出される車はあります。

しかし、リコールはどのメーカーにも起こりうる問題です。
さらにいえば、リコールが見つかったということはそれだけ素早い改良がなされる、ということでもあります。

以上のことから、壊れにくい車を選びたい人は、ダイハツがおすすめだと言えるでしょう。

【評判2】スズキ

スズキの主力は、軽自動車にあると言えます。

軽自動車の中でも、SUVタイプからファミリー向けのものまで、幅広い年代に受け入れられるモデルが豊富に揃っています。

軽自動車にも搭載されているハイブリッド技術「S-エネチャージ」は、加速時にモーターがアシストすることで低燃費を実現した、スズキ独自の先端技術です。

その他の軽自動車の特徴としては、手ごろな本体価格にあります。

たとえば、一番価格の安い「アルト
アルトの価格は、なんと943,800円で手に入るうえに、取り回しもよく、圧倒的にコスパが良いモデルとなります。

以上を踏まえると、スズキの車が向いている人は、リーズナブルで、なおかつ家族で利用できる車を求める人に、ぴったりだと言えるでしょう。

【評判3】ホンダ

ホンダはバイクやF1カーを手掛けていることもあり、エンジンの走行性能にかけては、非常に定評があります。

軽自動車は「Nシリーズ」という商品を手掛けており、ワンボックスタイプから軽バンタイプに至るまで、使い勝手に合わせた質の良い商品を販売しています。

ホンダのエンジンは「VTEC(ヴイテック)」と呼ばれ、低速でも力強いトルクが特徴で、走行性能は非常に高いです。

また、ホンダの軽自動車は、手ごろな価格設定となっています。
にもかかわらず、利便性だけではない運転そのものの楽しさがあり、運転好きな人には人気があります。

実際、ワンボックスタイプのN-BOXは、新車販売台数で8年連続の首位を獲得しているほどです。

以上のことから、運戦性能を重視する人には、ホンダの軽自動車が向いているのではないでしょうか。

【評判4】日産自動車

日産は、独自性の強い技術やデザインの車が多いです。

たとえば、デザイン面では、台形のかたちをした「Vモーショングリル」を採用し、シンプルでスタイリッシュな外観を印象付けています。

軽自動車のラインナップとしては、EV車の「サクラ」とガソリン車の「ルークス」「デイズ」
これ三種類が「日産の軽」になりますが、安全性能にかけては、非常に優秀なモデルばかりです。

実際、「ルークス」は、安全性能を評価するファイブスター賞で2021年に最高賞を受賞しているほどです。

以上を踏まえると、最先端の安全性能技術が取り入れられた車や、個性的なデザインの車に乗りたい人に、日産の車は向いていると言えます。

【評判5】三菱自動車

三菱の軽自動車の特徴は、個性的なデザインと走行性能の高さにあります。

カーラインアップをみても、無骨で力強いフォルムのモデルが多く、価格も若干高めの印象を受けます。

ラインナップとしては、「ek」シリーズという4種類のモデルがあります。
それぞれアウトドアで活躍できるタイプや、街乗りタイプなど、目的別に合わせて展開されています。

三菱は「パジェロ」などの4WDモデルの開発の歴史があることからもわかるように、走破性に優れたモデルが多いです。
また、最近ではプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルの開発にも力を入れており、電気制御エンジンに独自の技術が見られます。

以上を踏まえると、高い走破性を持つ4WD車や、高性能のEV車に乗りたいという人に、三菱の軽自動車は向いているといえるでしょう。

買って後悔した中古の軽自動車の特徴とは

中古車購入を検討している方も多いでしょう。
新車だけでなく中古の軽自動車購入でも注意が必要です。

具体的な買って後悔した中古の軽自動車の特徴とは何でしょうか。

ここでは特に注意しておきたい3つの特徴をまとめます。

【特徴1】年式が古い

中古車選びでは、低年式の軽自動車は、故障が多いので注意が必要です。

長い時間を経過した車両は、部品が劣化したり、使い古された車両がほとんどです。

そのため、不具合が生じる可能性が高く、修理が多いと、それだけ費用もかさんでしまいます。

また、年式の古いモデルだと、部品が製造されていないことも多いです。
仮に代用品を取り寄せる必要がある場合、部品代が高額になる可能性は高いです。

なので、あまり年式の古い軽自動車はよほどの理由がない限りは、買わない方が良いでしょう。

【特徴2】先進運転支援システムがない

最近の軽自動車では、先進運転支援システムが標準装備された車両がほとんどです。

しかし、中古車のなかには、これらシステムが付いていない場合もあるので注意が必要です。

比較的新しい中古車でも、グレードの低いモデルは、運転支援システムが装備されていないものもあるので、購入の際には確認しましょう。

また、本体価格が安い中古車も、必要な機能が装備されていない場合があるので、チェックする必要があります。

【特徴3】アフターサポートや保証がない

アフターサポートや保証がない車の購入も避けるべきです。

なぜなら、あとあと不具合があった時に全て自己負担になってしまい、費用がかさむ可能性が高いからです。

よほど質の良い中古車で、壊れる可能性が低いものでない限り、サポートや保証のある方が安心です。

せっかく安く手にいれた軽自動車でも、結局メンテナンス費用でお金がかかると元も子もないので、しっかりと事前に調べておいた方が良いでしょう。

逆に買ってよかった軽自動車の満足度ランキング

ここまで、買って後悔した軽自動車の特徴やメーカーを解説してきました。

悩む男性2

「買って後悔した軽自動車は分かったけど、結局軽自動車の何を買えばいいの?」

ここでは、逆に買ってよかった軽自動車の満足度ランキングをご紹介します!

まず、買ってよかったと思える軽自動車の選び方がこちら。
利用目的や予算、燃費など、ライフスタイルに合わせた軽自動車を選ぶのが良いでしょう。

買ってよかったと思える軽自動車の選び方

  • 利用目的で選ぶ
  • 車の価格で選ぶ
  • 燃費の良さで選ぶ
  • 車内の広さで選ぶ
  • 車の性能や装備で選ぶ

そして、具体的な買ってよかった軽自動車がこちら!
ニーズ別に満足度をランキング化させると以下のようになります。

かっこいい軽自動車ランキング

  1. N-BOX(ホンダ)
  2. タント(ダイハツ)
  3. ラパン(スズキ)

故障の少ない軽自動車ランキング

  1. キャスト(ダイハツ)
  2. ムーヴキャンバス(ダイハツ)
  3. ワゴンR(スズキ)

疲れない快適な軽自動車ランキング

  1. ハスラー(スズキ)
  2. N-ONE(ホンダ)
  3. アルト(スズキ)

安くてコスパ最強の軽自動車ランキング

  1. ミライース(ダイハツ)
  2. デイズ(日産)
  3. タント(ダイハツ)

女性に人気のかっこいい軽自動車ランキング

  1. N-BOX(ホンダ)
  2. ムーヴキャンバス(ダイハツ)
  3. スペーシア(スズキ)

そして、軽自動車の購入で失敗したくない方は、無料で非公開車両が探せる「ズバット車販売」の利用がおすすめです。

全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は、実は全体のわずか30%。
その残り70%は非公開車両となるので、ズバットのようなサイトで、便利で効率の良い車探しができます。

さらに、車探しのプロが、あなたのニーズにマッチした車を提案してくれます。
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

本当に欲しい軽自動車を厳選して選び、購入したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

ランキングの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

【Q&A】買って後悔した軽自動車に関するよくある質問

最後に買って後悔した軽自動車に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】軽自動車を買うならどこのメーカーがいい?

疑問に思う男性

「軽自動車を買うならどこのメーカーがいいですか??軽自動車なんて買う気は無いですけど一応知っておきたいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「中古車」

【質問2】プロが選ぶ軽自動車でおすすめを教えて!

疑問に思う男性

「おすすめの軽自動車を教えてください。年内に軽自動車(新車)を購入する予定です。車のことは全くの無知、女性です。」
引用: Yahoo!知恵袋「新車」

【質問3】長く乗れる軽自動車を買うならどのメーカー?

疑問に思う男性

「長く乗れる軽自動車を買うならホンダかダイハツが良いでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「自動車」

まとめ:買って後悔した軽自動車を特徴やメーカーでランキング

買って後悔した軽自動車を特徴やメーカーでランキングしてきました。

改めて、買って後悔した軽自動車の特徴をランキングでみると

買って後悔した軽自動車の特徴ランキング

  1. 安全性能が劣る軽自動車
  2. 用途に合っていない軽自動車
  3. 壊れやすい軽自動車
  4. 走行性能が劣る軽自動車
  5. 燃費の悪い軽自動車

買って後悔した軽自動車の特徴があるのは事実です。
軽自動車の落とし穴は、車両価格の安さゆえに、できるだけコストを抑えようとすることです。

購入時のコストを抑えるのは大事なことです。
しかし、利用目的にあっていない車や、装備が不十分な車を選んでしまうと、かえって後悔してしまう可能性は高いです。

なので後悔しないためにも、必要最低限のお金はかけて、後悔しない車両を選ぶようにしましょう。

そして、車選びに最適なサービスが「ズバット車販売

ズバットなら、あなたのニーズにマッチした車をご紹介!
メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをプロが無料でお手伝いしてくれるサービスです。

自分に合う車を探したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp