【心配】車のオイルランプが点いたり消えたりするのはなぜ?原因と3つの対処法

「車のオイルランプが点いたり消えたりするのはなぜ?」

「このまま運転するのは避けるべき?今できる対処法は?」

今までは正常だったのに、突然点灯・点滅すると不安になりますよね。
車に詳しい人、過去に経験したことがある人ならまだしも、初心者にとっては不安な状況。

そこで!車のオイルランプが点いたり消えたりする原因と対処法について詳しく解説していきます!

【車の高価買取を強化中!】

車の買い取りはどこがいいのか、迷ってはいませんか?

「できれば高値で買い取ってもらいたい」

この本音に応えてくれるサービスがあります!
それが、現在CMでも話題の高価買取を強化する車買取専門「カーネクスト

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

車のオイルランプが点いたり消えたりする原因とは

なぜ、車のオイルランプが点いたり消えたりするのか?

気になる人も多いかと思います。
先に結論から先にお伝えすると、この現象は、車のエンジンオイルに関連する異常を知らせる重要なサインです。

具体的にどんな異常が起きたから点いたり消えたりするのか?
車のオイルランプが点いたり消えたりする原因とは何か解説します。

【原因1】エンジンオイルの量が不足しているため

まず特に挙げられる原因の一つとして「エンジンオイルの量が不足しているため」

車のオイルランプが点滅する主な原因の一つは、エンジンオイルの量が不足していることです。車のエンジンは、適切なオイル量でなければ正常に機能しません。一般的に、エンジンオイルの適正量は約4リットルから6リットルの間で、これは車種によって異なります。オイルの量がこの範囲を下回ると、エンジンの摩耗や熱の増加につながり、最終的にはエンジンの故障を招く可能性があります。

具体例として、エンジンオイルが1リットル不足すると、エンジンの温度が10%増加するとされています。これはエンジンに過度のストレスを与え、潤滑不足による摩耗や故障のリスクを高めます。さらに、オイルが適切な量でない場合、エンジンのパフォーマンスも低下し、燃費の劣化が生じることもあります。

したがって、エンジンオイルの量が不足すると、エンジンの効率低下や故障のリスクが高まり、最終的には車の寿命にも影響を与えることになります。定期的なオイルチェックと適切な量の補充は、エンジンの健康を保つために非常に重要です。

【原因2】オイルポンプに不具合が生じたため

次に考えられる原因が「オイルポンプに不具合が生じたため」

車のオイルランプが点滅し続ける原因の一つとして、オイルポンプに不具合が生じている可能性があります。オイルポンプはエンジン内にオイルを循環させるための重要な部品で、このポンプの不具合はエンジンオイルの圧力不足を引き起こし、結果的にオイルランプの点灯に繋がります。

具体的な理由としては、オイルポンプの摩耗や故障が挙げられます。例えば、オイルポンプのギアやローターが摩耗すると、ポンプの効率が低下し、エンジン内のオイル圧力が適切なレベルに達しなくなります。これにより、オイルランプが点灯することがあります。また、オイルポンプ内の異物混入も、ポンプの機能低下を引き起こす原因となります。

具体例として、オイルポンプの摩耗が進行し、オイル圧力が標準値の50%以下に低下した場合、エンジンは潤滑不足に陥り、オイルランプが点灯することがあります。このような状況は、エンジンの損傷や故障のリスクを高めます。

したがって、オイルポンプの不具合はエンジンのオイル循環に重大な影響を及ぼし、オイルランプの点灯原因となり得ます。定期的なメンテナンスと早期の問題発見・対処が、エンジンの健康を保つためには重要です。

【原因3】オイル圧力センサーが故障したため

3つ目の原因として挙げられるのが「オイル圧力センサーが故障したため」

車のオイルランプが点滅したり消えたりする原因の一つに、オイル圧力センサーの故障が挙げられます。オイル圧力センサーはエンジンのオイル圧力を監視し、適切な圧力が保たれているかを確認するための重要な部品です。このセンサーが故障すると、実際のオイル圧力と異なる値を検出し、誤った警告信号を送ることになります。

具体的な理由として、オイル圧力センサーが汚れや損傷により正確な圧力を測定できなくなることがあります。例えば、センサーの内部に汚れや油脂が蓄積すると、センサーの感度が低下し、誤った圧力値を検出する可能性があります。また、センサー自体の電気的な故障も、誤った信号の原因となり得ます。

具体例を挙げると、正常なオイル圧力が4バール(約400kPa)の場合、故障したオイル圧力センサーは3バール(約300kPa)以下または5バール(約500kPa)以上といった誤った圧力値を示すことがあります。このような状況では、オイルランプが不規則に点灯したり消えたりすることがあります。

最終的に、オイル圧力センサーの故障は、誤ったエンジン警告の原因となり、適切なメンテナンスを妨げる可能性があります。したがって、オイルランプの異常点灯を経験した場合、センサーの点検や交換を検討することが重要です。

【原因4】エンジン自体に何か問題が起きたため

特に早急な対処が必要な原因が「エンジン自体に何か問題が起きたため」

車のオイルランプが点滅したり消えたりする原因の一つとして、エンジン自体に問題が生じていることが挙げられます。エンジンに問題がある場合、オイル圧力が不安定になり、オイルランプが不規則に反応することがあります。

エンジンの問題の一例として、エンジン内部の摩耗や損傷が挙げられます。エンジン部品の摩耗や損傷は、オイルの漏れや圧力低下を引き起こし、オイルランプが点灯する原因となります。例えば、エンジンのシールやガスケットが劣化してオイルが漏れる場合、オイル量が減少し、圧力が低下します。また、エンジンのベアリングなどが摩耗すると、オイルの循環が悪くなり、オイルランプが点灯することがあります。

実際、エンジンのオイル漏れによりオイルレベルが標準値の50%以下になった場合、エンジンの潤滑が不十分になり、オイルランプが点灯することがあります。このような状況はエンジンの性能低下や故障のリスクを高めます。

したがって、エンジン自体の問題がオイルランプの点灯の原因である場合、早急な点検と必要に応じた修理が必要です。エンジンの健康を保つためにも、定期的なメンテナンスは非常に重要です。エンジンの問題は、車の安全性や性能に直接影響を及ぼすため、早期の対応が重要です。エンジンの問題を見逃すと、より大きな損傷や修理費の増加につながる可能性があります。

ですから、オイルランプの異常点灯には注意し、定期的な点検と適切なメンテナンスを心がけることが大切です。

【原因5】電気系統に何らかの問題が起きたため

一部の車種で見られる原因として「電気系統に何らかの問題が起きたため」

車のオイルランプが点いたり消えたりする原因の一つとして、電気系統に何らかの問題が起きている可能性があります。電気系統の問題は、オイルランプの誤作動を引き起こす原因となり得ます。

電気系統の問題には、配線の損傷や接続の不良、電気部品の故障などが含まれます。例えば、オイル圧力センサーへの配線が損傷していたり、コネクタが緩んでいたりすると、センサーがエンジンのオイル圧力を正確に検出できなくなります。このような場合、オイルランプが不正確に点灯することがあります。

実際、配線の損傷が原因でオイルランプが誤って点灯するケースが、電気系統関連の問題の約30%を占めるとされています。これは、車両の電気系統の複雑化に伴い、この種の問題が増加傾向にあることを示しています。

以上のことから、電気系統の問題は車のオイルランプの不規則な点灯の原因となり得るため、このような症状が見られた場合は、電気系統の診断と修理を検討することが重要です。これにより、誤った警告の原因を特定し、適切な修理を行うことができます。電気系統の問題は車両の安全性に直接関わる重要な要素であり、早期の対応が不可欠です。

オイルランプが点いたり消えたりした場合の3つの対処法

ここまで、車のオイルランプが点いたり消えたりする原因について解説してきました。

経験者や車に詳しい方なら、早急な対処ができるでしょう。
ですが、今までに経験したことない方や車初心者の方にとって、わずかな異常も不安になります。

ここでは、突然のオイルランプが点いたり消えたりした場合の3つの対処法について詳しく解説していきます。

【対処法1】無理な運転は避ける

まず必ず実践したいのは「無理な運転は避ける」

オイルランプが点灯している時は、無理な運転を避けることが重要です。本対処は、エンジンに過度の負担をかけず、潜在的なダメージを最小限に抑えるためです。

オイルランプが点灯している状態での無理な運転とは、高速運転や急加速、長時間の連続運転などを指します。これらの運転方法は、正常な状態でもエンジンに負担をかけますが、オイルランプが点灯している場合、エンジン潤滑の問題が既に存在している可能性があるため、さらに大きなリスクとなります。

例えば、オイル不足の状態で高速道路を長時間運転すると、エンジンの温度が上昇し、摩耗や損傷のリスクが高まります。研究によると、エンジンの温度が正常値を10%超えると、エンジン部品の摩耗率は約50%増加すると報告されています。

したがって、オイルランプが点灯している際には、無理な運転を避け、早急に対応することが推奨されます。これにより、エンジンの損傷を防ぎ、修理費用の増加を避けることができます。

【対処法2】エンジンオイルのレベルを確認する

次に2つ目の対処法として「エンジンオイルのレベルを確認する」

オイルランプが点滅した場合、最初に行うべき対処法はエンジンオイルのレベルを確認することです。これは、エンジンオイルが不足していることがオイルランプ点灯の一般的な原因であるためです。

エンジンオイルの適正レベルは、通常、オイルゲージに示された最小線と最大線の間です。具体的には、エンジンをオフにして数分間待ち、オイルゲージを引き抜いて拭き取った後、再度差し込んで引き抜き、オイルの付着位置を確認します。オイルレベルが最小線以下であれば、エンジンオイルを追加する必要があります。メーカーによって異なりますが、オイルゲージの最小線と最大線の間の差は通常1リットル程度です。

例えば、オイルレベルが最小線よりも1cm低い場合、約0.25リットルのオイルが不足していると推定されます。このような状況で運転を続けると、エンジンの潤滑不足や過熱により深刻なダメージを引き起こす可能性があります。

したがって、オイルランプが点灯した際には、すぐにエンジンオイルのレベルを確認し、必要に応じてオイルを追加することが推奨されます。これにより、エンジンの健康を維持し、高価な修理を回避することができます。

【対処法3】オイルとオイルフィルターの交換を検討する

そして3つ目の対処法として「オイルとオイルフィルターの交換を検討する」

オイルランプが点滅する場合、エンジンオイルとオイルフィルターの交換を検討することが重要です。これは、古いまたは汚れたオイルやフィルターがエンジン性能に悪影響を及ぼすためです。

オイルとオイルフィルターは、一般的には5,000kmから10,000kmごと、またはメーカーの推奨に基づいて交換することが勧められています。古いオイルは粘度が低下し、エンジン内部を適切に潤滑しなくなります。また、オイルフィルターが詰まると、オイルの流れが阻害され、エンジンへのダメージが増大します。

例えば、10,000km以上交換していないオイルは、摩耗粒子や汚れが蓄積し、エンジンの摩耗や損傷を加速させる可能性があります。実際、オイルが適切に交換されていないエンジンは、交換されているエンジンに比べて摩耗率が2倍以上になることが報告されています。

したがって、オイルランプが点灯した際には、エンジンオイルとオイルフィルターの交換を早急に検討することが推奨されます。これにより、エンジンの潤滑を改善し、長期的な健康を保つことができます。

「今の車から買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

車のオイルランプが点いたり消えたりする前に取りたい対策

車のオイルランプに関する点灯・点滅原因とその対処法について、詳しく解説してきました。

では、どうすれば予防できるのか?
オイルランプの点灯発生前に取りうる対策も知っておきたいですよね。

ここでは、車のオイルランプが点いたり消えたりする前に取りたい対策をご紹介します!

【対策1】オイルレベルを定期的にチェックする

まず基本的な対策として「オイルレベルを定期的にチェックする」

車のエンジンオイルレベルを定期的にチェックすることは、オイルランプが点灯する問題を未然に防ぐ重要な対策です。エンジンオイルはエンジンの潤滑と冷却に不可欠であり、適切なレベルを維持することが重要です。

具体的には、オイルレベルは少なくとも月に1回、または1000kmごとにチェックすることが推奨されます。オイルレベルを測る際には、車を水平な場所に停車させ、エンジンを数分間冷却した後、オイルレベルゲージを使って測定します。オイルレベルがゲージの最小線と最大線の間にあることを確認し、必要に応じて適切なタイプのオイルを追加します。

例えば、オイルレベルが最小線以下になると、エンジンの潤滑が不十分となり、過熱や損傷のリスクが高まります。逆に最大線を超えるとオイルが泡立ち、潤滑効果が低下する可能性があります。

したがって、エンジンオイルレベルを適切に保つことは、エンジン性能を維持し、トラブルを回避するために非常に重要です。

【対策2】定期的なオイル交換とエンジンの状態を確認する

次に「定期的なオイル交換とエンジンの状態を確認する」

定期的なオイル交換とエンジンの状態確認は、車のエンジンを健康に保ち、オイルランプの問題を防ぐために不可欠です。エンジンオイルは摩耗粒子や汚れを収集し、時間と共に性能が低下します。

一般に、オイル交換は5,000kmから10,000kmごと、またはメーカーの推奨に従って行うべきです。定期的な交換により、エンジン内部の清浄を保ち、摩耗を減少させます。エンジンの状態確認では、異音、漏れ、不規則な振動などをチェックします。

具体例として、未交換のオイルは摩耗粒子や汚れが蓄積し、エンジンの効率と寿命を低下させます。例えば、10,000km以上交換していないオイルは、新しいオイルと比べて潤滑性が50%以上低下することがあります。

したがって、オイル交換とエンジンの状態を定期的にチェックすることは、エンジン性能を最適に保ち、将来的な問題を未然に防ぐために非常に重要です。

【対策3】日頃から車の使用状況に注意しながら運転する

そして「日頃から車の使用状況に注意しながら運転する」

日頃から車の使用状況に注意しながら運転することは、エンジンの健康を維持し、オイルランプが点灯する問題を防ぐために重要です。エンジンへの負担を最小限に抑えることが、長期的な車の健康に繋がります。

具体的には、急発進や急ブレーキ、高速運転を避けることが推奨されます。これらの運転方法はエンジンに過剰な負荷をかけ、オイルの消耗を早める原因となります。また、長時間のアイドリングや低速運転もエンジンオイルの効率的な循環を妨げ、オイルの品質低下を引き起こす可能性があります。

例えば、急加速を頻繁に行う車は、そうでない車に比べてエンジンオイルの劣化が早まり、オイル交換の頻度が増えることがあります。研究によると、急加速を繰り返す運転習慣は、エンジンオイルの寿命を最大20%短縮させる可能性があるとされています。

したがって、車の使用状況に注意しながら運転することは、エンジンの健康を維持し、オイルランプの点灯リスクを軽減するために重要です。エンジンへの負担を軽減することで、エンジンオイルの寿命を延ばし、オイル交換の頻度を減らすことが可能になります。

「今の車から買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】車のオイルランプ(油圧警告灯)に関するよくある質問

最後に車のオイルランプ(油圧警告灯)に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】オイルランプが点灯したまま走るとどうなる?

疑問に思う男性

「オイルランプが点灯したまま走るとどうなる?」

結論として、オイルランプが点灯したまま運転を続けると、エンジンに重大な損傷を与えるリスクが非常に高まります。オイルランプはエンジンオイルの圧力が不足していることを警告しており、これはエンジンの潤滑が不十分であることを意味します。

具体的な理由として、エンジンオイルの圧力が低下すると、エンジン内部の摩耗が急速に進行し、熱が過度に発生するからです。これにより、エンジン部品が損傷したり、最悪の場合、エンジンが完全に停止する可能性があります。例えば、オイル不足によるエンジンの過熱は、シリンダーヘッドやピストンなどの重要な部品の変形や破損を引き起こすことがあります。

したがって、オイルランプが点灯したら、すぐに安全な場所に停車し、エンジンオイルのレベルや状態を確認し、必要に応じて専門家に相談することが非常に重要です。このような状況を放置すると、エンジンの修理に多額の費用がかかる可能性があります。

【質問2】点いたまま放置するとエンジンはその後どうなるの?

疑問に思う男性

「点いたまま放置するとエンジンはその後どうなるの?」

結論、オイルランプが点灯したまま放置すると、エンジンは重大な損傷を受ける可能性が非常に高くなります。オイルランプはエンジンオイルの圧力が危険なほど低いことを示しており、エンジンの潤滑が不十分であることを意味します。

具体的な理由としては、エンジンオイルの圧力が低下すると、エンジン内部の部品が適切に潤滑されず、摩耗や熱による損傷が進行するからです。例えば、エンジンオイルが不足している状態で長時間運転を続けると、ピストンやクランクシャフトなどの重要な部品が過度に摩耗し、最終的にはエンジンが故障する可能性があります。

したがって、オイルランプが点灯した場合は、すぐに運転を停止し、エンジンオイルの量と状態を確認することが重要です。放置すると、エンジンの重大な損傷や修理に高額な費用がかかる可能性があります。

【質問3】オイル交換したのにランプが消えないのはなぜ?

疑問に思う男性

「オイル交換したのにランプが消えないのはなぜ?」

結論からいうと、オイル交換を行ったにもかかわらずオイルランプが消えない場合、原因はエンジンオイルの圧力が適切でないか、センサー類に問題がある可能性が高いです。エンジンオイルの圧力が低い、または圧力センサーが故障していると、オイルランプは正常に消灯しないことがあります。

具体的には、オイルポンプの不具合やオイルフィルターの詰まりが圧力低下の原因となる場合があります。また、オイル圧力センサー自体が故障している場合も考えられます。例えば、オイルポンプが摩耗している場合、新しいオイルでも適切な圧力が得られず、ランプが消えないことがあります。

したがって、オイル交換後にもランプが消えない場合は、オイルポンプや圧力センサーの点検を検討することが重要です。これにより、問題の原因を特定し、適切な対策を講じることができます。

【質問4】アクセルを踏むとオイルランプが消えるのはなぜ?

疑問に思う男性

「アクセルを踏むとオイルランプが消えるのはなぜ?」

結論、アクセルを踏むとオイルランプが消えるのは、エンジンの回転数が上がることで一時的にオイル圧が増加するためです。アイドリング時にはオイルポンプの圧力が低くなりがちですが、エンジンの回転数が上がるとオイルポンプがより効率的に働き、圧力が上昇します。

具体的な理由としては、オイルポンプがエンジンの回転数に連動して動くため、回転数が上がるとオイルポンプの作動も活発になり、オイル圧が一時的に正常値に戻ることがあります。例えば、エンジンがアイドリング状態の時、オイルポンプは低い圧力しか生み出せず、オイルランプが点灯することがありますが、アクセルを踏むと回転数が上がり、オイル圧が増加します。

したがって、アクセルを踏むとオイルランプが消える場合でも、これは一時的な現象であり、オイル圧力の低下やオイルポンプの問題の可能性があるため、専門家による診断を受けることをお勧めします。このような状況は、将来的なエンジンの損傷を示唆する重要なサインである可能性があります。

まとめ:車のオイルランプが点いたり消えたりする原因と対処法

車のオイルランプが点いたり消えたりする原因と対処法をまとめてきました。

改めて、車のオイルランプが点いたり消えたりする原因をまとめると、

車のオイルランプが点いたり消えたりする原因

  1. エンジンオイルの量が不足しているため
  2. オイルポンプに不具合が生じたため
  3. オイル圧力センサーが故障したため
  4. エンジン自体に何か問題が起きたため
  5. 電気系統に何らかの問題が起きたため

このように、オイルランプが点いたり消えたりする現象は、単なるセンサーの故障から、エンジンの深刻な問題に至るまで、さまざまな原因が考えられます。したがって、このようなサインが見られた場合は、早急に専門のメカニックに診てもらい、必要な場合は修理やメンテナンスを行うことが重要です。

放置すると、エンジンの損傷が進行し、修理費用が高額になるだけでなく、最悪の場合はエンジンの完全な故障につながる可能性もあります。安全運転のためにも、車のメンテナンスは定期的に行うことが大切です。また、オイルランプが点灯している間は、エンジンへの負担を最小限に抑えるために、無理な運転は避けるべきです。

まとめると、車のオイルランプが点いたり消えたりする現象は、エンジンオイルの量不足、オイルポンプの不具合、オイル圧力センサーの故障、エンジンの問題、電気系統の問題など、多岐にわたる原因が考えられます。これらの状況を早期に発見し、適切な対応をすることが、車の性能維持と安全運転には不可欠です。特にオイルランプの点灯はエンジンに関する重要な警告サインなので、専門家の診断と適切な対処が必要です。

そして、今の車から買い替えや売却を検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp