【焦る】プリウスのエンジンがかからない?想定される12個の原因と状況別対処法

「プリウスのエンジンがかからない原因は?」

「エンジンがかからない時の対処法と対策を教えてほしい!」

運転したいのに、エンジンがかからない。
突然の出来事で頭が真っ白になる人も少なくないでしょう。

ですが、プリウスのエンジンがかからないのには必ず原因があります。

想定しうる原因は何なのか?
そして、原因に対する適切な対処法は何なのか?

本記事ではプリウスのエンジンがかからない原因と状況別対処法を詳しく解説していきます!

【車の高価買取を強化中!】

プリウスの買い取りはどこがいいのか、迷ってはいませんか?

「できれば高値で買い取ってもらいたい」

この本音に応えてくれるサービスがあります!
それが、現在CMでも話題の高価買取を強化する車買取専門「カーネクスト

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

プリウスのエンジンがかからない12個の原因

愛車のプリウスが突然、エンジンかからなかったら困りますよね。

詳しい人ならまだしも、素人はただただ焦ります。
どうしてエンジンがかからないのか?原因は何なのか?

事前に想定しうる原因の目星が付けれれば、改善のしようもあります。

ですので、ここではいくつかの想定されるプリウスのエンジンがかからない12個の原因を解説していきます。

【原因1】バッテリーの消耗

プリウスのエンジンがかからない主要な原因の一つはバッテリーの消耗です。トヨタによると、ハイブリッド車のバッテリー寿命は通常約8年または16万km、年数でいえば3~5年です。実際に、バッテリーの劣化は放電容量の低下を招き、エンジン始動時に必要な電力が供給できなくなります。例えば、バッテリーが完全に充電されていても、容量が原因でエンジンが始動しないケースがあります。バッテリーの消耗はプリウスの性能に直接影響を与える重要な問題です。

【原因2】バッテリーターミナルの腐食

プリウスのエンジンがかからない一因はバッテリーターミナルの腐食です。バッテリーターミナルの腐食は、電気的接触不良を引き起こし、エンジンへの電力供給が不安定になります。例えば、腐食が進むとバッテリー電圧が低下し、必要な起動電力が得られなくなることがあります。この問題は定期的なメンテナンスで防げるため、バッテリーターミナルの清掃と点検が重要です。トヨタ公式ウェブサイトにも、バッテリーメンテナンスの重要性が強調されています。

【原因3】点火プラグの問題

プリウスのエンジン始動問題の一つに点火プラグの不具合があります。点火プラグはエンジンの効率的な燃焼に不可欠で、不良な点火プラグはエンジンのミスファイアやパワー低下を引き起こします。例えば、汚れや損傷が進んだ点火プラグは、燃料の不完全燃焼を招き、始動困難に繋がることがあります。トヨタは点火プラグの定期的な交換を推奨しており、一般的には約30,000kmごとに交換することが望ましいとされています。点火プラグの状態を定期的にチェックすることが重要です。

【原因4】エアフィルターの詰まり

プリウスのエンジンが始動しない原因の一つはエアフィルターの詰まりです。エアフィルターはエンジンに清浄な空気を供給し、燃焼効率を高める役割を果たします。しかし、詰まったエアフィルターはエンジンへの空気流入を妨げ、パフォーマンスの低下や始動障害を引き起こすことがあります。例えば、過度に汚れたエアフィルターは、エンジンの不均等な燃焼を招き、アイドリングの不安定さや出力の低下につながることがあります。トヨタでは、エアフィルターは一般的に約20,000kmごとに交換することを推奨しています。定期的な点検と交換がエンジン性能を維持する鍵です。

【原因5】エンジンオイルの不足

プリウスのエンジンが始動しない一因としてエンジンオイルの不足が挙げられます。エンジンオイルは潤滑や冷却に不可欠で、不足するとエンジンの摩耗や過熱を引き起こし、最終的にはエンジンの損傷や始動不能に至ることがあります。例えば、オイルレベルが低い状態で長時間運転すると、エンジン部品の損傷や性能低下が発生し、始動困難を引き起こすケースが見られます。トヨタはエンジンオイルの定期的なチェックと交換を推奨しており、プリウスの場合、約10,000kmごとの交換が望ましいとされています(出典:トヨタ「エンジンオイル・オイルフィルター」)。適切なオイル管理がエンジンの健全な状態を保つ鍵です。

【原因6】冷却システムの問題

プリウスのエンジンが始動しない原因の一つは冷却システムの問題です。エンジンの過熱を防ぐために重要な冷却システムが不適切に機能すると、エンジンの効率が低下し、最悪の場合はエンジンの損傷につながります。具体的には、冷却液の漏れや不足、冷却システムの汚れがエンジンの温度を適切に制御できなくなる事例があります。トヨタは冷却システムの定期的な点検とメンテナンスを推奨しており、プリウスにおいては、少なくとも2年ごとまたは24,000kmごとの点検が必要です。適切な冷却システムの管理がエンジン性能を維持する上で重要です。

【原因7】キー(スマートキー)の問題

プリウスのエンジンが始動しない原因の一つに、スマートキーの問題があります。スマートキーのバッテリーが弱くなると、車両との通信が不安定になり、エンジンの始動ができなくなることがあります。例えば、キーの電池残量が少ない場合、エンジンスタートボタンを押しても反応がない状況が発生することがあります。トヨタでは、スマートキーのバッテリーは通常1~2年で交換することを推奨しており、定期的な電池の交換が重要です。適切なスマートキーのメンテナンスが、車両の快適な使用を保証します。

【原因8】セキュリティシステムの作動

プリウスのエンジンが始動しない一因として、セキュリティシステムの誤作動があります。このシステムは不正な車両使用を防ぐために設計されていますが、誤った操作やシステムの不具合により、エンジンの始動が阻害されることがあります。具体的には、スマートキーが車内にない場合や、セキュリティシステムが誤って作動した場合、エンジンがロックされる事例があります。トヨタでは、セキュリティシステムのトラブルシューティング方法を提供しており、必要に応じて専門のサービスを利用することを推奨しています。セキュリティシステムの適切な管理と理解が重要です。

【原因9】トランスミッションの問題

プリウスのエンジン始動に影響する一因はトランスミッションの問題です。特に、オートマチック車では、トランスミッションが正しい位置(「P」または「N」)にないとエンジンが始動しない仕組みになっています。例えば、車が「ドライブ」や「リバース」に誤って設定されている場合、安全機能としてエンジンは始動しません。トヨタはトランスミッションの正しい位置確認と、異常時の専門的な診断を推奨しています。トランスミッションの正しい使用とメンテナンスが、安全な運転と車両の性能維持に不可欠です。

【原因10】補機バッテリーがあがっている

プリウスのエンジンが始動しない原因として、補機バッテリーの消耗があります。補機バッテリーは車の電気系統に電力を供給し、エンジン始動にも重要な役割を果たします。長期間使用されずに放置されると、バッテリーが自然放電し、始動に必要な電力が得られなくなります。例えば、数週間以上車を使用しない場合、補機バッテリーが消耗し、エンジンがかからない状況が生じることがあります。トヨタでは、定期的なバッテリーチェックと適切な保管を推奨しており、補機バッテリーの寿命は一般に約3年から5年とされています。適切なバッテリーメンテナンスが重要です。

【原因11】電子スロットルコントロールの不具合

プリウスのエンジン始動問題の一因は電子スロットルコントロールの不具合です。このシステムはアクセルペダルの操作に基づいてエンジンの吸気量を制御し、エンジンのパフォーマンスに直接影響します。不具合があると、エンジンの不安定なアイドリングやパワー低下を引き起こし、最悪の場合エンジンが始動しないことがあります。例えば、センサーや配線の問題が発生すると、エンジンの制御が適切に行われず、始動に必要な条件が満たされない場合があります。トヨタでは、電子スロットルコントロールシステムの定期的な点検とメンテナンスを推奨しており、異常が認められた場合は速やかに修理が必要です。適切なシステムの管理がエンジン性能を保つ鍵です。

【原因12】外部環境による影響

プリウスのエンジン始動に影響する一因として、外部環境があります。特に、極端な気温条件はバッテリー性能に影響し、エンジンの始動を困難にします。例えば、低温環境下ではバッテリーの出力が低下し、エンジンに必要な電力が不足することがあります。また、高温環境ではバッテリー液の蒸発や劣化が進むことがあります。トヨタは気温変動に対するバッテリーの定期的なチェックを推奨しており、適切な状態での保管とメンテナンスが重要です。外部環境への適応がエンジン性能の維持に不可欠です。

「プリウスから買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

プリウスのエンジンがかからない時の状況別対処法

ここまで、プリウスのエンジンがかからない原因を解説してきました。

想定しうる原因は複数あります。
ただ、状況が特定できている中では、求められる対処法は異なってきます。

ここでは、プリウスのエンジンがかからない時の状況別対処法もまとめていきます。

【対処法1】電気はつくけどエンジンはかからない時

まず「電気はつくけどエンジンはかからない時」

プリウスで電気はつくがエンジンがかからない場合、いくつかの原因が考えられます。一つの可能性は、スマートキーの電池が弱くなっていることです。キーの電池残量が少ないと、車両との通信が不安定になり、エンジン始動システムが正常に機能しなくなることがあります。例えば、キーレスエントリーの反応が鈍い場合や、エンジンスタートボタンを押しても反応しない状態がこれに該当します。この場合、スマートキーの電池を交換することで問題が解決することが多いです。また、トヨタではスマートキーのバッテリーは通常1~2年で交換することを推奨しています。キーの電池状態を定期的にチェックし、必要に応じて交換することが重要です。

【対処法2】エンジンはかからず異音がする時

次に「エンジンはかからず異音がする時」

プリウスでエンジンがかからず異音がする場合、スターターモーターの問題やトランスミッションシステムの異常が考えられます。スターターモーターに不具合があると、エンジンを回す力が不足し、キーやスタートボタンを操作しても「カチカチ」という音がすることがあります。この音は、スターターモーターがエンジンと正しく噛み合わない状態を示しています。また、トランスミッションが「P」や「N」以外の位置にある場合も、エンジンが始動しない原因となります。この際、シフトレバーを確認し、必要に応じて正しい位置に調整することが重要です。トヨタでは、異音が発生した場合は早急にディーラーや専門の修理工場で診断を受けることを推奨しています。エンジンの始動に関わる部品の異常は、迅速な対応が必要です。

【対処法3】エンジンはかからないけどブレーキが重い時

そして「エンジンはかからないけどブレーキが重い時」

プリウスでエンジンがかからないと同時にブレーキが重く感じられる場合、主にパワーブレーキシステムの不具合が原因です。このシステムはエンジンの真空圧を利用してブレーキを補助するため、エンジンが停止していると正常なブレーキ機能が失われることがあります。例えば、エンジンが始動しない状態でブレーキペダルを踏むと、通常よりも力を要する場合がこれに該当します。トヨタでは、このような状況が発生した際には、専門の修理工場での診断を推奨しており、特にブレーキ関連の問題は安全運転に直結するため、迅速な対応が求められます。ブレーキの異常は早急に対処することが重要です。

「プリウスから買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

「プリウスのエンジンかからない」と慌てる前に取り組みたい対策

プリウスのエンジンがかからない状況について、詳しくまとめてきました。

エンジンがかからないのには、必ず原因があります。
そして、これらの原因は、適切な対策によって、未然に防ぐことも可能です。

突然、エンジンがかからず焦らなくて済むように。
ここでは、「プリウスのエンジンかからない」と慌てる前に取り組みたい対策をご紹介します!

【対策1】定期的なバッテリーメンテナンス

まず実践しておきたい対策が「定期的なバッテリーメンテナンス」

プリウスのエンジン始動問題を避けるためには、バッテリーメンテナンスが不可欠です。

バッテリーは車両の電気系統の心臓部であり、その劣化や不具合はエンジン始動に直接影響します。具体的なメンテナンスとしては、定期的にバッテリーの電圧を測定し、端子の清掃と締め付けを行うことが重要です。例えば、電圧が12.6V未満の場合は充電不足の兆候であり、バッテリーの交換が必要になる可能性があります。また、バッテリーターミナルの腐食や緩みも始動障害の原因となるため、定期的な点検が推奨されます。トヨタでは、バッテリーの定期的なメンテナンスを強く推奨しており、特に冬場の低温や夏場の高温ではバッテリーの状態が変化しやすいため、季節の変わり目にチェックすることが良いとされています。

適切なバッテリーメンテナンスが車両の信頼性を保つ鍵です。

【対策2】エンジンオイルの定期的な交換とレベルチェック

次に簡単な対策として「エンジンオイルの定期的な交換とレベルチェック」

プリウスの長期的な性能維持には、エンジンオイルの定期的な交換とレベルチェックが重要です。

エンジンオイルはエンジンの潤滑や冷却に不可欠で、不適切なオイルレベルや質はエンジンの損傷や性能低下を引き起こす可能性があります。具体的には、オイルレベルが低すぎると摩耗や過熱のリスクが増加し、高すぎるとオイルフォームや圧力異常を引き起こすことがあります。トヨタでは、エンジンオイルとオイルフィルターは、一般的に10,000kmごと、または6か月ごとに交換することを推奨しています。また、オイルの色や粘度の変化もチェックし、必要に応じて早めの交換を検討することが良いです。

定期的なオイル管理がエンジンの健全な状態を維持するうえで重要な対策だといえます。

【対策3】外部環境に適した場所で車両を保管しておく

そしてプリウスに限らず留意しておきたいのが「外部環境に適した場所で車両を保管しておく」

プリウスのエンジン始動性を確保するためには、外部環境に適した場所での車両保管が重要です。

極端な気温は車両のバッテリーやその他の電子部品に悪影響を及ぼすことがあります。たとえば、寒冷地ではバッテリーの放電が早まり、高温環境ではバッテリーの過熱や液の蒸発が問題になることがあります。このため、可能であれば温度変化が少ないガレージや屋根付きの場所で車両を保管することが望ましいです。トヨタでは、バッテリーの健全性や車両の長期的な性能維持のために、適切な保管環境の確保を推奨しています。

特に冬季や夏季の厳しい気候条件下では、車両の保管環境に注意を払うことが重要です。

「プリウスから買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】プリウスのエンジンがかからない状況でのよくある質問

最後にプリウスのエンジンがかからない状況でのよくある質問をまとめます。

【質問1】プリウス30系のエンジンがかからない原因は何?

疑問に思う男性

「プリウス30系のエンジンがかからない原因は何?」

結論、プリウス30系のエンジンがかからない原因として、複数の要因が考えられます。

最も一般的な原因はバッテリーの消耗や劣化です。長期間使用したり、定期的なメンテナンスを怠ると、バッテリーの性能が低下し、エンジンが始動しなくなることがあります。他の原因としては、スマートキーの電池切れ、エアフィルターや燃料フィルターの詰まり、点火プラグの問題、またはエンジンオイルの不足などが挙げられます。特に、スマートキーの電池は約1~2年で交換が必要であり、点検と交換を怠るとエンジン始動に影響が出ることがあります。

これらの問題に対しては、定期的な点検と適切なメンテナンスが重要です。

【質問2】プリウス30系のハイブリットシステムチェックとエラーが出る原因は?

疑問に思う男性

「プリウス30系のハイブリットシステムチェックとエラーが出る原因は?」

結論、プリウス30系でハイブリットシステムチェックの警告灯が点灯し、エラーが表示される主な原因は、ハイブリッドシステムの様々なコンポーネントの不具合です。

このシステムは複雑で、小さな問題でもシステム全体に影響を及ぼす可能性があります。具体的には、ハイブリッドバッテリーの劣化や故障、インバーターやコンバーターの問題、各種センサーの故障などが挙げられます。たとえば、ハイブリッドバッテリーが古くなると、その性能が低下し、システムチェックの警告灯が点灯することがあります。また、エラーコードによっては、特定のセンサーやシステム部品の故障を示している場合もあります。トヨタでは、ハイブリッドシステムの警告灯が点灯した際には、速やかに専門のディーラーや修理工場で診断を受けることを推奨しています。

ハイブリッドシステムの適切な管理と定期的な点検が重要です。

【質問3】プリウスのバッテリーが上がった時のエンジンのかけ方は?

疑問に思う男性

「プリウスのバッテリーが上がった時のエンジンのかけ方は?」

結論、プリウスのバッテリーが上がった場合のエンジンのかけ方には、特定の手順が必要です。

まず、他の車両のバッテリーまたはジャンプスターターを使用して、プリウスのバッテリーにジャンプスタートを行います。この際、正しい接続順序としては、まず救援車両のプラス端子に赤いジャンパーケーブルを接続し、次にプリウスのプラス端子に接続。その後、救援車両のマイナス端子に黒いジャンパーケーブルの一方を接続し、もう一方をプリウスのアースポイントに接続します。接続後、救援車を数分間アイドリングさせてから、プリウスのエンジンをスタートさせます。

この方法は、トヨタ公式ウェブサイトや車両の取扱説明書にも詳しく記載されています。ジャンプスタート後は、プリウスをしばらく走行させてバッテリーを充電することが重要です。

まとめ:プリウスのエンジンがかからない原因と状況別対処法

プリウスのエンジンがかからない原因と状況別対処法をまとめてきました。

改めて、想定されるプリウスのエンジンがかからない原因をまとめると、

プリウスのエンジンがかからない原因

  1. バッテリーの消耗
  2. バッテリーターミナルの腐食
  3. 点火プラグの問題
  4. エアフィルターの詰まり
  5. エンジンオイルの不足
  6. 冷却システムの問題
  7. キー(スマートキー)の問題
  8. セキュリティシステムの作動
  9. トランスミッションの問題
  10. 補機バッテリーがあがっている
  11. 電子スロットルコントロールの不具合
  12. 外部環境による影響

プリウスのエンジンがかからない問題は、多くの場合、基本的なメンテナンスの不足に起因します。

バッテリーの劣化やターミナルの腐食はエンジン始動の障害となるため、定期的なチェックと必要に応じたメンテナンスが不可欠です。さらに、スマートキーのバッテリーも消耗品であり、1~2年ごとの交換が推奨されています。エアフィルターの詰まりはエンジンの効率を低下させ、エンジンオイルの不足は摩耗や過熱のリスクを高めます。これらを定期的に点検し、適切に管理することで、エンジンの信頼性を高めることができます。また、外部環境、特に極端な気温はバッテリーや他の電子部品に影響を及ぼすため、適切な保管場所の選択も重要です。

予防的なメンテナンスと、問題発生時の適切な対応が、日々のドライビング体験と車両の長寿命を保証します。プリウスの所有者として、これらの基本的なケアを日常的に実行することが、快適なカーライフを過ごす秘訣だといえます。

そして、プリウスから買い替えや売却を検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp