ハリアーは若者には買えない?買っても維持できない?結論と維持費を抑えて賢く乗る方法

「ハリアーは若者には買えない?」

「ハリアーを買っても維持できないから後悔する?」

トヨタが誇る高級クロスオーバーSUV「ハリアー」
洗練されたデザインと高い走行性能を持つ、若者にも人気の車種です。

なんですが、「ハリアーは若者には買えない」といった声が聞かれますが本当でしょうか?

今後、ハリアーの購入を検討している若者にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではハリアーは若者には買えないのかの結論と維持費を抑えて賢く乗る方法を詳しく解説していきます!

【結論】ハリアーは若者には買えない?

ハリアーは若者には買えないのかどうか?

結論からいうと、買えないことはありません。
ですが、現実問題として若者がハリアーを買うのは難しいです。

トヨタ・ハリアーの車両価格は、3,128,000円(税込)から始まり、最高6,200,000円(税込)までとなっています。この価格範囲は、若者の購買力や経済状況によって異なりますが、一般的にはかなり高価な部類に入るため、若者が購入するには難しいのが現実です。

ただし、若者でも高収入を得ている場合や、購入に向けて長期的な貯蓄計画を立てることができれば、購入が可能です。重要なのは、個々の財務状況と購入に対する意欲です。

ですので、若者でもハリアーを買えないことはない。
ただ、どうしても購入後のリスクや維持費の難しさに懸念があるなら、ハリアーに賢く乗る方法があります。

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービスです。

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、20代の若者でも利用することは可能です。
費用を抑えて車に乗りたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

「維持費を最大限抑えて、身軽にハリアーを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にハリアー新車に乗ってみたい!」

ハリアーを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

ハリアーは若者には買えない3つの理由

ではなぜ、若者だとハリアーを買うのは難しいのか?

購入を検討している若者(主に20代)にとって、非常に気になる情報です。

具体的なハリアーは若者には買えない3つの理由を深堀解説していきます。

【理由1】車両価格が高いから

特に多い理由として「車両価格が高いから」

ハリアーの車両価格が高いため、若者には購入が難しいです。

この理由は、ハリアーが高級SUVセグメントに位置付けられており、そのエントリーモデルの価格が300万円以上に設定されているから。若年層の平均年収を考慮すると、この価格帯はかなりの負担となります。実際、日本の新卒者の初任給は平均で約20万円から25万円程度であり(厚労省調べ)、生活費や学生ローンの返済などを考えると、ハリアー購入のための余裕はほとんど残りません。さらに、車両価格が高いことで、ローンを利用した場合の月々の返済額も高くなり、若者の経済的な負担をさらに増大させます。

以上の理由から、高い車両価格は若者がハリアーを購入する大きな障壁となっています。

【理由2】ローンを組むのが難しいから

次に2つ目の理由として「ローンを組むのが難しいから」

ハリアーの購入に際し、ローンを組むことが若者にとっては難しいです。

その主な理由は、若者の安定した収入や信用情報の不足にあります。多くの場合、車のローン審査では安定した収入や良好な信用情報が求められますが、若年層は職に就いたばかりで収入が不安定であったり、十分な信用履歴を築いていないことが一般的です。例えば、20代の平均年収は約300万円台であり(厚労省調べ)、これには定期的な昇給やボーナスが含まれていない場合が多く、ローンの返済能力を疑問視される原因となります。さらに、若年層はクレジットカードの使用歴が短かったり、過去にローンを組んだ経験が少なかったりするため、金融機関からの信頼を得にくいのです。

このような背景から、若者がハリアーを購入するために必要なローンを組むことが難しく、購買行動を妨げる要因となっています。

【理由3】保険料が高額になりがちだから

そして3つ目の理由が「保険料が高額になりがちだから」

ハリアーの保険料が高額になりがちな理由は、高級SUVとしての車両価値と、若者の事故率の高さにあります。

高級車は修理費や部品の交換費用が高く、これが保険料を押し上げる要因となります。特に若年層は事故率が高いと統計的に見られており、その結果、保険会社はリスクをカバーするために高い保険料を設定します。実際、20代のドライバーは、40代や50代のドライバーに比べて自動車事故に遭遇する確率が高く、その差は数倍にも及ぶことが報告されています。このようなデータに基づき、保険会社は若年層に対してより高い保険料を設定するのです。

したがって、ハリアーを含む高級車を若者が保有する場合、保険料の高額さが大きな経済的負担となり、購入をためらう理由の一つとなっています。

買ったのにハリアーを若者が手放した原因

結論、ハリアーは若者には買えない理由があるのは事実です。

なんですが、すべての若者が買えないわけではありません。
実際に20代のうちにハリアーを購入して乗る若者もいます。

しかし、その多くは、最終的には手放す決断を下します。

それはなぜか?買ったのにハリアーを若者が手放した原因を解説していきます。

【原因1】維持できないため

まず1つ目の原因として多いのが「維持できないため」

ハリアーを若者が手放す主な原因は維持できないためです。

この背景には、高級SUVであるハリアーの維持費が若者の経済能力を超えるケースが多いことがあります。具体的には、年間の車検費用、定期的なメンテナンス費、さらに燃料費や保険料などが挙げられます。実際、ハリアーの年間維持費は数十万円にのぼり、これに加えて月々のローン返済額があると、特に新社会人など若年層にとっては大きな負担となります。また、保険料に関しても、若者は年齢や運転歴が短いことから高額になりがちで、これが経済的な負担をさらに増加させます。

このような維持費の高さが、若者がハリアーを手放す決定的な原因となっています。

【原因2】ライフスタイルが変化したため

そして2つ目の原因が「ライフスタイルが変化したため」

ハリアーを若者が手放す一因として、ライフスタイルの変化が挙げられます。

若者の生活環境や価値観の変化は、車の必要性や適合性を再評価させる要因になります。例えば、結婚や子供の誕生、住居の変更など大きなライフイベントは、車選びの基準を変えることがあります。特に都市部への転居では、駐車スペースの確保が困難になることや、公共交通機関の便利さから、大型SUVであるハリアーが不便と感じられるようになるケースがあります。また、育児の開始は、より安全性や燃費の良い車種への関心を高めることもあります。これらライフイベントの多さは、20代の若者の間でよく見られる傾向です。

このように、ライフスタイルの変化は、ハリアーのような車が生活にマッチしなくなる主な原因となり、結果として手放す判断につながります。

若者でもハリアーを購入できる年収の目安

ここまで、若者のハリアー購入事情を詳しく解説してきました。

では、若者でもハリアーを購入できる年収の目安はどれくらいなのか?
購入を検討している若者の方も多いかと思いますので、「ハリアーの維持費」と「若者の経済力」から試算していきます。

まず結論からいうと、若者でもハリアーを購入できる年収の目安は、少なくとも年収500万円以上と考えられます。

ハリアーの購入価格は、モデルにもよりますが、新車で300万円から600万円程度です。車両価格のみならず、購入時にかかる税金、保険料、登録料などの初期費用も考慮する必要があります。これらを合わせると、初年度にかかる費用は大きくなります。

さらに、年間の維持費も無視できません。維持費には、自動車税、自賠責保険、任意保険、メンテナンス費用、燃料費などが含まれます。これらの年間維持費は、少なくとも30万円から50万円程度が見込まれます。特に、ハリアーのような高級SUVは保険料が高めに設定される傾向にあり、燃料費も一般的なコンパクトカーより多くなりがちです。

年収500万円の場合、手取り額は大体400万円前後になることが一般的です。生活費、住居費、食費、通信費などの固定費を考慮すると、車に割ける予算は限られてきます。しかし、財務的に余裕を持ってハリアーを購入し、快適に維持していくためには、この年収が適切な目安となります。

したがって、若者がハリアーを購入し、ストレスなく維持していくためには、年収500万円以上が望ましいといえます。この年収であれば、車両購入費用や維持費を賄いつつ、他の生活費にも十分に対応できるため、経済的な負担を感じることなくハリアーの所有が可能です。

若者でも維持費を抑えてハリアーに賢く乗る方法

悩む男性

「ハリアーに乗りたい。でも、初期費用が高くて維持費の負担も大きいから買えない・・・」

20代若者のハリアー購入に対する本音です。

でも、若者でも維持費を抑えてハリアーに賢く乗る方法があります!

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、20代の若者でも利用することは可能です。
費用を抑えて車に乗りたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

「維持費を最大限抑えて、身軽にハリアーを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にハリアー新車に乗ってみたい!」

ハリアーを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com

ハリアーを買いたい若者におすすめのお得な購入方法

若者でハリアーに乗る賢い方法は「KINTO」がおすすめ。
車購入によるリスクを最大限抑えて、好きな車に乗れる全く新しいクルマの楽しみ方です。

ただ、なかにはハリアーを購入したい若者もいるでしょう。
そんな方には、ハリアーを買いたい若者におすすめのお得な購入方法があります!

それが「中古車を利用する」という選択肢。
実際、アンケート調査によると車所有者のうち、新車に次いで中古車の利用が多いのがわかっています。

中古車を選んだ理由も、「購入費用を安く抑えたかったから」が最多となっています。

ですので、ハリアーの新車は買えなくても中古車を検討してみるのも最良の選択肢といえるでしょう。

悩む男性

「中古車を買うのがおすすめなのは分かったけど、どこで買えばさらにお得で購入できる?」

実は、気になる中古車をさらに安く購入できる方法があります!
その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

気になる中古車、欲しい車をさらに安くお得に購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

【Q&A】若者では買えないと囁かれるハリアーのよくある質問

最後に若者では買えないと囁かれるハリアーのよくある質問をまとめます。

【質問1】ハリアーを購入できるのはお金持ちだけ?

疑問に思う男性

「ハリアーを購入できるのはお金持ちだけ?」

結論、ハリアーを購入できるのはお金持ちだけではありませんが、経済的な余裕は必要です。

ハリアーの購入価格は300万円から600万円程度であり、初期費用や年間の維持費も含めると、一定の収入が求められます。例えば、年収500万円以上あれば、生活費を圧迫することなくハリアーの購入と維持が可能です。これは、車両価格だけでなく、保険料やメンテナンス費用などの維持費を考慮した場合の目安です。

以上の理由から、ハリアーの購入はお金持ちだけのものではなく、計画的に資金を管理していれば、多くの人にとっても可能です。

【質問2】年収200万の若者だとハリアーは買えない?

疑問に思う男性

「年収200万の若者だとハリアーは買えない?」

結論、年収200万円の若者がハリアーを購入するのは非常に難しいです。

ハリアーの購入価格は300万円から600万円程度であり、初期費用に加えて年間維持費も考慮する必要があります。年収200万円では、手取り収入はさらに低く、生活費や他の必要経費を賄った後に、高価な車の購入や維持に回す余裕はほとんど残りません。具体的には、ローンで購入した場合、毎月の返済額が収入の大きな割合を占めることになり、経済的な負担が非常に大きくなります。

結論として、年収200万円ではハリアーの購入は現実的ではなく、より手頃な車種を検討することが適切です。

【質問3】ハリアーに乗ってる若者は勝ち組ですか?

疑問に思う男性

「ハリアーに乗ってる若者は勝ち組ですか?」

ハリアーに乗る若者が勝ち組かどうかは、単純に車の所有だけで判断できるものではありません。

勝ち組とは、経済的な余裕だけでなく、生活の質や個人の価値観においても満足している状態を指します。ハリアーを所有している若者がいたとしても、その資金が自分の努力によるものなのか、あるいは他の財源に依存しているのかによって、その評価は大きく異なります。例えば、自己のキャリアを積み重ね、計画的に資金管理をしてハリアーを購入した場合、それはその人の努力の結果として評価できるかもしれません。しかし、単に高価な車を所有しているだけでは、人生の成功を全面的に示すものではありません。

したがって、ハリアーに乗っている若者を一概に勝ち組とは言えず、その背景や生活全般を見る必要があります。

まとめ:ハリアーは若者には買えないのかの結論と新車に賢く乗る方法

ハリアーは若者には買えないのかの結論と新車に賢く乗る方法をまとめてきました。

結論、買えないことはありません。
ですが、現実問題として若者がハリアーを買うのは難しいです。

そのハリアーは若者には買えない理由をまとめると、

ハリアーは若者には買えない理由

  • 車両価格が高いから
  • ローンを組むのが難しいから
  • 保険料が高額になりがちだから

車購入のリスクや維持費の高さと、若者の経済力が釣り合っていないことが、購買行動を妨げる最たる原因です。

つまり、購入しない選択肢を取るのが最適解。
購入ではなく、フルサービスのカーリースを利用するのが最も賢い楽しみ方だといえます。

では、どのサービスを利用すればいいのか?

それがトヨタの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

KINTOは、初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

もちろん、20代の若者でも利用することは可能です。
費用を抑えて車に乗りたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

「維持費を最大限抑えて、身軽にハリアーを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にハリアー新車に乗ってみたい!」

ハリアーを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\カーライフをもっと身軽に!/
『KINTO』まずは車種を選んでプランを確認してみる
【公式サイト:https://kinto-jp.com