レクサスを買う人の年収はいくら?年収相場や乗ってる人のイメージを調査

「レクサスを買う人の年収はいくら?」

「年収いくら以上だったら、レクサスを買える?」

トヨタが誇る高級車ブランド「レクサス
一度は乗ってみたい、憧れのブランドといえます。

そんなレクサスを買う人は、どれくらいの年収なのか?
具体的に購入を検討している方にとって、非常に気になる情報です。

そこで!レクサスを買う人の年収相場と乗ってる人のイメージを徹底調査していきます!

【結論】レクサスを買う人の年収はいくら?

レクサスを買う人の年収はいくらなのかどうか?

結論からいうと、購入する車種によって異なります。
なぜなら、レクサス車はエントリーモデルから高級モデルまで幅広いラインナップが揃っているから。

かつ、車を無理なく購入できる価格帯は、一般的に年収の半分程度が一つの基準になります。
それは、自動車の価格が年収の半分程度であれば、ローンの申し込みは通りやすいためです。

これらの情報を踏まえて、具体的なレクサスの車種ごとに「買う人の年収」を考察すると以下の通りとなります。

レクサス|車両ごとの年収 車両価格 推定必要年収
レクサス CT (エントリーモデル) 約400万円 約800万円
レクサス IS, ES, NX (中級モデル) 約500万円~700万円 約1,000万円~1,400万円
レクサス RX, GX (上級モデル) 約700万円~1,000万円 約1,400万円~2,000万円
レクサス LC, LS, LX (最高級モデル) 1,000万円以上 2,000万円以上

(出典:LEXUS「LINE UP」

つまり、レクサスを買う人の年収は最低800万円、最高で年収2,000万円以上という結論になります。

レクサスを買う人の年収は車両価格の半分程度が目安になる理由

ここまで、レクサスを買う人の年収がいくらか解説してきました。

ただ気になるのは、年収の目安。
なぜ、車両価格は年収の半分程度が目安になるのか?

具体的に購入を検討している方にとって、非常に気になる情報です。

ここでは、レクサスを買う人の年収は車両価格の半分程度が目安になる理由も解説しておきます。

【理由1】支払い能力を確保するため

まず1つ目の理由は「支払い能力を確保するため」

レクサス車の購入における「支払い能力の確保」は、購入者が経済的に余裕を持って車両を所有できるようにするために重要です。具体的には、車両価格が年収の半分程度であれば、ローンの返済や他の経費が購入者の生活費を圧迫することなく、安定した支払い計画を立てることができます。

例えば、レクサスのエントリーモデルの価格が約400万円の場合、年収800万円の購入者ならば、車の購入価格が年収の50%に当たります。この比率では、車両ローンの返済額が月収の過度な部分を占めることなく、他の生活費や貯蓄にも十分な余裕を持つことができます。

結論として、レクサス車の購入時に年収の半分程度の価格を目安にすることで、購入者は経済的な安定性を保ちながら車を所有することが可能です。これにより、購入者は財務的な負担を適切に管理し、長期的な満足を得ることができます。

【理由2】ローンの承認率を向上させるため

次に2つ目の理由が「ローンの承認率を向上させるため」

レクサスを購入する際、車両価格が年収の半分程度であることがローン承認率を向上させる理由は、金融機関がローンの返済能力を重視するためです。具体的には、年収と比較して適切な価格の車を選ぶことで、金融機関はそのローン申請者が返済能力を持っていると判断しやすくなります。

例えば、年収800万円の人が400万円のレクサスを購入しようとする場合、車両価格が年収の50%であれば、月々の返済額が収入に占める割合が低く、返済に対するリスクが少ないと見なされます。このため、金融機関はそのようなローン申請に対して承認を出しやすくなります。

結論として、レクサス車の購入において年収の半分程度の価格を選ぶことは、ローンの承認率を高める効果があり、購入者はより容易に融資を受けることができます。これにより、購入者は経済的な負担を適切に管理しつつ、希望の車を手に入れることが可能になります。

【理由3】購入後の財務的な安定を保つため

そして3つ目の理由は「購入後の財務的な安定を保つため」

レクサス車の購入において、年収の半分程度の車両価格を目安にすることは、購入後の財務安定性を確保するために重要です。具体的には、車両価格が年収の過度な部分を占めないことで、購入者は他の生活必需品や緊急時の出費に対して十分な資金を確保できます。

例えば、年収800万円の人が400万円のレクサスを購入した場合、その返済額は収入のバランスを崩さず、他の重要な費用にも十分な余裕を持つことができます。これにより、車の購入が生活の他の部分に過度な影響を与えることなく、長期的な財務安定性を維持することが可能になります。

結論として、車両価格が年収の半分程度であることは、購入者が購入後の生活において経済的な安心感を持てるようにするための重要な要因です。これにより、購入者は自動車の所有とその他の生活費用とのバランスを適切に保つことができます。

レクサスを買う人の年収で注意しておきたい点

結論、レクサスを買う人の年収は最低800万円、最高で年収2,000万円以上です。

ですが、実際に購入を検討した場合に注意しておきたい点があります。

どういった点に注意したほうがいいのか?

具体的なレクサスを買う人の年収で注意しておきたい点を解説します。

【注意1】ローンで買う人はリスク管理を徹底する

まず押さえておきたいのが「ローンで買う人はリスク管理を徹底する」

多くの人はローンでレクサス購入を考えるかと思います。

レクサスを購入する際のローンのリスク管理は、月々の返済額、金利、返済期間を年収や支出と照らし合わせて慎重に考慮することが重要です。例えば、年収800万円の人が400万円のレクサスを購入する場合、車両価格の50%を目安にローンを組むことが一般的です。この場合、月々の返済額は、金利3%、返済期間5年を想定すると約7.2万円となります。

理由としては、高すぎる月々の返済額は、他の必要経費や緊急時の支出に影響を及ぼす可能性があるためです。また、金利が高い場合、総返済額が大幅に増加するリスクがあります。さらに、長期のローンは車両の価値減少とともに、資産価値が返済額を下回る可能性があります。

実際、金利が1%増加すると、総返済額は数十万円単位で増加する可能性があります。また、返済期間を10年に延長すると、月々の返済額は減少しますが、総返済額は増加します。これは、金利が長期間にわたって発生するためです。

結論として、レクサス購入時のローンは、月々の返済額が年収の範囲内で管理可能であり、金利や返済期間が個人の財務状況に適していることを確認することが肝要です。これにより、長期的な財務安定を保ちつつ、快適なカーライフを送ることができるでしょう。

【注意2】現金で買う人は長期的な財務計画を立てる

次に2つ目の注意点として「現金で買う人は長期的な財務計画を立てる」

レクサスを現金で購入する場合、長期的な財務計画を立てることが重要です。例えば、レクサスのエントリーモデルの購入価格が約400万円とすると、これを現金で支払うという決断は、その時点の資産状況に大きく依存します。現金購入は、即時の大きな支出となるため、購入後の財務状況を慎重に考慮する必要があります。

なぜなら、現金での大型購入は流動資産が大幅に減少するからです。これにより、緊急時の資金確保や将来的な投資機会の損失など、財務的な柔軟性が制限されることがあります。また、高額な一時支出は、節約や投資の計画に影響を及ぼす可能性があるため、全体的な財務計画との整合性を確認することが不可欠です。

実際、レクサスの購入に400万円を充てた場合、その金額は将来の投資収益の機会を失うことを意味します。たとえば、その金額を平均5%の年間リターンで運用すると、5年で約100万円の収益が得られる可能性があります。この機会コストを考慮に入れることが重要です。

結論として、レクサスを現金で購入する際は、短期的な支出だけでなく、長期的な財務計画や機会コストを総合的に考慮することが肝要です。これにより、賢明な財務決定を下し、将来の安定を確保することができます。

【注意3】将来的なコストと再販価値を把握しておく

そして3つ目の注意点が「将来的なコストと再販価値を把握しておく」

レクサス車を購入する際には、総所有コストの認識と車の価値減少に注意することが極めて重要です。例えば、レクサスのエントリーモデルの購入価格が約400万円である場合、年間の維持費用(保険、税金、メンテナンス費用など)が車両価格の10%程度であると仮定すると、年間約40万円の追加費用が必要になります。さらに、高級車は一般的な車よりも価値が早く減少する傾向にあるため、再販時の価値も重要な考慮事項となります。

なぜなら、購入価格だけでなく、所有する間の維持費や将来の再販価格が総所有コストに大きく影響するからです。高級車は維持費用が高く、また新車時の価格から時間と共に価値が減少します。これらのコストが予算計画に大きな影響を及ぼす可能性があります。

実際、レクサスのエントリーモデルを5年間所有した場合、車両の減価償却が約50%となることが考えられます。これは、新車購入価格の200万円が5年で失われることを意味します。この場合、維持費用(年間約40万円)と合わせると、5年間で合計約400万円の追加費用が発生することになります。

結論として、レクサスを購入する際には、車両の総所有コストと価値の減少を慎重に計算し、長期的な財務計画に合わせて購入を検討することが重要です。これにより、予期せぬ財務的な負担を避け、安定したカーライフを楽しむことができます。

レクサスを買う人とは?乗ってる人のイメージ

ここまで、レクサスを買う人の年収と注意点をまとめてきました。

ではどんな人が買うのか?
乗ってる人のイメージも、今後購入予定の方にとっては気になる情報です。

レクサスを買う人とは?乗ってる人のイメージもご紹介します!

【イメージ1】経済的に成功した人

まずイメージで多く持たれるのが「経済的に成功した人」

レクサスは一般的に高級車と位置付けられ、その所有者はしばしば高い年収や財務的な余裕を持つ人物と見なされます。例えば、レクサス車の平均的な購入価格は数百万円から1,000万円以上にも及びます。この価格帯は、一般的な中級車や経済車に比べてかなり高価です。

また、レクサスブランドは洗練されたデザインと高品質な製造によって知られており、このような車を所有することは、一定の経済的余裕と品位を象徴すると考えられがちです。高級車ブランドとしてのレクサスの位置づけは、所有者が高収入または財務的に安定していることを示唆しています。

このように、レクサスオーナーは経済的な成功を収めている人物というイメージが強く、その背後には車の価格帯やブランドイメージが大きく関わっています。

【イメージ2】プロフェッショナルな職業

次に多いイメージとして「プロフェッショナルな職業」

レクサスに乗る人々が持つ「プロフェッショナルな職業」についてのイメージは、その所有者が高度な専門職や経営者レベルの職業に就いているという印象に基づきます。レクサスはその高品質とステータスから、成功したビジネスマンや専門家に人気のあるブランドです。

実際、レクサスオーナーには会社の役員、医師、弁護士、高度な技術を要する専門職などが多いとされます。このような職業に就いている人々は、一般的に高い年収を得ており、その経済的な余裕がレクサスなどの高級車を購入する能力に繋がっています。

このイメージは、レクサスが提供する洗練されたデザインと性能が、成功を収めたプロフェッショナルのライフスタイルに合致しているという点からも支持されています。

【イメージ3】洗練されたデザインと高品質にこだわる若者

そして「洗練されたデザインと高品質にこだわる若者」

レクサスブランドは、先進的なデザインと技術、高い品質で知られており、これに惹かれる若者はデザインと品質に対する深い関心を持っていることが多いです。若者は、車を単なる移動手段としてではなく、自己表現の手段として捉える傾向があります。

これらの若者はしばしば、最新のトレンドに敏感で、革新的なデザインや技術に価値を見いだします。また、彼らはライフスタイル全体において品質を重視し、その選択が自分の個性やステータスを表現するものと考えます。レクサスのようなブランドは、このような若者の好みに合致する製品を提供しているため、彼らにとって魅力的な選択肢となります。

レクサスが若者に人気の理由として、そのデザインと品質の高さは重要な要素であり、高級車ブランドが若者の間で注目される傾向は明らかです。

従って、若者はレクサスが提供する独自のスタイルと性能に惹かれています。

年収を気にせずレクサス新車に乗れるお得なサービス

ここまで、レクサスを買う人の年収情報をまとめてきました。

結論、レクサスは高額です。
高額になれば、求められる購入者の年収も必然的に高くなります。

となれば、一般的には手が届きにくい車であるのは、言うまでもありません。

でもレクサスに乗りたい。
そんな方に年収を気にせずレクサス新車に乗れるお得なサービスがあります!

それが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

レクサスを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

【Q&A】買う人の年収が気になるレクサスに関するよくある質問

最後に買う人の年収が気になるレクサスに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】年収400万でレクサスを買うのは難しい?

疑問に思う男性

「年収400万でレクサスを買うのは難しい?」

年収400万円でレクサスを購入することは、一部の条件下では可能ですが、全体的な財務状況を慎重に考慮する必要があります。レクサスのエントリーモデルの価格は約400万円からとなっており、この価格帯の車を購入するには、年収の約半分に相当する額を車に投資することになります。

しかし、年収の大部分を車の購入に充てることは、生活費や他の必要経費に影響を及ぼす可能性があります。また、ローンを利用する場合は、返済負担が家計に大きな影響を与えることも考慮に入れる必要があります。例えば、ローンの金利や期間によっては、月々の返済額が家計を圧迫することになりかねません。

結論として、年収400万円でレクサスを購入することは理論的には可能ですが、その決定は個人の財務状況や将来の計画を総合的に考慮した上で慎重に行う必要があります。また、中古車市場を利用することで、より手頃な価格でレクサスを手に入れることも一つの選択肢です。

【質問2】年収700万以上ならレクサスオーナーになれる?

疑問に思う男性

「年収700万以上ならレクサスオーナーになれる?」

年収700万円以上であれば、レクサスオーナーになることは十分に可能です。一般的に、自動車の購入には年収の半分程度を目安にすると、財務的な負担が適切に管理できます。レクサスの多くのモデルは、新車価格が約400万円から1,000万円程度であるため、年収700万円では、特に中級モデルのレクサスを購入することが現実的です。

たとえば、レクサスの中級モデルが約600万円である場合、年収700万円の人がこの車を購入すると、車両価格は年収の約86%に相当します。ローンを利用する場合、返済額は月収の一定割合に抑えることが重要ですが、この年収レベルでは快適な返済計画を立てることが可能です。

結論として、年収700万円以上であれば、レクサスのオーナーになることは実現可能ですが、車種の選択やローンの計画には注意を払う必要があります。財務状況に見合った車種を選び、無理のない支払い計画を立てることが重要です。

【質問3】レクサスは年収低いと相手にされないってホント?

疑問に思う男性

「レクサスは年収低いと相手にされないってホント?」

年収が低いとレクサスの購入に際して不利になるという考え方は、実際には必ずしも正確ではありません。レクサスや他の高級車ブランドは、顧客サービスにおいては購入者の年収に関わらず公平な対応を心掛けています。車の購入においては、顧客のニーズと予算に基づいたアプローチが一般的です。

たとえば、レクサスのエントリーモデルや中古車は比較的手頃な価格で提供されているため、年収が比較的低い人でも購入の機会は存在します。購入を検討する際の重要な要素は、車両の価格や維持費用と、その人の財務状況とのバランスです。

結論として、年収が低いからといってレクサス購入において不利に扱われることはなく、購入希望者のニーズに応じて適切な車種や購入プランが提案されるはずです。重要なのは、個々の財務状況に合った購入計画を立てることです。

【質問4】レクサスのディーラーが年収を聞く理由は何?

疑問に思う男性

「レクサスのディーラーが年収を聞く理由は何?」

レクサスのディーラーが購入者の年収を聞く主な理由は、最適な購入プランと車種を提案するためです。車の購入は大きな財務的コミットメントを伴うため、ディーラーは顧客の経済的能力を理解することで、個々のニーズと予算に最も合った選択肢を提供したいと考えています。

例えば、年収に基づいて、顧客に無理のないローンプランやリースオプションを提案することができます。また、顧客の経済的状況を把握することで、高額な最上級モデルから手頃なエントリーモデルまで、幅広い選択肢の中から最適な車を推薦することが可能になります。

結論として、レクサスのディーラーが年収を尋ねるのは、販売プロセスの中で顧客に最適なソリューションを提供するためです。これにより、顧客は自身の財務状況に合った車を選ぶことができ、長期的な顧客満足を確保することができます。

【質問5】レクサスの年収制限とは?客を選ぶってホント?

疑問に思う男性

「レクサスの年収制限とは?客を選ぶってホント?」

レクサスには、購入者に対する年収制限は存在しません。一般的に、高級車ブランドは顧客の経済的背景に基づいて車を販売することはありません。レクサスは多様な顧客層を対象としており、購入を希望するすべての顧客に対してサービスを提供しています。

たとえば、レクサスのラインナップにはエントリーレベルのモデルから最上級モデルまで幅広く存在し、それぞれの顧客の予算やニーズに合わせた車種を提供しています。顧客の年収は、購入可能なモデルの範囲や購入方法(現金、ローン、リースなど)を決定する際の一因に過ぎません。

結論として、レクサスのディーラーや販売方針において、客を年収に基づいて選ぶような制限はありません。各顧客の予算や要望に基づいて、最適な車種と購入プランを提案することが主な目的です。

まとめ:レクサスを買う人の年収と相場や乗ってる人のイメージ

レクサスを買う人の年収と相場や乗ってる人のイメージを調査してきました。

結論、レクサスを買う人の年収は最低800万円、最高で年収2,000万円以上。

数字でみても明らかですが、レクサスは高額です。
ですので、レクサス購入は、購入者が自分の経済状況に合った車種を選択することが重要だといえます。

当然、車両価格が高ければ、求められる年収も高くなります。
となれば、レクサスは一般的には手が届きにくい車であるのは、言うまでもありません。

でもレクサスに乗りたい。
そんな方におすすめなのが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

レクサスを購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。