日産は車検費用が高すぎる?ディーラーだから?理由と車検前に考えたい費用を安く抑える方法

「日産は車検費用が高すぎる?」

「どうすれば車検費用は安く抑えられる?」

車を持っていれば必ず訪れる「車検」
定期的に受ける必要があるため、費用は安く抑えたいですよね。

ただ中には、「日産は車検費用が高すぎる」といった声が聞かれますが本当でしょうか?

本記事では日産は車検費用が高すぎるかの結論と車検前に考えたい費用を安く抑える方法を詳しく解説していきます!

日産の車検にかかる基本料金

日産は車検費用が高すぎるのかどうか触れる前に。
基本情報として、日産の車検にかかる基本料金をまとめておきます。

まず前提として、日産の車検にかかる基本料金は、車検の費用は車種やその車の状態、さらには選択する整備工場やディーラーによって異なります。

一般的に、車検費用の内訳は以下の項目で構成されています。

車検費用の内訳

  • 法定費用:自動車重量税、自賠責保険料、印紙代など国や自治体に支払う費用。これらは車種や排気量によって異なります。
  • 車検基本料:定期点検料、測定検査料、車検代行手数料など車検業者に支払う費用。依頼する車検業者によって異なります。
  • 部品交換・整備費用:車両の部品を交換したり、必要な整備を行ったりするために必要な費用。車両の状態などによって異なります。

日産の車検費用を、カテゴリー別に一例として挙げると以下のようになります。

日産の車検費用の一例

  • 軽自動車(例:日産 デイズ):約6万円~10万円
  • 小型車(例:日産 ノート):約7万円~12万円
  • 中型車(例:日産 セレナ):約8万円~15万円
  • 大型車(例:日産 スカイライン):約10万円~20万円以上

車検時に追加の整備が必要になることもあり、その場合は追加費用がかかります。ディーラーや整備工場によっても価格は異なるため、数カ所で見積もりを取ることをおすすめします。

また、日産の車検費用について、異なる施設で行った場合の平均的な費用は以下のようになります。

概要 平均的な車検費用
ディーラー(日産ディーラー) ハイクオリティなサービスと信頼性がありますが、料金は比較的高めです。 約8万円~20万円
整備工場(民間整備工場) 価格やサービス内容は店舗により異なりますが、ディーラーよりもリーズナブルな傾向があります。 約6万円~15万円
ガソリンスタンド 車検サービスを提供するガソリンスタンドもあり、手軽さが魅力です。 約5万円~12万円
カー用品店 車検パックなど手軽なサービスを提供しており、価格面でメリットがあります。 約5万円~10万円
車検専門店 車検に特化した専門店で、スピードとコストパフォーマンスに優れています。 約4万円~10万円
ユーザー車検(自分で行う車検) 自分で必要な手続きをすべて行います。法定費用以外のコストを抑えることができますが、専門知識が必要です。 約2万円~5万円(法定費用以外)

これらの価格は車種や年式、車の状態によって変動する可能性があります。また、追加整備が必要な場合は別途費用がかかることも考慮してください。最終的な料金は、見積もりを取ることで確認することをおすすめします。

※ 先に、車検前に考えたい費用を安く抑える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車検代だけでなく維持費も今より安く抑えられるコツをまとめています。

【結論】日産は車検費用が高すぎる?

では本題に入りますが、日産は車検費用が高すぎるのかどうか?

結論からいうと、一概に高いとはいえません。
なぜなら、車両の状態や年式によって、車検費用も異なるから。

ただ、車検費用が高くなる可能性もあります。
ではどういった状況・影響によって、日産の車検費用は高くなるのか?

具体的な、日産の車検費用が高すぎる理由について詳しく解説していきます。

【理由1】ディーラー車検を選ぶと高いから

まず1つ目の理由が「ディーラー車検を選ぶと高いから」

ディーラー車検を選ぶと高くなります。
理由としては、ディーラー車検の目的が、民間のように車検を通すためだけではなく、安全に走行するための保守点検も含まれるからです。

実際、日産の公式サイトによると、ディーラー車検の特徴として、

ディーラー車検の特徴

  • 車検以外のさまざまなサービスが受けられる
  • 自社の車に適した点検やメンテナンスを行える
  • メーカーからの最新情報により、トラブルにすぐに対処できる
  • メーカーの製品に熟知した整備士があたるため信頼性が高い

などを挙げています。

なので、品質・安全性を担保するために高額になると考えたほうがよいと言えるでしょう。

以上のように、ディーラー車検を選ぶと高いというのが、車検費用が高すぎる理由に挙げられます。

【理由2】電子診断機コンサルトの診断があるから

次に2つ目の理由が「電子診断機コンサルトの診断があるから」

近年の技術革新により、日産の自動車も他社と同じく高性能化しています。

日産の場合、高性能車種の診断は独自の電子診断機「コンサルト」によって行われます。

コンサルトによって診断する必要がある車種は、

コンサルトによって診断する必要がある車種

  • EV車
  • e-POWER車
  • プロパイロット搭載車
  • エマージェンシーブレーキ搭載車
  • ハイブリッド車

上記のような先進技術搭載車・高機能搭載車種が対象となります。

高機能搭載車種は、ディーラー以外では診断できない可能性が高く、たとえ診断できたとしても、以後メーカー保証が受けられなくなる可能性があります。

以上のように、日産の車検費用が高すぎる理由として、電子診断機「コンサルト」 の診断が大きいと言えます。

【理由3】純正部品の交換作業があるから

3つ目の理由が「純正部品の交換作業があるから」

純正部品の交換をした場合は、車検費用が高くなります。
たとえば、車検の際に部品のパーツ交換などがあると、純正部品は料金が高くなってしまいます。

さらに、ディーラーで車検を行った場合は、交換にかかる工賃も、民間業者よりも割高になります。
実際、車検業者のサイトの情報によると、ディーラー車検を行った場合、「外注マージン」が発生する可能性があることにも言及しています。

純正部品は、品質が保証されているため、壊れにくさや保証期間が長いなどのメリットがあるものの、値段は汎用品に比べれば、割高になります。

以上のように、純正部品の交換作業があるのも、車検が高くなる理由に入ると言えます。

※ 今すぐ車検前に考えたい費用を安く抑える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車検代だけでなく維持費も今より安く抑えられるコツをまとめています。

日産の車検費用で高い検査項目と概算

ここまで、日産の車検費用について情報をまとめてきました。

結論、車検費用は高すぎるとは一概には言えません。
なんですが、高くなる場合もあり、車両の状態や年式によっても異なります。

では、日産の車検費用で高い検査項目は何か?

具体的な日産の車検費用で高い検査項目と概算をまとめていきます。

【項目1】EV車のバッテリー交換費用

日産の車は、EV車のバッテリー交換の費用が高いです。

実際、日産「リーフ」のEV車のバッテリーの新品価格は、以下の通り高額となっています。

  • 24kWh:65万円
  • 30kWh:80万円
  • 40kWh:82万円

再生バッテリーの交換で24kWh:30万円になるものの、「8年または走行距離16万km」がEV車バッテリーの一般的な交換時期なので、割高な感じはします。

しかも、取り付け工賃は含まれていないため、実際の金額はさらに高くなると予想されます。

以上の点で、日産のEV車のバッテリー交換費用は、高い検査項目として挙げられます。

【項目2】コンサルトによる電子装置診断料

日産の電子診断機「コンサルト」による診断料も、高くなります。

主な理由としては、専門教育を受けた整備士が、細かく精密に診断するためです。

実際、日産の「コンピューター診断料」は他社と比較しても高いです。

  • 日産:3,630円(コンピューター診断料)
  • スバル:3,300円(アイサイト診断)
  • スズキ:3,500円(故障診断機SDTの診断)
  • ホンダ:3,300円(車載式故障診断装置OBDの診断)

さらには、口コミを調べると、コンサルトによる電子装置診断料が8,000円だったという意見もありました。

以上のことから、コンサルトによる電子装置診断料は、高い検査項目に含まれると言えるでしょう。

【項目3】メンテプロパック料金

日産は、ディーラーのメンテプロパック料金も高いです。

主な理由としては、日産では「日産サービス技術修得制度」があり、整備士の中でも選ばれた資格取得者がサービスを行うから。

実際、日産とトヨタディーラーのメンテナンス費用を比較してみます。

上記結果の通り、日産の方が高いことがわかります。

以上のように、メンテプロパック料金も、車検費用で高い検査項目の中に入ると言えるのではないでしょうか。

※ 先に、車検前に考えたい費用を安く抑える方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。車検代だけでなく維持費も今より安く抑えられるコツをまとめています。

日産の車検費用の相場【ディーラーvs民間】

では最も気になる車検費用の相場について。

ディーラー車検と民間車検で比較した時の日産の車検費用の相場はどれくらいか?まとめます。

ディーラーでの車検の場合

ディーラーの相場は、初回は6万円~17万円程度です。
ただし、2回目以降はさらに5万円程度高くなると予想されます。

ディーラー車検の特徴(メリット・デメリット)を挙げると以下の通り。

ディーラー車検のメリット

  • 「日産サービス技術修得制度」の資格取得者の整備が受けられる
  • サービスの満足度の高い
  • 整備保証が付いている

ディーラー車検のデメリット

  • 値段が高い
  • 1週間以上かかる可能性あり
  • 外注にまわされる場合がある

民間車検(民間車検場での車検)の場合

民間車検の場合は、ディーラーよりも2万円~8万円ほど安くなりやすいです。

たとえば、日産のエルグランドで比較した場合、

  • ディーラー:約18万円
  • 民間(オートバックス):約10万円

上記の通り、8万円程度の差があることがわかります。
ですので、車種によっては、民間車検の方が大幅に安くなる可能性があると言えますね。

民間車検の特徴(メリット・デメリット)を挙げると以下の通りとなります。

民間車検のメリット

  • 費用が安い
  • 整備の質も悪くない
  • スピードが速い

民間車検のデメリット

  • 純正パーツではない
  • 「アイサイト」は診れない
  • すぐに故障などのトラブルが発生する可能性あり

日産の車検前に考えたい費用を安く抑える方法

ここまで、日産の車検に関する情報を詳しく解説してきました。

疑問に思う男性

「日産の車検費用が高くても、受け入れるしかない?他に安く抑える方法はない?」

あなたが最も知りたいのは、「車検費用を安くする方法」ですよね。

どうすれば、車検費用は安く抑えられるのか?

結論から先にいうと、車検費用を安くする方法はあります。

ここからは具体的な日産の車検前に考えたい費用を安く抑える方法をご紹介します!

【方法1】安い指定工場を選ぶ

まず検討したいのが「安い指定工場を選ぶ」

指定工場」とは、地方運輸局長の認証を受けた「認証工場」の中でも、自動車の検査の設備があり、検査員による点検や整備を認められた工場を指します。

こうした国の認証を受けた指定工場の中で、安く車検ができる工場を選ぶと、安心な上に費用を抑えることが可能です。

たとえば、関東にお住まいの場合、「ニコニコ車検」を利用すれば、国交省指定整備工場で安く車検が行えます。

ニコニコ車検の利点は、車検の基本料金が全車11,000円と安いのはもちろん、Web割も利用できて安く抑えられます。

さらに、車検後のアフターフォロー(特典)も付いています。

ニコニコ車検利用後のアフターフォロー(特典)

  • 2年間ガソリン代ずっと5円/L割引
  • 車検後2年間整備保証付き
  • 6ヶ月点検が無料
  • 18ヶ月点検が無料
  • オイル交換2年間1,100円
  • タイヤローテーションが無料

かなりお得ですね。

ですので、車検費用を安く抑えるなら、特典も付いた安い指定工場を選ぶのがおすすめです。

ニコニコ車検で無料見積を取ると、もれなく「1,000円割引」と「オイル交換無料」も付いてきます

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

【方法2】車の買い替えを検討する

車検費用が高すぎるなら「車の買い替えを検討する」

買い替えた方が、お得になる場合は多いです。
たとえば、今の車が下記のような状況であれば、車の買い替えを検討する一つの基準といえます。

  • 思った以上に修理代が高額だった
  • 車の状態が悪くて修理も増えてきた
  • 走行距離は10万キロに近づいている
  • 今所有している車の新型車が発売された

リスクを抱えた車に乗り続けるよりも、新調したほうが将来的にも安心です。

ではどこで、車買取を依頼すればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【方法3】車の保険を見直す

定期的に検討したい費用が「車の保険を見直す」

特に見直したい保険が「任意保険」

車両保険、対物賠償、人身傷害など、これらの任意保険は本当に必要なのかどうか?

必要な補償内容だけを選ぶのが賢明であっても、何を選べばいいのか正直迷いますよね。

「いろいろ調べても結論が出ない。」
「調べたはいいものの、たんに時間だけが過ぎて何も解決していない。」

そんな悩み続けている方は「プロのアドバイザー」に一度相談してみることをおすすめします。

一人で悩んでも時間の無駄です。
なぜなら、答えがわからないまま調べているから。

経験豊富なプロのアドバイザーに相談することで、早期解決に繋がります。

ではどこで、保険相談をお願いすればいいのか?
特におすすめは、契約実績120万件を突破した「保険見直し本舗」がおすすめです。

相談方法は、オンラインだけではありません。
全国350店舗以上の対面や、希望の場所に出張訪問でも相談可能です。

保険相談は、何度でも無料。

さらに、保険見直し本舗での無料保険相談で、もれなくミスタードーナツのギフトチケットが全員にプレゼントの特典もあります。

保険の見直しを検討している方、調べてもわからない方は、ぜひプロに一度相談してみてください。

もし、ご自身で保険を探して選びたい方は「無料一括見積もり」を利用するのが便利です。

なかでも「インズウェブ」を利用すれば、最大20社から最短3分で見積もりが可能で、平均節約額も36,682円となっています。

\利用者数1,000万人突破!/
『インズウェブ』今すぐ無料一括見積もりする
【公式サイト:https://www.insweb.co.jp

【方法4】車検もコミのカーリースを利用する

トータルの維持費を抑えるなら「車検もコミのカーリースを利用する」

カーリースは、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で乗れるサービス。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

そんなカーリースの中でも、特におすすめは、商社最大手の双日グループが運営するcool mint

cool mintの特徴と利用するメリット

  • 頭金・ボーナス払い、税金、諸費用、点検など一切不要!
  • 業界最安値宣言!購入するよりもお得な超高残価設定!
  • 契約期間を決めずにすぐに乗れて、いつでもやめられるプランあり

まずは3年間、お試しで運転してみるのもあり。
購入後の後悔や悩みを回避して、カーライフを楽しめるメリットもあります。

車の購入ではなくカーリースを利用して、気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月々1万円から新車に乗れる!/
『cool mint』まずは気になる車種を問い合わせる
【公式サイト:https://mintsubsc.com

【Q&A】日産の車検費用に関するよくある質問

最後に日産の車検費用に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】日産・デイズの車検費用はどれくらいかかる?

疑問に思う男性

「日産・デイズの車検費用はどれくらいかかる?」

全国平均の車検費用・相場は、楽天Car車検調べで以下の通りです。

  • 基本料金+法定費用=42,680円

一方、ディーラーに依頼した場合の車検費用は以下の通り。

  • 基本料金+法定費用=64,845円

上記の通り、ディーラーに依頼する方が車検費用は高くなります。

【質問2】日産・デイズルークスの車検費用はどれくらいかかる?

疑問に思う男性

「日産・デイズルークスの車検費用はどれくらいかかる?」

全国平均の車検費用・相場は、楽天Car車検調べで以下の通りです。

  • 基本料金+法定費用=42,680円

一方、ディーラーに依頼した場合の車検費用の平均は以下の通り。

  • 基本料金+法定費用=63,737~71,600円

以上の結果から、民間に比べてディーラーの方が2~3万円割高と考えておいたほうが良いですね。

【質問3】日産のメンテプロパックの車検費用はいくら?

疑問に思う男性

「日産のメンテプロパックの車検費用はいくら?」

日産のメンテプロパックを利用した車検費用は、車種や車両の状態によって異なりますが、平均的には10万円から15万円程度が目安です。

この費用には、法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙税)と点検整備費用が含まれています。具体的には、日産ノートの場合、車検基本料が約4万円、重量税が約1.5万円、自賠責保険料が約2万円、印紙税が約1.8千円で、合計約8万3千円となります。これに整備費用が加わることで総額は上記の範囲内に収まります。日産のメンテプロパックを選択することで、予測可能な費用で車検を受けられます。

まとめ:日産は車検費用が高すぎるかの結論と安く抑える方法

日産は車検費用が高すぎるかの結論と安く抑える方法をまとめてきました。

結論、車検費用は高すぎるとは一概には言えません。
なんですが、高くなる場合もあり、車両の状態や年式によっても異なります。

改めて、日産の車検費用が高すぎる理由をまとめると、

日産の車検費用が高すぎる理由

  • ディーラー車検を選ぶと高いから
  • 電子診断機コンサルトの診断があるから
  • 純正部品の交換作業があるから

車検費用を安く抑えるなら、ディーラーではなく国の認証を受けた指定工場を選ぶのが賢明です。

実際、ニコニコ車検なら全車11,000円(基本料)で車検を受けられます。

さらに、車検実施で必ずもらえる9つの特典も付いています。
気になる方、車検費用をとにかく安く抑えたい方は、まずは無料見積りをとられてみてください。

\地域最低価格宣言!/
『ニコニコ車検』まずは無料見積りをしてみる
【公式サイト:https://2525syaken.com

車の買い替えを検討しているなら、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp