ダイハツのロッキーを買って後悔した5つの理由とは?評判と中古車購入時の注意点

「ダイハツのロッキーを買って後悔した理由は?」

「ロッキーの中古購入時の注意点は何かある?」

都市部での運転に適した取り回しの良さが魅力の「ロッキー」
ただ人気の裏で、「買って後悔した」との声も一部で聞かれますが、なぜでしょうか?

ダイハツのロッキーを購入しようか迷っている方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではダイハツのロッキーを買って後悔した理由と中古車購入時の注意点を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、ダイハツのロッキーを買って後悔した理由があるのは事実。
特に室内空間の狭さや内装がダサい、といった後悔した声として目立ちました。

ですが、後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、ロッキーの高度な運転支援機能や小回りの良さは、ユーザーの評価が高く、総合的に見れば満足度の高い車種だといえます。

ですので、ロッキー購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。

そして、今の車から買い替えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

ダイハツのロッキーを買って後悔した5つの理由

コンパクトながら機能的なSUVの「ロッキー

SUVとしての使い勝手の良さと、アクティブなライフスタイルに対応する柔軟性を兼ね備える人気のモデルです。

なんですが、一部のユーザーからは「買って後悔した」との声が聞かれますが、なぜでしょうか?

今後ロッキーの購入を検討している方にとっては、気になる情報です。

早速、ダイハツのロッキーを買って後悔した5つの理由を深堀解説していきます。

【理由1】後部座席の空間が狭いから

まず理由で多いのが「後部座席の空間が狭いから」

ロッキーの後部座席の空間の狭さは、特に中央の席で顕著です。これは、ロッキーがコンパクトSUVであるため、車内空間が広大ではないことに起因します。具体的には、後席中央の足を置く場所が高く、足元の狭さが窮屈さを引き起こしています。

実際、ロッキーの車内全体の広さは他のコンパクトSUVと比較しても限られています。例えば、トヨタのヤリスクロスやホンダのヴェゼルと比較すると、ロッキーは膝前空間や頭上空間が狭く感じられる可能性があります。特に、中央席に座る乗客は、左右の席に比べて足元のスペースが狭くなるため、長時間の移動では快適性が低下することが考えられます。

以上の点を踏まえると、ダイハツのロッキーを購入する際は、特に後部座席の空間について考慮する必要があると言えます。

【理由2】運転方法によって燃費が悪いから

2つ目の理由で多いのは「運転方法によって燃費が悪いから」

ロッキーの燃費性能は、運転方法によって大きく変わります。これは、車の性能と運転環境の両方が影響しているからです。具体的には、ロッキーの公式燃費はWLTCモードで17.4km/Lから28km/Lの範囲内とされています。しかし、実際の燃費は走行条件や運転スタイルにより大きく異なることがあります。

実際、街中での低速走行や頻繁な停止、急加速などの運転スタイルでは、燃費性能が低下し、11km/L程度になることもあるとユーザーからの報告があります。一方で、高速道路でのスムーズな走行では、より高い燃費性能を発揮する可能性があります。

このように、ロッキーの燃費は運転環境とスタイルによって大きく変わるため、購入時にはこれらの点を考慮する必要があります。特に、都市部での使用を想定している場合は、燃費の低下に注意が必要です。

【理由3】内装のプラスチック感がダサいから

3つ目の理由は「内装のプラスチック感がダサいから」

ロッキーの内装に関して、特にプラスチック部分の質感について一部のユーザーからの不満の声があります。これは、内装のデザインと材質が直接関係しています。具体的には、ロッキーの内装はモダンなデザインを意図しているものの、使用されているプラスチック素材が安っぽく感じられるという意見があります。

例えば、ダッシュボードやドアの内側など主要な部分に使われているプラスチック素材は、見た目にも触感にも安価な印象を与えがちです。加えて、内装の組み立てや仕上げの精度に関しても、品質にバラつきがあると感じるユーザーがいます。これは、特に内装の継ぎ目やフィット感において顕著です。

このように、ロッキーの内装におけるプラスチックの使用は、価格帯に見合った選択とも言えますが、一部のユーザーには満足のいく品質ではないと感じられています。

【理由4】ラゲッジスペースが物足りないから

さらに4つ目の理由として「ラゲッジスペースが物足りないから」

ロッキーのラゲッジスペースが物足りないと感じるユーザーがいます。これは、ロッキーのコンパクトな設計に起因しており、特に長期の旅行や大きな荷物を運ぶ際に不便を感じることがあります。

具体的には、ロッキーのラゲッジスペースは他のコンパクトSUVと比較しても狭い方です。実際、ファミリーでの旅行やアウトドア活動に必要な荷物を積む際、スペースが不足することがあります。また、大型の荷物を運ぶ際には後部座席を倒してスペースを確保する必要がありますが、それでもスペースが十分でないという声もあります。

これらの点を踏まえると、ロッキーの購入を検討している方は、ラゲッジスペースの容量について十分に検討する必要があると言えます。

【理由5】エンジンが非力でパワフルさを感じないから

そして5つ目の理由が「エンジンが非力でパワフルさを感じないから」

ダイハツのロッキーに関して、一部のユーザーはエンジンの非力さに不満を感じています。この理由は、ロッキーが搭載しているエンジンのパワーが一部のユーザーの期待に応えられない点にあります。

ロッキーは、1.0リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載しており、その出力は最大98馬力、最大トルクは140Nmです。これは、同クラスの他車と比較しても平均的な数値ですが、一部のユーザーにとっては高速道路の追い越し時や急な坂道での加速力が不足していると感じられることがあります。特に、積載重量が増えると、エンジンの非力さが顕著になる傾向があります。

以上のことから、ロッキーの購入を検討している方は、自身の使用用途においてエンジンのパフォーマンスが十分かどうかを考慮する必要があります。

買って後悔したとは思わない?ダイハツロッキーの良い口コミ

ここまで、ダイハツのロッキーを買って後悔した理由について解説してきました。

買って後悔した理由があるのは事実。
ですが、買って良かった点や魅力に感じる点があるのもまた事実です。

ロッキーユーザーは、どういった点にメリットを感じているのか?

具体的な買って後悔したとは思わない?ダイハツロッキーの良い口コミをご紹介します!

【口コミ1】コンパクトながら存在感のあるデザイン

まず評価する声で特に多いのが「コンパクトながら存在感のあるデザイン」

ロッキーのデザインは、コンパクトながらも存在感を放つ点が大きな魅力です。

この車は、サイズ以上の存在感を演出するデザインに仕上げられており、曲線を多用する現代のSUVデザインとは一線を画しています。具体的には、ロッキーは平面を多用したデザインを採用しており、実際のサイズよりも大きく、ワイルドな外観を実現しています。サイズとしては全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mmとなっており、コンパクトながらも大きめのタイヤを採用して存在感を高めています。

さらに、フロントグリルのデザインが特徴的で、高めに配置されたグリルはロッキーにワイルドな印象を与えます。また、鮮やかな赤の「コンパーノレッド」という専用色は、ロッキーの特徴を一層際立たせています。これらのデザイン要素は、ロッキーが持つユニークな魅力を形作っており、見た目のインパクトとして大きなメリットとなっています。

結論として、ダイハツロッキーは、コンパクトながらも存在感のあるデザインが特徴で、他のモデルとは異なる魅力を持っています。この特徴は、ロッキーのユーザーにとって購入の大きな決め手となるでしょう。

【口コミ2】高度な運転支援機能で運転が快適

実際にハンドルを握ったからこそわかるのが「高度な運転支援機能で運転が快適」

ロッキーの高度な運転支援機能は、運転の快適性を大きく向上させています。その理由は、多彩な安全機能が搭載されているためです。具体的には、ロッキーには「次世代スマートアシスト」と呼ばれる一連の機能が幅広く用意されています。

まず、歩行者にも対応する自動ブレーキ機能があります。これにより、街中での運転中に突然の歩行者の出現にも迅速に反応し、安全を確保できます。また、車線逸脱抑制制御機能は、ドライバーが誤って車線を逸脱しそうになった際に警告を発し、必要に応じて車両を車線内に留める役割を果たします。

さらに、前後方後発進抑制機能は、障害物を検知しているにもかかわらず発進しようとする際にブレーキを自動でかけ、衝突を防ぐ役割を果たします。これらの機能は、最廉価グレードを含む全車で標準装備されています。

上位グレードでは、全車速追従に対応したアダプティブクルーズコントロールやレーンキープコントロールによる高度な運転支援機能も用意されており、長距離運転でも疲労を軽減できます。また、ハイビームのままで対向車や先行車の方向だけを部分的に遮光するアダプティブドライビングビームなどの機能もあります。

これらの機能は、ダイハツロッキーを運転する際の快適性と安全性を大きく高めるもので、ドライバーが安心して運転に集中できる環境を提供しています。

【口コミ3】経済的な1.0リッターターボエンジン

そして何よりメリットが大きいのが「経済的な1.0リッターターボエンジン」

ロッキーが搭載する1.0リッターターボエンジンは、経済性の観点から大きなメリットを提供します。このエンジンは、排気量が1.0リッター以下であるため、自動車税が普通車の中で最安の区分に分類されます。これにより、年間の車両維持費が低く抑えられることが一つの利点です。

具体的な数値として、この1.0リッターターボエンジンは、98馬力の最高出力と140Nmの最大トルクを発揮します。低回転から最大トルクをフラットに発生させるため、アクセルレスポンスが良く、日常的な運転においても快適な走りを実現します。また、コンパクトSUVでありながら、燃費性能は優れており、WLTCモードでの燃費は17.4~18.6km/Lとなっています。

結論として、ダイハツロッキーの1.0リッターターボエンジンは、低い維持費と高い燃費効率を実現し、経済性の面で大きなメリットを提供しています。このエンジンによって、日常の使用はもちろん、長距離の運転においても燃料コストの節約が期待できます。

ダイハツのロッキーを中古で購入時に後悔しないための注意点

ここまで、ロッキーの評判を詳しくみてきました。

なかには中古のロッキー購入を検討している方も多いでしょう。

ただ、中古購入時にはさらに注意しておきたい点があります。

どういった点に留意すべきなのか?
ここでは、ダイハツのロッキーを中古で購入時に後悔しないための注意点を解説していきます。

【注意点1】メンテナンス履歴をチェックする

まず必ず行いたいのは「メンテナンス履歴をチェックする」

中古でロッキーを購入する際に、メンテナンス履歴をチェックすることは非常に重要です。

理由としては、メンテナンス履歴が車の状態を反映しているからです。具体例として、オイル交換や各種フィルターの交換記録、タイミングベルトの交換時期などの情報が含まれます。これらの履歴を確認することで、車が適切にメンテナンスされていたかどうかを判断できます。また、定期的なメンテナンスがなされていない車は将来的に故障のリスクが高まる可能性があります。

結論として、中古車のメンテナンス履歴を確認することで、車の状態をより正確に理解し、後悔のない購入が可能になります。

【注意点2】ハイブリッド車は修理費が高額になりがち

見落としがちなのは「ハイブリッド車は修理費が高額になりがち」

中古のロッキーで、特にハイブリッドモデルを購入する際には、修理費が高額になりやすい点に注意が必要です。

ハイブリッド車は、通常のガソリン車にはない駆動用モーターやハイブリッド用バッテリー、インバーターなど特有の部品を多く採用しています。これらの部品が故障すると、修理費が非常に高額になる可能性があります。例えば、駆動用バッテリーやインバーターの故障は、修理費用として数十万円が必要になることもあります。

したがって、中古のハイブリッド車を購入する際には、これらの部品の状態を特に注意深くチェックすることが重要です。

【注意点3】リコール対象の車両かどうか事前に確認する

そして何より必須なのは「リコール対象の車両かどうか事前に確認する」

中古のロッキーを購入する際には、リコール対象車両であるかどうかを事前に確認することが非常に重要です。

リコール対象車両の場合、特定の故障や安全上の問題が認識されているため、修理や改修が必要になる可能性があります。例として、過去には一部のロッキーが走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるリスクがあるためリコールされたことがダイハツ公式より公表されています。このような問題が解決されているかを確認するためには、リコール情報を国土交通省のウェブサイトなどで確認し、販売店や前のオーナーからリコール対応の有無について情報を得ることが重要です。

どうしても中古車の購入に不安を覚える方は、中古車探しのプロに相談するのがおすすめです。

それが累計販売台数100万台を突破する「ズバブーン車販売」の中古車無料お探しサービス

  • ネット検索しても情報量が膨大すぎて時間ばかりかかってしまう
  • マニアックな車が欲しいけれど、どこを探しても見つからない
  • 安く買うためにオークションでも探しているが、保証が付かないことが多いので正直不安

ズバブーンなら、あなたのニーズにマッチした車を最短即日でご紹介!
メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをスマートカーライフプランナーが無料でお手伝いしてくれるサービスです。

自分に合う車を探したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

後悔する前に!ダイハツ・ロッキーのスペックと歴代車種を確認

ここでは、ダイハツ・ロッキーのスペックと歴代車種を確認していきます。

販売 ダイハツ工業株式会社
ボディサイズ(全長/全幅/全高) 3,995mm/1,695mm/1,620mm
ホイールベース 2,525mm
トレッド前/後 1,475mm/1,470mm
最低地上高 185mm
車両重量 970kg~1,070kg(グレードにより異なる)
乗車定員 5名
燃料消費率 17.4~28.0km/L(グレードにより異なる)
総排気量 1,196L
最高出力 60kw[82] / 5,600rpm~72kw[98] / 6,000rpm(グレードにより異なる)

【初代】1990年~2002年

初代ダイハツ・ロッキーは、1990年から2002年にかけて製造されたSUVで、その特徴はコンパクトでありながら力強いスタイリングと機能性を兼ね備えている点です。

このモデルは、都市部での使用はもちろん、オフロードや悪路での走行にも対応できる設計がされています。また、実用性の高いインテリアデザインや、使いやすい荷室スペースも魅力の一つです。初代ロッキーは、コンパクトSUVの先駆けとして、現代のSUVブームの礎を築いたモデルと言えるでしょう。

【2代目】2019年~2023年(生産停止)

2代目ダイハツ・ロッキーは2019年から2023年にかけて生産されたモデルで、コンパクトSUVとしての特徴を備えています。

このモデルは、スタイリッシュで現代的なデザインを採用しており、都市部での運転に適しています。また、燃費効率の良いエンジンと先進的な安全機能を搭載している点も魅力です。2代目ロッキーは、現代のドライバーのニーズに合わせて設計されており、都市生活とアクティブなライフスタイルの両方に対応するSUVとして位置づけられています。

後悔すると言われてもダイハツのロッキー購入に向いてる人の特徴

ここまで、ロッキーの評判を忖度なくまとめてきました。

ではどういった人にロッキー購入は向いているのか?

具体的な後悔すると言われてもダイハツのロッキー購入に向いてる人の特徴をまとめます。

【特徴1】都市部での運転が多い人

ダイハツのロッキーは特に都市部での運転に適しています。

この車は全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmというコンパクトなサイズを持っており、狭い道や混雑した都市部での運転に適しています。小回りが利くため、狭い駐車スペースでも取り回しが容易です。また、車体がコンパクトであるため、見通しが良く、都市部の狭い道でも運転しやすいです。

このような特性は、都市部で日常的に運転する方にとって非常に便利であり、ダイハツのロッキーは都市部での運転に頻繁に従事する方に特に適しています。

【特徴2】運転のしやすさや経済性で選びたい人

ダイハツのロッキーは運転のしやすさと経済性を重視する人に向いています。

この車は、コンパクトなサイズで取り回しの良さが特徴です。狭い道や混雑した都市部での運転に適しており、特に小回りが利きます。また、ロッキーは優れた燃費性能を持ち、燃料費の節約に寄与します。WLTCモードでの燃費は17.4~18.6km/Lと、日常の運転での経済性にも優れています。

運転のしやすさと燃費の良さを求める方には、ダイハツのロッキーが最適です。

【特徴3】安全機能や運転支援システムを求める人

ダイハツのロッキーは、安全機能や運転支援システムを重視する人に適しています。

この車は「次世代スマートアシスト」と呼ばれる幅広い安全機能を備えています。具体的には、歩行者にも対応する自動ブレーキ、車線逸脱抑制制御、前後方後発進抑制機能などが標準装備されています。これらの機能により、日常の運転がより安全かつ快適になります。

運転支援技術を高く評価し、日々の安全運転をサポートするシステムを求める方には、ロッキーが理想的な選択肢となります。

【お得】ダイハツロッキーの中古車を安く購入するおすすめの方法

ダイハツロッキーの中古車を安く購入するおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ロッキーの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】買って後悔したと囁かれるダイハツロッキーのよくある疑問

最後に買って後悔したと囁かれるダイハツロッキーのよくある疑問をまとめます。

【質問1】ロッキーは女性も運転しやすい車?

ドライバー2

「ロッキーは女性も運転しやすい車?」

結論、ダイハツロッキーは女性にも運転しやすい車と言えます。

その理由は、ロッキーがコンパクトなサイズで取り回しやすく、運転しやすいデザインになっているからです。全長3,995mm、全幅1,695mmというサイズは、狭い道や駐車場でも運転が容易で、特に都市部での使用に適しています。また、車内の視界が広く、運転しやすい設計になっている点も女性ドライバーにとってのメリットです。

したがって、ロッキーはそのコンパクトさと運転のしやすさから、女性ドライバーにも適している車と言えます。

【質問2】ロッキーの人気色は何色?

疑問に思う男性

「ロッキーの人気色は何色?」

結論、ロッキーの人気色に偏りはないものの、一般的にSUVの人気色は、クールで洗練された印象を与える色、例えばブラック、ホワイト、グレー、シルバーなどが選ばれる傾向にあります。これらの色は多くの場合、市場での再販価値が高く、幅広い層に受け入れられやすい色です。

ただし、具体的な色の人気については、地域や時期によって変わることがあり、最新の情報を確認することが推奨されます。

【質問3】ロッキーの欠点(デメリット)は何?

疑問に思う男性

「ロッキーの欠点(デメリット)は何?」

ロッキーの欠点(デメリット)については、一般的に以下の点が挙げられます。

まず、コンパクトSUVであるため、内装空間やラゲッジスペースが限られていることがあります。また、エンジンパワーが大型のSUVに比べると控えめであるため、力強い加速や荷物を多く積んだ際のパフォーマンスに影響が出ることがあります。さらに、内装の質感については価格帯に見合った素材が使用されているため、より高級な感触を求める方には物足りない可能性があります。

これらの点は、ロッキーを検討する際に考慮すべき重要な要素です。

【質問4】不具合でロッキーが生産中止ってホント?

疑問に思う男性

「不具合でロッキーが生産中止ってホント?」

結論、一部ボディカラーの生産を終了したことがダイハツの公式サイトより公表されています。

【質問5】ロッキーは車高が高いから機械式立体駐車場には駐車できない?

疑問に思う男性

「ロッキーは車高が高いから機械式立体駐車場には駐車できない?」

結論からいうと、駐車できない可能性が高いです。
なぜなら、多くの機械式立体駐車場には車高制限が設けられているから。

ロッキーの全高は約1,620mmです。一方、機械式立体駐車場の車高制限は1,550mm以下とされています。ですので、機械式立体駐車場にロッキーを駐車するのは厳しいのが結論になります。

そのため、駐車を考えている立体駐車場の車高制限を事前に確認することが重要です。

まとめ:ダイハツロッキーを買って後悔した理由と中古車購入時の注意点

ダイハツロッキーを買って後悔した理由と中古車購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、ダイハツロッキーを買って後悔した理由をまとめると、

ダイハツロッキーを買って後悔した理由

  • 後部座席の空間が狭いから
  • 運転方法によって燃費が悪いから
  • 内装のプラスチック感がダサいから
  • ラゲッジスペースが物足りないから
  • エンジンが非力でパワフルさを感じないから

結論、ダイハツのロッキーを買って後悔した理由があるのは事実。
特に室内空間の狭さや内装がダサい、といった後悔した声として目立ちました。

ですが、後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、ロッキーの高度な運転支援機能や小回りの良さは、ユーザーの評価が高く、総合的に見れば満足度の高い車種だといえます。

ですので、ロッキー購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。