トヨタ「ミライ」の中古が安い理由とは?買ってみた評価と中古車購入時の注意点

「トヨタ ミライの中古が安い理由は何?」

「中古車購入時に後悔しないための注意点はある?」

水素燃料電池車(FCV)の先駆者となるトヨタの「ミライ」
先進的な技術を搭載し、走行中のCO2排出ゼロを実現し、環境への配慮に優れた一車です。

なんですが、一部で「中古が安い」といった情報が散見されますが、理由は何なのでしょうか?

今後ミライの中古を購入検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではトヨタ「ミライ」の中古が安い理由と中古車購入で後悔しないための注意点を詳しく解説していきます!

トヨタ「ミライ」の中古が安い5つの理由

革新的な水素燃料電池車として人気のトヨタ「ミライ

根強いファンも多い人気車種。
なんですが、中古市場では「安い」といった声が聞かれます。

なぜ、ミライの中古は安いのでしょうか?
今後購入予定の方、乗り換えを検討している方にとっては気になる情報です。

ここでは、トヨタ「ミライ」の中古が安い5つの理由について解説していきます。

【理由1】水素燃料電池車の需要が低いから

まず1つ目の理由として「水素燃料電池車の需要が低いから」

結論、トヨタ「ミライ」の中古車の需要が低い主な理由は、水素ステーションの不足と燃料電池自動車(FCEV)に関する一般の理解不足です。

日本国内の水素ステージョンは、環境省調べで164箇所しかなく、特に地方ではその数が大幅に減少します。

この水素ステーションの不足は、ミライを日常的に使用することの難しさを意味し、特に長距離移動では計画が必要です。

また、FCVの技術やメリットに関する一般の認識が十分ではないことも、需要低迷の原因となっています。

結果として、これらの要因が中古市場でのミライの価格低下に繋がっています。

【理由2】水素ステーションの不足で不便だから

次に2つ目の理由が「水素ステーションの不足で不便だから」

理由1に関連して、中古車が安い理由は水素ステーションの不足です。

水素ステーションまでのアクセスが難しい地域では、ミライの日常的な使用が困難となり、結果として中古市場での需要が低下しています。

例えば、都市部や大都市圏に住んでいる人は水素ステーションに容易にアクセスできますが、地方や水素ステーションが少ないエリアでは、日常的な燃料補給が困難となります。

また、水素ステーションには営業時間の制限がある場合や、予約が必要な場合もあり、これがユーザーの利便性を制限しています。

この水素ステーションの不足は、ミライの中古市場における価格に直接的な影響を与えており、特に地方や水素ステーションの少ないエリアでは、中古車としてのミライの価格が低く抑えられる傾向にあります。

このように、水素ステーションのアクセスのしやすさは、ミライの中古車の価格に大きく影響しているのです。

【理由3】車内空間の制約が多くて人気がないから

3つ目の理由が「車内空間の制約が多くて人気がないから」

結論、トヨタ「ミライ」の中古が安価な理由の一つに車内空間の制約が挙げられます。

ミライの水素燃料タンクは車体下に組み込まれており、特に後部座席の空間に影響があります。

実際、この配置により、後部座席の天井との距離が狭まり、圧迫感を感じることがあります。

さらに、後席がリクライニングできない、トランクスペースの拡張が難しいなどの不満点があります。

これらの車内空間の制約が、特にファミリー層などの需要を低下させ、中古車市場でのミライの価格を抑える要因となっています。

【理由4】高額な初期投資と維持費も高いから

4つ目の理由が「高額な初期投資と維持費も高いから」

ミライの新車価格は700万円以上であり、特有の維持費が必要となります。

具体的に、燃料電池スタックの寿命は一般的に約10年とされ、交換費用は約270万円と高額です。

さらに、ミライはその独自の構造から、一般的な車両とは異なるメンテナンスが必要で、これも中古車価格を下げる一因となります。

これらの高額な初期投資と維持費が、中古車市場でのミライの価格低下に繋がっています。

【理由5】新型モデルにフルモデルチェンジされたから

そして5つ目の理由が「新型モデルにフルモデルチェンジされたから」

結論、フルモデルチェンジされれば旧型はだぶついて中古車市場に溢れます。
中古車市場に溢れれば、供給過剰となって、車両価格は下落を起こし、結果的に中古車価格が安くなります。

実際、2020年12月に発表された2代目ミライは、レクサスLSと共通のプラットフォームを採用し、ボディサイズもLクラスセダンサイズに拡大されました。

新型モデルの登場により、初代モデルの中古価格が下落する傾向にあります。

初代モデルは4人乗りでしたが、2代目モデルは5人乗りとなり、駆動方式も前輪駆動から後輪駆動に変更されています。

このような進化が、初代モデルの中古車価格を低くする要因となっています。

ミライの中古を買ってみた評価【辛口・甘口】

ミライの安い理由について解説してきました。

安い理由だけで購入を検討する人は多いでしょう。
ですが、実際に乗ってる人のミライに対する評価も参考になります。

ここでは、辛口・甘口問わずミライの中古を買ってみた評価をご紹介していきます!

【評価1】乗り心地の良さと静かな走行性能が良い

まず良い評価で多いのが「乗り心地の良さと静かな走行性能が良い」

ミライは水素燃料電池車(FCV)であり、エンジンがないため、非常に静かに走行することが可能です。

この静寂性は、特に都市部や住宅地域での運転において高く評価されています。

実際、ユーザーレビューにおいて、「エンジンがないだけなんですが、静かに走りますね」という感想や、「水素自動車ということで物珍しさがあります。

環境にも優しいので乗っているだけでエコですね」という評価が挙げられています。
さらに、ミライは水素を燃料として使用するため、ゼロエミッションを実現し、環境に配慮した走行が可能です。

これらの要素が組み合わさって、ミライは快適で静かな走行体験を提供し、多くのユーザーから高評価を得ています。

このような乗り心地の良さと静かな走行性能は、特に都市部や環境に敏感なユーザーにとって、中古車としてのミライの魅力的な要素となっています。

【評価2】水素自動車という物珍しさとエコへの貢献

さらに「水素自動車という物珍しさとエコへの貢献」

水素燃料電池車(FCV)であるミライは、従来のガソリン車やハイブリッド車とは異なる駆動方式を採用しており、その新しさがユーザーに魅力的に映っています。

実際、ユーザーからは「水素自動車ということで物珍しさがあります。環境にも優しいので乗っているだけでエコですね」という声が挙がっています。

このようなコメントは、水素自動車という新しいテクノロジーへの興味や、環境への影響を重視するユーザーの心理を反映しています。

また、ミライはゼロエミッションを実現しており、地球温暖化対策や環境保全に対する意識が高いユーザーにとっては、特に魅力的な選択肢となっています。

これらの評価は、ミライが提供する独特の体験と、エコロジーへの貢献が、中古車市場におけるミライの価値を高めていることを示しています。

【評価3】水素タンクの交換費用が高い!

ただデメリットを挙げるなら「水素タンクの交換費用が高い!」

トヨタ「ミライ」の中古車を購入したユーザーにとって、水素タンクの交換費用が高いことは、維持コストに関する重要な検討事項です。

ミライの水素タンクは、安全上の理由から定期的な交換が必要で、その交換費用は比較的高額です。

実際、ミライの水素タンクの寿命は約15年とされており、交換が必要になった場合の費用はタンク1つにつき約50万円とされています。

これは、トヨタ「ミライ」のような水素燃料電池車(FCV)特有の維持コストであり、一般的なガソリン車やハイブリッド車と比較すると、維持コストが高くなる傾向があります。

このような高額な維持費用は、中古車市場における「ミライ」の価格に反映されており、特に長期間の使用を考慮しているユーザーにとっては、重要な購入前の検討事項となります。

中古車ミライを購入する際に気をつけたい注意点

ここまで、ミライが安い理由と愛用者レビューをまとめてきました。

安い理由がわかっても、中古車購入には注意が必要です。
具体的に中古車購入を検討する際には、どんな点に注意すればいいのか?

中古車ミライを購入する際に気をつけたい注意点をまとめていきます。

【注意点1】価格とグレードを決める

まず確認しておきたいのが「価格とグレードを決める」

中古車としてのトヨタ「ミライ」を購入する際、価格とグレードの確認は非常に重要です。

ミライの中古車価格は59.9万円から629.0万円の範囲にあり、複数のグレードが存在します。

例えば、新車価格で「Z エグゼクティブパッケージ アドバンスドドライブ」は8,600,000円、「G Aパッケージ」は7,350,000円です。

これらの価格は中古車市場での価格と異なる場合があり、購入希望者は自分の予算に合ったグレードを慎重に選ぶ必要があります。

また、各グレードには装備や機能面での違いがあるため、これらの詳細を把握し、自分のニーズに最適な車両を選ぶことが肝心です。

このように価格とグレードを確認することで、適切な中古車「ミライ」を見つけることができます。

【注意点2】走行距離と使用状況を確認する

中古車購入時には必須の「走行距離と使用状況を確認する」

中古車としてトヨタ「ミライ」を購入する際、走行距離と使用状況の確認は非常に重要です。

走行距離は、車両の状態や将来のメンテナンスコストに直接的な影響を与えます。
実際、走行距離が多い車両は、部品の摩耗や故障のリスクが高まる可能性があり、それに伴って将来の修理や部品交換の費用が増加する恐れがあります。

また、使用状況についても、車両がどのような環境で使用されていたか、定期的なメンテナンスが行われていたかなど、過去の扱い方が車両の現状に影響を及ぼします。

例えば、主に市街地での使用だったか、または長距離の高速道路での使用が多かったかなど、使用状況によって車両の状態は大きく異なります。

このように、走行距離と使用状況を確認することにより、中古車としての「ミライ」の実際の状態を把握し、適切な購入判断を行うことができます。

特に水素燃料電池車は新しい技術を使用しているため、これらの情報は非常に重要です。

【注意点3】水素ステーションのアクセスのしやすさ

ミライならではですが「水素ステーションのアクセスのしやすさ」

中古車としてトヨタ「ミライ」を購入する際、水素ステーションのアクセスは非常に重要な要素です。

ミライは水素を燃料とするため、給油のために水素ステーションへのアクセスが必要となります。

しかしながら、日本国内での水素ステーションの数は限られており、特に地方ではその数が大幅に減少します。

具体例として、ユーザーが自宅や職場、よく訪れる地域から水素ステーションが遠い場合、日常的な使用に大きな不便を感じることがあります。

また、水素ステーションの場所によっては、予約が必要な場合や営業時間に制限があることもあります。

このため、購入前に自身の生活圏内での水素ステーションの利便性を確認することが重要です。

このように水素ステーションのアクセスを考慮することで、中古車としての「ミライ」の利用がより実用的かどうかを判断できます。

特に、水素燃料電池車を日常の主要な移動手段として考えている場合、この点は非常に重要です。

トヨタ「ミライ」の中古購入に向いてる人の特徴

ここまで、ミライの評判をまとめてきました。

ではどんな人がミライには向いているのか?

トヨタ「ミライ」の中古購入に向いてる人の特徴をご紹介します!

【特徴1】環境意識が高くて技術革新に興味がある人

まず1つ目の特徴が「環境意識が高くて技術革新に興味がある人」

トヨタ「ミライ」の中古車購入に適しているのは、環境意識が高く、技術革新に興味を持つ人です。

ミライはゼロエミッションを実現する水素燃料電池車(FCV)であり、地球温暖化や環境問題に対する意識が高い人に最適です。

また、ミライは水素を動力源とする革新的な自動車技術を採用しており、最新の自動車技術に興味がある人にとっても魅力的です。

ミライの新車価格は700万円を超える場合があり、中古車市場ではこれよりも低価格で購入できることが多いです。

このため、最新技術を手頃な価格で体験したい人にとって、中古車としてのミライは魅力的な選択肢となります。

環境保護と技術への関心を持ち、新しい動力源にオープンな人は、ミライの中古車購入を検討すべきです。

【特徴2】長距離運転が多い人

次に2つ目の特徴は「長距離運転が多い人」

トヨタ「ミライ」の中古車購入は、特に長距離を頻繁に運転する人に適しています。

ミライは水素燃料電池車であり、一回の燃料充填で約650kmの走行が可能です。

この長距離走行能力は、頻繁に長距離を移動するビジネスユーザーや旅行好きの個人ユーザーにとって非常に便利です。

長距離移動においては、燃料補給の回数を減らすことができ、時間や労力の節約につながります。

また、ミライは静かな走行性能と快適な乗り心地を提供するため、長時間の運転でも疲れにくいというメリットがあります。

このため、長距離を頻繁に運転する人は、ミライの中古車購入を検討する際に、特にその利便性を感じることができるでしょう。

【特徴3】水素ステーションへのアクセスが容易な人

そして3つ目の特徴が「水素ステーションへのアクセスが容易な人」

トヨタ「ミライ」の中古車購入に適しているのは、水素ステーションへのアクセスが容易な人です。

ミライは水素燃料電池車であり、燃料補給のためには水素ステーションを利用する必要があります。

しかし、現在、水素ステーションの数は限られており、特に地方においてはその数が少ない傾向にあります。

例えば、都市部や大都市圏内に住んでいる人は、比較的容易に水素ステーションにアクセスできる可能性が高いです。

このような地域では、水素ステーションの数が多く、日常的にミライを運転することが容易になります。

一方で、水素ステーションの少ない地域に住む人は、燃料の補給に不便を感じる可能性があります。

したがって、水素ステーションへのアクセスが容易な人は、ミライの中古車を購入する際に、その利便性を最大限に活用できるでしょう。

【お得】中古車ミライをさらに安く購入する方法

中古車ミライをさらに安く購入する方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ミライの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】トヨタ「ミライ」中古の安さに関するよくある質問

最後にトヨタ「ミライ」中古の安さに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ミライ中古の評判は良い?悪い?

疑問に思う男性

「ミライ中古の評判は良い?悪い?」

トヨタ「ミライ」の中古車に関する評判は、概ね良好ですが、いくつかの注意点も挙げられています。まず、乗り心地に関しては、多くのユーザーがその静粛性やなめらかな走行感を高く評価しています。特に、エンジン音がなく、滑らかな走行を提供するため、ストレスを感じずに長時間のドライブも快適に過ごすことができるという意見が多いです。

一方で、いくつかの不満点も挙げられています。例えば、後席中央部はほぼ座れないため、実質的には4人乗りと考えた方が良いとの指摘があります。また、燃料補給に関する制限があり、特に水素ステーションの少ない地域では充填に困る可能性があるという声もあります。

価格に関しては、環境に優しく、走行性能やデザイン性も良好であることを考えると、価格はそれに見合っているとの評価があります。特に、ガソリン代の心配がなく、維持費を安く抑えられる点がメリットとして挙げられています。

燃費に関しても、航続距離が約850kmと長く、水素の充填回数を減らしてランニングコストを抑えることができる点が評価されています。ただし、個人の使用頻度や走行条件によって燃費が良いと感じることもあれば、期待していたほどではないと感じることもあるようです。

総じて、トヨタ「ミライ」の中古車は静粛性や走行感、環境への優しさなどで高い評価を受けていますが、後席の利用性や燃料補給の利便性など、いくつかの考慮すべき点も存在しています。

【質問2】ミライを購入するデメリットや後悔は?

疑問に思う男性

「ミライを購入するデメリットや後悔は?」

ミライを購入するデメリットや後悔は、「中古が安い理由」でも解説の通りです。

前述の理由以外で多いデメリットや後悔を3つ挙げます。

ミライを購入するデメリットや後悔

  • 高額な初期投資と維持費: 「ミライ」の購入価格は他のガソリン車やハイブリッド車に比べて高価であり、特に燃料電池スタックなどの部品の高価さが、修理や交換が必要な場合に費用がかさむことがあります
  • 乗車定員の制限: 特に初代ミライは4人乗りであり、後席の利用性についての不満の声もあります
  • 燃料タンクの交換時期: 「ミライ」の燃料タンクは約15年で交換が必要であり、交換費用が高額になる可能性があります

【質問3】トヨタのミライは故障が多いってホント?

疑問に思う男性

「トヨタのミライは故障が多いってホント?」

トヨタ「ミライ」が故障が多いという噂に関しては、いくつかの事例とリコール情報を基に考慮する必要があります。

まず、トヨタは平成26年から令和元年に生産したミライの一部車両に対して、燃料電池(FC)システムに関する修理を実施しています。この修理は、READY OFF時の排水制御が不十分で、FCスタック内の水素通路に生成水が滞留し、一時的な発電不良が生じる可能性があるためです。

また、消費者庁のリコール情報によると、ミライの電動機用制御装置(FC昇圧コントロールコンピュータ)に不具合があり、燃料電池システムが停止し、走行不能となるおそれがあると報告されています。

個々のユーザーからの報告では、ステアリングヒータスイッチやシートヒータースイッチの故障などの事例も挙げられています。

これらの情報を総合すると、ミライには一部の問題や故障の事例が報告されていますが、全体的な故障率や信頼性については、より詳細なデータが必要です。また、トヨタはリコール対応を行っており、保証期間の延長や無料修理などの措置も講じています。これらの対策により、ミライの故障に対する対応は適切に行われていると言えるでしょう。

まとめ:トヨタ「ミライ」の中古が安い理由と買ってみた評価

トヨタ「ミライ」の中古が安い理由と買ってみた評価をまとめてきました。

改めて、トヨタ「ミライ」の中古が安い理由をまとめると、

トヨタ「ミライ」の中古が安い5つの理由

  1. 水素燃料電池車の需要が低いから
  2. 水素ステーションの不足で不便だから
  3. 車内空間の制約が多くて人気がないから
  4. 高額な初期投資と維持費も高いから
  5. 新型モデルにフルモデルチェンジされたから

トヨタ「ミライ」の中古が比較的安い理由があるのは事実。

主な要因として、水素ステーションの不足が挙げられます。
日本全国で水素ステーションは164箇所しかなく、特に地方ではアクセスが難しいため、日常的な利用が制限されます。

加えて、室内空間の制約や燃料タンクの交換時期の問題があり、これらが中古市場での価格に反映されています。

とはいえ、先進的な技術と環境へ配慮された車両は一定の支持を得ているのも事実です。

利用目的やニーズに合った車を選ぶことで、後悔のないカーライフは実現できます。