トヨタ86を若者が買えない理由とは?中古購入時の注意点と若者でも乗れる最適な方法

「86を若者が買えないってホント?」

「中古の86を購入検討しているけど、どんな点に注意したらいい?」

今後86を買いたい若者や購入検討者にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではトヨタ86を若者が買えない理由と中古購入時の注意点を詳しく解説していきます!

トヨタ86とはどんな車?

トヨタ86を若者が買えない理由について触れる前に。
まずはじめに、トヨタ86とはどんな車か?簡単にご紹介します。

トヨタ86は、トヨタとスバルの共同開発によるスポーツカーです。

この車の主な魅力は、その優れた走行性能と手頃な価格にあります。86は、後輪駆動(RWD)レイアウトにより、優れたハンドリングとコントロール性を提供します。これは、スポーツカーを楽しむ上で非常に重要な要素です。

エンジンは、自然吸気の2.4リットル水平対向4気筒エンジンで、最高出力は約228馬力、最大トルクは約250Nmです。このエンジンは、低重心とバランスの良い重量配分を提供し、滑らかで力強い加速を実現します。また、6速マニュアルトランスミッションまたは6速オートマチックトランスミッションが選択でき、ドライバーに合わせた走行体験が可能です。

デザイン面では、86はスタイリッシュで現代的な外観を持ち、目を引く存在感があります。内装もドライバー中心の設計がなされており、快適性と機能性を兼ね備えています。

86の購入を検討している若者にとってのメリットは、優れた走行性能、手頃な価格、そしてスポーティなデザインにあります。これらの要素は、他の多くの車種や自動車にはない独自の魅力を86にもたらしています。

86を若者が買えない3つの理由

なぜ、86を若者が買えないのかどうか?
その理由について、今後86を購入検討している若者やそれ以外の方にとっても気になる情報です。

ここでは、86を若者が買えない3つの理由を深堀解説していきます。

【理由1】車両価格が高いから

まず理由で特に多いのは「車両価格が高いから」

86の価格は若者にとって購入の大きな障壁です。

新車の平均価格は約300万円から350万円の範囲にあり、これは多くの若年層にとって高額です。具体的には、日本の若者の平均初任給が約20万円から25万円(日本経済研究センター調べ)であることを考えると、86の価格は平均初任給の約15倍から17.5倍に相当します。加えて、若者は学生ローンの返済や生活費など、他の金銭的負担も抱えていることが一般的です。例えば、新卒者の約70%が学生ローンを抱えており、その平均返済額は月約3万円(日本学生支援機構調べ)です。このような状況では、高額な車の購入は非現実的です。

結論として、86の価格は若者にとって購入の大きな障壁となっています。

【理由2】燃費が悪く維持費も高いから

車両価格だけでなく「燃費が悪く維持費も高いから」

結論、維持管理が難しいということ。
86の燃費と維持費は、若者が車を購入する際の大きな考慮事項です。

86の公式燃費は、約12.4km/L(JC08モード)であり、スポーツカーとしてはまずまずの数値ですが、日常使用での実燃費はさらに低下する可能性があります。維持費に関しては、定期的なメンテナンス、タイヤ交換、オイル交換などが必要で、これらの費用は年間数万円から数十万円に上ることがあります。例えば、スポーツカー用の高性能タイヤは一般的な乗用車のタイヤに比べて高価で、交換費用が高くなりがちです。また、スポーツカーは保険料も高く、若年層ではさらに割高になる傾向があります。これらのランニングコストは、特に収入が限られた若者にとっては大きな負担となり得ます。

なので、86の燃費と維持費は、特に予算に制約のある若者にとって、購入の障壁となっているのです。

【理由3】値下がりしない(再販価値が高い)から

そして3つ目の理由が「値下がりしない(再販価値が高い)から」

86は高い再販価値を保持しており、これが若者にとっての購入障壁の一つとなっています。

新車購入時の価格と比較して、86は中古市場で価値が大きく下がりにくい傾向にあります。例えば、新車購入後3年経過した86の平均的な再販価値は、新車価格の約70%から80%程度を保つことが多いです。これは一般的な乗用車と比較して高い再販価値であり、中古車市場においても高価格で取引されることが多いです。この高い再販価値は、86の品質、人気、およびスポーツカーとしての性能に起因します。若者が中古市場で86を購入しようとする場合、高い再販価値により予算内での購入が難しくなります。

したがって、86の高い再販価値は、特に資金に制約のある若者にとって、購入の大きな障壁です。

買ったのに86を若者が手放した原因

中には、若者でも86を購入した人はもちろんいます。
なんですが、その多くは買っても途中で手放す結果を招きます。

買ったのに86を若者が手放した原因とは何か?

結論、維持管理の難しさが挙げられます。
なんですが、それ以上に顕著な要因が「若者のキャリア変化」が挙げられます。

若者がキャリアの変化を理由にトヨタ86を手放すことは珍しくありません。
キャリアの進展や変更は生活スタイルに大きな影響を与え、それに伴い自動車のニーズも変化します。

例えば、新しい職場が公共交通機関で容易にアクセスできる場所にある場合、自動車の必要性が低下し、特に維持費の高いトヨタ86を手放すことを選ぶ若者がいます。また、転職によって収入が減少する場合、維持費の高い車を持続的に保有することが難しくなります。実際に、若年層の転職率は高く、日本の20代の年間転職率は約10%にも達します(厚労省調べ)。

さらに、昇進や転勤によりライフスタイルが変わることも、車の選択に影響を及ぼします。

例えば、家族が増えたり、趣味やライフスタイルが変わったりすると、2ドアスポーツカーであるトヨタ86ではなく、より実用的な車種が必要になることがあります。また、仕事上の地位が上がると、社会的なステータスを反映するために高級車やビジネス向けの車種に乗り換える傾向もあります。

結論として、キャリアの進展や変化は若者の車に対するニーズに大きな影響を与え、特に維持費の高いトヨタ86のような車を手放す理由となることがあります。

若者が86の中古購入で後悔しないための注意点

ここまで、86を若者が買えない理由や手放す原因について解説してきました。

買えない理由の最たる原因は「維持費の高さ」
その結果、維持管理が難しく、年齢とともに変化するニーズに応えられなくなることが挙げられます。

ですが、86の中古を検討するのは実現可能性が高いです。
中には中古車を探している方も多く、今後の検討材料の一つになりえます。

そこで、ここでは若者が86の中古購入で後悔しないための注意点をまとめていきます。

【注意点1】購入前に予算を再検討する

まず留意したいのは「購入前に予算を再検討する」

トヨタ86の中古車を購入する際には、予算の再検討が非常に重要です。

単に車両の購入価格だけを考慮するのではなく、保険、税金、燃料費、定期メンテナンスなどの維持費も総合的に計算する必要があります。たとえば、トヨタ86の平均的な保険料は年間約10万円から15万円、年間の燃料費は約10万円から20万円(12.4km/Lの燃費で計算)、定期メンテナンス費用は年間数万円が目安です。また、タイヤ交換や消耗品の交換も必要になります。これらのコストをすべて合算すると、車両価格以外にも年間数十万円の追加費用が発生する可能性があります。したがって、購入予算を検討する際には、これらの維持費も考慮に入れることが重要です。

総合的なコストを把握し、購入後の経済的な負担を適切に管理することが、後悔しない購入につながります。

【注意点2】走行距離やメンテナンス履歴など車両の状態を確認する

必ず押さえておきたいのは「走行距離やメンテナンス履歴など車両の状態を確認する」

トヨタ86の中古車を購入する際、車両の状態確認は非常に重要です。

中古車の状態は、将来的な維持費や信頼性に直接影響を及ぼします。車両のメンテナンス履歴、走行距離、事故歴の確認が特に重要です。例えば、走行距離が多い車両や適切なメンテナンスが行われていない車両は、将来的に大きな修理費用が発生するリスクが高まります。走行距離が10万キロメートルを超える車両の場合、エンジンやトランスミッションなどの主要部品の摩耗が進んでいる可能性があり、これらの修理や交換は高額になることが一般的です。

また、事故歴がある車両は、隠れた損傷が存在する可能性があり、将来的なトラブルの原因となることがあります。車体の塗装やフレームの状態を確認し、修理や交換が行われているかを慎重にチェックする必要があります。

したがって、トヨタ86の中古車を購入する際には、車両の状態を徹底的に確認し、可能であれば専門のメカニックによる検査を受けることが推奨されます。車両の状態を正確に把握することで、将来的なリスクを減らし、満足のいく車の購入が可能になります。

【注意点3】保険料も確認して他車両と比較検討し最終的に決める

そして「保険料も確認して他車両と比較検討し最終的に決める」

トヨタ86の中古車を購入する際、保険料の確認は非常に重要です。

スポーツカーは一般的に高い保険料がかかるため、特に若年層のドライバーは割高な保険料を支払うことになります。トヨタ86の場合、年間の保険料は年齢、運転歴、居住地域によって異なりますが、若年層では年間約15万円から25万円程度が一般的です。これは、一般的なコンパクトカーやファミリーカーの保険料の約1.5倍から2倍に相当します。例えば、20代のドライバーが東京都内でトヨタ86を運転する場合、保険料は年間20万円以上になる可能性が高いです。

さらに、運転歴が短い若年層は、事故リスクが高いと見なされるため、保険料がさらに高くなることがあります。また、過去に事故を起こしている場合も、保険料は上昇します。

したがって、トヨタ86の中古車を購入する際には、事前に保険会社に問い合わせて具体的な保険料を確認し、総予算に組み込むことが重要です。適切な保険料の予算を立てることで、経済的な負担を軽減し、後悔のない車の購入が可能になります。

【若者必見】86の中古車を安く買うおすすめの方法

86の中古車を安く買うおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

86の中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
サクッと依頼して、まずは金額を確認してみることをおすすめします。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

購入はやめとけ!86に若者でも乗れる最適な方法あり

悩む男性2

「中古でも価格は高いし、そもそも維持費がかかるから、購入は難しい・・・」

新車に比べたら中古の方が安いのは事実です。
しかし、購入後の維持費や管理云々を考えたら、購入は控えるのは無難と言わざるを得ない。

なんですが、86に若者でも乗れる最適な方法があります!

それが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

86以外にも気になる車種があれば、好きに乗り換え可能。
費用を抑えたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

トヨタ86を購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

【Q&A】若者は買えないと囁かれる86のよくある質問

最後に若者は買えないと囁かれる86のよくある質問をまとめます。

【質問1】86に乗ってる男はモテない?

疑問に思う男性

「86に乗ってる男はモテない?」

結論、86に限らず車が直接的にモテるかどうかを決定するものではありません。

車の選択は個人の好みやステータスを反映するもので、トヨタ86はスポーティーな外観と優れた走行性能で知られています。これは自動車愛好家やスポーツカーに興味を持つ人には魅力的に映るかもしれません。しかしながら、人々の好みは多様で、全ての人にとって魅力的に映るわけではありません。例えば、環境意識が高い人や実用性を重視する人には、トヨタ86のようなスポーツカーはそれほど魅力的ではないかもしれません。最終的に、車は個人のスタイルや価値観を表現する手段の一つであり、他人からの評価を左右する主要な要因ではありません。

したがって、「トヨタ86に乗る男性がモテるか」については、個々の好みや価値観に依存すると言えます。

【質問2】86乗りはうざいしバカにされる?

疑問に思う男性

「86乗りはうざいしバカにされる?」

結論、車種を選ぶこと自体がそのような評価をもたらすわけではありません。トヨタ86はそのスポーティなデザインとパフォーマンスで知られ、特に自動車愛好家の間で高く評価されています。しかし、あらゆる車種やブランドには特定のステレオタイプが存在し、それが必ずしも全ての人に当てはまるわけではありません。例えば、トヨタ86が若者に人気があるという認識がありますが、それによってオーナー全体が特定の方法で見られるわけではないです。人々の意見や評価は個人の経験や価値観に大きく依存しており、単一の車種に関する一般化された意見は存在しません。

結論として、トヨタ86のオーナーが特定の方法で評価されるかどうかは、その人の行動や個性、周囲の環境や文化によって異なります。

【質問3】AE86の中古が高すぎるってホント?

疑問に思う男性

「AE86の中古が高すぎるってホント?」

結論、AE86の中古が高いのは事実です。

AE86は1980年代に製造されたトヨタのスポーツカーで、カルト的な人気を誇ります。この車は、その歴史的価値と希少性により、コレクターズアイテムとしての地位を確立しています。具体的には、良好な状態のAE86は中古市場で数百万円の価格で取引されることがあります。この価格は、同時期の他の車種に比べて顕著に高いです。例えば、同年代の他の中古トヨタ車は、一般的にはAE86よりもはるかに安価で取引されます。AE86の価格が高い主な理由は、その歴史的重要性と、自動車愛好家の間での高い需要にあります。

結論として、AE86の中古車が高価であるという認識は、市場におけるその車の人気と希少性によるものです。

まとめ:トヨタ86を若者が買えない理由と中古購入時の注意点

トヨタ86を若者が買えない理由と中古購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、トヨタ86を若者が買えない理由をまとめると、

トヨタ86を若者が買えない理由

  1. 車両価格が高いから
  2. 燃費が悪く維持費も高いから
  3. 値下がりしない(再販価値が高い)から

結論、買えない理由の最たる原因は「維持費の高さ」
その結果、維持管理が難しく、年齢とともに変化するニーズに応えられなくなることが挙げられます。

また、新車に比べたら中古の方が安いのは事実です。
しかし、購入後の維持費や管理云々を考えたら、購入は控えるのは無難と言わざるを得ない。

なんですが、86に若者でも乗れる最適な方法があります!

それが、トヨタ・レクサスの新車をお得に乗れる「KINTO」と呼ばれるサブスクサービス

初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

86以外にも気になる車種があれば、好きに乗り換え可能。
費用を抑えたい車好きにとっては、魅力的なサービスとなっています。

トヨタ86を購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。