タントのエンジンがかからない&セルが回らない!想定される10個の原因と状況別対処法

「タントのエンジンがかからない原因は?」

「エンジンがかからない時の対処法と対策を教えてほしい!」

運転したいのに、エンジンがかからない。
突然タントのエンジンがかからなくなると、非常に困りますよね。

ですが、タントのエンジンがかからないのには原因があります。

想定しうる原因は何なのか?
そして、原因に対する適切な対処法は何なのか?

本記事ではタントのエンジンがかからない原因と状況別対処法を詳しく解説していきます!

【車の高価買取を強化中!】

タントの買い取りはどこがいいのか、迷ってはいませんか?

「できれば高値で買い取ってもらいたい」

この本音に応えてくれるサービスがあります!
それが、現在CMでも話題の高価買取を強化する車買取専門「カーネクスト

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

タントのエンジンがかからない10個の原因

愛車のタントが突然、エンジンかからなかったら困りますよね。

詳しい人ならまだしも、素人はただただ焦ります。
どうしてエンジンがかからないのか?原因は何なのか?

事前に想定しうる原因の目星が付けれれば、改善のしようもあります。

ですので、ここではいくつかの想定されるタントのエンジンがかからない10個の原因を解説していきます。

【原因1】ガソリン切れ

タントのエンジンがかからない一因として「ガソリン切れ」があります。

長距離運転や燃料計の故障、意図しない燃費の悪化などで、予期せずガソリンが不足することが原因です。例えば、長時間の渋滞に巻き込まれたり、燃料計が正しく機能していない場合に、ガソリンがなくなる可能性があります。そのため、タントのエンジンが始動しない際は、燃料の残量を確認することが重要です。

【原因2】バッテリー上がり

タントのエンジンがかからない主な原因の一つは「バッテリー上がり」です。

バッテリーが弱ると、エンジンを始動するのに必要な十分な電力が供給されなくなります。具体的な例として、長期間車を使用しない、冷え込みが厳しい環境での使用などが挙げられます。これらの条件下では、バッテリーの寿命が短くなりやすいです。したがって、タントのエンジンがかからない場合は、バッテリーの点検が必要です。

【原因3】スマートキーの電池切れ

タントのエンジンがかからない原因の一つに「スマートキーの電池切れ」があります。

スマートキーの電池が弱くなると、車両のエンジンスタートシステムが正常に機能しなくなります。特に、キーの反応が鈍くなったり、ドアのロックが上手く作動しなくなった場合、電池の交換が必要となります。したがって、タントのエンジンが始動しない時は、スマートキーの電池状態を確認し、必要に応じて交換することが推奨されます。

【原因4】キーとハンドルの問題

タントのエンジンがかからない問題の一つとして「キーとハンドルの不具合」が挙げられます。

この問題は、ハンドルロックがかかっている状態で、キーが正常に作動しないことによって発生します。たとえば、駐車時にハンドルを強く回しすぎると、ハンドルロックがかかり、キーが回らなくなることがあります。このため、タントのエンジンが始動しない時は、ハンドルとキーの位置関係を確認し、必要に応じて修正することが求められます。

【原因5】ハンドルロックがかかっている

タントのエンジンがかからない原因の一つに「ハンドルロックがかかっている」ことがあります。

この問題は、ハンドルが一定の位置に固定され、鍵が回らなくなる状況で発生します。例えば、駐車時にハンドルを強く回し過ぎてロックがかかる場合があります。このような場合、ハンドルを軽く左右に動かしながら鍵を回すことで、ロックを解除することが可能です。したがって、タントのエンジンが始動しない際は、ハンドルロックの確認と解除が必要です。

【原因6】セルモーターの故障

タントのエンジンがかからない一つの原因は「セルモーターの故障」です。

セルモーターが壊れると、エンジンを始動するための回転力が得られなくなります。具体的には、キーを回してもエンジンから始動音がしない、または「カチッ」という音のみがする場合があります。このような症状が現れた場合、セルモーターの点検や交換が必要になります。したがって、タントでエンジンが始動しない時は、セルモーターの故障を疑うべきです。

【原因7】スパークプラグの問題

タントのエンジンがかからない原因の一つは「スパークプラグの問題」です。

スパークプラグが劣化すると、エンジン内での燃料の点火がうまくいかず、エンジンが始動しなくなります。たとえば、プラグが汚れていたり、ギャップが不適切であったりすると、エンジンの始動が困難になります。このため、タントのエンジンが始動しない場合は、スパークプラグの状態を確認し、必要に応じて清掃または交換することが推奨されます。

【原因8】電子系統のトラブル

タントでエンジンがかからない場合、原因の一つとして「電子系統のトラブル」が考えられます。

電子系統の故障は、センサーやコンピューターの不具合によりエンジン管理システムが正常に機能しなくなることで起こります。例えば、エンジン警告灯が点灯したり、特定の機能が作動しなくなったりする場合があります。このため、タントのエンジンが始動しない時は、専門の診断機器を使用した電子系統のチェックが必要です。

【原因9】シフトレバーの位置

タントのエンジンがかからない原因として「シフトレバーの位置不適切」があります。

自動車は、シフトレバーが「パーキング」位置にないと、セキュリティシステムがエンジンの始動を阻止します。例えば、うっかりシフトレバーを「ドライブ」や「ニュートラル」にしたままエンジンをかけようとしても始動しません。このため、タントでエンジンが始動しない時は、シフトレバーが適切な位置にあるかを確認することが重要です。

【原因10】リコールの可能性

タントのエンジンがかからない原因として、「リコールの可能性」も考慮する必要があります。

リコールは、製造上の欠陥や設計の問題により、車両の安全性に関わる重要な部品に不具合がある場合に実施されます。例えば、エンジン関連の部品に欠陥があると、エンジンの始動に影響を及ぼす可能性があります。実際、過去にもタントのリコールは届け出がなされています。直近の情報では、令和2年4月23日付けでリコールが公表されています。

したがって、タントのエンジンが始動しない場合、ダイハツの公式ウェブサイトや販売店にリコール情報の確認を行うことが推奨されます。

「タントから買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

タントのエンジンがかからない時の状況別対処法

ここまで、タントのエンジンがかからない原因を解説してきました。

想定しうる原因は複数あります。
ただ、状況が特定できている中では、求められる対処法は異なってきます。

ここでは、タントのエンジンがかからない時の状況別対処法を詳しくご紹介します。

【対処法1】鍵が回らない時

まず1つ目の状況で「鍵が回らない時」

タントで鍵が回らない時の対処法は、ハンドルとキーの位置関係の調整です。

ハンドルロックがかかっている場合、キーが回らなくなります。具体的には、ハンドルを左右に少し強めに動かしながら、同時に鍵を回すとロックが解除されることがあります。しかし、ハンドルを強く回し過ぎると、キーシリンダーを破損する恐れがあるため注意が必要です。このため、タントで鍵が回らない場合は、まずハンドルロックの解除を試みることが推奨されます。鍵が回らない問題の対処には、ハンドルとキーの適切な操作が重要です。

【対処法2】ハンドルロックでエンジンがかからない時

次に2つ目の状況で「ハンドルロックでエンジンがかからない時」

タントでハンドルロックがかかり、エンジンがかからない時の対処法は、ハンドルの位置を調整することです。

ハンドルロックは、車を駐車した際にハンドルが特定の位置で固定されるセキュリティ機能です。具体的には、駐車時にハンドルを強く回し過ぎると、ロックがかかりキーが回らなくなります。この場合、ハンドルを軽く左右に動かしながら、同時にイグニッションキーを回すことで、ロックを解除することができます。ただし、ハンドルを無理に強く回すと、キーシリンダーに損傷を与える可能性があるので注意が必要です。タントでハンドルロックによりエンジンがかからない時は、この方法で対処することが効果的です。ハンドルの正しい操作が解決の鍵となります。

【対処法3】プッシュスタートでエンジンがかからない時

3つ目の状況で「プッシュスタートでエンジンがかからない時」

タントでプッシュスタート式のエンジンがかからない時の対処法は、主にキーとバッテリーの状態を確認することです。

プッシュスタートが機能しない原因として、スマートキーの電池が弱くなっていることが挙げられます。この場合、キーの電池を新しいものに交換することで解決できます。具体的には、市販のボタン電池を使用して自分で交換することが可能です。また、車両自体のバッテリーが弱っている場合もエンジンがかからない原因となります。この場合、バッテリーを充電するか、必要に応じて新しいものに交換する必要があります。タントでプッシュスタート式のエンジンがかからない時は、これらの点を確認し、対処することが推奨されます。キーとバッテリーの状態チェックが重要です。

【対処法4】エンジン警告灯が点灯してエンジンがかからない時

4つ目の状況で「エンジン警告灯が点灯してエンジンがかからない時」

タントでエンジン警告灯が点灯してエンジンがかからない時は、車両の電子制御システムに何らかの問題が発生している可能性が高いです。

エンジン警告灯は、エンジンや排気系統、燃料システムなどに関連するトラブルを示しています。具体例としては、燃料不足、エンジンオイルの低下、スパークプラグの不良などが挙げられます。このような状況では、まずはOBD(車載式故障診断装置)を使用してエラーコードを読み取り、それに基づいて対処することが必要です。一般的には専門の整備工場やディーラーでの診断が推奨されます。エンジン警告灯が点灯している時は、早急に専門家に相談し、適切な対応を取ることが重要です。専門家による適切な診断が解決の鍵となります。

【対処法5】ブレーキ重い&固くてエンジンがかからない時

5つ目の状況で「ブレーキ重い&固くてエンジンがかからない時」

タントでブレーキが重く固まってエンジンがかからない時は、ブレーキシステムの問題が考えられます。

タントのブレーキシステムは、エンジン動力を利用してブレーキをアシストするため、エンジンが停止しているとブレーキが非常に重くなります。例えば、エンジンを停止した状態でブレーキペダルを複数回踏むと、真空アシストが作動せず、ブレーキが固くなることがあります。この場合、エンジンを始動させることでブレーキペダルの動作が正常に戻るはずです。しかし、エンジンがかからない場合は、バッテリーの充電状態やエンジン関連のトラブルを確認する必要があります。ブレーキが重く固まった状態でエンジンがかからない時は、バッテリーやエンジンシステムのチェックが必要です。専門家に相談することをおすすめします。

【対処法6】電気はつく&カチカチ音がしてエンジンがかからない時

そして6つ目の状況で「電気はつく&カチカチ音がしてエンジンがかからない時」

タントで電気はつくが「カチカチ」という音がしてエンジンがかからない時は、バッテリーの電力不足が一因です。

この症状は、バッテリーに十分な電力がないため、スターターモーターが正常に作動せず、エンジンが始動しない状態を示します。例えば、長期間車を使用しない、冷気や温気によるバッテリー性能の低下などが原因でバッテリー電力が不足することがあります。この場合、バッテリーを充電するか、新しいバッテリーに交換する必要があります。もしバッテリーの充電が不足している場合、ブースターケーブルを使用して他の車から充電するか、ジャンプスターターを使う方法もあります。電気はつくが「カチカチ」音がしてエンジンがかからない時は、バッテリーの状態をチェックし、適切な対処を行うことが重要です。バッテリーの状態が原因の一つと考えられます。

「タントから買い替えを検討してる。」

「車を売却するなら、高値で買い取ってくれる方法がいい。」

このように考えている方は、高価買取を強化する「カーネクスト」の利用がおすすめ!

カーネクストは、他社よりも10%以上高い買取実績もある、どんな車も無料査定で日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

対処してもタントのエンジンがかからない時の解決策

ここまで、タントのエンジンがかからない原因とその対処法について、詳しくまとめてきました。

タントのエンジンがかからない原因は一つではありません。
様々な状況と要因が重なり合って、最終的に「エンジンがかからない」状況に陥っている可能性が高いです。

ですので、対処してもタントのエンジンがかからない時の解決策「ディーラーや修理工場に相談する」ことが最善の方法だといえます。

専門家でもない人が、原因を特定するのは困難です。
自動車のエンジンには複雑なメカニズムが関わっており、専門的な知識と技術が必要です。

ディーラーや修理工場では、専門の設備と経験豊富な技術者がおり、エンジンの詳細な診断から修理までを一貫して行うことができます。

ただ、エンジンの修理には多額の費用が発生するケースもあります。
状況によっては廃車になる場合もあり、「車の処分の仕方」についても検討しておく必要があります。

でも実は、修理するよりも車の買い替えを検討している人が増えていることをご存知でしょうか。

理由は簡単で、買い替え方がお得だから。
実際、高額な修理費用を払って乗り続けるより、買い替えた方がメリットは大きいです。

さらに、廃車するにも手数料や費用がかかります。
手続きも必要なため、非常に煩わしく、忙しい人にとっては考えるだけで億劫ですね。

ではどうすれば、スムーズに車を処分できるのか?
エンジンもかからない廃車寸前の車を、高値で買い取ってくれる方法は何か?

そんな車の買い替えを検討するなら「カーネクスト」がおすすめ。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

どんな車も無料査定&高価買取強化中!
あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

「タントのエンジンかからない」と慌てる前に日頃からの対策

タントのエンジンがかからない状況について、詳しくまとめてきました。

エンジンがかからないのには、必ず原因があります。
そして、これらの原因は、適切な対策によって、未然に防ぐことも可能です。

突然、エンジンがかからず焦らなくて済むように。
ここでは、「タントのエンジンかからない」と慌てる前に日頃からの対策をまとめます!

【対策1】定期的に車両を点検する

まず必ず実践したいのは「定期的に車両を点検する」

タントのエンジンがかからない問題を防ぐためには、定期的な車両点検が重要です。

定期点検では、エンジン、バッテリー、ブレーキシステム、燃料系統など、車両の主要な部分のチェックが行われます。たとえば、バッテリーの劣化や液漏れ、ブレーキパッドの摩耗、オイルやクーラントの量などが点検されます。これらの部分に問題があると、エンジンの始動に影響を与える可能性があります。また、リコールの情報も確認することができます。定期点検によって、これらの問題を早期に発見し、修理や交換を行うことで、エンジンがかからないトラブルを未然に防ぐことができます。したがって、タントを安全に長持ちさせるためにも、定期的な車両点検を受けることが推奨されます。

【対策2】バッテリーの状態を確認する

見落としがちな「バッテリーの状態を確認する」

タントのエンジンがかからない問題を未然に防ぐためには、バッテリーの状態を確認することが重要です。

バッテリーはエンジンを始動するために必要な電力を提供する主要な部品です。バッテリーの寿命は通常2?3年ですが、使用状況や気候によって異なります。たとえば、寒冷地での使用や頻繁な短距離運転はバッテリーに負担をかけるため、劣化が早まることがあります。バッテリーの状態は、エンジンの始動性やヘッドライトの明るさ、電装品の動作などから判断できます。充電量が不足している場合や老朽化が進んでいる場合、早めにバッテリーを交換することが推奨されます。定期的なバッテリーの点検と適切なメンテナンスにより、エンジンがかからないトラブルを効果的に防ぐことができます。バッテリーの適切な管理がタントの安定した性能を保つ鍵です。

【対策3】スマートキーの電池を定期的に交換する

そして、慌てないためにも「スマートキーの電池を定期的に交換する」

タントでスマートキーの電池を定期的に交換することは、エンジン始動トラブルを防ぐために重要です。

スマートキーの電池は、キーのリモコン機能や、車両との通信に必要な電力を供給します。電池が弱くなると、車両のセキュリティシステムが適切に機能せず、エンジンがかからなくなる可能性があります。具体的には、キーの反応が鈍くなったり、ドアのロックやアンロックが不安定になったりする場合があります。これらの症状が見られる場合、スマートキーの電池を新しいものに交換することが推奨されます。電池は市販のボタン電池で簡単に交換できますが、破損の恐れもあるため、不安な場合は専門家に依頼するのが良いでしょう。定期的な電池交換により、タントの安定した使用が保たれます。スマートキーの電池管理が、トラブルフリーなドライビングのキーです。

【Q&A】タントのエンジンがかからない状況でのよくある質問

最後にタントのエンジンがかからない状況でのよくある質問をまとめます。

【質問1】タントのバッテリー上がりのサインは?

疑問に思う男性

「タントのバッテリー上がりのサインは?」

結論、タントのバッテリー上がりのサインには、いくつかの兆候があります。

まず、エンジンが一度に始動しない、または始動が遅れることが挙げられます。これは、バッテリーの電力が不足しているため、エンジンスターターに十分な電力を供給できないことが原因です。次に、ヘッドライトや内装の照明が暗くなる、または点滅することがあります。これも、バッテリーからの電力供給が弱くなっている証拠です。さらに、カーナビゲーションシステムやラジオなどの電装品が正常に動作しなくなることも、バッテリーの劣化を示すサインとなります。これらの症状が見られた場合、バッテリーの点検や交換を検討することが必要です。バッテリー上がりの初期サインを見逃さず、早めの対応を取ることがタントの安全運転につながります。バッテリーの状態に注意を払うことが重要です。

【質問2】冬だとエンジンがかからないのはあるある?

疑問に思う男性

「冬だとエンジンがかからないのはあるある?」

結論、冬季にタントのエンジンがかからない現象は、比較的一般的な問題です。

冬の寒冷な気候は車両のバッテリーに大きな影響を与え、バッテリーの性能が低下することがあります。特に、低温環境ではバッテリーの起動能力が弱まり、エンジンの始動が困難になることがあります。また、エンジンオイルが冷えて粘度が上がると、エンジンがスムーズに回転しなくなり、始動に必要な力が不足することもあります。例えば、長期間タントを使用していない場合や、外気温が特に低い朝などに、エンジンが一度に始動しないことがよくあります。このような状況に対処するためには、バッテリーの状態をチェックし、寒冷地用のエンジンオイルを使用するなどの対策が有効です。したがって、冬場にタントのエンジンがかからないことは一般的であり、適切なメンテナンスと対策が重要です。バッテリーとエンジンオイルの状態に特に注意を払うことが推奨されます。

【質問3】タントの鍵マークが赤く点滅するのはなぜ?

疑問に思う男性

「タントの鍵マークが赤く点滅するのはなぜ?」

結論、タントで鍵マークが赤く点滅する現象は、通常、車両のセキュリティシステムに関連しています。

この赤い点滅は、車両が盗難防止モードにあることを示しています。具体的には、スマートキーやリモコンキーが車両と正しく通信できていない、またはキーシステムに何らかの問題がある場合に発生することがあります。例えば、スマートキーの電池が弱くなっているか、完全に切れている場合にこのような症状が現れることがあります。また、キーが車両の近くにない場合にも同様の警告が出ることがあります。この赤い点滅が表示された場合は、まずスマートキーの電池を確認し、必要であれば交換することが推奨されます。キーの問題が解決しない場合は、車両のセキュリティシステムに問題がある可能性があり、専門家による診断が必要になることがあります。タントのセキュリティシステムの正常な機能を維持するためには、キーの状態に注意を払うことが重要です。

【質問4】タントのエンジンロックを解除するには?

疑問に思う男性

「タントのエンジンロックを解除するには?」

結論、タントのエンジンロックを解除するには、主にイグニッションキーまたはスマートキーの適切な使用が必要です。

エンジンロックは、車両の盗難防止機能の一環として設けられています。通常、エンジンロックがかかっている場合、キーをイグニッションに差し込み、ハンドルを左右に軽く動かしながらキーを回すことでロックを解除できます。スマートキーを使用している場合、キーが車内にあることを確認し、プッシュスタートボタンを押すことでエンジンロックを解除することができます。ただし、これらの方法で解除できない場合、キーシリンダーやスマートキー自体に問題がある可能性があります。その場合は、専門のディーラーや修理工場での診断が必要になることがあります。エンジンロック解除の際は、キーの状態と車両のセキュリティシステムを適切に扱うことが重要です。

まとめ:タントのエンジンがかからない原因と状況別対処法

タントのエンジンがかからない原因と状況別対処法をまとめてきました。

改めて、タントのエンジンがかからない原因をまとめると、

タントのエンジンがかからない原因

  1. ガソリン切れ
  2. バッテリー上がり
  3. スマートキーの電池切れ
  4. キーとハンドルの問題
  5. ハンドルロックがかかっている
  6. セルモーターの故障
  7. スパークプラグの問題
  8. 電子系統のトラブル
  9. シフトレバーの位置
  10. リコールの可能性

タントのエンジンがかからない原因は一つではありません。
様々な状況と要因が重なり合って、最終的に「エンジンがかからない」状況に陥っている可能性が高いです。

ですので、最善の解決策は「ディーラーや修理工場に相談する」
車両の安全を確保するためにも、エンジンがかからない問題に遭遇した際は、迅速に専門家の意見を求めることが重要です。

そして、タントから買い替えや売却を検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp