ジープレネゲードは買ってはいけない?5つの理由と中古車購入で後悔しないための注意点

「ジープレネゲードは買ってはいけない車?」

「中古車購入時に後悔しないための注意点はある?」

ジープブランドが誇るコンパクトSUV「レネゲード」

独特のデザインと優れたオフロード性能が何よりの魅力。
なんですが、一部で「レネゲードは買ってはいけない」との声も聞かれますが、本当でしょうか?

今後レネゲードを購入検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではレネゲードは買ってはいけない理由と中古車購入で後悔しないための注意点を詳しく解説していきます!

【結論】「レネゲード買ってはいけない」はホント?

「レネゲード買ってはいけない」はホントなのかどうか?

結論からいうと、買ってはいけない車ではありません。

なぜなら、多くのユーザーに支持される人気の車だから。
レネゲードは独特のデザインやオフロード性能、先進的な機能を備え、ユーザーに愛されています。

実際、レネゲードの販売台数は上位に入るほど。
なんですが、一部のユーザーにとっては、ネガティブに映る機能や性能があるのは事実。

ですので、「レネゲード買ってはいけない」と感じるかは、個々人の価値観次第です。

車を運転する目的や状況によっても、捉え方は異なります。

まずは、どういった目的でレネゲードを運転したいのか?
利用目的と購入予算を明確にしたうえで、買うかどうかは検討するのが良いといえます。

もし、レネゲードの中古を検討している方で、中古車の購入に不安があるなら「中古車探しのプロ」に相談してみることをおすすめします。

なぜなら、一人で悩んでも解決はしないから。
プロに相談し、探してもらうことで、最短で欲しい一台に巡り合うことも可能です。

ではどこに、相談すればいいのか?
それが累計販売台数100万台を突破する「ズバブーン車販売」の中古車無料お探しサービス

  • ネット検索しても情報量が膨大すぎて時間ばかりかかってしまう
  • マニアックな車が欲しいけれど、どこを探しても見つからない
  • 安く買うためにオークションでも探しているが、保証が付かないことが多いので正直不安

ズバブーンなら、あなたのニーズにマッチした車を最短即日でご紹介!
メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをスマートカーライフプランナーが無料でお手伝いしてくれるサービスです。

  • レネゲードを安く手に入れたい!
  • 自分に合う車を提案してほしい!
  • 少しでも効率的にレネゲードを探したい!

一つでも該当する方は、まずは無料サービスを活用してみることをおすすめします。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

レネゲードを買ってはいけないと言われる5つの理由

結論の通りで、レネゲードを買ってはいけないと感じるかは、個々人の価値観次第です。

ではなぜ、「レネゲードは買ってはいけない」との声が挙がるのか?

今後レネゲードを購入検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、レネゲードを買ってはいけないと言われる5つの理由を深堀して解説していきます。

【理由1】車両価格が高いから

口コミをみても特に多いのが「車両価格が高いから」

レネゲードの車両価格は高いです。

実際、レネゲードの最新モデルは、下位グレードでも435万円するので、同クラスの国産車よりも割高になります。

とはいえ、車両価格に対する感じ方は個々人の価値観次第です。
「とにかく高い」と感じる人がいる一方で、「安い」と感じる人もいます。

また、レネゲードは価格的に魅力的で、ジープなのに手が届きそう、といった好意的な意見もあるほどです。

要は、何を重視して車を買うかどうか?

ジープの車種の中では、レネゲードは一番お手頃です。
本格的なSUV車が乗りたい人には、高くないと感じる人も当然います(筆者もその一人)

無骨で唯一無二のデザインが魅力のジープが好きなら、レネゲードがお買い得ではないでしょうか。

【理由2】燃費が悪いから

次に多い理由として「燃費が悪いから」

SUV仕様は燃費の悪い車が多い中、レネゲードも悪いです。
さらに、国産車に比べるとより悪いので、燃費について酷評する意見が多い。

では、どれくらい悪いのか?
レネゲードのカタログ燃費は14.8km/L~16.0km/Lですが、実燃費は10km/L以下になるケースもあります。

ただ、ジープの他車種と比較すると見方は変わります。

同社の「グランドチェロキー」は、カタログ燃費が10km/Lで、「ラングラー」のカタログ燃費が10.4km/~L11.5km/L。

比較すると、レネゲードの方が燃費は良いことがわかります。

また、燃費性能は車の目的や使い方によっても大きく異なります。
実際、レネゲードに関しても例外ではなく、実燃費が10km/L以上のユーザーコメントもあるほど。

いずれにしても、レネゲードの燃費は国産車よりも悪いのは事実。
なので、車両購入にあたって維持費を気にする方は、レネゲードの購入は慎重に検討することをおすすめします。

【理由3】故障が多くて修理代も高いから

3つ目の理由として「故障が多くて修理代も高いから」

レネゲードは他メーカーに比べても、不具合は多いです。
実際、米調査会社「J.D. Power」が公表したデータによると、故障率は32メーカー中18位という結果を得ています。

では具体的に、何がよく故障するのか?
エンジンやトランスミッションの故障が挙げられ、これらの修理費用は数十万円に上ることがあります。

また、電子システムの故障も比較的頻繁に報告されており、これらの修理にも高額な費用がかかる場合があります。

このような高い故障率と修理コストは、特に予算を重視する購入者にとっては大きな懸念事項となります。

【理由4】車体がデカくて小回りが利かないから

4つ目の理由が「車体がデカくて小回りが利かないから」

レネゲードは、ジープのコンパクトSUVモデルという位置づけ。
その車体サイズは、他のコンパクトSUVと比較すると中間的な大きさになります。

実際、レネゲードの車体サイズは以下の通り。

全長:約4.2メートル
全幅:約1.8メートル
全高:約1.7メートル

これを他の一般的なコンパクトSUVと比較すると大きい。

さらに、レネゲードの最小回転半径は5.5mで、同じクラスの他車に比べると取り回しは良くないです。

取り回しが良くないと、駐車時に何度も切り返す必要があるので面倒ですよね。

したがって、レネゲードのサイズによる取り回しの不便さは、都市部での運転や狭い場所での駐車を頻繁に行う消費者にとっては、購入を見送るべき理由となるでしょう。

ただ、レネゲードの最低地上高は170mmで見晴らしが良く、オフロード性能にも優れています。

取り回しの不便さを許容するか、それとも良好な視界を得るか、は車を運転する状況や目的次第といえそうです。

【理由5】クリープ現象がなく坂道発進が難しいから

そして5つ目の理由が「坂道発進が難しいから」

レネゲードにはクリープ現象(AT車がアクセルペダルを上げると勝手に前進する現象)がないので、坂道発進時に後退することが多いようです。

実際、坂道発進の際には、アクセルとブレーキのコントロールが非常に重要になりますが、クリープ現象がないと、車が後退しやすく、スムーズな発進が困難になります。

後続車がいたらぶつかりそうで怖いし、毎回坂道で気をつかうのも嫌ですよね。
坂道発進の難易度は、特に運転経験が浅い方や坂道が多い地域で運転する方にとっては大きな問題となります。

したがって、レネゲードは坂道発進に自信がない方や、日常的に坂道を多く運転する環境にある方には、適した選択ではないといえるでしょう。

買ってはいけないとは思わない?レネゲードの良い口コミ

ここまで、レネゲードは買ってはいけないとの意見があるのは事実。
ですが、レネゲードを買って良かったと評価する意見があるのも、また事実です。

どういった点にメリットを感じたのか?

実際のオーナーレビューから買ってはいけないとは思わない?レネゲードの良い口コミをご紹介します!

【口コミ1】走破性が高く雪道もぐんぐん進む

良い口コミで特に多いのが、レネゲードの悪路走破性を評価する声。

コンパクトながらも力強い走りを実現する、レネゲードのオフロード性能は、この車種の大きな魅力の一つです。

ジープブランドの一員として、レネゲードは優れた地形走破能力を備えています。

実際、四輪駆動システム、高い地上高、強固な足回りが、様々なオフロード条件に対応します。

例えば、水たまりや砂利道、険しい山道など、困難な地形でも安定した走行が可能です。

また、セレクテリーン・トラクション・コントロール・システムを搭載しているモデルでは、異なる地形に応じた走行モードの選択ができ、より高度なオフロード走行が実現されます。

さらにレネゲードには、4xe(フォー・バイ・イー)というプラグインハイブリッドタイプもあります。

レネゲード4xeは、燃費効率が高いうえに悪路でも難なく走行できるので、非常に魅力的なエコカーとなっています。

このようなオフロード性能は、アウトドア活動や冒険を好むドライバーにとって非常に魅力的です。

【口コミ2】テールランプのバッテンデザインがかわいい

レネゲードの独特なデザインと個性は、その最大の魅力の一つです。

この車はジープの伝統的なデザイン要素を現代的なスタイルと融合させており、他のコンパクトSUVと明確に区別されます。

特に、七枚スロットのグリルや丸いヘッドライト、箱型の車体形状は、ジープのアイコニックな外観を反映しています。

また、レネゲードのテールランプのデザインが「×」の形でかわいい、といった意見も多く好評です。

これらのデザインは、レネゲードを都市部での洗練された走行からアウトドア活動まで幅広く対応させ、多様な顧客層にアピールします。

カラーバリエーションやカスタマイズオプションも豊富で、個人の好みに合わせてカスタマイズが可能です。

このようなデザインの特徴は、レネゲードをただの移動手段ではなく、個性を表現する手段としても魅力的にしています。

個性的なデザインなので、他の人とはちょっと違う車に乗りたい人に最適な一台だといえます。

【口コミ3】先進的な機能と快適性で幅広く活躍できる一台

レネゲードの魅力は、先進的な機能と快適性にもあります。

最新のインフォテインメントシステムは、使いやすさと多機能性を兼ね備え、ドライバーに優れた情報アクセスとエンターテイメント体験を提供します。

例えば、タッチスクリーンディスプレイ、スマートフォン接続、ナビゲーションシステムなどがあり、これらは長距離運転でもドライバーと乗員を快適に保ちます。

また、安全技術の面では、自動緊急ブレーキシステムや盲点警告システムなどが装備されており、安全性の高さもレネゲードの大きな魅力です。

このように、先進的な機能と快適性はレネゲードを日常使いから長距離のドライブまで幅広いシーンで活躍することができます。

レネゲードを中古車で購入時に後悔しないための注意点

ここまで、レネゲードの評判をまとめてきました。

中には、レネゲードの中古車購入を検討している方もいるかと思います。

でも中古車を購入する時に、注意しておきたい点があります。

ここでは、レネゲードを中古車で購入時に後悔しないための注意点を解説します。

【注意点1】車両の状態をチェックする

まず必ず確認したいのが「車両の状態をチェックする」

レネゲードを中古車として購入する際、車両の状態を綿密にチェックすることが極めて重要です。

主要な機械部品の状態を専門家に診断してもらうことで、将来的な故障や高額な修理を避けることができます。

具体的には、エンジンやトランスミッションの機能チェック、ブレーキシステムの評価、電子装置の動作確認が必要です。

また、車体の傷や内装の摩耗状態、事故歴の有無も重要なチェックポイントです。

例えば、トランスミッションの不具合は、修理費用が数十万円に上る可能性があります。

このような検査を行うことで、車両の真の価値を把握し、適切な価格で購入することが可能になります。

したがって、中古車購入時の車両状態のチェックは、後悔しないための重要なステップです。

【注意点2】メンテナンス履歴の確認する

そして次に忘れてはいけないのが「メンテナンス履歴の確認する」

レネゲードの中古車を購入する際には、メンテナンス履歴の確認が極めて重要です。

適切なメンテナンスが行われている車両は、長期間にわたる信頼性と性能を維持する傾向があります。

具体的には、オイル交換、タイヤ交換、ブレーキパッドの交換などの基本的なメンテナンスが定期的に行われているかを確認する必要があります。

たとえば、オイル交換は通常、約5,000kmから10,000kmごとに推奨されており、この履歴が残っているかをチェックすることが重要です。

また、タイミングベルトの交換履歴や大規模な修理の記録も重要な指標となります。

このようなメンテナンス履歴を確認することで、車両が適切にケアされていたかを判断し、将来的な予期せぬ修理費用や故障のリスクを減らすことができます。

したがって、購入を決定する前に、メンテナンス履歴の詳細を確認することが重要です。

【注意点3】予算を決めて市場価格と比較する

そして「予算を決めて市場価格と比較する」

レネゲードの中古車を購入する際、市場価格の比較は非常に重要です。

市場における同年式、同走行距離のレネゲードの価格を比較することで、過剰な価格設定を避け、適正価格での購入が可能になります。

具体的には、複数の中古車販売サイトやディーラーで同様の条件のレネゲードの価格を確認し、平均価格を算出します。

例えば、ある年式のレネゲードが平均して200万円で取引されている場合、それよりもかなり高い価格で販売されている車両は避けるべきです。

また、価格だけでなく、車両の状態や装備、保証の有無なども価格比較の際に考慮する必要があります。

このような比較を行うことで、市場価格に見合った、またはそれ以下の価格でレネゲードを購入できる確率が高くなります。

最終的には、市場価格に基づいた適正な判断をすることが重要です。

ただ、どうしても中古車の購入に不安を覚える方は、中古車探しのプロに相談するのがおすすめです。

それが累計販売台数100万台を突破する「ズバブーン車販売」の中古車無料お探しサービス

  • ネット検索しても情報量が膨大すぎて時間ばかりかかってしまう
  • マニアックな車が欲しいけれど、どこを探しても見つからない
  • 安く買うためにオークションでも探しているが、保証が付かないことが多いので正直不安

ズバブーンなら、あなたのニーズにマッチした車を最短即日でご紹介!
メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをスマートカーライフプランナーが無料でお手伝いしてくれるサービスです。

  • レネゲードを安く手に入れたい!
  • 自分に合う車を提案してほしい!
  • 少しでも効率的にレネゲードを探したい!

一つでも該当する方は、まずは無料サービスを活用してみることをおすすめします。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

後悔する前に!レネゲードのスペックと歴代車種を確認

ここでは、後悔する前に!レネゲードのスペックと歴代車種を確認していきましょう。

販売 クライスラー
ボディサイズ(全長/全幅/全高) 4255mm/1805mm/1695mm~1725mm(グレードにより異なる)
ホイールベース 2570mm
トレッド前/後 1540mm~1550mm/1540mm~1550mm(グレードにより異なる)
最低地上高 170mm(Trailhawkモデルのみ210mm)
車両重量 1440kg~1860kg(グレードにより異なる)
乗車定員 5名
燃料消費率 14.8km/L~16.0km/L
総排気量 1331cc
最高出力 96kw~111kw/5500rpm~5700rpm(グレードにより異なる)
発売日 2015年9月1日

【初代】2015年~

クライスラー社がジープブランドとして開発したコンパクトSUV。

日本では2015年9月1日に発売されました。

2020年11月には、プラグインハイブリッドタイプのレネゲード4xeが追加され、地球環境にも配慮されたモデルになりました。

ちなみにレネゲードは英語で「反逆者」という意味になります。

買ってはいけないと言われてもレネゲード購入に向いてる人の特徴

ここまで、レネゲードの評判をまとめてきました。

ではどんな人がレネゲードには向いているのか?
買ってはいけないと言われてもレネゲード購入に向いてる人の特徴もまとめていきます!

【特徴1】ジープならではのフロントグリルが好みな人

まず1つ目の特徴が「ジープならではのフロントグリルが好みな人」

レネゲード購入に向いている人の特徴の一つとして、「ジープならではのフロントグリルが好みな人」が挙げられます。

ジープの象徴的な七枚スロットのフロントグリルは、ブランドの歴史とアイデンティティを象徴しており、この独特なデザインを好む人にはレネゲードが特に魅力的です。このグリルデザインは、ジープの軍用車両の起源からインスピレーションを得ており、頑丈で冒険的なイメージを演出します。また、このフロントグリルは、都市部の洗練された環境でも、オフロードの険しい環境でも目を引くデザインとなっています。

このように、ジープならではのフロントグリルを好む人は、レネゲードのデザインとブランドの歴史に価値を見出し、所有する喜びを感じることができるでしょう。

【特徴2】最低地上高が高い見晴らしの良さで選びたい人

次に2つ目の特徴が「最低地上高が高い見晴らしの良さで選びたい人」

レネゲードの購入に特に適している人の特徴として、「最低地上高が高い見晴らしの良さを重視する人」が挙げられます。

レネゲードは、比較的高い最低地上高を持ち、これにより運転席からの視界が良好です。具体的には、レネゲードの最低地上高は約170mm程度であり、これによりドライバーは道路状況をより明確に把握しやすくなります。特に、市街地の複雑な交通状況や、視界が限られるオフロード環境において、この高い見晴らしは運転の安全性と快適性を高めます。

したがって、優れた視界と安全な運転環境を求めるドライバーにとって、レネゲードは非常に魅力的な選択肢です。

【特徴3】ジープの中でもお手頃で本格的なSUV車に乗りたい人

そして3つ目の特徴が「ジープの中でもお手頃で本格的なSUV車に乗りたい人」

ジープの中でも特にお手頃な価格で本格的なSUVを求める人にとって、レネゲードは理想的な選択肢です。

ジープのラインアップの中で、レネゲードは比較的低価格帯に位置しながらも、ジープ特有の頑丈な構造とオフロード性能を備えています。例えば、レネゲードの価格は新車の場合、約250万円からとなっており、これはジープの他のモデルと比較しても手頃な価格です。同時に、高い地上高、四輪駆動システム、堅牢なボディ構造など、本格的なSUVの特性を兼ね備えています。

このように、手頃な価格でありながら本格的なSUVの体験を求める人にとって、レネゲードはコストパフォーマンスに優れた選択肢と言えます。

【Q&A】買ってはいけないと囁かれるレネゲードのよくある質問

最後に買ってはいけないと囁かれるレネゲードのよくある質問をまとめます。

【質問1】レネゲードに乗ってる人のイメージは?

疑問に思う男性

「レネゲードに乗ってる人のイメージは?」

「レネゲードに乗っている人のイメージ」については、一般的に活動的で冒険を好む人物とされています。

レネゲードはその独特のデザインとオフロード性能により、アウトドア活動や冒険に適した車として認識されています。例えば、頑丈なボディ、高い地上高、四輪駆動システムを備えていることから、自然の中でのドライブやキャンプなどのアクティビティに適しています。このため、レネゲードのドライバーは自然を愛し、アクティブなライフスタイルを持つ人物というイメージが強いです。

したがって、レネゲードを選ぶ人は、自由で冒険的な精神を持ち、日常から抜け出して新たな経験を求める人物と見られがちです。

【質問2】レネゲードを購入できる年収はいくら?

疑問に思う男性

「レネゲードを購入できる年収はいくら?」

「レネゲードを購入できる年収」については、車両価格と維持費を基に算出することができます。

新車のレネゲードは約435万円からの価格帯にあります。一般的に、車の購入価格は年収の約3分の1が適切とされています。したがって、レネゲードを快適に購入し維持するためには、年収約1,200万円程度が望ましいと言えます。ただし、これはあくまで一般的な目安であり、個人の貯蓄や他の支出、ローンの利用条件などによって異なります。さらに、年間の保険料、税金、メンテナンス費用などの維持費も考慮に入れる必要があります。

このように、レネゲードを購入するためには、車両価格と維持費を総合的に考慮した上で、自身の年収とのバランスを見極めることが重要です。

【質問3】レネゲードのガソリン代はいくらかかる?

疑問に思う男性

「レネゲードのガソリン代はいくらかかる?」

「レネゲードのガソリン代はいくらかかるか」という質問に対しては、車両の燃費と使用頻度に基づいて計算が可能です。

レネゲードの平均的な燃費は、おおよそ10?12km/L程度です。具体的な計算例として、月に1,000km走行すると仮定し、ガソリンの価格が1リットルあたり150円だとすると、月間のガソリン代は約12,500円から15,000円の範囲になります。これは、1,000km ÷ 11km/L(平均燃費)× 150円(ガソリン代)で算出できます。

したがって、レネゲードを運転する際のガソリン代は、走行距離とガソリンの価格によって大きく変動します。自身の運転スタイルや走行頻度を考慮して、ガソリン代を見積もることが重要です。

【質問4】レネゲードは何年乗れる?

疑問に思う男性

「レネゲードは何年乗れる?」

「レネゲードは何年乗れるか」という質問に対する答えは、車両のメンテナンスと使用状況に大きく依存します。

一般的に、適切なメンテナンスを行いながら使用する場合、自動車は平均して約10年から15年程度は使用可能です。レネゲードの場合も、定期的なオイル交換、タイヤの点検、ブレーキシステムのメンテナンスなどを適切に行えば、長期間の使用が期待できます。例えば、年間走行距離が平均的な15,000kmとした場合、10年間で約150,000km走行することになり、この範囲内であればレネゲードは比較的問題なく機能すると考えられます。

したがって、レネゲードの寿命は、適切なメンテナンスと合理的な使用によって大きく左右されると言えます。

まとめ:レネゲードは買ってはいけない理由と中古車購入時の注意点

レネゲードは買ってはいけない理由と中古車購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、レネゲードを買ってはいけないと言われる理由をまとめると、

レネゲードを買ってはいけないと言われる理由

  1. 車両価格が高いから
  2. 燃費が悪いから
  3. 故障が多くて修理代も高いから
  4. 車体がデカくて小回りが利かないから
  5. クリープ現象がなく坂道発進が難しいから

レネゲードは買ってはいけないと言われる理由があるのは事実です。

特に、故障が多い点や燃費の悪さが指摘されています。

とはいえ、レネゲートの個性的なデザインは、他のメーカーにはない魅力があるので、今後も人気が衰えることはないでしょう。