C-HRは買わない方がいい?5つの理由と中古車購入で後悔しないための注意点

「C-HRは買わない方がいいってホント?」

「中古車購入時に後悔しないための注意点はある?」

トヨタが誇るスタイリッシュなコンパクトSUV「C-HR」
特徴的な外観デザインとコンパクトなサイズが何よりの魅力です。

なんですが、一部で「C-HRは買わない方がいい」との声も聞かれますが、本当でしょうか?

今後C-HRを購入検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではC-HRは買わない方がいい理由と中古車購入で後悔しないための注意点を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、C-HRを買わない方がいいと言われる理由があるのは事実。
特に後部座席の空間の狭さや、リセールバリューに期待できない点が目立ちました。

なんですが、後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、先進的なデザインや燃費性能の高さを評価するユーザーは多く、総合的に見れば満足度の高い車種だといえます。

ですので、C-HRの購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。

そして、今の車から買い替えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【結論】「C-HR買わない方がいい」はホント?

「C-HR買わない方がいい」はホントなのかどうか?

結論からいうと、買わない方がいい車ではありません。

なぜなら、多くのユーザーに支持される人気の車だから。
C-HRは特徴的な外観デザインや環境に配慮した性能、先進的な機能を備え、ユーザーに愛されています。

実際、過去にSUV新車販売台数で第1位を獲得するほど。
なんですが、一部のユーザーにとっては、ネガティブに映る機能や性能があるのは事実。

ですので、「C-HRは買わない方がいい」と感じるかは、個々人の価値観次第です。

車を運転する目的や状況によっても、捉え方は異なります。

まずは、どういった目的でC-HRを運転したいのか?
利用目的と購入予算を明確にしたうえで、買うかどうかは検討するのが良いといえます。

※ 今すぐC-HRの中古をお得に安く購入するおすすめの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。あなたのニーズに合った一台を無料で探してくれます。

C-HRを買わない方がいいと言われる5つの理由

結論の通りで、C-HRを買わない方がいいと感じるかは、個々人の価値観次第です。

ではなぜ、「C-HRは買わない方がいい」との声が挙がるのか?

今後C-HRを購入検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、C-HRを買わない方がいいと言われる5つの理由を深堀して解説していきます。

【理由1】後部座席の空間が狭いから

まず1つ目の理由が「後部座席の空間が狭いから」

結論、トヨタのC-HRに関しては、後部座席の狭さが購入を考慮する際の重要な懸念事項となっています。

なぜなら、C-HRがスタイリッシュなデザインを重視しているため、車体の構造上、後部座席の空間に制限が生じています。

実際、後席のヘッドクリアランスやサイドウィンドウの面積が小さいことに起因しており、乗車する際に圧迫感や閉塞感を感じる乗客がいると報告されています。

具体的な例として、後部座席のヘッドクリアランスは一般的なSUVと比較しても小さいため、背の高い乗客が乗車する際には、頭が天井に近づき、不快感を感じる可能性が高いです。

また、サイドウィンドウの小ささにより、後部座席からの視界が制限され、特に長時間の移動では閉塞感を感じやすいです。

これらの点を総合すると、後部座席の狭さはC-HRの購入を考える際の重要なデメリットの一つと言えます。
特に、家族や友人との移動を頻繁に行うユーザーにとっては、この問題がより顕著になる可能性があります。

【理由2】後方視界が悪くて運転しづらいから

次に2つ目の理由は「後方視界が悪くて運転しづらいから」

C-HRのデザインがスタイリッシュさを追求しているため、リアウィンドウが比較的小さくなっています。

このデザインは車体の外観を引き立てる一方で、後方の視界が制限されるというデメリットをもたらしています。

実際、C-HRのリアウィンドウは他のSUVモデルと比較して小さいため、後方への視界が狭くなり、特にバック時や車線変更時に後方の安全確認がしにくくなっています。

これにより、運転中の安全性が低下する可能性があります。
また、後席のサイドウィンドウも小さいため、後席からの視界も限定的です。

この後方視界の悪さは、C-HRの購入を検討する際に重要なデメリットとして認識されるべきです。
特に都市部での運転や狭い道路に頻繁に直面するドライバーにとっては、この問題がより顕著になる可能性があります。

【理由3】荷室が小さくて荷物を多く積めないから

3つ目の理由は「荷室が小さくて荷物を多く積めないから」

C-HRの荷室容量は318リットルとなっており、同クラスの他のSUVモデルと比較して小さいと言えます。

特に、リアシートを倒しても、床下の収納スペースがないため、荷室が広がる範囲が限られています。

その結果、大きな荷物を積む際にはスペースが不足する可能性があります。

この荷室の小ささは、特に長距離旅行やアウトドア活動など、多くの荷物を必要とするシーンで不便を感じることがあります。

そのため、荷物を頻繁に多く積むことを考えている方にとっては、この点がC-HRのデメリットとなり得ます。

【理由4】ドライブモードの切り替えが面倒だから

4つ目の理由は「ドライブモードの切り替えが面倒だから」

結論トヨタのC-HRはドライブモードの切り替えが面倒であるという点が、購入を検討する際のデメリットの一つです。

この問題の主な理由は、C-HRのドライブモード切り替えの操作が、他の多くの車種に比べて煩雑であることにあります。

実際、ドライブモードを切り替えるためには、ステアリングスイッチからメニューを選んでドライブモードを選択し、どのモードにするかを決定する手順が必要です。

これは、他の多くの車種がワンタッチで切り替えが可能なのと比較して面倒であると考えられます。

例えば、高速道路に合流する際など、急な加速が必要な状況でドライブモードを迅速に切り替えることが困難であり、この点がドライビングの利便性を損なう可能性があります。

特に、スポーツモードやエコモードなどを頻繁に使い分けるドライバーにとっては、この操作性の問題が顕著に感じられるでしょう。

従って、C-HRのドライブモード切り替えの操作性は、購入を検討する際に考慮すべきポイントの一つです。

【理由5】値崩れ気味でリセールバリューに期待できないから

そして5つ目の理由が「値崩れ気味でリセールバリューに期待できないから」

購入と同時に買い替えも考える人は多いです。
その際に、一緒に考えておきたいのが「リセールバリュー」

再販価値とも呼ばれますが、どれだけ高く売れるか?を表す資産価値です。

当然、リセールバリューは高い方が良いです。高く売れる可能性が高いから。

なんですが、結論からいうと、C-HRは値崩れ気味。
大きな値崩れはないものの、昔よりは値崩れが起きているといえます。

なぜなら、リセールバリューは下落傾向にあるからです。

実際、ガリバーが公表する「C-HR 3年後のリセールバリュー
本推移をみると、最小値で40%を超えていたものの、直近では40%を下回る水準となっています。

3年落ちだけでなく5年落ちに関しても、同じような傾向が見られます。

ですので、C-HRは値崩れを起こし気味。
リセールバリューにも大きな期待は持てないことが結論付けできます。

つまり、これらリセールバリューの低下が、買わない方がいいという意見の一つになっています。

※ 今すぐC-HRの中古をお得に安く購入するおすすめの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。あなたのニーズに合った一台を無料で探してくれます。

買わない方がいいとは思わない?C-HRの良い口コミ

ここまで、C-HRは買わない方がいいとの意見があるのは事実。
ですが、C-HRを買って良かったと評価する意見があるのも、また事実です。

どういった点に購入するメリットを感じたのか?

実際のオーナーレビューから買わない方がいいとは思わない?C-HRの良い口コミをご紹介します!

【口コミ1】先進的なデザインがかっこよすぎ

まず好評だったのか「先進的なデザインがかっこよすぎ」

トヨタのC-HRは先進的なデザインと高い運動性能を持つ車種として注目されています。

C-HRのデザインは、コンパクトながらも迫力と洗練されたスタイルを兼ね備えており、特に都市部での使用において目を引く外観を提供しています。また、ガソリンターボとハイブリッドの2種類のパワートレインが用意されている点も、ドライバーの好みや用途に合わせた選択肢を提供しています。

具体的には、C-HRのボディサイズはコンパクトでありながら、エッジの効いたキャラクターラインや精悍なフロントマスクが特徴的です。これらのデザイン要素は、街中での存在感を高めるとともに、スポーティーな印象を与えています。さらに、運動性能に関しては、C-HRが提供する走行の安定性や加速性能が評価されており、特に高速道路での運転時に滑らかで快適な走行感を提供しています。

これらの点から、C-HRは先進的なデザインと高い運動性能を持つSUVとして、特にデザインや運転の楽しさを重視するドライバーに適しています。

【口コミ2】優れた乗り心地と燃費性能の高さ

コアユーザーから支持されるのが「優れた乗り心地と燃費性能の高さ」

結論として、トヨタのC-HRは乗り心地と燃費性能の面で優れていると評価されています。この車は、プリウスをベースにしたプラットフォームを採用しているため、乗り心地に関しては特に高い評価を受けています。ザックス製のショックアブソーバーの使用により、走行中のショック吸収率が向上しており、これが深い満足感をもたらす乗り心地を実現しています。

具体的な例として、ユーザーの評価によれば、C-HRは高速道路での運転時に滑らかで快適な走行感を提供しています。また、燃費性能に関しても、実燃費で24.6km/lという非常に高い数値が報告されており、これは同クラスのSUVと比較しても優れた数値です。このような高い燃費効率は、特に長距離の運転や日常的な使用において、経済的なメリットを提供します。

以上の点から、C-HRは特に乗り心地と燃費性能を重視するドライバーに適しています。

【口コミ3】車両価格が安価でコストパフォーマンスも良い

そして何より「車両価格が安価でコストパフォーマンスも良い」

結論から申し上げますと、トヨタのC-HRは、コストパフォーマンスに優れた車種として注目を集めています。これは、C-HRがハイブリッド車の購入を200万円台から可能にし、他の同クラスのSUV車種と比較しても手頃な価格で提供されているためです。

具体的には、C-HRの新車価格は2,755,000円から3,055,000円の範囲で設定されています。これは、同クラスのハリアーやRAV4などのSUVと比較すると、それらの新車価格が3,718,000円から5,148,000円、3,538,000円から4,503,000円となっていることを考えると、かなりリーズナブルであると言えます。このような価格設定は、ハイブリッド車を求める消費者にとって大きな魅力となります。

結論として、C-HRは先進的な機能を持つハイブリッドSUVを比較的安価に提供することで、コストパフォーマンスの高い選択肢として評価されています。これは、特に予算を重視する購入者にとって重要なメリットです。

※ 今すぐC-HRの中古をお得に安く購入するおすすめの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。あなたのニーズに合った一台を無料で探してくれます。

C-HRを中古車で購入時に後悔しないための注意点

ここまで、C-HRの評判をまとめてきました。

中には、C-HRの中古車購入を検討している方もいるかと思います。

でも中古車を購入する時に、注意しておきたい点があります。

ここでは、C-HRを中古車で購入時に後悔しないための注意点をまとめていきます。

【注意点1】修復歴の有無を確認する

まず必須なのが「修復歴の有無を確認する」

中古車でトヨタのC-HRを購入する際に、修復歴の有無を確認することは非常に重要です。修復歴がある車両は、事故や大きなダメージを受けた過去があり、その修復の質や範囲によっては、将来的な問題が発生する可能性があります。

修復歴のあるC-HRは、価格が約25万円から45万円以上も下がることがあります。これは、修復歴があることによる市場価値の低下を反映しています。しかし、安価で購入できる一方で、特に前方や側面からのダメージがある車両は、重大な安全上のリスクを伴うことがあります。

例えば、修復部分が後方に限定されているC-HRの場合、走行に大きな支障がない可能性が高いです。このような車両は、表面的な修復だけでなく、構造上の問題がないことを確認することが重要です。修復歴がある車両を検討する際は、試乗をして乗り心地を確認し、可能であれば専門家による検査を受けることをお勧めします。

結論として、修復歴の有無は中古車購入時の重要な検討事項です。安価で購入できる魅力がある一方で、将来的な安全性や信頼性に関して慎重に判断する必要があります。修復歴の詳細については、販売店や中古車検査証明書などを通じて確認し、十分な情報収集と慎重な検討を行うことが望ましいです。

【注意点2】ニーズに合ったグレードを選択する

次に考えたいのは「ニーズに合ったグレードを選択する」

中古車でトヨタのC-HRを購入する際、選ぶべきグレードを検討することは非常に重要です。C-HRには様々なグレードが存在し、各グレードによって装備やデザイン、価格が異なります。これらの違いを理解し、自分のニーズや予算に合った選択をすることが、後悔しない購入への鍵となります。

例えば、「S」や「S-T」グレードは、余計な装備を省いたシンプルなモデルです。Sはハイブリッド車、S-Tはガソリン車であり、基本的な装備は十分でコストパフォーマンスに優れています。一方、「G」や「G-T」グレードは、より豪華なエクステリアやインテリアを備えており、標準グレードよりも上質な乗り心地とデザインを求める方に適しています。

また、「GR SPORT」グレードは、スポーティーなデザインが特徴で、GAZOO RACING専用チューニングにより、より高い運動性能を体験できます。このグレードは専用のバンパーやアルミホイール、革巻きステアリングなど、特別な装備が施されています。

このように、C-HRのグレードによって提供される装備やデザインの特徴は大きく異なります。したがって、中古車を購入する際には、これらのグレードの特徴を理解し、自分の要望や予算に最も適したモデルを選択することが重要です。

【注意点3】車のカラーや走行距離を確認して最終判断する

そして「車のカラーや走行距離を確認して最終判断する」

中古車でトヨタのC-HRを購入する際に、車の色や走行距離に着目することは非常に重要です。これらの要素は、中古車の価値と価格に大きく影響を及ぼします。

車の色に関しては、市場での需要と供給のバランスにより、価格に差が生じます。例えば、センシュアルレッドマイカはメーカーオプション料金が32,400円かかるにもかかわらず、中古車市場では他の色とほぼ同じ価格で取引される傾向があります。これは、センシュアルレッドマイカの中古車が他の色と比較して割安になっているため、赤が好きな方には特に「狙い目」と言えるでしょう。

走行距離に関しては、一般的に「過走行車」とされる10万キロを超える車両が価格が低くなる傾向があります。C-HRは26万キロ前後が寿命と見られており、走行距離が10万キロの車両であっても、適切なメンテナンスを行えば十分に使えることが多いです。これは、中古車市場で割安な車両を探す上で重要なポイントです。

以上の点を踏まえて、中古車市場でC-HRを選ぶ際には、車の色と走行距離に特に注意を払い、価格と自分のニーズを天秤にかけることが重要です。

※ 今すぐC-HRの中古をお得に安く購入するおすすめの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。あなたのニーズに合った一台を無料で探してくれます。

買わない方がいいと言われてもC-HR購入に向いてる人の特徴

ここまで、C-HRの評判をまとめてきました。

ではどんな人がC-HRには向いているのか?
買わない方がいいと言われてもC-HR購入に向いてる人の特徴もまとめていきます!

【特徴1】特徴的な外観デザインを重視する人

まず1つ目の特徴は「特徴的な外観デザインを重視する人」

トヨタのC-HRは、特にデザインを重視する人に適しています。C-HRは、その独創的な外観と現代的なスタイルで知られており、スタイリッシュなデザインを求めるドライバーに人気です。C-HRの特徴的なデザイン要素には、エッジが効いたライン、大胆なフロントグリル、流れるような屋根のラインが含まれます。これらのデザインは、C-HRを他のSUVと一線を画すものとしています。

C-HRの外観は、コンパクトながらも存在感があり、都市部や郊外で目を引くスタイルを提供します。デザインの良さは、トヨタの公式ウェブサイトや自動車展示会などでの展示でも強調されており、外観にこだわりを持つドライバーにとって魅力的です。

したがって、外観のスタイルやデザインに特に重きを置くドライバーにとって、C-HRは理想的な選択と言えるでしょう。

【特徴2】スムーズで快適な運転体験を得たい人

次に2つ目の特徴は「スムーズで快適な運転体験を得たい人」

トヨタのC-HRは、運動性能を重視するドライバーに特に適しています。C-HRは、そのアジャイルな運転感覚と高い走行安定性で知られており、運転の楽しさを求めるドライバーから高い評価を受けています。C-HRの運動性能は、軽快なハンドリングとスムーズな加速能力によって特徴付けられています。

具体的には、C-HRの構造は低重心設計であり、これにより高速道路での安定した走行や曲がり角での優れたコントロール性能を提供します。また、C-HRは、選択可能なドライブモードやレスポンシブなステアリングフィードバックを備えており、都市部での運転や曲がりくねった道路での運転にも適しています。

このように、C-HRは運転の楽しさを重視し、スポーティーな走りを求めるドライバーに理想的な選択です。

【特徴3】燃費の良さと環境性能の高さを重視する人

そして3つ目の特徴が「燃費の良さと環境性能の高さを重視する人」

トヨタのC-HRは、燃費効率と環境性能を重視する人に特に適しています。C-HRは、高効率なハイブリッドシステムを採用しており、これにより優れた燃費性能を実現しています。燃費の良さは、特に長距離の運転や頻繁な市内走行での燃料コストの削減に大きく寄与します。

具体的な燃費性能としては、C-HRのハイブリッドモデルは、実燃費で24.6km/lという高い数値を達成しています。この優れた燃費性能は、同クラスの他のSUVと比較しても特筆すべきものです。また、ハイブリッドシステムの採用により、CO2排出量の削減など、環境負荷の低減にも寄与しています。

したがって、日常の燃料コストを抑えつつ、環境に優しい車を求める人にとって、C-HRは理想的な選択です。

【安心】C-HRの中古をお得に安く購入するおすすめの方法

C-HRの中古をお得に安く購入するおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

C-HRの中古車をさらに安く、安心して購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
まずは欲しい車の条件を登録して情報をもらう
【公式サイト:https://www.zba.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても、買取の方が20万円近く高いことが分かっています。

ではどこで、買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】買わない方がいいと囁かれるC-HRのよくある質問

最後に買わない方がいいと囁かれるC-HRのよくある質問をまとめます。

【質問1】CHRが気持ち悪いと言われるのはなぜ?

疑問に思う男性

「CHRが気持ち悪いと言われるのはなぜ?」

「C-HRが気持ち悪いと言われる理由」についての質問に対する回答は、主にその独特のデザインや特定の機能に関連しています。まず、C-HRは非常に個性的で先進的なデザインを持っています。このデザインは、一部の人々にとっては非常に魅力的ですが、他の一部の人々にとっては慣れない、あるいは受け入れがたいものに感じられることがあります。

具体例として、C-HRのデザインは、流れるようなライン、大胆なフロントグリル、特徴的なライトなど、従来のSUVとは異なるスタイルを採用しています。これらのデザイン要素は、一部の人々には斬新で魅力的に映りますが、伝統的なSUVのデザインに慣れ親しんだ人々にとっては、奇異に映る可能性があります。

結論として、C-HRが「気持ち悪い」と感じられるのは、その個性的なデザインが、全ての人に受け入れられるとは限らないためです。デザインは主観的な要素が大きいため、C-HRのデザインが気に入るかどうかは、個人の好みに大きく依存します。

【質問2】chrなぜ売れない?人気がない理由は?

疑問に思う男性

「chrなぜ売れない?人気がない理由は?」

トヨタのC-HRの売れ行きに関する質問に対して、C-HRが人気がなくなった主な理由はいくつかあります。最も重要な要因の一つは、C-HRのデザインが非常に個性的であることです。当初はこのデザインが多くの注目を集め、高い販売台数を記録しましたが、デザインに対する好みが分かれるため、長期的な人気を維持するのが難しかったことが挙げられます。

加えて、C-HRの売れ行きに影響を与えた別の要因には、トヨタの他のSUVモデルの登場があります。例えば、RAV4やヤリスクロスなどの新しいSUVモデルが市場に登場したことで、C-HRと競合し、その結果、C-HRの売れ行きに影響を与えました。これらの新モデルは、C-HRに比べて実用性や価格などで優位性を持っていた可能性があります。

さらに、C-HRはプリウスと共通のプラットフォームやハイブリッドシステムを採用しており、プリウスのユーザーがC-HRに移行したことも、初期の売れ行きに弾みをつけましたが、その後の落ち込みにもつながっている可能性があります。

これらの要因を総合すると、C-HRの売れ行きの減少は、その個性的なデザインと市場環境の変化によるものと考えられます。

【質問3】chrが2023年7月に生産終了したのはなぜ?

疑問に思う男性

「chrが2023年7月に生産終了したのはなぜ?」

トヨタのC-HRが2023年7月に生産終了した理由は、主に市場環境の変化と新しいモデルの方針によるものです。

C-HRの2代目となるコンセプトモデル「C-HRプロローグ」がトヨタモーターヨーロッパによって発表されていますが、現在のところ日本市場への導入は未定です。新型C-HRは、ハイブリッド車(HEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)を含む複数のパワートレインを搭載し、より進化したモデルとして海外市場での展開が予定されています。これにより、国内生産が終了し、新型モデルは海外市場に特化する形となっています

【質問4】chrに乗ってる人のイメージは?

疑問に思う男性

「chrに乗ってる人のイメージは?」

結論から申し上げますと、C-HRに乗っている人のイメージは「若々しく活動的」といえます。理由は、トヨタの公式ウェブサイトによると、C-HRは特に若年層の間で人気があり、そのデザインがスポーティで都会的な生活スタイルを象徴しているからです。

【質問5】chrは女性が乗るSUV車としてはおすすめ?

ドライバー2

「chrは女性が乗るSUV車としてはおすすめ?」

結論としては、C-HRは女性が乗るSUVとしておすすめできます。その理由は、トヨタの公式ウェブサイトによると、C-HRはコンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴であり、女性の利用者にも使いやすいサイズ感を提供しているからです。具体的には、C-HRの全長は4,360mm、全幅は1,795mm、全高は1,565mmで、これらの数値は一般的なSUVに比べて取り回しやすく、都市部での運転にも適しています(トヨタ公式ウェブサイトより)。最終的に、C-HRはデザイン性と実用性を兼ね備え、女性にとってのSUVとしておすすめです。

まとめ:C-HRは買わない方がいい理由と中古車購入時の注意点

C-HRは買わない方がいい理由と中古車購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、C-HRを買わない方がいいと言われる理由をまとめると、

C-HRを買わない方がいいと言われる理由

  1. 後部座席の空間が狭いから
  2. 後方視界が悪くて運転しづらいから
  3. 荷室が小さくて荷物を多く積めないから
  4. ドライブモードの切り替えが面倒だから
  5. 値崩れ気味でリセールバリューに期待できないから

C-HRを買わない方がいいと言われる理由があるのは事実。
特に、後部座席の空間の狭さや、リセールバリューに期待できない点が目立ちました。

なんですが、後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、先進的なデザインや燃費性能の高さを評価するユーザーは多く、総合的に見れば満足度の高い車種だといえます。

もし、C-HRの中古を安心して購入したい方は「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバットは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する中古車無料お探しサービス。

メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップであなたの車探しをプロが無料でお手伝いしてくれます。

C-HRの中古車をさらに安く、安心して購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
まずは欲しい車の条件を登録して情報をもらう
【公式サイト:https://www.zba.jp