新型のGR86(ハチロク)は何人乗り?後部座席は狭い?乗り心地や広さを徹底調査

「GR86は、実際は何人乗りの車?」

「GR86の後部座席は狭い?乗り心地は良い?」

トヨタが誇るスタイリッシュなスポーツクーペの「GR86」

「ハチロク」の愛称で今もなお愛される車です。
なんですが、その大きさから何人乗りなのか?、購入を検討している方で気になる人は多いです。

そこで!本記事ではGR86は何人乗りかの結論と後部座席の乗り心地を徹底調査していきます!

【結論】GR86は何人乗り?

最も気になるGR86は何人乗りなのかどうか?

結論からいうと、トヨタのGR86は4人乗りです。
実際、GR86の主要諸元表にも、全てのグレード・車種において乗車定員は4名と明記されています。

具体的には、前席に2人、後席に2人が乗車できる設計になっています。
同様の2+2配置を持つ他のクーペ車種も、前席に座る大人2人と後席に小さな子供や荷物を収納するスペースとして利用されることが多いです。

したがって、GR86は実用面を考えると主に2人が快適に乗車できる設計であり、緊急時や短距離であれば4人乗りが可能です。

【大人4人で乗った場合】GR86の乗り心地

結論、GR86の乗車定員は4人です。
なんですが、大人4人で本当に乗れるのかどうか?

スペックはわかっても、実際の乗り心地は、購入検討者にとって気になる情報。

そこで!ここでは大人4人で乗った場合のGR86の乗り心地を調査していきます。

GR86の室内の広さに対する印象

まず、GR86の室内の広さに対する印象についてです。

結論からいうと、トヨタのGR86の室内はスポーティーなクーペにふさわしい広さを持ち、乗員に快適な空間を提供しますが、後部座席は限られたスペースとなっています。この車種の全長は4,265mm、全幅は1,775mm、全高は1,310mmで、これらの寸法はスポーティーな印象を強調すると同時に、車内空間にも影響を与えます。

前席については、広々とした空間が提供され、運転席と助手席の乗員には快適な座り心地と十分な頭上空間が確保されています。具体的には、スポーツシートは体をしっかりとホールドする設計で、長時間の運転でも疲れにくい構造になっています。また、運転席周りの操作系も使いやすく配置されており、運転中のストレスを軽減します。

一方で、後部座席に関しては、2+2のシート構成を採用しているため、大人が長時間快適に過ごすにはやや狭く感じられる可能性があります。後部座席は緊急時や短距離移動時の臨時的な使用、あるいは小さな子供の乗車や荷物置き場として利用されることが多いです。このことから、GR86は主に2人の乗員に焦点を当てた設計と言えます。

したがって、トヨタのGR86はドライバーと助手席の乗員に優れた快適性を提供する一方で、後部座席のスペースは限定的です。このバランスが、スポーティーなクーペの魅力と実用性を兼ね備えていると言えるでしょう。

GR86の後部座席に乗ってみた感想

次に最も気になるGR86の後部座席に乗ってみた感想についてです。

トヨタのGR86の後部座席は、短距離移動や臨時の使用には適していますが、長時間の乗車には不向きです。

具体的には、後部座席の足元や頭上の空間が狭く、大人が長時間快適に過ごすのは困難です。実際、成人男性が後部座席に座ると、膝や頭が前席に接触しやすく、体勢を保つのが難しいです。また、小窓からの景色も限られており、開放感は少ないです。

このため、GR86の後部座席は、子供の乗車や荷物置き場としての利用が望ましいと言えます。

後部座席に大人二人で乗るのは狭いのが本音

以上の結果から、後部座席に大人二人で乗るのは狭いのが本音です。

GR86は、スポーティーな2+2クーペであるが、後部座席のスペースは限られており、大人二人が快適に乗車するには狭いというのが実情です。

特に後部座席の頭上空間や足元のスペースは限られており、成人が長時間座るには不向きです。実際、成人男性が後部座席に座った場合、膝や頭が前席に接触しやすく、狭苦しい感じが否めません。

したがって、GR86の後部座席は大人二人が快適に乗車するには狭く、子供の乗車や荷物の収納に適しています。

GR86の購入に向いてる人の特徴とは

ここまで、GR86の乗車定員や乗り心地について解説してきました。

ではどんな人が、GR86の購入には向いているのか?

具体的なGR86の購入に向いてる人の特徴をご紹介します。

デザイン重視のユーザー

GR86は、その洗練されたデザインにより、外観を重視するユーザーに特に魅力的です。

この車種のデザインは、スポーツカー特有の低く流線型のシルエットを採用しており、スタイリッシュでアグレッシブな外観を演出しています。実際、鋭いヘッドライトデザインや流れるようなルーフライン、後部の広がったフェンダーなどが、この車のデザインポイントです。また、車体の色彩やホイールデザインの選択肢も豊富で、個性を表現したいユーザーにも満足いただけます。

したがって、デザインを重視するユーザーにとって、GR86は見た目の美しさとスポーツカーの性能を兼ね備えた理想的な選択肢です。

短距離移動が多いユーザー

GR86はそのコンパクトなサイズと軽快な運転感覚により、短距離移動が多いユーザーに最適です。

GR86は、狭い街中でもスムーズに運転できるサイズ感を持っています。実際、日々の通勤や買い物、都市部でのちょっとした外出に適しており、スタイリッシュな見た目とともに、都会の生活スタイルにマッチします。加えて、この車の俊敏なハンドリングは、短い距離での運転を楽しくします。

したがって、頻繁に短距離移動をするユーザーにとって、GR86は日常の移動を快適かつ楽しくする理想的な選択です。

運転の楽しさを求めるユーザー

GR86はその優れた走行性能により、運転の楽しさを追求するユーザーに最適です。

この車は軽量かつバランスの取れたシャシー設計、そして2.4リットルの水平対向エンジンを搭載しており、これらは敏捷なハンドリングと優れた加速性能を提供します。具体的には、ワインディングロードや山道での走行時に、この車のダイナミックな走行性能が際立ちます。スポーツドライビングを楽しむユーザーは、GR86の鋭い反応性と直感的な操作感を高く評価するでしょう。さらに、6速マニュアルトランスミッションやアダプティブダンピングシステムなど、ドライバーに焦点を当てた機能もこの車の魅力を高めています。

したがって、運転の楽しさを重視するユーザーにとって、GR86は理想的な選択肢です。

GR86の車両価格や特徴・基本スペックまとめ

ここでは、GR86の車両価格や特徴・基本スペックを詳しくまとめていきます!

どんな車か?特徴

まず、GR86とはどんな車か?特徴を簡単にご紹介します。

トヨタのGR86は、スポーツカー愛好家から高い評価を受ける車種です。この車の最大の特徴は、そのスポーティーな走りとスタイリッシュなデザインにあります。全長4,265mm、全幅1,775mm、全高1,310mmのサイズ感は、都市部でも運転しやすいコンパクトさを持ちながら、低く流線型のシルエットが魅力的な外観を作り出しています。

GR86の心臓部は、2.4リットルの水平対向4気筒エンジンです。このエンジンは、力強い加速と優れた燃費性能を提供し、スポーツドライビングの楽しさを最大限に引き出します。また、軽量かつバランスの取れたシャシーは、敏捷なハンドリングを実現し、ワインディングロードや山道での走行が特に楽しめます。

内装に目を向けると、運転席周りはドライバー中心の設計がなされており、各種操作が直感的に行えます。前席は体をしっかりとホールドするスポーツシートを採用し、長時間の運転でも快適です。ただし、2+2のシート配置により後部座席は狭めで、子供の乗車や荷物置き場としての使用が適しています。

GR86は、スポーティーな運転を楽しみたい方、デザインにこだわりを持つ方、日常の短距離移動が多い方に特におすすめです。この車は、都市部の生活にも適応しつつ、ドライビングの楽しさを追求する方に理想的な選択肢と言えるでしょう。

基本スペック(仕様)

次に、GR86の基本スペック(仕様)についてです。

寸法 全長:4,265mm
全幅:1,775mm
全高:1,310mm
ホイールベース:2,575mm
トレッド(前/後):1,520mm / 1,540mm
エンジン 型式:FA24
種類:水平対向4気筒
内径×行程:94.0mm×86.0mm
総排気量:2,387cc
最高出力:173kW(235PS)/7,000rpm
最大トルク:250Nm(25.5kgf・m)/3,700rpm
燃費 WLTCモード:12.4km/L
トランスミッション 種類:6速MT / 6速AT
駆動方式 RR(リアエンジン リアドライブ)
車両重量 1,270kg(6速MT)/ 1,280kg(6速AT)
タイヤサイズ 215/40R18

これらのスペックは、GR86のスポーティーな走りとデザインを反映しており、走行性能とハンドリングに重点を置いた設計が特徴です。

車両価格とリセールバリュー

次に、車両価格とリセールバリューについてです。

GR86は、スポーツカー市場における価格帯とリセールバリューの面で注目に値する車種です。GR86の価格は、モデルや装備によって異なりますが、一般的には300万円台後半から400万円台前半の範囲内で設定されています。この価格設定は、同クラスのスポーツカーと比較しても競争力があり、購入しやすい価格帯となっています。

リセールバリューに関しては、GR86はトヨタブランドの信頼性とスポーツカーとしての人気に支えられて、比較的高い再販価値を保持しています。特に、スポーツカー特有の走行性能とスタイリッシュなデザインが、中古市場でも好評を博しており、新車購入後数年経過しても価値の大幅な下落は見られません。実際に、同じトヨタのスポーツカーである86(前モデル)も、高いリセールバリューを維持していることが、この傾向を裏付けています。

GR86の購入を検討する際には、これらの価格帯と再販価値を考慮することが重要です。総合的に見ると、GR86は初期投資の価値を長期にわたって保持する、コストパフォーマンスに優れた選択肢と言えます。

エクステリアや内装の特徴

エクステリアや内装の特徴についてです。

GR86は、スポーティーかつ洗練されたエクステリアと、機能的な内装が特徴です。

エクステリアにおいては、全長4,265mm、全幅1,775mm、全高1,310mmの寸法が、低く流線型のシルエットを形成しており、鋭いヘッドライトデザインや後部の広がったフェンダーが、力強い印象を与えます。内装に目を向けると、スポーツシートは体をしっかりとホールドし、長時間の運転でも快適です。また、運転席周りの操作系は使いやすく配置されており、直感的なドライビングが可能です。

GR86は、ドライバー中心の設計がなされており、運転の楽しさを最大限に引き出します。

燃費と実用性に優れた点

燃費と実用性に優れた点についてです。

GR86は、スポーツカーでありながら、燃費効率と実用性にも優れています。

この車の燃費性能は、WLTCモードで約12.4km/Lとなっており、スポーツカーのカテゴリー内で比較的良好です。2.4リットルの水平対向4気筒エンジンは、力強い走行性能を提供しつつも燃料効率を考慮した設計になっています。

実用性の面では、コンパクトなサイズ感を持ち、都市部での取り回しが容易です。また、2+2のシート配置は、後部座席を荷物置き場として利用することで、日常使いの利便性を高めています。

このように、GR86はスポーツドライビングの楽しさと日々の使用の実用性を兼ね備えているため、多様なライフスタイルに適応する車です。

メリット・デメリット一覧

最後に、メリット・デメリット一覧をまとめます。

GR86のメリット

  • 走行性能: 2.4リットル水平対向エンジンによる力強い加速と優れたハンドリング。
  • デザイン: スタイリッシュな外観とスポーティな内装デザイン。
  • ブランド信頼性: トヨタブランドの高い品質と信頼性。
  • 燃費: WLTCモードで約12.4km/Lと、スポーツカーとしては良好な燃費性能。

GR86のデメリット

  • 後部座席の狭さ: 2+2のシート配置により、後部座席が狭く、大人には不向き。
  • 荷室容量: スポーティなデザインのため、荷室のスペースが限られる。

これらのメリット・デメリットは、GR86の特性を反映しており、購入を検討する際の重要な参考点です。

【お得】GR86の中古車を安く購入するおすすめの方法

GR86の中古車を安く購入するおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

GR86の中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】何人乗りか気になるGR86に関するよくある質問

最後に何人乗りか気になるGR86に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】なぜ86の乗車定員は4人乗りなのか?

疑問に思う男性

「なぜ86の乗車定員は4人乗りなのか?」

GR86が4人乗りである理由は、スポーツカー特有の設計哲学と実用性のバランスを考慮した結果です。

GR86は、スポーティーな外観と走行性能を重視しています。そのため、前席には快適なスペースを提供しつつ、後席は2+2のシート配置を採用しており、必要最小限のスペースを確保しています。具体的には、後席は子供や荷物の短距離移動用として機能しますが、大人が長時間快適に過ごすには狭いです。

このため、GR86は主に2人の大人が使用することを前提にデザインされており、後席は臨時または限定的な使用に適しています。

【質問2】86の後部座席を改造するのは違法?

疑問に思う男性

「86の後部座席を改造するのは違法?」

GR86の後部座席を改造すること自体が違法かどうかは、改造の内容と道路交通法に準じます。

基本的に、車両の安全性を損なうような改造や、車検の基準を満たさない改造は違法となります。例えば、シートベルトの取り外しや構造変更、運転の妨げになる改造は、法律違反となる可能性が高いです。一方で、車検基準内でのカスタマイズ、例えばシートカバーの交換や内装のアクセサリー追加などは、法律に違反しない範囲内で可能です。したがって、GR86の後部座席を改造する際は、法的な制約を遵守し、車検基準を守ることが重要です。

このような法的基準に関する詳細は、道路交通法や車検基準で確認する必要があります

【質問3】86の後部座席は取り外し可能?

疑問に思う男性

「86の後部座席は取り外し可能?」

GR86の後部座席は、原則として取り外し可能ですが、これにはいくつかの注意点があります。

まず、車両の安全性や構造に関わる部分であるため、取り外しには専門的な知識と技術が必要です。また、後部座席を取り外した場合、車検基準に適合しなくなる可能性があります。例えば、車検ではシートベルトの有無や数、座席の取り付け状況などがチェックされるため、これらを取り外す改造は車検非適合となり得ます。さらに、後部座席の取り外しは、車両の保険適用条件に影響を与えることも考えられます。

したがって、GR86の後部座席を取り外す場合は、車検基準や保険の条件を事前に確認し、必要な場合は専門家に相談することが重要です。

まとめ:新型のGR86は何人乗りかの結論と乗り心地を調査

新型のGR86は何人乗りかの結論と乗り心地を調査してきました。

結論からいうと、トヨタのGR86は4人乗りです。
ただ、GR86は4人乗りのスポーツカーですが、乗り心地を考慮すると、主に2人での利用が最適です。

この車は2+2のシート配置を採用しており、前席は快適な座り心地と十分なスペースを提供しますが、後部座席は非常に狭く、大人が長時間快適に過ごすには適していません。

したがって、GR86の購入を検討している方は、主に運転の楽しさやデザインを重視し、日常の短距離移動や週末のドライブなど、主に2人での使用を目的とした場合に最適です。後部座席は緊急時や短距離の移動、荷物の収納など、限定的な用途に適しています。

このように、GR86はスポーツカーとしての性能とデザインを優先した設計が特徴です。