プラドはリセール崩壊して値崩れ気味?結論とランクル250登場による影響を考察

「プラドのリセールは崩壊して値崩れ気味?」

「プラドを高く売却するタイミングはいつ?方法は何が一番いい?」

トヨタが誇る、国産SUVの雄「ランドクルーザー・プラド」
オフロード性能に優れ、豪華なインテリアと実用性を兼ね備えた人気のラグジュアリーSUVです。

なんですが、一部で「プラドはリセール崩壊」といった懸念する声が挙がっていますが、本当でしょうか?

今後プラドを高く売却したい方にとって、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではプラドのリセール最新情報と売却に最適なタイミング・方法を詳しく解説していきます!

先に本記事の結論をお伝えすると・・・

結論、プラドのリセールは横ばいもしくは上昇。
懸念されていたランクル250登場による影響も軽微とみられています。

ですが、今後崩壊する可能性は否めません。
さらにいうと、リセール価格の推移は日々変化しており、上下動を繰り返しています。

ですので、売却を検討しているのであれば、高い今のうちに手放すのがベストなタイミングといえます。

ではどういった方法が最もベストなのか?
少しでも高値で売却したいなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、プラドの買取相場・下取り相場を比較すると、30万円から70万円近くも買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、無料査定&高値買取で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【結論】プラドはリセール崩壊して値崩れ気味?

プラドはリセール崩壊して値崩れ気味なのかどうか?

結論からいうと、プラドのリセールは横ばいもしくは上昇。
つまり、大きな崩壊(値崩れ)はなく、比較的リセールバリューは高い水準だといえます。

実際、ガリバーが公表する「ランドクルーザープラド(トヨタ)の年落ち別リセールバリュー
本情報をみると、1年~3年落ち(2021年~)のモデルは80%~90%、4年~5年落ち(2019年~2020年)のモデルは、70%~90%で推移しているのがわかります。

さらに、購入後の平均的なリセールバリューの推移と比較しても、プラドのリセールは高いのが明白です。

リセールバリュー推移 プラド(最大値) 平均 比較
購入から3年後 80%~90% 50%~60% 30%以上
購入から5年後 70%~90% 40%~50% 40%以上
購入から7年後 80%~90% 20%~30% 50%以上

(出典:ラビット

これらの結果からも分かる通り、プラドは平均以上のリセールバリューを維持していることがうかがえますね。

ですので、プラドのリセールは崩壊していないどころか、非常に高いことが結論づけできます。

1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

参考までに、2024年1月現在のプラドの年落ち別リセール情報をまとめておきます。

まずは、プラドの1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリューは以下の通りです。

プラドの1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

  • 最大値:80%~90%
  • 最小値:50%~60%

4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

次に、プラドの4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリューは以下の通りです。

プラドの4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

  • 最大値:70%~90%
  • 最小値:50%~70%

6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリュー

そして、プラドの6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリューは以下の通りです。

プラドの6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリュー

  • 最大値:80%~90%
  • 最小値:30%~50%

ランクル250登場でプラドのリセールは崩壊する?

気になるのがランクル250登場でプラドのリセールは崩壊するのかどうか?

結論からいうと、プラドのリセール価格に与える可能性はゼロではありません。
ですが、プラドが持つブランドイメージと実用性の高さから、引き続き高いリセール価値を保つと考えられます。

ではプラドのリセールに影響を与えうる理由は何なのか?
今後、プラドを高値で売却したい方、買い時を探っている方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、ランクル250登場でプラドのリセールが崩壊しうる理由について解説していきます。

【理由1】プラドの後継モデルだから

まず1つ目の理由が「プラドの後継モデルだから」

結論、ランドクルーザー250の登場は、プラドの後継モデルとしての位置づけにより、プラドのリセール価値に影響を与えると考えられます。これは、新型モデルの市場導入が消費者の関心を引き付け、中古市場における先代モデルの価値を相対的に下げるためです。

具体的には、ランドクルーザー250がプラドの後継として市場に導入されることで、消費者は最新の技術やデザインを求め、プラドのような先代モデルに対する需要が低下する可能性があります。実際、新型モデルの価格設定がプラドより高い場合でも、最新の機能やデザインの魅力により、消費者が新型に流れることが予想されます。新型モデルの登場によって、プラドは市場における位置づけが変化し、その結果、中古車市場における価格も影響を受けると見られます。

したがって、ランドクルーザー250の市場投入は、プラドのリセール価値に間接的な影響を与える要因となると考えられます。

【理由2】旧モデルの魅力は落ちるから

次に2つ目の理由が「旧モデルの魅力は落ちるから」

ランドクルーザー250の新型車としての魅力は、プラドのリセール価値に影響を与える重要な要素です。新型車は最新の技術、改善された性能、洗練されたデザインを備えており、消費者の関心を集めます。

理由として、新型車の登場は常に市場に新鮮さをもたらし、既存のモデルよりも優れた機能やデザインを求める消費者の需要を引き付けます。ランドクルーザー250は、その先進的なテクノロジー、性能、安全性の向上などにより、市場に新たな価値を提供します。

具体例を挙げると、新型ランドクルーザー250は、最新の安全装備や燃費効率の良いエンジン、快適性を高めたインテリアなど、多くの改善点があります。これらの特徴は、プラドと比較して顕著な進化を示しており、消費者は新型モデルに魅力を感じることでしょう。

ですので、ランドクルーザー250の新型車の魅力は、プラドの中古車市場におけるリセール価値に影響を及ぼす可能性が高いです。これは、消費者が新しい技術やデザインを好む傾向にあるためです。

【理由3】中古車市場に供給が増えるから

そして3つ目の理由が「中古車市場に供給が増えるから」

結論、ランドクルーザー250の新型車登場に伴い、既存のプラドオーナーが新型に乗り換えることで、中古車市場にプラドの供給が増えることが予想されます。

なぜなら、新型車の登場は既存のモデルに対する需要を減少させ、その結果、中古市場において同モデルの供給が増加する傾向にあるからです。特に、ランドクルーザー250のような注目される新型車の場合、その影響はさらに大きいと考えられます。

具体例として、ランドクルーザー250がプラドの直接的な後継モデルとして市場に導入されると、プラドの現オーナーが新型車へのアップグレードを検討し始める可能性があります。これにより、中古車市場にプラドの供給が増え、供給過多が発生すると、中古車の価格が下落する可能性があります。

これらランドクルーザー250の登場による市場供給の増加は、プラドの中古車市場におけるリセール価値に影響を与える重要な要素です。

プラドのリセールが崩壊する5つの原因

結論、プラドのリセールは崩壊していません。
懸念されていたランクル250登場による影響も軽微とみられています。

ですが、今後崩壊する可能性は否めません。
さらにいうと、リセール価格の推移は日々変化しており、上下動を繰り返しています。

プラドのリセールが崩壊(値崩れ)する原因は何なのか?

ここでは、具体的なプラドのリセールが崩壊する5つの原因について深堀解説していきます。

【原因1】頻繁なモデルチェンジによる価値下落

まず1つ目の原因として「頻繁なモデルチェンジによる価値下落」

プラドの頻繁なモデルチェンジはリセールバリューの下落に影響を与える重要な要因です。理由として、新しいモデルの導入により、旧モデルの魅力が低下し、中古市場での価値が相対的に下がる傾向があります。

具体例を挙げると、プラドは1985年の70系の導入以来、1990年代には3年に1度のペースでモデルチェンジが行われていました。2000年代に入ると、2020年までに10回ほどの一部改良を含むモデルチェンジが実施されています。例えば、最新モデルの登場は、それに先立つモデルの価値を下げ、新車と中古車の価格差を縮めます。

このように、プラドの頻繁なモデルチェンジは、新車市場と中古車市場の両方に影響を及ぼし、中古車のリセールバリューを下げる可能性があります。特に、新モデルが市場に導入されると、中古市場には旧モデルが増加し、価値が低下する傾向が見られます。

【原因2】海外市場の変化と輸出規制による影響

次に2つ目の原因が「海外市場の変化と輸出規制による影響」

プラドのリセール価値が崩壊する原因の一つに「海外市場の変化と輸出規制による影響」があります。これは、特定の海外市場における輸入規制や政治的・経済的な変動が、プラドの海外需要に大きな影響を及ぼすためです。

具体的な理由として、プラドは世界170カ国以上で使用されており、特に中東やロシア、南米市場での需要が高いとされています。しかし、これらの国々で政治的な変動や経済制裁、環境規制の強化などが発生すると、プラドの輸出が制限され、海外での需要が減少します。

例えば、パキスタンでは2018年以降、日本からの輸入が規制され、中古車輸入台数が大幅に減少しました。また、2022年5月には自動車を含む33品目の輸入禁止措置が発令されました。このような規制は、プラドの海外市場での需要減少に直結し、結果的にリセール価値にも影響を与える可能性があります。

海外市場の変化と輸出規制は、プラドのリセール価値に大きな影響を及ぼす要因の一つです。特に、海外市場での需要が高い車種のため、こうした外部環境の変化は価値の変動に直接的な影響を及ぼすことが考えられます。

【原因3】世界的なEVシフトと環境規制の高まり

そして3つ目の原因が「世界的なEVシフトと環境規制の高まり」

プラドのリセール価値が崩壊する原因の一つに「EVシフトと環境規制の影響」があります。この理由は、世界的に増加する電動車(EV)へのシフトと厳格化する排ガス規制が、ガソリン車であるプラドの需要に影響を与えるためです。

具体的な理由として、多くの国々では環境保護を目的として、内燃機関車両に対する規制が強化されています。例えば、ヨーロッパ連合(EU)では、2030年までに排出ガスの削減目標(1990年比で少なくとも55%削減)を設定しており、これはガソリンやディーゼル車の販売減少につながる可能性があります。プラドのようなガソリン車は、このような規制の影響を受けやすく、特に排ガス規制が厳しい市場では、需要が減少する可能性があります。

また、EVへのシフトは、プラドのような従来型の自動車の技術的な陳腐化を加速させ、新車および中古車市場におけるその魅力を低下させる可能性があります。消費者の環境意識の高まりとともに、ガソリン車への需要が減少することは、リセール価値に直接的な影響を与えます。

したがって、EVシフトと環境規制の影響は、プラドのリセール価値に重大な影響を及ぼす可能性があります。これらの変化は、車両の需要と市場価値に大きな変動をもたらす要因となり得ます。

後悔する前に!プラドを高く売却する方法

ここまで、プラドのリセールが崩壊する原因について調査してきました。

プラドのリセール崩壊する原因をまとめると、

プラドのリセールが崩壊する原因

  1. 頻繁なモデルチェンジによる価値下落
  2. 海外市場の変化と輸出規制による影響
  3. 世界的なEVシフトと環境規制の高まり

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、崩壊を招く最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そのプラドを高く売却する方法「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがプラドを高く売却することは可能だから。

実際、プラドの買取相場・下取り相場データ(2024年1月時点)を見てみると、

  • 買取相場価格:324.8万円~391.5万円
  • 下取相場価格:298.0万円~325.5万円

(出典:ユーカーパック「プラドの買取相場・査定価格」

上記の通り、「車買取」が「下取り」よりも30万円から70万円近くも優位にあることがわかります。

なので、車を高く売るなら「車買取」を依頼するのがおすすめだといえます。

悩む男性

「買取の方が高値で売却できるのは分かったけど、どこで売却すればいい?」

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

プラドのリセールバリューを高くする対策3選

すでにプラドを購入した方、今後購入予定の方。
いずれにしても「車のリセール」を意識して購入することは重要です。

なぜなら、売却時に高額査定をゲットできる可能性が高いから。
つまり、リセールバリューが高い車=崩壊(値崩れ)しにくい車だということ。

では、リセール価格の観点でみれば、どういった点に気をつけて購入すればいいのか?

ここでは、プラドのリセールバリューを高くする対策3選をご紹介します!

【対策1】ディーゼル車よりガソリン車を選ぶ

まず押さえておきたいのが「ディーゼル車よりガソリン車を選ぶ」

プラドを高く売却するにはガソリン車を選択する方が有利です。この理由は、リセールバリューの観点からガソリン車の方がディーゼル車よりも若干優れているためです。

プラドのリセールバリューを高く保ちたい場合は、ガソリン車の選択がお勧めです。ガソリン車はディーゼル車と比べてリセール市場での需要が高く、結果としてリセールバリューも高くなる傾向にあります。

【対策2】重要なオプションを選択して購入する

次に購入時に気を付けたいのが「重要なオプションを選択して購入する」

プラドのリセールバリューを高く保つためには、特定のオプションの選択が重要です。具体的には、以下のオプションがリセールバリューにプラスの影響を与えるとされています。

プラドのリセールバリューを高く保つオプション

  • ニュートラルベージュ内装:この内装色はプラドの中でも特に人気があり、リセール時に高い価値を持つとされています。
  • 7人乗りオプション:7人乗りオプションは家族向け市場での需要が高く、リセールバリューを高める要因となります。
  • サンルーフ:サンルーフは高級感を与え、特にプレミアム感を重視する購入者に魅力的なオプションです。

これらのオプションを装備したプラドは、売却時に50万円以上の価格差が生じることもあります。

つまり、これらのオプションを含むプラドは、含まないものよりも高値で売却できる可能性が高いです。

以上のことから、リセールバリューを最大化したい場合、ニュートラルベージュの内装、7人乗りオプション、サンルーフを選択することが推奨されます。これらのオプションは、プラドの市場価値を高め、売却時に有利になる可能性があります。

【対策3】最適な売却のタイミングを見定める

そして最も重要なのが「最適な売却のタイミングを見定める」

プラドのリセールバリューを最大化するための売却タイミングは、車両の年式や市場動向に基づいて最適化することが重要です。一般的に、車のリセールバリューは購入後の最初の数年間で急激に減少します。プラドの場合、3~5年落ちが売却に適したタイミングとされています。この期間は、車両の状態がまだ良好である一方で、新車と比較して価格が適度に下がっているため、中古車市場での需要が高くなります。

具体例として、プラドの3年落ちモデルは新車購入価格の約90%程度のリセールバリューを保つことが可能です。5年落ちモデルでも85%前後のリセールバリューを維持することが一般的です。これに対し、10年落ちモデルではリセールバリューが大幅に下落する傾向があります。

ですので、プラドを売却する際は、購入後3~5年以内に行うことがリセールバリューを最大限に保つ戦略です。この期間内に売却することで、高いリセールバリューを得ることが期待できます。

【Q&A】リセール崩壊を叫ばれるプラドのよくある質問

最後にリセール崩壊を叫ばれるプラドのよくある質問をまとめます。

【質問1】プラドは今買うべきか?

疑問に思う男性

「プラドは今買うべきか?」

結論、現在のプラドの購入に関しては、2024年前半に予定されているフルモデルチェンジを考慮に入れることが重要です。

新型プラドは、300系ランドクルーザーと同じプラットフォームを使用し、剛性アップと軽量化が図られる見込みです。ただし、電動化は見送られ、直4モデルのみのラインナップとなる可能性が高いです。そのため、現行モデルの購入を考えている場合は、このフルモデルチェンジの情報を参考にすると良いでしょう。

【質問2】プラド・ディーゼルのリセールは悪い?

疑問に思う男性

「プラド・ディーゼルのリセールは悪い?」

結論、プラドのディーゼルモデルのリセールバリューに関しては、一概に悪いとは言えません。

ディーゼルモデルのリセールバリューは、その耐久性と燃費の良さから一定の需要があります。ただし、市場の動向や環境規制などの外部要因により、リセールバリューは変動する可能性があります。したがって、プラド・ディーゼルのリセールバリューは全体的に安定していると言えます?

【質問3】寒冷地仕様を選べばプラドのリセールは高くなる?

疑問に思う男性

「寒冷地仕様を選べばプラドのリセールは高くなる?」

結論、プラドの寒冷地仕様がリセールバリューに与える影響については、地域や市場の需要に大きく依存します。

寒冷地仕様は、冬季の厳しい気候条件下での運転に適した特別な装備を備えています。これにより、寒冷地域においては通常のモデルよりも高い需要が見込まれ、リセールバリューが向上する可能性があります。しかし、寒冷地以外の地域では、この特別仕様が必ずしも高い評価を受けるとは限らず、リセールバリューの増加は限定的かもしれません。従って、寒冷地仕様がプラドのリセールバリューを高めるかどうかは、主に購入者の居住地域やその地域の気候条件に依存すると言えます。

【質問4】フルモデルチェンジ後のプラドのリセールは下がる?

疑問に思う男性

「フルモデルチェンジ後のプラドのリセールは下がる?」

フルモデルチェンジ後のプラドのリセールバリューに関しては、通常、新型モデルの登場により旧型モデルのリセールバリューが下がる傾向があります。

新型モデルが市場に導入されると、自然と最新技術やデザインに対する需要が高まり、旧型モデルの魅力が相対的に低下するためです。具体的な数値データについては、フルモデルチェンジの時期や市場の状況によって異なりますが、一般的には新型モデルの発売後数年間で旧型モデルの価値が最も大きく低下する傾向にあります。したがって、プラドのフルモデルチェンジ後は、旧型モデルのリセールバリューが下がる可能性が高いと言えます。

まとめ:プラドはリセール崩壊しているかの結論と今後の影響

プラドはリセール崩壊しているかの結論と今後の影響についてまとめてきました。

結論、プラドのリセールは崩壊していません。
懸念されていたランクル250登場による影響も軽微とみられています。

ですが、今後崩壊する可能性は否めません。
プラドのリセールが崩壊しうる原因をまとめると、

プラドのリセールが崩壊する原因

  1. 頻繁なモデルチェンジによる価値下落
  2. 海外市場の変化と輸出規制による影響
  3. 世界的なEVシフトと環境規制の高まり