ハイエースが欲しいけど高い!なぜ中古でも高いのか?5つの理由と新車に賢く乗る方法

「ハイエースが欲しいけど、高いのはなぜ?」

「ハイエースの新車に気軽に乗れる方法は何かない?」

トヨタが誇る人気のバン「ハイエース」
幅広いニーズに応える、耐久性と多目的性に優れたバンです。

そんなハイエースを「欲しいけど高い」といった声が聞かれますが、なぜ高いのか?

今後、ハイエースの購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!ハイエースが欲しいけど高い理由と新車に賢く乗る方法を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、ハイエースは高いです。
新車でなくても、需要が高いために中古車も高い状況が続いています。

ただ、上記の状況はあくまで「車の購入」が前提で、ハイエースの高い新車に賢く乗る方法があります。

その方法というのが「カーリース」

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「定額カルモくん」と呼ばれるお得なマイカーリース

定額カルモくんは、月1万円台から新車が持てるカーリースです。

✅定額カルモくんを利用するメリット

  • 税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリース
  • 全国納車が可能!定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能
  • メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利!安心の求償保証付き

「維持費を最大限抑えて、身軽にハイエースを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にハイエースの新車に乗ってみたい!」

このようにハイエースを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月1万円台から新車が持てる!/
『定額カルモくん』まずは車両を探して審査に進む
最大5万円分ギフトカードが当たる

ハイエースが欲しいけど高い5つの理由

結論からいうと、ハイエースは高いです。
実際、ハイエースのリセールバリュー(4~5年落ち)をみると、90%前後を維持しています。

5年落ちの平均が40%~50%ですので、ハイエースのリセール価値は平均より高いことがわかります。
(出典:ガリバー「ハイエースワゴン(トヨタ)の年落ち別リセールバリュー」

リセールバリューが高い、ということは、高値で取引される人気車種だということ。

ではなぜ、新車はもちろんですが、中古でもハイエースは高いのか?
今後、ハイエースの購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、具体的なハイエースが欲しいけど高い5つの理由を深堀解説していきます!

【理由1】高い耐久性と信頼性を備えているから

まず1つ目の理由として「高い耐久性と信頼性を備えているから」

ハイエースの高い耐久性と信頼性は、その価格の正当性を説明する重要な要素です。

この車両の設計は、厳しい使用条件下でも性能を維持することを目的としています。例えば、ハイエースは、平均して50万キロメートル以上の走行に耐える走行能力があるとされています。また、エンジンやトランスミッションなどの主要部品は、長期間にわたる運用を考慮した耐久設計が施されています。実際に、多くの配送業者や建設業者が、ハイエースを選んでいる理由の一つは、頻繁な修理や交換の必要性が低く、長期的な運用コストを削減できるからです。これらの数値データや使用実績は、ハイエースの耐久性と信頼性が高い理由を客観的に示しています。従って、初期投資は高いものの、その価値は長期的な視点で見ると十分にあると結論付けることができます。

【理由2】多目的性と汎用性に優れているから

次に2つ目の理由が「多目的性と汎用性に優れているから」

ハイエースの多目的性と汎用性は、その高価格を正当化する大きな理由の一つです。

この車両は、商用車としての利用だけでなく、キャンピングカーや移動オフィスなど、さまざまな用途にカスタマイズ可能であることが特徴です。実際に、ハイエースは広い室内空間を活かして、シート配置の自由度が高く、最大10人の乗車が可能な人員輸送用から、棚や設備を備えた工具運搬用まで、多岐にわたる改造が施されています。さらに、キャンピングカーとしての改造例では、ベッド、キッチン、シャワールームまで装備し、居住空間としての快適性を追求したモデルも存在します。これらの改造可能性は、ユーザーのニーズに応じた多様な利用シーンを提供し、ハイエースの価値を高める要因となっています。したがって、ハイエースが多目的性と汎用性に優れていることは、その高価格がユーザーにとって大きなメリットをもたらしているといえるでしょう。

【理由3】カスタマイズの選択肢が豊富だから

3つ目の理由で多いのは「カスタマイズの選択肢が豊富だから」

ハイエースが高価格である一因は、カスタマイズの選択肢が豊富であることにあります。

ユーザーは、用途に応じて外装や内装、機能面で多様なカスタマイズを行うことが可能です。例えば、ハイエースは商用利用での棚やラックの取り付け、特殊車両としての改良、キャンピングカーへの変更など、幅広いニーズに対応するカスタマイズオプションを提供しています。特にキャンピングカー改造の場合、ベッド、キッチン、シャワーなどの設備を搭載し、居住性を高める改造が人気です。これらの改造を行うことで、ハイエースはただの輸送車両から、多目的に活用可能なモバイルスペースへと変貌します。カスタマイズの豊富さがハイエースの価値を高め、多様な用途での使用を可能にすることが、その高価格に繋がっていると結論付けられます。この柔軟性は、ハイエースを選ぶ大きな魅力の一つであり、ユーザーにとって長期的な価値を提供しています。

【理由4】供給が需要に追いついていないから

4つ目の理由として「供給が需要に追いついていないから」

ハイエースの価格が高い主な理由の一つは、供給が需要に追いついていないためです。

ハイエースはその高い耐久性、汎用性、そしてカスタマイズの可能性から、非常に高い需要があります。しかし、特に人気のあるモデルや特定のカスタマイズオプションに対しては、生産が需要を満たすのに追いつかないことがあります。例えば、新型モデルの発売直後や、特別仕様車のリリース時には、注文が殺到し、納車までに数ヶ月待たされることも珍しくありません。このような供給不足は、市場におけるハイエースの価格を押し上げる要因となっています。また、中古市場でも、状態の良いハイエースは高値で取引され、供給不足が価格に直接影響していることが見て取れます。この供給と需要の不均衡が、ハイエースが高価である根本的な理由の一つとして挙げられます。供給が需要に追いつかない状況は、ハイエースの価格を高め、その希少性をさらに増すことに繋がっています。

【理由5】維持費を長期的に見ればコスパ良いから

そして5つ目の理由が「維持費を長期的に見ればコスパ良いから」

ハイエースの初期投資は高いものの、維持費を長期的に見ると、コストパフォーマンスは非常に良いと言えます。

この車両は、耐久性が高く修理が少ないため、長期間にわたって安定した運用が可能です。実際に、ハイエースのオーナーからは、10年以上使用しても大きな故障がなく、定期的なメンテナンス費用以外に大きな出費が不要だったとの声が多く聞かれます。また、ハイエースの燃費も他の同クラス車両と比較して優れており、燃料費の節約にもつながります。さらに、再販価値が高いため、使用後の売却価格が他の車種に比べて高く、トータルコストを考えると経済的な選択となります。これらの理由から、ハイエースは初期費用は高いものの、長期的に見ればそのコストパフォーマンスの良さが際立つと結論付けられます。そのため、多くのビジネスオーナーや個人ユーザーにとって、コストを考慮した賢明な選択肢と言えるでしょう。

今すぐハイエースの高い新車に賢く乗る方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。月1万円台から新車を持てる方法があります。

ハイエースを買わない方がいい3つの条件

ハイエースが欲しいけど高い理由があるのは事実。
特に幅広いニーズに応えられている点が、「価格の高さ」に繋がっています。

人気だからこそ、高くてもハイエースを前向きに買いたい人は多いでしょう。
でも、無理して買うと後々後悔してしまう、ハイエースを買わない方がいい条件というのもあります。

ハイエースを買わない方がいい条件とは何か?

「新車」と「中古車」の両面で購入を想定した際に顕在化される、ハイエースを買わない方がいい3つの条件をご紹介します。

【条件1】過度に走行距離が多い車両

まず気をつけたいのが「過度に走行距離が多い車両」

前述の高い理由で、ハイエースの耐久性に触れましたが、購入するとなると、過度に走行距離が多い車両の購入は避けるべきです。

走行距離が多いということは、車両が長期間使用され、多くの部品が摩耗している可能性が高いからです。例えば、走行距離が20万キロメートルを超える車両では、エンジンやトランスミッションなどの主要部品の耐久性が低下し、大規模な修理が必要になるリスクが増加します。特に、走行距離が50万キロメートルを超える車両は、将来的に高額な維持費がかかる可能性が非常に高いです。したがって、購入前には走行距離を慎重に確認し、過度に高い走行距離の車両は選択から除外することが賢明です。このような車両は、短期間での高額な修理費用や、予期せぬ故障による運用の不安定さを招くリスクがあります。

【条件2】改造が適切でない車両

ハイエースによく見られるのが「改造が適切でない車両」

改造が適切でないハイエースは購入を避けるべきです。

適切でない改造とは、専門家による技術的な指導や基準に基づかない改造を指します。例えば、違法なエンジンの改造や、構造を変更するような大幅な改造が施された車両は、走行安全性に重大な影響を及ぼす可能性があります。さらに、このような改造は車両の保証を無効にすることが多く、将来的に法的な問題や保険適用外のリスクを抱えることにもなりかねません。したがって、購入前には改造の内容と範囲を確認し、改造が専門の業者によって適切に行われているかを慎重に評価することが必要です。適切でない改造を施されたハイエースは、安全性や経済性の面で不利益を被る可能性が高いため、選択肢から除外するべきです。

今すぐハイエースの高い新車に賢く乗る方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。月1万円台から新車を持てる方法があります。

【条件3】経済的に余裕がない状況

そして購入者の状況で考えたいのが「経済的に余裕がない状況」

経済的に余裕がない場合は、ハイエースの購入を控えるべきです。

その理由は、ハイエースの購入費用だけでなく、維持費用も高額になりがちだからです。例えば、ハイエースの新車購入価格は約300万円からとなっていますが、それに加えて年間の維持費用(車検、保険、税金、燃料費等)は平均で約30万円以上が見込まれます。特に、燃料費はハイエースの大きなボディと重量により、一般的な乗用車に比べて高めになります。したがって、購入後の維持にも経済的な余裕が必要です。総額で考えると、購入初年度だけで330万円以上が必要となり、この金額は多くの家庭にとって大きな負担となり得ます。経済的に余裕がない場合は、ハイエースの購入を控えるべきです。

【お得】ハイエースの高い新車に賢く乗る方法

ここまで、ハイエースが欲しいけど高い理由と買わない方がいい条件を詳しく解説してきました。

結論、ハイエースは高いです。
新車でなくても、需要が高いために中古車も高い状況が続いています。

ただ、上記の状況はあくまで「車の購入」が前提です。
新車もしくは中古車のハイエースを「購入すると高い」事実について解説しています。

でも実は、ハイエースの高い新車に賢く乗る方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「カーリース」

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

今後は車を「所有」するのではなく、「身軽に」必要なものだけに投資する価値観の方に、向いてるサービスだといえます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「定額カルモくん」と呼ばれるお得なマイカーリース

定額カルモくんは、月1万円台から新車が持てるカーリースです。

定額カルモくんを利用するメリット

  • 税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリース
  • 全国納車が可能!定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能
  • メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利!安心の求償保証付き

定額カルモくんの特徴として、オンラインで契約まで締結できるため、非常に手軽に新車が持てる点。

また、新車が納車された後も完全月額定額で、契約満了時の追加精算がなく、安心してカーライフを楽しむことができます。

「維持費を最大限抑えて、身軽にハイエースを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にハイエースの新車に乗ってみたい!」

このようにハイエースを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月1万円台から新車が持てる!/
『定額カルモくん』まずは車両を探して審査に進む
最大5万円分ギフトカードが当たる

ハイエースの中古車を安心して購入できるサービス

悩む男性2

「やっぱりカーリースではなく、所有したい!自分だけのハイエースが欲しい!」

このようなニーズもあろうかと思います。
ハイエースを買うとなると、現実的に考えて、価格の面から中古を選ぶのが賢明です。

実際、アンケート調査によると車所有者のうち、新車に次いで中古車の利用が多いのがわかっています。

中古車を選んだ理由も、「購入費用を安く抑えたかったから」が最多となっています。

ですので、ハイエースの新車は買えなくても中古車を検討してみるのも最良の選択肢といえるでしょう。

悩む男性

「中古車を買うのがおすすめなのは分かったけど、どこで買えばさらにお得で購入できる?」

実は、ハイエースの中古車を安心して購入できるサービスがあります!

それが、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」の中古車無料お探しサービス

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!
実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ズバット車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 高品質かつ充実した保証の付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

ハイエースの中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
まずは欲しい車の条件を登録して情報をもらう
【公式サイト:https://www.zba.jp

【Q&A】欲しいけど高いハイエースのよくある質問

最後に欲しいけど高いハイエースのよくある質問をまとめます。

【質問1】ハイエース買うなら新車か中古のどっちがいい?

疑問に思う男性

「ハイエース買うなら新車か中古のどっちがいい?」

結論、ハイエースを購入する際、新車と中古車のどちらが良いかは、購入者の予算とニーズに依存します。

新車の場合、最新の技術や装備を享受でき、長期間にわたるメーカー保証がついてくることが大きな利点です。一方、中古車は価格が新車に比べて低く抑えられており、初期投資を節約できる点が魅力です。しかし、中古車の場合は走行距離や車両の状態を慎重にチェックする必要があります。例えば、走行距離が少なく、状態の良い中古ハイエースは、新車に近い性能をより低い価格で享受できるため、コストパフォーマンスが高い選択肢となり得ます。結論として、予算内で最新の機能を求める場合は新車が、コストを重視する場合は条件の良い中古車が適しています。

【質問2】ハイエースを買うか迷う!どんな人におすすめ?

疑問に思う男性

「ハイエースを買うか迷う!どんな人におすすめ?」

ハイエースは、特に商業用途やアウトドア活動に積極的な人におすすめです。

その理由は、ハイエースが提供する広大な荷室スペースと、多目的に利用できる車内構造にあります。例えば、配送業者や工務店など、仕事で大量の荷物や道具を運ぶ必要がある業種の人々にとって、ハイエースはその強度と容量で大きな利点を提供します。また、キャンピングカーとしての改造に興味がある人や、大家族での長距離移動を頻繁に行う人にも、ハイエースは最適な選択肢です。これらの具体例から、ハイエースは耐久性と多用途性を重視するユーザーにとって理想的な車両であると結論付けられます。商業用途からプライベートのアウトドア活動まで、幅広いニーズに応える能力を持っているためです。

【質問3】ハイエース専門店のフレックスが高い理由は?

疑問に思う男性

「フレックスのハイエースが高い理由は?」

ハイエース専門店のフレックスが高価である理由は、その独自性と高品質なカスタマイズにあります。

フレックスでは、顧客のニーズに応じた多様な改造やカスタマイズが施され、これには専門的な技術と高品質な部材が要求されます。例えば、快適な乗車空間を実現するための内装カスタマイズ、効率的な荷物積載を可能にする収納システムの導入、さらには外観の特別なデザイン変更などが挙げられます。これらのカスタマイズは、一般的な車両改造よりも高い技術力を要し、その分コストがかかるため、最終的な販売価格に反映されます。結論として、フレックスのハイエースが高価であるのは、顧客の要望に応じた細かなカスタマイズと、それを支える高度な技術力によるものです。これにより、ユニークで高品質なハイエースを提供しています。

【質問4】ハイエースを乗りつぶすならディーゼル車とガソリン車どちらがおすすめ?

疑問に思う男性

「ハイエースを乗りつぶすならディーゼル車とガソリン車どちらがおすすめ?」

結論、ハイエースを長期間乗りつぶすことを考える場合、ディーゼル車がおすすめです。

その主な理由は、ディーゼルエンジンの方がガソリンエンジンに比べて耐久性が高く、長距離運転に適しているからです。ディーゼル車は、効率的な燃料消費と低回転での高トルクが特徴であり、重い荷物を頻繁に運ぶ商用利用や、長距離ドライブに理想的です。実際に、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて、より長い走行距離に耐えることができる設計になっています。さらに、燃料費の面でも、ディーゼルの方が一般的に経済的です。結論として、長期間にわたりハイエースを使用し、特に長距離運転や重量物の運搬が多い場合には、ディーゼル車が適しています。これは、その耐久性と経済性によるものです。

まとめ:ハイエースが欲しいけど高い理由と新車に賢く乗る方法

ハイエースが欲しいけど高い理由と新車に賢く乗る方法をまとめてきました。

改めて、ハイエースが欲しいけど高い理由をまとめると、

ハイエースが欲しいけど高い理由

  • 高い耐久性と信頼性を備えているから
  • 多目的性と汎用性に優れているから
  • カスタマイズの選択肢が豊富だから
  • 供給が需要に追いついていないから
  • 維持費を長期的に見ればコスパ良いから

結論、ハイエースは高いです。
新車でなくても、需要が高いために中古車も高い状況が続いています。

ただ、上記の状況はあくまで「車の購入」が前提で、ハイエースの高い新車に賢く乗る方法があります。

その方法というのが「カーリース」

車のサブスクとも呼ばれる、頭金なしかつ月々定額(維持費込)で新車に乗れるサービスのこと。
車両購入のリスクや維持費を最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

そんなカーリースサービスで特におすすめなのが「定額カルモくん」と呼ばれるお得なマイカーリース

定額カルモくんは、月1万円台から新車が持てるカーリースです。

定額カルモくんを利用するメリット

  • 税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリース
  • 全国納車が可能!定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能
  • メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利!安心の求償保証付き

「維持費を最大限抑えて、身軽にハイエースを運転したい!」
「高い初期費用を払うことなく、気軽にハイエースの新車に乗ってみたい!」

このようにハイエースを購入・所有ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

\月1万円台から新車が持てる!/
『定額カルモくん』まずは車両を探して審査に進む
最大5万円分ギフトカードが当たる