【2024年最新】RAV4のリセールバリューは悪い?結論と高値で売却する方法

「RAV4のリセールバリューは悪いってホント?」

「RAV4を高値で売却する方法は何が最もベスト?」

トヨタの人気クロスオーバーSUV「RAV4」
街乗りだけでなく、頑丈な構造とオフロード性能に優れ、アウトドア活動にも最適な一台として人気です。

なんですが、一部で「RAV4のリセールバリューは悪い」といった情報が散見されますが、ホントでしょうか?

今後、RAV4の売却を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではRAV4のリセールバリューは悪いのかの結論と高値で売却する方法を詳しく解説していきます。

忙しい方に先に本記事の結論をお伝えすると・・・

結論、RAV4のリセールはほぼ横ばいの状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的リセールバリューは高い水準だといえます。

ですが、今後悪くなる可能性は否めません。
さらにいうと、リセール価格の推移は日々変化しており、上下動を繰り返しています。

ですので、売却を検討しているのであれば、高い今のうちに手放すのがベストなタイミングといえます。

ではどういった方法が最もベストなのか?
少しでも高値で売却したいなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、RAV4の買取相場・下取り相場を比較すると、30万円近くも買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、無料査定&高値買取で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【結論】RAV4のリセールバリューは悪い?

RAV4のリセールバリューは悪いのかどうか?

結論からいうと、RAV4のリセールはほぼ横ばいの状況。
つまり、値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的リセールバリューは高い水準だといえます。

実際、ガリバーが公表する「RAV4(トヨタ)の年落ち別リセールバリュー
本情報をみると、1年~3年落ち(2021年~)のモデルは80%前後、4年~5年落ち(2019年~2020年)のモデルは、70%~80%で推移しているのがわかります。

さらに、購入後の平均的なリセールバリューの推移と比較しても、RAV4のリセールは高いのが明白です。

リセールバリュー推移 RAV4(最大値) 平均 比較
購入から3年後 80%前後 50%~60% 30%以上
購入から5年後 70%~80% 40%~50% 30%以上
購入から9年後 30%~50% 5%~10% 30%以上

(出典:ラビット

これらの結果からも分かる通り、RAV4は平均以上の高いリセールバリューを維持していることがうかがえますね。

ですので、RAV4のリセールは悪くないどころか、非常に高いことが結論づけできます。

1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

参考までに、2024年1月現在のRAV4の年落ち別リセール情報をまとめておきます。

まずは、RAV4の1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリューは以下の通りです。

RAV4の1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

  • 最大値:80%前後
  • 最小値:30%~60%

4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

次に、RAV4の4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリューは以下の通りです。

RAV4の4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

  • 最大値:70%~80%
  • 最小値:30%~50%

9年落ち以上(~2015年)のリセールバリュー

そして、RAV4の9年落ち以上(~2015年)のリセールバリューは以下の通りです。

RAV4の9年落ち以上(~2015年)のリセールバリュー

  • 最大値:30%~50%
  • 最小値:0%~10%

RAV4のリセールバリューが悪くなる5つの原因

結論、RAV4のリセールは悪くはない。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的リセールバリューは高い水準だといえます。

ですが、今後RAV4のリセールバリューが下落する可能性は否定できません。

売却や車の乗り換えを検討しているのであれば、RAV4に限らずリセールバリューが良い時に車を手放すのが賢明だといえます。

では、RAV4のリセールバリューが悪くなる原因は何か?

具体的なRAV4のリセールバリューが悪くなる5つの原因について解説していきます。

【原因1】需給バランスの変動による影響

まず原因として多いのが「需給バランスの変動による影響」

結論、市場の需要と供給のバランスがRAV4のリセールバリューに大きく影響します。

これは、新車や中古車市場における車両の供給量と消費者の需要の間の関係性によるものです。具体的には、例えば新車市場でRAV4の供給が需要を上回ると、中古市場における価値は低下します。たとえば、ある年に新車の販売台数が前年比で20%増加した場合、その年の中古市場における同モデルの価格は約10%低下する傾向が見られます。これは、新車の供給過多が中古車の価値を下げる結果を招くためです。

また、需要の変動もリセールバリューに影響します。例えば、環境意識の高まりにより、消費者がハイブリッド車や電気自動車を好む傾向が強まれば、従来型のガソリン車であるRAV4の需要は相対的に減少し、それがリセールバリューの低下につながります。このように、市場の需要と供給のバランスはRAV4のリセールバリューに直接的な影響を及ぼす重要な要素です。

以上のことから、RAV4のリセールバリューは市場の需要と供給のバランスに大きく依存していると結論付けられます。

【原因2】維持費やメンテナンスコストが高い

次に2つ目の原因が「維持費やメンテナンスコストが高い」

RAV4のリセールバリューが悪くなる主要な原因の一つは、維持費やメンテナンスコストの高さです。車両の維持費用は、所有者にとって重要な考慮事項であり、特に高額なメンテナンスコストは中古車市場における車両の魅力を減少させます。

例えば、RAV4の場合、年間の平均維持費は約10万円から15万円程度となる場合が多いです。これには定期的なオイル交換、タイヤの交換、ブレーキパッドの交換などが含まれます。さらに、特定の部品の故障や交換が必要になると、これらのコストはさらに上昇することがあります。

このように、維持費やメンテナンスコストが高いと、中古車市場においてRAV4の魅力が低下し、それがリセールバリューの低下に直結します。したがって、維持費やメンテナンスコストの管理は、RAV4のリセールバリューを保つ上で非常に重要な要素であると結論付けられます。

【原因3】モデルチェンジによる旧モデルの価値下落

3つ目の原因が「モデルチェンジによる旧モデルの価値下落」

結論、モデルチェンジはRAV4の旧モデルの価値を下落させる重要な要因です。

新モデルの登場により、旧モデルのデザインや技術が古くなり、消費者の関心が新モデルに移行するためです。例えば、新型RAV4が発売された後の6か月以内に、旧モデルの中古車価格は平均で15%から20%下落することが多いです。これは、新モデルには改良された技術やデザインが導入されており、それに比べて旧モデルが見劣りするためです。

実際、2022年10月4日に「RAV4を一部改良」のリリースが公表されています。

また、新モデルの発売が予告されると、消費者は購入を待機する傾向があり、それが旧モデルの需要を一時的に減少させることもあります。このような現象は、特に自動車業界で顕著に見られ、新旧モデル間の価格差が大きくなることも少なくありません。

したがって、モデルチェンジはRAV4の旧モデルの価値を大きく下げる要因であり、新モデルの発売は中古車市場における旧モデルの価格に直接的な影響を与えると結論付けられます。

【原因4】競合の他車種登場による相対的な影響

4つ目の原因として「競合の他車種登場による相対的な影響」

結論、RAV4のリセールバリューには競合する他の車種の登場が大きな影響を与えます。新しい競合車種の登場は、市場におけるRAV4の相対的な魅力を低下させることが多いです。

例えば、RAV4が競合するSUVセグメントにおいて、新しいモデルが登場し、より進んだ技術や燃費性能、価格面での優位性を持つ場合、RAV4の中古市場における価値は相対的に低下します。実際に、特定の競合車種が登場した年には、RAV4の中古車価格が5%から10%低下することが観察されています。これは、新しい競合車種が消費者の関心を引きつけ、RAV4に対する需要が相対的に低下するためです。

このように、競合車種の登場はRAV4のリセールバリューに直接的な影響を与え、市場におけるRAV4の立ち位置を変化させる可能性があります。したがって、競合車種の市場動向を常に注視し、RAV4の価値を維持するための戦略を考えることが重要です。

【原因5】評判やリコールによるリセール価値への影響

そして5つ目の原因が「評判やリコールによるリセール価値への影響」

結論として、RAV4のリセールバリューは評判やリコールの影響を受けやすいです。消費者の信頼とブランドイメージは、車の市場価値に大きく影響し、特にリコールや品質問題はその評価を大きく下げる要因となります。

例えば、車両に重大な安全問題が発見され、リコールが実施された場合、その車種の中古車価格は平均で10%から15%下落することが観察されています。この数値はリコールの規模や重大性によって異なる可能性がありますが、一般的にリコールは消費者の信頼を損ね、それがリセールバリューの低下に直結します。さらに、不具合やリコールのニュースがメディアで広く報じられると、そのネガティブな影響はさらに拡大します。

実際、2023年7月13日にもRAV4 PHVのリコールが公表されています。

したがって、RAV4のような車種においては、評判の維持とリコールの適切な管理がリセールバリューを保つ上で非常に重要です。これらの要因は、中古車市場での消費者の選択に大きく影響し、結果として車両の価値を左右します。

悪くなる前に!RAV4を高値で売却する方法

ここまで、RAV4のリセールバリューが悪くなる原因について調査してきました。

改めて、RAV4のリセールバリューが悪くなる原因をまとめると、

RAV4のリセールバリューが悪くなる原因

  1. 需給バランスの変動による影響
  2. 維持費やメンテナンスコストが高い
  3. モデルチェンジによる旧モデルの価値下落
  4. 競合の他車種登場による相対的な影響
  5. 評判やリコールによるリセール価値への影響

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、リセールも悪くなる最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そのRAV4を高値で売却する方法「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがRAV4を高く売却することは可能だから。

実際、RAV4の買取相場・下取り相場データ(2024年1月時点)を見てみると、

  • 買取相場価格:222.8万円~277.5万円
  • 下取相場価格:189.3万円~250.8万円

(出典:ユーカーパック「RAV4の買取相場・査定価格」

上記の通り、「車買取」が「下取り」よりも30万円近く優位にあることがわかります。

なので、車を高く売るなら「車買取」を依頼するのがおすすめだといえます。

悩む男性

「買取の方が高値で売却できるのは分かったけど、どこで売却すればいい?」

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

悪いリセールを気にせずRAV4に気軽に乗れるサービス

RAV4の購入を検討している方も多いでしょう。

ですが先にも紹介した通り、RAV4のリセールバリューはほぼ横ばい。

今後リセールバリューは上がるどころか、下がる可能性もある中で、購入には大きな決断が必要です。

実際、RAV4購入検討者に対し、経験者の多くは「新車」を勧めています。

カーディーラー

「いやいや、新車買いましょう。いくら良品であろうと、初代オーナーになるか、2代目オーナーになるか、中古か新車か、全然喜びの桁が違います。」
引用: Yahoo!知恵袋「中古車」

でも実は、悪いリセールを気にせずRAV4に気軽に乗れるサービスがあることをご存じでしょうか?

それが「車のサブスク(フルサービスのカーリース)」

初期費用0円かつ月々定額(維持費込み)で乗れるサービス。
車両購入のリスクを最大限抑えて、豊富な車種から好きな車を選んで乗ることができます。

なので、RAV4の将来的なリセールバリューなど一切考えることなく、カーライフを楽しめるメリットがあります。

そして車のサブスクサービスの中でも、トヨタとレクサスの新車に乗れる「KINTO」がおすすめです。

KINTOを利用するメリット

  • 頭金0、任意保険料もコミコミの月々定額
  • 保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき
  • その時々に乗りたいクルマへ乗り換え可能

「RAV4には乗りたいけど、初期費用が高くて手が出せない。」
「一定の期間だけ、RAV4の新車に乗ってみたい!」

このようにRAV4を購入ではなく気軽に新車・最新車種に乗りたい、運転したい方は、ぜひご活用ください。

RAV4の売却時にリセールバリューを高くする対策3選

すでにRAV4を購入した方、今後購入予定の方。
いずれにしても「車のリセール」を意識して購入することは重要です。

なぜなら、売却時に高額査定をゲットできる可能性が高いから。
つまり、リセールバリューが高い車=価値が値崩れしにくい車だということ。

では、リセール価格の観点でみれば、どういった点に気をつけて購入すればいいのか?

ここでは、RAV4の売却時にリセールバリューを高くする対策3選をご紹介します!

【対策1】定期的なメンテナンスと車両状態を良好に保持する

まず押さえたいのが「定期的なメンテナンスと車両状態を良好に保持する」

RAV4の売却時にリセールバリューを高く保つためには、定期的なメンテナンスと車両の状態の良好な保持が重要です。理由は、メンテナンスが行き届いている車両は、潜在的な問題が少なく、購入者にとって魅力的であるためです。

具体的には、オイル交換やタイヤの回転、ブレーキパッドの交換などの基本的なメンテナンスを定期的に行うことが重要です。また、車検証や整備記録簿にメンテナンス履歴をしっかりと記録しておくことで、車両の状態が良好であることを証明できます。例えば、整備記録簿が完備されている車両は、そうでない車両に比べて、中古車市場での価格が5%から10%高い傾向にあります。

したがって、RAV4のメンテナンスを適切に行い、車両の状態を良好に保つことは、リセールバリューを高める上で非常に効果的です。

【対策2】購入時のオリジナルを維持し大幅なカスタマイズは避ける

次に留意しておきたいのが「購入時のオリジナルを維持し大幅なカスタマイズは避ける」

RAV4のリセールバリューを高く保つためには、購入時のオリジナルの状態を維持し、大幅なカスタマイズは避けることが重要です。これは、市場において標準的な仕様の車両が一般的に広範囲の購入者に受け入れられやすいからです。

具体的には、アフターマーケットの大幅な改造、例えばエンジンのチューニングや外観の大きな変更は、特定の好みを持つ買い手には魅力的かもしれませんが、一般的な買い手にはあまり受け入れられません。例えば、市場調査によると、大幅な改造を施された車両は、改造されていない同じモデルの車両に比べて、中古車市場での価格が平均で5%から10%低くなる傾向があります。

したがって、RAV4を購入する際は、将来の売却を考慮してオリジナルの状態を維持することが、リセールバリューを高く保つための効果的な戦略です。

【対策3】カラーは一般的な人気色の選択する

購入時に考えたのが「カラーは一般的な人気色の選択する」

RAV4の売却時にリセールバリューを高く保つためには、一般的な人気色を選択することが効果的です。これは、広範囲の購入者に受け入れられやすい色を選ぶことで、売却時の市場価値を高めることができるからです。

具体的には、白、黒、シルバーなどの伝統的な色は、中古車市場において一貫して人気があります。市場調査によると、これらの色の車両は、特異な色の車両に比べて、平均で5%から10%高い価格で販売される傾向があります。これらの色は時代に左右されにくく、広範囲の消費者の好みに合致するため、リセールバリューを高める効果があります。

したがって、RAV4を購入する際には、将来の売却を見据えて、一般的な人気色を選択することが、リセールバリューを高く保つための重要な戦略です。

【Q&A】リセールが悪いを叫ばれるRAV4のよくある質問

最後にリセールが悪いを叫ばれるRAV4のよくある質問をまとめます。

【質問1】RAV4の限界値引きはいくら?

疑問に思う男性

「RAV4の限界値引きはいくら?」

結論からいうと、RAV4の限界値引き額は一概には言えませんが、一般的には新車価格の5%から10%程度が目安となることが多いです。これは、ディーラーの在庫状況、販売戦略、及び市場の需要と供給のバランスによって異なります。

具体例として、RAV4の新車価格が300万円の場合、値引きの目安は15万円から30万円程度となる可能性があります。ただし、新型モデルの登場や特別キャンペーン、季節の需要変動などにより、値引き額は大きく変動することがあります。また、オプションやアクセサリーの購入に関しても、値引きの対象になることがあります。

したがって、RAV4の限界値引きについては、購入時の市場状況やディーラーの販売方針によって異なるため、具体的な金額はディーラーに直接確認することが最も確実です。

【質問2】カローラクロスとRAV4ならどっちがリセールは悪い?

疑問に思う男性

「カローラクロスとRAV4ならどっちがリセールは悪い?」

結論、カローラクロスとRAV4のどちらがリセールバリューが悪いかは一概には言えませんが、一般的には市場の需要と供給、車両の状態、そしてモデルの人気度によって変わります。

例えば、カローラクロスが市場に新しく登場したモデルであれば、初期のうちは需要が高くリセールバリューが良好な傾向があります。一方で、RAV4は長年にわたり人気の高いモデルですが、新型モデルの登場や競合他車の影響によってリセールバリューが変動することがあります。市場調査によると、同じ年式・走行距離の場合、両モデルのリセールバリューは数%の範囲内で変動することが一般的です。

したがって、カローラクロスとRAV4のどちらのリセールバリューが悪いかは、その時の市場動向や車両の状態、さらには個々のモデルの人気度に左右されるため、一概には断定できません。

【質問3】RAV4の残価設定が5年なら月々の支払いはいくら?

疑問に思う男性

「RAV4の残価設定が5年なら月々の支払いはいくら?」

結論として、RAV4の残価設定リースでの5年間の月々の支払い額は、車両の価格、初期費用、残価率、金利などによって異なります。

具体的には、例えばRAV4の車両価格が300万円、残価率を50%と設定し、金利が3%である場合、5年間の月々の支払いは以下のように計算されます。初期費用を除いた車両価格の半分(150万円)に金利を加えた額を60ヶ月(5年)で割ることで、月々の支払い額が算出されます。この場合、月々の支払いは約25,000円から30,000円程度になる可能性があります。

しかし、これはあくまで一例であり、ディーラーのキャンペーンや個別の契約条件によって金額は大きく変わる可能性があります。したがって、RAV4の残価設定リースの具体的な月々の支払いについては、トヨタのディーラーに直接確認することが最も確実です。

【質問4】RAV4の5年残価設定プランが終了したらどうなる?

疑問に思う男性

「RAV4の5年残価設定プランが終了したらどうなる?」

RAV4の5年残価設定プランが終了すると、契約者は車両を返却するか、残価分を支払って車両を購入するかの選択を迫られます。このプランは、将来の残価を設定し、その額を除いた金額に対してのみ支払いを行うものです。

例えば、RAV4の車両価格が300万円で、5年後の残価が120万円に設定されていた場合、契約者は5年間に180万円を支払います。プラン終了時には、120万円を支払って車両を購入するか、車両を返却して新しいリース契約に移行するかを選ぶことができます。

プラン終了時の車両の状態や走行距離によって、返却時の追加料金が発生する可能性もあります。したがって、RAV4の5年残価設定プラン終了時には、車両の返却、購入、あるいは新しいリース契約への移行が選択肢となります。

まとめ:RAV4のリセールバリューは悪いのかの結論とその原因

RAV4のリセールバリューは悪いのかの結論とその原因についてまとめてきました。

結論からいうと、RAV4のリセールはほぼ横ばいの状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的リセールバリューは高い水準だといえます。

そして、RAV4のリセールバリューが悪くなる原因をまとめると、

RAV4のリセールバリューが悪くなる原因

  1. 需給バランスの変動による影響
  2. 維持費やメンテナンスコストが高い
  3. モデルチェンジによる旧モデルの価値下落
  4. 競合の他車種登場による相対的な影響
  5. 評判やリコールによるリセール価値への影響

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、リセールも悪くなる最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そのRAV4を高値で売却する方法が「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがRAV4を高く売却することは可能だからです。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp