【最新】CX-8のリセールバリューは悪い?結論と高値で売却する方法

「CX-8のリセールバリューは悪いってホント?」

「CX-8を高値で売却する方法は何が最もベスト?」

マツダが誇る最上のSUVスタイル「CX-8」
広々とした室内空間と高い安全性能が特徴で、ファミリーからビジネスシーンにも最適な人気の一台です。

なんですが、一部で「CX-8のリセールバリューは悪い」といった情報が散見されますが、ホントでしょうか?

今後、CX-8の売却を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではCX-8のリセールバリューは悪いのかの結論と高値で売却する方法を詳しく解説していきます。

忙しい方に先に本記事の結論をお伝えすると・・・

結論からいうと、CX-8のリセールはほぼ横ばいの状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

ですが、今後CX-8のリセールバリューが下落する可能性は否定できません。
さらにいうと、リセール価格の推移は日々変化しており、上下動を繰り返しています。

ですので、売却を検討しているのであれば、高い今のうちに手放すのがベストなタイミングといえます。

ではどういった方法が最もベストなのか?
少しでも高値で売却したいなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、CX-8の買取相場・下取り相場を比較すると、30万円近くも買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、無料査定&高値買取で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【結論】CX-8のリセールバリューは悪い?

CX-8のリセールバリューは悪いのかどうか?

結論からいうと、CX-8のリセールはほぼ横ばいの状況。
つまり、値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

実際、ガリバーが公表する「CX-8(マツダ)の年落ち別リセールバリュー
本情報をみると、1年~3年落ち(2021年~)のモデルは60%~70%、4年~5年落ち(2019年~2020年)のモデルは、60%前後で推移しているのがわかります。

さらに、購入後の平均的なリセールバリューの推移と比較しても、CX-8のリセールは高いのが明白です。

リセールバリュー推移 CX-8(最大値) 平均 比較
購入から3年後 60%~70% 50%~60% 10%以上
購入から5年後 60%前後 40%~50% 10%以上
購入から9年後 50%前後 5%~10% 40%以上

(出典:ラビット

これらの結果からも分かる通り、CX-8は平均以上の高いリセールバリューを維持していることがうかがえますね。

ですので、CX-8のリセールは悪くなく、現在は安定した再販価値を維持していることが結論づけできます。

1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

参考までに、2024年1月現在のCX-8の年落ち別リセール情報をまとめておきます。

まずは、CX-8の1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリューは以下の通りです。

CX-8の1年~3年落ち(2021年~)のリセールバリュー

  • 最大値:60%~70%
  • 最小値:30%~50%

4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

次に、CX-8の4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリューは以下の通りです。

CX-8の4年~5年落ち(2019年~2020年)のリセールバリュー

  • 最大値:60%前後
  • 最小値:20%~40%

6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリュー

そして、CX-8の6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリューは以下の通りです。

CX-8の6年~8年落ち(2016年~2018年)のリセールバリュー

  • 最大値:50%前後
  • 最小値:10%~20%

CX-8のリセールバリューが悪くなる5つの原因

結論からいうと、CX-8のリセールはほぼ横ばいの状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

ですが、今後CX-8のリセールバリューが下落する可能性は否定できません。

売却や車の乗り換えを検討しているのであれば、CX-8に限らずリセールバリューが良い時に車を手放すのが賢明だといえます。

では、CX-8のリセールバリューが悪くなる原因は何か?

具体的なCX-8のリセールバリューが悪くなる5つの原因について解説していきます。

【原因1】需要と供給のバランスが崩壊

まず原因として多いのが「需要と供給のバランスが崩壊」

マツダCX-8のリセールバリューが悪くなる原因の一つとして「需要と供給のバランスの崩壊」が挙げられます。

この現象は、市場におけるCX-8の需要が供給を上回るか、またはその逆の状況が発生した場合に生じます。例えば、CX-8が特に人気のあるモデルである場合、市場に十分な量が供給されず、中古車の価格が新車価格に近づくことがあります。逆に、市場にCX-8が供給過多となり、需要がそれに追いつかない場合、価格が下落する傾向にあります。

このように、需要と供給のバランスがリセールバリューに影響を及ぼす主要因となり得ます。

【原因2】車両の状態が悪い

次の2つ目の原因が「車両の状態が悪い」

結論、車両の状態が悪いことは、CX-8のリセールバリューに大きな影響を与えます。

なぜなら、潜在的な買い手が車両の外観や機能性を重視するため、傷や故障がある車両は価値が低く見積もられがちです。例えば、大きな事故に遭った車両は修理費用が高くつくため、その車両の市場価値は大幅に低下します。また、内装の摩耗や機能の不具合も買い手にとって重要な判断基準となります。これらの要因により、車両の状態が悪いと、リセールバリューは著しく低下する傾向にあります。

したがって、CX-8のリセールバリューを保つためには、車両の状態を良好に保つことが重要です。

【原因3】保証期間が短い又は切れている

3つ目の原因が「保証期間が短い又は切れている」

保証期間が短い、または保証が切れている車両のリセールバリューは通常低下する傾向にあります。

これは、保証期間内の車両が将来の修理やメンテナンスのリスクが低いと見なされるためです。例えば、新車保証が3年間の車両が、保証期間終了後すぐに市場に出される場合、その車両の価値は保証期間内に比べて低く評価されることが多いです。保証が切れた車両は、将来的なメンテナンス費用の不透明さから買い手に敬遠されることがあります。

したがって、CX-8においても、保証期間の状態はリセールバリューに重要な影響を与える要素と言えます。

【原因4】大幅商品改良および特別仕様車の追加

4つ目の原因が「大幅商品改良および特別仕様車の追加」

大幅商品改良および特別仕様車の追加は、マツダCX-8のリセールバリューに影響を与える可能性があります。

新しいモデルや特別仕様車が市場に導入されると、既存モデルは古いと見なされがちで、その結果、リセールバリューが低下することがあります。これは、新しいモデルや特別仕様車が最新の技術やデザイン、機能を持っているため、消費者の関心が新しいモデルに移行するからです。

実際、2022年11月2日付けのリリースにて、大幅商品改良するとともに特別仕様車の追加が公表されています。ただ、この影響は市場の動向や消費者の好みによって異なり、また特定の古いモデルが収集価値や人気を持つこともあります。

ですので、リセールバリューに与える具体的な影響は、その時の市場状況や消費者の嗜好によって変わる可能性があります。

【原因5】「マツダ地獄」による影響

そして5つ目の原因として「「マツダ地獄」による影響」

マツダ地獄」は過去にマツダ車の下取り価格が異常に低い状況を指し、これが原因でマツダ車のリセールバリューが低下していました。

しかし、マツダは品質向上に努力し、リセールバリューが向上した結果、値引きの額は減少しました。これにより「マツダ地獄」の問題は解消されたと考えられます。以前、マツダ車の下取り価格は他メーカーの同様の車種と比較して10%から20%低かったとされていますが、品質向上の結果、現在はこの差はほとんどありません。つまり、現在のCX-8のリセールバリューは、以前の「マツダ地獄」の影響を受けていないと考えられます。

ただし、こうした情報は市場の動向や車種によって変動する可能性があるため、常に最新のデータを参照することが重要です。

リセールが悪くなる前に!CX-8を高値で売却する方法

ここまで、CX-8のリセールバリューが悪くなる原因について調査してきました。

改めて、CX-8のリセールバリューが悪くなる原因をまとめると、

CX-8のリセールバリューが悪くなる原因

  • 需要と供給のバランスが崩壊
  • 車両の状態が悪い
  • 保証期間が短い又は切れている
  • 大幅商品改良および特別仕様車の追加
  • 「マツダ地獄」による影響

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、リセールも悪くなる最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そのCX-8を高値で売却する方法「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがCX-8を高く売却することは可能だから。

実際、CX-8の買取相場・下取り相場データ(2024年1月時点)を見てみると、

  • 買取相場価格:206.0万円~256.9万円
  • 下取相場価格:172.6万円~214.3万円

(出典:ユーカーパック「RAV4の買取相場・査定価格」

上記の通り、「車買取」が「下取り」よりも30万円近く優位にあることがわかります。

なので、車を高く売るなら「車買取」を依頼するのがおすすめだといえます。

悩む男性

「買取の方が高値で売却できるのは分かったけど、どこで売却すればいい?」

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

CX-8の売却時にリセールバリューを高くする対策3選

すでにCX-8を購入した方、今後購入予定の方。
いずれにしても「車のリセール」を意識して購入することは重要です。

なぜなら、売却時に高額査定をゲットできる可能性が高いから。
つまり、リセールバリューが高い車=価値が値崩れしにくい車だということ。

では、リセール価格の観点でみれば、どういった点に気をつけて購入すればいいのか?

ここでは、CX-8の売却時にリセールバリューを高くする対策3選をご紹介します。

【対策1】定期的なメンテナンスを実施する

まず必ず対策しておきたいのが「定期的なメンテナンスを実施する」

CX-8の売却時にリセールバリューを高くするためには、定期的なメンテナンスを実施することが重要です。

理由としては、良好なメンテナンス履歴を持つ車両が、潜在的な買い手にとって信頼性が高いとみなされるからです。具体的には、オイル交換、タイヤの点検や交換、ブレーキパッドの交換などの基本的なメンテナンスを定期的に行うことが望ましいです。また、車検証や修理・メンテナンス記録の保持も重要です。これらの記録は、車両の状態が良好であることを示す証拠となり、買い手の信頼を得やすくします。

したがって、定期的なメンテナンスはCX-8のリセールバリューを高める重要な要素です。

【対策2】カラーは人気色のモデルを購入する

購入時に留意したいのが「カラーは人気色のモデルを購入する」

カラーの選択は、CX-8のリセールバリューに影響を与えます。

市場調査によると、一般的にホワイト、ブラック、シルバーなどの中立色が最も人気があり、リセールバリューが高いとされています。これらの色は幅広い消費者に受け入れられやすく、流行に左右されにくいためです。逆に、特定の色は特定の買い手にしか魅力的でないため、再販時の市場価格が低くなる傾向があります。

したがって、CX-8を購入する際には、再販時の価値を考慮して、人気色を選ぶことが賢明です。

【対策3】複数の専門業者に査定を依頼する

そして売却する際には「複数の専門業者に査定を依頼する」

CX-8の売却時にリセールバリューを高くするためには、複数の専門業者に査定を依頼することが有効です。

この理由は、異なる業者が異なる価格を提示する可能性があるためです。一つの業者だけに依頼すると、その業者の市場状況や販売戦略に基づいた価格のみが提供されますが、複数の業者に依頼することで、より広範な市場価値の評価を受けることができます。たとえば、一部の業者は特定の車種や色に特化しており、そのような業者からは高価格の提示を受ける可能性が高まります。

最終的に、複数の査定結果を比較することで、CX-8の最適な売却価格を決定できます。

【Q&A】リセールが悪いを叫ばれるCX-8のよくある質問

最後にリセールが悪いを叫ばれるCX-8のよくある質問をまとめます。

【質問1】CX-8は金持ちが乗る車?

疑問に思う男性

「CX-8は金持ちが乗る車?」

結論、CX-8が「金持ちが乗る車」という認識について、その真実性は相対的です。

CX-8は、マツダのSUVラインナップの中で高級志向のモデルと位置づけられており、その設計、機能、快適性は高価格帯の自動車市場をターゲットにしています。しかし、実際の販売価格はモデルや装備により異なり、必ずしも「金持ち専用」というわけではありません。

自動車の価格帯は多岐にわたり、CX-8はその中で中高級セグメントに位置づけられるため、購入者の経済状況によって異なる評価を受ける可能性があります。

【質問2】CX-8に乗ってる人はどんな人?

疑問に思う男性

「CX-8に乗ってる人はどんな人?」

結論、CX-8のユーザー像については、一概には言えませんが、特定の傾向があります。

CX-8は、広々とした室内空間や高い安全性能を備え、ファミリー層や安全志向の高いドライバーに好まれる傾向があります。また、スタイリッシュなデザインや高い運転性能に魅力を感じる若年層やビジネスパーソンにも人気があります。

このように、CX-8は多様なニーズに応えることができる車種であり、そのために幅広い層のユーザーに選ばれています。

【質問3】CX-8は売れないってホント?

疑問に思う男性

「CX-8は売れないってホント?」

「CX-8が売れない」という認識については、一般化することは困難です。

自動車の販売動向は市場の需要、競合他車との比較、経済状況、消費者の好みなど多くの要因に影響されます。CX-8は、その高い快適性と安全性、そしてスタイリッシュなデザインで一定の顧客層から好評を得ています。しかし、市場には多種多様なSUVが存在し、消費者の選択肢は広いため、特定の車種の販売状況は常に変動するものです。

したがって、CX-8の販売状況については、時期や市場環境によって異なると言えます。

【質問4】CX-8中古の値下がり率はどれくらい?

疑問に思う男性

「CX-8中古の値下がり率はどれくらい?」

CX-8の中古車の値下がり率については、車両の年式、状態、走行距離などによって異なります。通常、新車購入後の最初の数年間で車両価値は急速に低下しますが、その後の減少率は緩やかになります。特に、メンテナンスが適切に行われ、事故歴がない車両は、より価値を保つ傾向があります。

【質問5】CX-8は廃車になるまで乗り潰す方がいい?

疑問に思う男性

「CX-8は廃車になるまで乗り潰す方がいい?」

CX-8を廃車になるまで乗り潰すかどうかは、車両の状態や所有者の状況によって異なります。

一般的に、車両が良好な状態であり、メンテナンスコストが新車購入に比べて合理的であれば、長く乗り続けることは経済的です。しかし、修理費用がかさんでくると、新車への買い替えの方が合理的になることもあります。

したがって、車両の状態やメンテナンス履歴、現在の市場価値を考慮して判断することが重要です。

まとめ:CX-8のリセールは悪いのかの結論と高値売却の方法

CX-8のリセールは悪いのかの結論と高値売却の方法をまとめてきました。

結論からいうと、CX-8のリセールはほぼ横ばいの状況。
値崩れするほど悪い状況でもなく、比較的高い水準を維持しているといえます。

ですが、今後CX-8のリセールバリューが下落する可能性は否定できません。

そのCX-8のリセールバリューが悪くなる原因をまとめると、

CX-8のリセールバリューが悪くなる原因

  • 需要と供給のバランスが崩壊
  • 車両の状態が悪い
  • 保証期間が短い又は切れている
  • 大幅商品改良および特別仕様車の追加
  • 「マツダ地獄」による影響

つまり、需要と供給のバランスが崩れることが、リセールも悪くなる最たる原因だということ。

言い換えれば、需要のあるタイミングで売却するのが、最も高く売れる可能性は高いといえます。

そして、CX-8を高値で売却する方法が「車買取」
なぜなら、車買取を選択したほうがCX-8を高く売却することは可能だから。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

それは現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」が最もおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービス。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp