プリウスの中古はやめたほうがいい?5つの理由と中古車購入時に失敗しないための注意点

「プリウスの中古はやめたほうがいいってホント?」

「プリウスの中古車購入時に失敗しないための注意点は?」

トヨタが誇る傑作ハイブリッドカー「プリウス」
中古で購入を検討している方も、多いのではないでしょうか。

ですが、一部のユーザーから「プリウスの中古はやめたほうがいい」といった声も聞かれますが、なぜでしょうか?

プリウスの中古購入や車の買い替えを検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではプリウスの中古はやめたほうがいい理由と中古車購入時に失敗しないための注意点を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、プリウスの中古はやめたほうがいい理由があるのは事実。
特にロードノイズやリセールバリューに期待できない点が目立ちました。

なんですが、購入して後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、燃費の良さと運転の快適性では高い評価を得ており、総合的に見れば満足度の高い車種だといえます。

ですので、プリウスの中古購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。

購入前に実際に運転してみることで「本当の良さ」や「運転のしやすさ」がわかります。

ではどこで、プリウスを試乗すればいいのか?
実は、オンラインで簡単に試乗する車種・店舗・来店時間を選んで申込めるサービスがあります!

それが、楽天グループが提供する「楽天Car試乗
楽天のサービスなので、楽天ポイントももらえるお得なサービス。

試乗はもちろん無料で利用できます。
楽天ポイントを貯めて、試乗も経験できる、楽天ユーザーには嬉しいサービスとなっています。

せっかくなら、試乗して楽天ポイントも貰えるサービスを使った方がお得ですね。

試乗予約の期間には期限があるため、お早めにご利用ください。

\試乗で最大500ポイント!/
『楽天Car試乗』今すぐ無料エントリーして試乗してみる
【公式サイト:https://car.rakuten.co.jp

プリウスの中古はやめたほうがいい5つの理由

新車販売台数で常に上位に入るトヨタの「プリウス

実際、2023年5月の車名別新車販売をランキングをみると、ヤリスに次いで2位の規模を誇ります。

売れ行きが好調なのは人気の証拠。
にもかかわらず、「プリウスの中古はやめたほうがいい」といった声が一部で聞かれますが、なぜでしょうか?

今後プリウスの中古車を購入検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、具体的なプリウスの中古はやめたほうがいい5つの理由について深堀解説していきます。

【理由1】バッテリー寿命の問題が起こるから

まず1つ目の理由が「バッテリー寿命の問題が起こるから」

プリウスの中古車購入を避けるべき主な理由の一つは、ハイブリッド車特有のバッテリー寿命の問題です。

この理由には、バッテリーの性能低下や交換コストが関わっています。

具体的には、プリウスのハイブリッドバッテリーは平均して約8年から10年、または約150,000から200,000キロメートルの使用後に性能が低下する傾向にあります。

この性能低下は、車の燃費の悪化や動力性能の低下を引き起こす可能性があります。

実際、トヨタの公式ウェブサイトによると、バッテリーの交換コストは一般的に数十万円に上ることが示されています。

これは、新車購入時に比べて、中古車購入者にとって大きな追加費用となり得ます。

ですので、プリウスの中古車を購入する際は、バッテリーの寿命や交換コストを考慮することが重要です。

特にバッテリーの交換が近い場合、それは大きな経済的負担となる可能性があるため、慎重な判断が求められます。

【理由2】メンテナンスコストが高くつくから

次に2つ目の理由は「メンテナンスコストが高くつくから」

プリウスの中古車における「メンテナンスコスト」は、購入を検討する際に重要な要素です。

このコストは、ハイブリッド車特有の複雑なシステムに起因します。

ハイブリッド車は、通常のガソリン車と比較して、電気システムやバッテリー、回生ブレーキなどの特殊な部品を持っています。

これらの部品は、専門的な技術と高価な交換部品を要するため、メンテナンスコストが高くなる傾向があります。

実際、プリウスのハイブリッドシステムの修理や部品交換は、数万円から数十万円のコストがかかることが一般的です。

さらに、専門的な診断や修理には特別な技術が必要であり、これが追加の費用を引き起こす可能性があります。

従って、プリウスの中古車を購入する際には、通常のガソリン車よりも高額なメンテナンスコストが発生する可能性が高いことを理解しておく必要があります。

特にハイブリッドシステムに関連する修理や交換は、総コストを大幅に増加させる可能性があるためです。

【理由3】ロードノイズがひどくなるから

3つ目の理由は「ロードノイズがひどくなるから」

プリウスの中古車購入を避けるべき理由の一つに、ロードノイズの問題があります。

ロードノイズとは、走行中にタイヤや車体から生じる騒音のことを指します。

プリウスはその設計上、特に高速走行時にロードノイズが顕著になることがあります。
これは、ハイブリッド車の静かなエンジン性能と相まって、車内での騒音がより目立つ原因となります。

実際、一部のユーザーレビューや専門家の評価では、プリウスのロードノイズが他の同クラスの車種と比較して高いと指摘されています。

例えば、車両の床下やドア周りの断熱材が薄いことが一因とされ、これが騒音の伝達を助長していると考えられます。

快適なドライビング体験を求める場合、ロードノイズは大きな影響を及ぼす可能性があります。

ですので、プリウスの中古車を検討する際には、ロードノイズの問題を十分に理解し、試乗などを通じて自身の耐容範囲を確認することが重要です。

【理由4】車両の経年劣化で性能低下が危惧されるから

4つ目の理由は「車両の経年劣化で性能低下が危惧されるから」

プリウスの中古車における「性能の低下」は、購入を検討する際の重要な考慮点です。

この性能の低下は、車両の経年劣化や使用状況により引き起こされます。

実際、ハイブリッドシステムの効率が時間の経過と共に低下し、エンジンとバッテリーのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。

例えば、バッテリーの充電容量が低下することにより、燃費性能が新車時と比較して劣る可能性があります。

さらに、エンジンや電気モーターの部品も摩耗し、加速性能の低下を招くことも考えられます。

これらの性能低下は、特に長期間使用された車両や高走行距離の車両で顕著になることが多いです。

つまり、プリウスの中古車を購入する際には、特に車両の年式や走行距離、メンテナンス履歴に注意を払う必要があります。

これらの要因は、車両の現在の性能状態を理解する上で重要であり、購入後の満足度に大きく影響を及ぼす可能性があります。

【理由5】リセールバリューに期待できないから

そして5つ目の理由が「リセールバリューに期待できないから」

プリウスの中古車のリセールバリューは、新しいハイブリッド車や電気自動車の台頭により、従来よりも低下していると言えます。

このリセールバリューの低下は、将来的な販売時に経済的な損失をもたらす可能性があります。

理由としては、自動車業界では、より新しい技術や環境性能に優れた車両が次々と登場しており、旧型のハイブリッド車への需要が減少しているからです。

例えば、新しい電気自動車や最新のハイブリッド車は、改良されたバッテリー技術やより高い燃費効率を提供しており、これによりプリウスのような初期のハイブリッド車に対する市場価値が相対的に低下しています。

実際、具体的な数値として、中古車市場におけるプリウスの価格は、新車価格の約50%以下に落ち込むケースも見られます。

ですので、プリウスの中古車を購入する際には、再販時の価値低下を考慮に入れる必要があります。

技術の進化や市場の動向が中古車の価値に大きな影響を与えており、購入時のコストだけでなく、将来的な販売価格も重要な判断基準となります。

やめたほうがいいとは思わない?プリウス中古の良い口コミ

ここまで、プリウスの中古はやめたほうがいい理由について解説してきました。

結論、やめたほうがいいと言われる理由があるのは事実。
なんですが、中古車を購入して「良かった」とメリットを感じるオーナーがいるのも事実です。

どのような点にメリットを感じるのか?

やめたほうがいいとは思わない?プリウス中古の良い口コミをご紹介します。

【口コミ1】環境に配慮した燃費効率と低い排出ガス量

まず1つ目の良い口コミが「環境に配慮した燃費効率と低い排出ガス量」

プリウスの中古車を購入する最大のメリットの一つは、その環境への優しさです。

この環境への優しさは、プリウスの高い燃費効率と低い排出ガス量によって実現されています。

実際、プリウスは平均してリッターあたり25~30km(モデルや走行条件によって異なる)の燃費性能を提供します。

この優れた燃費性能は、同クラスのガソリン車と比較してCO2排出量を大幅に削減します。

例えば、一般的なガソリン車がリッターあたり12~15kmの燃費であることを考えると、プリウスはその約半分のCO2を排出することになります。

これは、特に都市部での運転において、大気汚染の削減に大きく貢献します。

従って、プリウスの中古車を選ぶことは、環境保護に対する責任ある選択とも言えます。

高い燃費効率により、ガソリン消費量の削減とCO2排出量の低減を実現することができるのです。

これは、持続可能な社会への貢献としても非常に重要なポイントです。

【口コミ2】燃費性能が高くてガソリン代の節約に貢献

次に2つ目の良い口コミが「燃費性能が高くてガソリン代の節約に貢献」

燃費性能は、日々の運転におけるガソリン代の節約に大きく貢献します。

具体的には、プリウスは平均してリッターあたり約25~30kmの燃費を実現しています。

これを一般的なガソリン車がリッターあたり約10~15kmとすると、プリウスは約2倍の燃費効率を持っています。

例えば、年間10,000kmを運転すると仮定した場合、プリウスでは約400リットルのガソリンで済むのに対し、通常のガソリン車では約1,000リットルが必要になります。

現在のガソリン価格を1リットルあたり150円とすると、年間でプリウスは60,000円、通常のガソリン車は150,000円のガソリン代がかかります。

比較すると分かる通り、年間90,000円の節約になります。

つまり、プリウスの中古車の選択は、燃料費の大幅な削減という経済的な観点からも非常に魅力的です。

日々の運転コストを抑えることができるため、特に頻繁に車を使用する方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

【口コミ3】信頼性と耐久性を兼ね備えたトヨタブランド

そして3つ目の良い口コミは「信頼性と耐久性を兼ね備えたトヨタブランド」

「信頼性と耐久性」を選ぶことは、長期的な使用において大きなメリットです。

この信頼性と耐久性は、トヨタの品質管理と技術革新により支えられています。

具体的には、プリウスはトヨタの長年にわたる品質保証の下、高い耐久性を備えた部品と厳格な製造プロセスを経て生産されています。

これにより、プリウスは一般的に高走行距離にも耐えうることが証明されています。

実際、多くのプリウスモデルは、300,000キロメートル以上の走行でも、大きな機械的問題が発生しないことが報告されています。

この耐久性は、中古車市場においても高い評価を得ており、中古車としての再販価値を高めています。

従って、プリウスの中古車を選ぶことは、長期間にわたり信頼できる乗り物を手に入れるという意味で、非常に賢明な選択です。

高い耐久性と信頼性は、長期的な運用コストの削減にもつながります。

これらの特性は、特に多くの走行を行うユーザーにとって、大きな価値を持つでしょう。

やめたほうがいいと言われてもプリウス中古購入に向いてる人の特徴

ここまで、プリウス中古に関する評判を解説してきました。

では具体的に、どんな人が購入には向いているのか?

やめたほうがいいと言われてもプリウス中古購入に向いてる人の特徴をご紹介します!

【特徴1】燃費も良くてコスパの良い車を選びたい人

まず1つ目の特徴が「燃費も良くてコスパの良い車を選びたい人」

燃費の良さとコストパフォーマンスを重視する人に、プリウスの中古車は最適です。

なぜなら、プリウスが提供する高い燃費効率と維持費の低さがニーズを満たしてくれるから。

実際、プリウスは平均してリッターあたり約25~30kmの優れた燃費性能を持っており、これによりガソリン代の節約が可能です。

さらに、トヨタの車両であるため、部品の入手が容易であり、維持費も比較的低い傾向にあります。

たとえば、一般的なガソリン車と比較して、年間の燃料コストやメンテナンス費用が低く抑えられることが多いです。

これら燃費の良さと経済性を求める方には、プリウスの中古車が非常に適しています。

日常の運転において、ランニングコストの節約が期待できるため、特に頻繁に長距離を運転する方には理想的な選択肢となるでしょう。

【特徴2】収納が広い日常使いに最適な車に乗りたい人

次に2つ目の特徴が「収納が広い日常使いに最適な車に乗りたい人」

日常使いに最適で収納スペースが広い車を求める人には、プリウスの中古車が非常に適しています。

なぜなら、プリウスが提供する広い内部スペースと柔軟な収納オプションを利用できるから。

プリウスは、ハッチバックの設計を採用しており、後部座席を倒すことで大きな荷物スペースを作り出すことができます。

具体的な数値として、プリウスの荷室容量は約456リットルであり、これは同クラスの多くのセダン車よりも広いです。

また、多彩な収納コンパートメントが用意されており、日常の買い物やレジャー活動に必要な荷物を簡単に運搬することができます。

実際、大型の買い物バッグやスポーツ用品など、さまざまな荷物を楽に積むことが可能です。

ですので、広い収納スペースを備えた日常使いの車を求める方には、プリウスの中古車が理想的です。

この広い内部スペースと柔軟な収納オプションは、日常生活の多様なニーズに応えることができるためです。

【特徴3】お手頃なのに運転性能も快適性能も優れた車が良い人

そして3つ目の特徴が「お手頃なのに運転性能も快適性能も優れた車が良い人」

プリウスは、エコモードからパワーモードまで、運転スタイルに合わせた複数の運転モードを提供しています。

これにより、燃費を重視する静かな運転から、よりダイナミックな運転まで、幅広いニーズに応えることができます。

また、静粛性に優れた内装は長距離運転でも疲れにくく、高品質なオーディオシステムや快適なシート設計も魅力的です。

実際、エアコンやシートヒーターなどの快適装備は、運転の快適性をさらに高めます。

以上のことから、価格に見合った運転性能と快適性能を求める方には、プリウスの中古車が理想的な選択です。

その優れた燃費性能に加え、バランスの取れた運転体験と快適な内装は、日々の運転を楽しく快適にするための重要な要素です。

プリウスの中古車購入時に失敗しないための注意すべきポイント

ここまで、プリウス中古に関する評判と向いてる人の特徴をご紹介してきました。

ただメリットが多いとはいえ、中古車の購入には注意したい点もあります。

どんな点に注意すべきなのか?

プリウスの中古車購入時に失敗しないための注意すべきポイントを詳しく解説します。

【注意点1】バッテリーの状態を確認する

まず1つ目の注意点は「バッテリーの状態を確認する」

プリウスの中古車購入時に特に注意すべき点は、ハイブリッドバッテリーの状態です。

プリウスのバッテリーは一般的に8年から10年、または約150,000から200,000キロメートルの使用で性能が低下する傾向があります。

バッテリーの交換が必要になると、そのコストは数十万円に上ることがあります。

購入前にバッテリーの状態や交換履歴を確認し、バッテリーの健全性を診断することが重要です。

また、バッテリーの残り寿命や交換時期の見積もりを販売店に尋ねることも有効です。

これにより、将来的な追加コストを見積もることができ、購入後の経済的な負担を把握することが可能です。

【注意点2】メンテナンス履歴を確認する

次に2つ目の注意点は「メンテナンス履歴を確認する」

プリウスの中古車購入時に重要なのは、車両のメンテナンス履歴を確認することです。

プリウスはハイブリッドシステムを搭載しており、適切なメンテナンスが行われていないと性能低下や故障のリスクが高まります。

具体的なメンテナンス履歴の確認ポイントは以下の通りです。

メンテナンス履歴の確認ポイント

  • エンジンオイルの交換記録
  • バッテリーの状態
  • ブレーキシステムのチェック履歴

これらのメンテナンス履歴は、車両の健全性を示す重要な指標となります。

また、過去に大きな修理や事故の有無も確認する必要があります。

メンテナンス履歴の詳細を把握することで、車両の実際の状態をより正確に理解し、購入後の予期せぬ修理費用やトラブルを避けることができます。

【注意点3】走行距離と車両の状態をチェックする

そして3つ目の注意点が「走行距離と車両の状態をチェックする」

プリウスの中古車購入時には、走行距離と車両の状態の両方を細かくチェックすることが不可欠です。

走行距離が多い車両は、自然な摩耗や部品の老朽化が進んでいる可能性が高いです。

一般的に、走行距離が100,000キロメートルを超える車両は、エンジンやハイブリッドシステムを含む重要な部品の劣化が進んでいる可能性があります。

そのため、走行距離が少ない車両を選ぶことが推奨されます。

さらに、車両の外観や内装の状態をチェックし、事故や修理の跡がないかを確認することも重要です。

たとえば、塗装のムラや交換された部品、内装の摩耗状況などは、車両の過去の使用状況を示す重要な指標となります。

このようなチェックを行うことで、車両の実際の状態を把握し、将来的な修理やメンテナンスのコストを見積もることが可能です。

後悔する前に!プリウスのスペック(仕様)と歴代車種を確認

参考情報として、プリウスのスペック(仕様)と歴代車種についても解説していきます。

販売 トヨタ自動車
ボディサイズ(全長/全幅/全高) 4600mm/1780mm/1420mm~1430mm(グレードにより異なる)
ホイールベース 2750mm
トレッド前/後 1560mm/1570mm
最低地上高 145mm~150mm(グレードにより異なる)
車両重量 1360kg~1570kg(グレードにより異なる)
乗車定員 5名
燃料消費率 26.0km/L~32.6km/L(グレードにより異なる)
総排気量 1.797L~1.986L(グレードにより異なる)
最高出力 72kw~111kw/5200rpm~6000rpm(グレードにより異なる)
発売日 2023年1月10日

【初代】1997年~2003年

1997年に、世界初の「量産型ハイブリッド自動車」として誕生した初代プリウス。

最初は5ナンバーの小型車で、フロントグリルとボンネットが一体化したデザインは斬新なスタイルでした。

【2代目】2003年~2011年

2003年9月、2代目は4ドアセダンから5ドアハッチバックタイプとして誕生。
ナンバーも3ナンバー登録となり、ボディが大型化しました。

2代目からダイハツ工業へのOEM車種とともに、「HYBRID SYNERGY DRIVE(ハイブリッド・シナジー・ドライブ)」という名で、ブランド展開を開始します。

【3代目】2009年~2015年

2009年5月に、2代目と同じ3ナンバーで日本での販売が開始されました。
2011年のマイナーチェンジの際に、内外装のデザインが刷新され、ボディの剛性等が強化しました。

2012年には、3代目をベースとしたプラグインタイプの「プリウスPHV」が登場。

【4代目】2015年~2023年

2015年の12月に、日本で4代目の販売が開始。
4代目はダイハツと共同開発した「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」システムを採用した第1号車となります。

歴代で最初のE-Four(電気式4WD)タイプを追加し、34.0km/Lの低燃費を実現。

【5代目】2023年~

2023年1月10日に、フルモデルチェンジされた5代目が発売。
第2世代のTNGAプラットフォームシステム採用車となります。

ただ燃費がいいだけではなく、環境に配慮した先進的機能も向上しました。

2023年3月15日に、フルモデルチェンジしたプラグインタイプの PHEVモデルも発売予定です。

【お得】プリウス中古をさらに安く購入するおすすめの方法とは

プリウス中古をさらに安く購入するおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

プリウスの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】やめたほうがいいと言われるプリウス中古のよくある質問

最後にやめたほうがいいと言われるプリウス中古のよくある質問をまとめます。

【質問1】プリウスの中古車相場はいくらくらい?

疑問に思う男性

「プリウスの中古車相場はいくらくらい?」

プリウスの中古車相場は、年式、走行距離、車両の状態によって大きく異なりますが、一般的には約50万円から250万円程度の範囲になります。

例えば、比較的新しい年式で走行距離が少ない車両は高価ですが、古い年式や走行距離が多い車両は低価格になる傾向があります。

この相場は、中古車市場の動向や個々の車両の状態によって変動するため、購入を検討する際には最新の市場情報を参照することが重要です。

【質問2】買うならプリウス中古の3代目後期がおすすめ?

疑問に思う男性

「買うならプリウス中古の3代目後期がおすすめ?」

プリウス中古車の購入を検討する際、3代目後期モデルは確かにおすすめの選択肢の一つです。

理由は、このモデルが技術的な成熟期にあり、信頼性と燃費性能が向上している点にあります。

具体的に、3代目後期モデルは改良されたハイブリッドシステムとエンジンを搭載しており、これにより燃費効率がより高く、メンテナンスコストも抑えられる傾向にあります。

また、この期間のモデルは現代的な機能や快適性を備えつつも、価格が新しい世代のモデルよりも手頃であるため、コストパフォーマンスに優れています。

【質問3】プリウスαが最悪と言われる理由は何?

疑問に思う男性

「プリウスαが最悪と言われる理由は何?」

プリウスαが一部で最悪と評される主な理由は、期待された燃費性能が他のプリウスモデルと比較して劣ることと、一部のモデルで見られる品質の問題にあります。

プリウスαは、より大きなボディサイズと重量のため、燃費効率が標準のプリウスモデルよりも低くなっています。

また、特定の製造年のモデルでは、バッテリーやブレーキシステムに関する問題が報告されており、これが評価を下げる一因となっています。

しかし、これらは特定の状況やモデルに限定されるため、全てのプリウスαが同様の問題を抱えているわけではありません。

まとめ:プリウスの中古はやめたほうがいい理由と中古車購入時の注意点

プリウスの中古はやめたほうがいい理由と中古車購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、プリウスの中古はやめたほうがいい理由をまとめると、

プリウスの中古はやめたほうがいい理由

  1. バッテリー寿命の問題が起こるから
  2. メンテナンスコストが高くつくから
  3. ロードノイズがひどくなるから
  4. 車両の経年劣化で性能低下が危惧されるから
  5. リセールバリューに期待できないから

結論、プリウスの中古はやめたほうがいい理由があるのは事実。
特にロードノイズやリセールバリューに期待できない点が目立ちました。

なんですが、購入して後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、燃費の良さと運転の快適性では高い評価を得ており、総合的に見れば満足度の高い車種だといえます。

ですので、プリウスの中古購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。

そして、試乗するなら「楽天Car試乗
楽天のサービスなので、楽天ポイントももらえるお得なサービス。

試乗はもちろん無料で利用できます。
楽天ポイントを貯めて、試乗も経験できる、楽天ユーザーには嬉しいサービスとなっています

せっかくなら、試乗して楽天ポイントも貰えるサービスを使った方がお得ですね。

\試乗で最大500ポイント!/
『楽天Car試乗』今すぐ無料エントリーして試乗してみる
【公式サイト:https://car.rakuten.co.jp