ボルボの中古はなぜ安い?6つの理由と中古車(v40・v60)購入時の注意点

あなたも気になってはいませんか?

なぜ、ボルボの中古は安いのか。
安い理由とは?そして中古車購入時の注意点は何か。

今後、ボルボの中古購入予定者や車の買い替えを検討している方にとって、非常に気になる情報です。

そこで!ボルボの中古車に関する情報をエビデンスや実際の所有者レビューから解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、ボルボの中古が安い理由があるのは事実です。

理由の多くは、故障やトラブルなどの不具合が起こりやすいこと。
主な要因として、日本の温暖湿潤な気候に適した製品として作られていない、という環境的な面が大きいと言えます。

とはいえ、ボルボは欧州のアウトバーンに適した耐久性の高いモデルなので、頑丈で、かつ、長く乗れるのが最大の魅力だと言えるでしょう。

そして、今の車から買い替えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

ボルボの中古はなぜ安い?6つの理由

日本人にも人気の海外自動車メーカー「VOLVO(ボルボ)

ですが、ボルボの中古車価格を調べると、100万円を下回るモデルもあるようです。

なぜ、ボルボの中古は安いのでしょうか?
中古車購入を検討している方、ボルボに乗り換えたい方にとっては気になる情報です。

ここでは、ボルボの中古はなぜ安い?6つの理由から考察していきます。

【理由1】故障やトラブル頻度が高いから安い?

まず1つ目の理由が「故障やトラブル頻度が高いから安い?」

ボルボが安い理由として散見されるのが「故障やトラブル頻度」

実際のところはどうなのか?
結論から言うと、国産車に比べると故障頻度は高いです。

外国車の多くは、日本との環境の違いにより劣化や損傷が激しくなる傾向にあります。
特にボルボの場合、北欧スウェーデンの車なので、日本との寒暖差は大きいと言えます。

実際、国土交通省の概要を見ると、スウェーデンは国土の約7分の1が北極圏内にあることから、いかに寒い地域であるかがわかります。

さらに愛用者の口コミをみても、「ボルボは結構故障する」と多くが語っています。

疑問に思う男性

「人気がないのに加えて、結構故障するからではないでしょうか?2005年式S40に乗ってますが、昨年一年間でも、天井はがれ、パワーウインドー不調、外気温計誤表示×2回と修理費がかかりました」
引用: Yahoo!知恵袋「自動車」

なので、ボルボは日本のような温暖湿潤な地域で走行するようには作られておらず、トラブルは国産車よりも多いと言えるでしょう。

従って、ボルボの購入を検討している人は、国産車よりもメンテナンスや点検の頻度を増やすなどの対策が必要となります。

【理由2】経営状況が危ないから安い?

次に2つ目の理由が「経営状況が危ないから安い?」

疑問に思う男性

「乗用輸入車のなかで中古価格を維持してるのは、 ワーゲン、アウディ、BMWくらいの物ですね。 ベンツもボルボも最近はがた落ちです。 ボルボは経営が危ないのも起因してると思います」
引用: Yahoo!知恵袋「中古車」

ボルボの経営状況が危ないから安いとの意見がありますが、実際はどうなのでしょう?

結論としては、経営は現在好調です。
実際に2023年第2四半期決算をみると、前年同期比39%増の64億SEK(日本円で約870億円)の営業利益がありました。

同資料の企業情報によると、近年は電気自動車の導入等による業績が好調のようです。

ではなぜ「経営状況が危ない」といった思惑が広がったのか?
一つにボルボの経営があぶないと言われる要因として、2010年の中国メーカーの買収が挙げられます。
(出典:ロイター「中国企業傘下のボルボ、将来戦略めぐり取締役会で深刻な意見対立=関係筋」

当時、ボルボは深刻な経営難に陥っていたことから、今でも経営が危ないとのイメージを持つ人が多いようですね。

ですが、買収後、電気自動車の売り上げが伸び、2021年には年間販売台数を77万3000台を突破し、過去最高の業績記録となりました。

以上のような事実から、ボルボの経営状況が危ないとの見方は、現在では当てはまらないと言えます。

【理由3】高級車の部類に入らないから安い?

3つ目の理由が「高級車の部類に入らないから安い?」

疑問に思う男性

「微妙ですね。400から500万くらいですか。たしか高級車は700万以上と聞いたことあります」
引用: Yahoo!知恵袋「自動車」

一部で、ボルボは「高級車の部類に入らないから安い」との意見があります。

ですが結論としては、ボルボは十分高級車の部類に入ります。

例えば、V90シリーズはプレミアムモデルと呼ばれ、最低でも価格が924万円からとなります。
さらに、スウェディッシュSUVモデルのXC60でも、最低価格が739万円となります。

また、とあるWEBマガジンサイトによると、「今の日本では350万円~400万円以上が高級車と呼んでいいボーダー」との見方があります。

上記基準から考えれば、ボルボの一番安いモデルのXC40でも、最低価格が529万円なので、十分高級車にあたるでしょう。

そのうえ、あるビジネス誌では、ボルボは「高級路線へと舵を切った 」と言及していることからも、戦略として高級車に注力していることがわかります。

以上を踏まえると、ボルボは高級車の部類に入らないとの見方は、正しくないと言えます。
車種によってはボルボ中古車でも数百万円以上するモデルもあるため、予算を決めて慎重に検討するのがよいでしょう。

今すぐボルボの中古車をさらに安く購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。お得に安心して理想の一台を紹介してもらえます。

【理由4】人気ブランドではないから安い?

4つ目の理由が「人気ブランドではないから安い?」

上記のようにボルボは人気がない、と囁かれていますが本当でしょうか?

結論を先に言うと、ボルボは人気があります。
ある車情報サイトでは、近年のボルボの好調を取り上げているほどです。

上記記事によると、好調の要因として、電動自動(EV)車開発の熱心な取り組みを挙げています。
また、日本貿易振興機構(ジェトロ)でも、ボルボの好調な電気自動車(EV)販売は、今後「シェアはさらに拡大すると予想 」しています。

実際に、昨年発表された新型EV車「EX90」 の受注数は、予想を上回る反響がありました。

以上のような事実を考慮すると、ボルボは決して人気のないブランドだとは言えません。
むしろ、EV車においては、今後ボルボ人気が加速すると言っていいのではないでしょうか。

【理由5】部品価格が高いから安い?

5つ目の理由が「部品価格が高いから安い?」

ボルボの「部品価格が高いから」との見方はどうでしょうか?

結論は、ボルボの部品は高いです。
とはいえ、ボルボだけが高いわけではなく、整備費用の高さは外国車全般に言えます。

具体的には、以下のような費用が挙げられます。

輸入車の修理代

  • 工賃の高さ
  • パーツ等の部品代の高さ

(出典:ベストカー「やっぱり高い? 今や大差なし?? 輸入車の修理代は高いのか」

なので、部品代等を含めたメンテナンス費用は、当然、国産に比較すると負担が大きくなります。

ただ、外国車は認定中古車で購入した場合、1~2年間の無償保証サービスがついていることが多いです。
ボルボの「SELEKT保証」を利用すれば、対象部位に不具合が発生した場合でも、部品代等に悩まされる心配はありません。

また車両保証だけでなく、ロードサービスや24時間対応の電話サービスも付帯しているのでお得です。

従って、メンテナンス費用を安く抑えたい人は、多少高くても認定中古車を購入されることをおすすめいたします。

【理由6】外観デザインがダサいから安い?

そして6つ目の理由が「外観デザインがダサいから安い?」

新車が発表されるたびに論評が巻き起こる「外観デザイン」
デザインがダサいから人気がなくなって、中古車が溢れ安くなる、という考え方。

ですが、ボルボの外観デザインのダサさは、人の好み・感じ方によって異なります。

なので、一概にダサいから中古車は安いとは言い切れません。
実際、2010年に中国傘下に入ったボルボは、デザインの刷新を図っています。

そして、その効果がせいか、2017年~2019年にかけて、ボルボはC60とC40モデルで、日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

ちなみに、2年連続で輸入車が選ばれることは、ボルボが初の快挙だそうです。
また、ファッション雑誌にも、「なぜ、ボルボのデザインはカッコよくなったのか?」との特集が組まれるほどです。

この事実からも、ボルボはデザイン面で高く評価されている車であることがわかります。
むしろ近年は、ボルボのデザインは、評価されている傾向が強いと言えるでしょう。

なので、ダサいかどうかは個人的な主観以上のものではありません。

今すぐボルボの中古車をさらに安く購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。お得に安心して理想の一台を紹介してもらえます。

ボルボV40とV60の中古はなぜ安いのか?

ボルボの中でも人気を誇るモデル「V40」と「V60」
V60に至っては、グーネットの中古車ランキングで1位に選ばれるほどの人気ぶり。

なんですが、人気でありながら中古車価格を調べると、100万円を下回る安い中古車も出回っています。

なぜこれほどまで、ボルボV40とV60は安いのでしょうか?
具体的なボルボV40とV60の中古が安い理由についても深堀解説します。

【V40】リコールによる不具合・故障率が高い

ボルボv40が安い理由として、不具合や故障率が高いことが挙げられます。

ボルボ公式のリコール情報を見ても、v40のリコール件数は、2005年~現在まで15件発生してます。

特に2017年には、5件もリコールが集中して発生していることがわかるので、2017年代のボルボv40は、注意した方がよさそうです。

車に限らず、リコールが多いと、その企業ブランドに対する疑念や不安を抱きやすいので、製品の価値は落ちる傾向にあります。
(出典:forbesjapan「リコールが企業にもたらす危機 明暗を分ける管理計画」

また、車のリコールは、安全性など生命の危険に直結するので、敬遠される傾向はより強くなります。

従って、リコールの多いボルボv40の中古車価格は、リコールの少ない車と比較しても、安くなると言えるでしょう。

【V60】前期型はデザインや装備の面で後悔する

ボルボV60が安い理由の一つに、年代によって購入すると後悔するモデルがあるからだと考えられます。

実際、前期と後期でデザインや装備の面で異なる場合があります。
例えば、カーセンサーの記事によると、2011年~13年の途中まで販売されたV60の前期型は、総額60万円で販売される中古車があります。

前期型が安い理由として、以下のような要因が考えられます。

  • ほとんどが過走行車や多走行車
  • 前期型のデザインは古臭い
  • 先進安全装備が不十分

従って、ボルボv60の中古車を購入する際は、年代に気をつけないと、買って後悔する可能性が高いので注意が必要です。

単に安いからと言って購入すると、あとあとになってから悔やむ場合も出てくるでしょう。

今すぐボルボの中古車をさらに安く購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。お得に安心して理想の一台を紹介してもらえます。

ボルボの中古車を購入する際の注意点とは

ここまで、ボルボの中古がなぜ安いのか?解説してきました。

安い理由がわかっても、中古車購入には注意が必要です。
具体的に中古車購入を検討する際には、どんな点に注意すればいいのか?

ここからは、ボルボの中古車を購入する際の注意点をまとめます。

【注意1】点検はディーラーではなく民間工場を選ぶ

まず1つ目の注意点が「点検はディーラーではなく民間工場を選ぶ」

ボルボの最大のデメリットは、故障率の高さです。
その対策には、日頃の点検が欠かせませんが、ディーラーに依頼すると高額になるので注意が必要です。

確かに、ディーラーの方が安心できる面もあります。
しかし、民間工場の外国車を点検できる整備士を探したほうが、費用を安く抑えられます。

とある車検サイトによると、良い民間工場を選ぶポイントは、

  • ボルボの修理実績がある
  • 親身に対応してくれる
  • 作業項目や金額をわかりやすく提示してくれる

上記3つを重視して選ぶことを推奨しています。

故障は国土の違いによる環境的要因が大きいので、どんなにメンテナンスをしても、避けられない場合が多いです。

従って、いざという時に任せられる民間工場を選んでおくことも、対策になると言えるでしょう。

【注意2】エンジン回りの自己点検を念入りにする

次に2つ目の注意点が「エンジン回りの自己点検を念入りにする」

ボルボは、エンジン回りの点検を国産車以上に頻繁に行うことが大事です。
なぜなら、ボルボ公式のリコール情報を見ても、不具合の届出が多いのは、エンジン回りになります。

なので、トラブルや不具合を早期に発見するためにも、日頃からエンジン回りを見ておくことが、対策となります。

さらにJAFによると、エンジンルームの日常点検のポイントとして以下5つを挙げています。

エンジンルームの日常点検のポイント

  1. ウインドーウオッシャー液の量
  2. ブレーキ液の量
  3. バッテリー液の量
  4. 冷却水の量
  5. エンジンオイルの量

(出典:JAF「エンジンルームの日常点検で必要なポイントはどこですか?」

5点はすべて目で見て確認することができ、かつ、専門知識がなくても行えるので、手軽な対策として非常に有効です。
また、自分で日常的に点検することで、大きなトラブルを未然に防げる可能が高く、その分費用を安く抑えることができます。

点検は、定期点検記録簿(整備手帳)で記録しておくと、あとあと見返すときに便利なのでおすすめです。

【注意3】メーカーの認定中古車を選ぶ

そして3つ目の注意点が「メーカーの認定中古車を選ぶ」

ボルボの認定中古車を選ぶことも、対策になります。
通常の中古車よりも割高になりますが、質の良いものが多く、保障プランもついているので、長期的に見れば、お得になる可能性は高いです。

ボルボの認定中古車は、6年未満または走行距離60,000km以内の車両の中から一定の基準をクリアしたもののみ取り扱っています。

また、新車同様の車両保証とロード・サイド・アシスタンス・サービス、24時間対応のコールセンターのサービスなども、受けられます。

ボルボのディーラーは、全国にあるので、何かあった時に最寄りの店舗で見てもらえる点も、非常に助かります。

以上のことから、故障率の高いボルボを購入するならば、認定中古車を選ぶことも対策として有効であると言えるでしょう。

今すぐボルボの中古車をさらに安く購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。お得に安心して理想の一台を紹介してもらえます。

ボルボを選ぶ人とは?購入に向いてる人の特徴

安くても購入に向いてない人はいます。
具体的なボルボを選ぶ人とは?購入に向いてる人の特徴をまとめます。

【特徴1】安全性能を重視したい人

まず1つ目の特徴が「安全性能を重視したい人」

ボルボは安全性能に定評があります。
例えば、2022年4月に全モデルがIIHS(米国道路安全保険協会)から最高評価を獲得しています。

なので、ボルボは安全性能を重視する人にぴったりの車だと言えます。

【特徴2】長距離走行の多い人

次に2つ目の特徴が「長距離走行の多い人」

ボルボは、欧州のような国土の広い土地向けに作られたモデルなので、長距離走行に向いています。
具体的には、エンジン性能が高く、また、長時間運転しても疲れない設計になっています。

従って、通勤などで遠方での利用が多い人には、ボルボはおすすめの車種になります。

【特徴3】洗練されたデザイン性を重視する人

そして3つ目の特徴が「洗練されたデザイン性を重視する人」

ボルボのスタイリングは、 調和のとれたデザイン性が魅力のひとつです。
なので、個性が際立ったモデルよりも、落ち着きのある洗練されたデザインを好む人にぴったりの車であると言えます。

あまり派手な車は好きじゃない、という人にはボルボは気に入ったモデルが見つかるでしょう。

今すぐボルボの中古車をさらに安く購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。お得に安心して理想の一台を紹介してもらえます。

【お得】ボルボの中古車をさらに安く購入する方法

ボルボの中古車をさらに安く購入する方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、全国30,000台の豊富な在庫を保有する「ズバット車販売」を使って探すのがおすすめです。

ズバット車販売」とは、車探しのプロが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

市場に出せば、即売れの新古車や高年式車などをプロが提案!実際、ズバットであれば、ネットには掲載されない優良車両を探して紹介してくれます。

また、ズバットは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ボルボの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバット車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zba.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」を利用するのがおすすめです。

カーネクストは、どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
「カーネクスト」で車の買取を依頼する
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】中古車ボルボの安さに関するよくある質問

最後に中古車ボルボの安さに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ボルボ認定中古車の評判は良い?悪い?

疑問に思う男性

「ボルボ認定中古車の評判は良い?悪い?」

ボルボの認定中古車の評判は、良いものが多いです。
手に届かない金額の車種でも、認定中古車なら品質の良いものを、安く手に入れることができます。

比較的全国にディーラーが点在しているので、利用しやすいのも魅力のひとつです。

【質問2】ボルボv40は何年乗れる?平均寿命を教えて!

疑問に思う男性

「ボルボv40は何年乗れる?平均寿命を教えて!」

口コミを見る限り、ボルボは耐久年数が20年で20万km走行できるとの意見があります。

通常の車は10年で10万kmと言われるので、比較的耐久性は高いと言えます。

ちなみに、世界で最も走行距離の多い車は、1966年製ボルボP1800の480万kmで、ギネスにも記録されています。

【質問3】ボルボV60の中古を買うと後悔ってホント?

疑問に思う男性

「ボルボV60の中古を買うと後悔ってホント?」

後悔するかどうかは、年式や状態によるでしょう。
例えば、2011年~13年の途中まで販売されたV60の前期型は、安いものが多い反面、装備が不十分だったり、状態の悪いものが多いです。

なので、購入する前に、走行距離や安全装備等の確認をした方が良いと言えます。

【質問4】ボルボのガソリンは何を入れたらいいですか?

疑問に思う男性

「ボルボのガソリンは何を入れたらいいですか?」

ボルボ車に最適なガソリンはレギュラーガソリンです。

この理由は、ボルボ車の多くがレギュラーガソリンで適切に動作するように設計されているためです。たとえば、ボルボの一部モデルでは、オクタン価91以上のレギュラーガソリンを推奨しており、これによりエンジン性能を最適化しつつ燃費効率を向上させます。しかし、車種によってはプレミアムガソリンを推奨するモデルも存在しますので、購入した中古車のマニュアルを確認することが重要です。したがって、ボルボ車にはレギュラーガソリンが適していますが、最終的な選択は個々の車種によって異なります。

【質問5】ボルボは女受けする車ですか?

疑問に思う男性

「ボルボは女受けする車ですか?」

ボルボの車は一般的に女性からの評価が高いです。

その理由として、ボルボが安全性とデザインに重点を置いている点が挙げられます。例えば、ボルボは安全技術の先進性で知られ、多くのモデルが高い安全評価を受けています。また、スタイリッシュで洗練された外観も、女性から支持を得ている要因です。調査によると、ボルボの所有者の中には高い顧客満足度を示す女性が多数を占めています。以上のことから、ボルボの車は女性に受けが良いと言えます。

まとめ:ボルボの中古が安い理由と中古車(v40・v60)購入時の注意点

ボルボの中古が安い理由と中古車(v40・v60)購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、ボルボの中古が安い理由をまとめると、

ボルボの中古が安い理由

  1. 故障やトラブル頻度が高いから安い?
  2. 経営状況が危ないから安い?
  3. 高級車の部類に入らないから安い?
  4. 人気ブランドではないから安い?
  5. 部品価格が高いから安い?
  6. 外観デザインがダサいから安い?

ボルボの中古が安い理由があるのは、事実です。
特に、故障やトラブルなどの不具合が起こりやすいという意見が多かったです。

主な要因としては、日本の温暖湿潤な気候に適した製品として作られていないという環境的な面が大きいと言えます。

とはいえ、欧州のアウトバーンに適した耐久性の高いモデルなので、頑丈で、かつ、長く乗れるのが最大の魅力だと言えるでしょう。