プリウスαの中古はなぜ安い?やめたほうがいい?購入時の注意点と中古相場

「プリウスαの中古はなぜ安い?」

「中古車購入時に注意すべきポイントはある?」

特にファミリー層に人気の「プリウスα」
なんですが、一部で「プリウスαの中古は安い」といった情報が散見されますが、理由は何なのでしょうか?

今後、プリウスαの中古購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではプリウスαの中古が安い理由や購入時の注意点・中古相場について解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

プリウスαの中古が安い理由があるのは事実。
特に、人気であるが故の流通台数の多さや維持費の高さが目立ちました。

さらに、中古車購入にあたっては、購入のデメリットや注意点もあります。

どういった点に注意し、購入すればいいのか?
初心者どころか、中古購入の経験がある人でも、躊躇してしまうことは多々あります。

「プリウスαが欲しい、でも中古購入には不安がある。」

こんな方は「車探しのプロ」に依頼するのが賢い選択です。
そして車探しのプロというのが、累計販売台数100万台を突破する「ズバブーン車販売」の中古車無料お探しサービス

ズバブーン車販売」とは、車探しのプロであるスマートカーライフプランナーが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

✅ズバブーン車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 充実した保証や返品サービスの付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

さらに、今の車から乗り換えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が20万円近くも高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

プリウスαの中古が安い5つの理由

なぜ、プリウスαの中古は安いのか?

今後プリウスαの中古購入を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、プリウスαの中古が安い5つの理由について解説していきます。

【理由1】流通台数が多くて供給過剰だから

まず1つ目の理由で挙げられるのが「流通台数が多くて供給過剰だから」

市場における中古車の価格は、需要と供給の関係によって大きく左右されます。プリウスαはその高い人気により、新車時から多くの販売台数を記録しており、その結果として中古車市場にも多数の供給が見られます。

具体的な数値を見てみると、トヨタ自動車の公式サイトによれば、プリウスαは発売以来、安定した販売実績を示しています。例えば、発売を開始してから2012年4月末時点での累計販売台数は13.8万台が販売されたと報告されています。このように、新車の販売が盛んであることが中古車市場においても多くの供給を生み出し、結果として中古車価格が下がる要因となっています。

最終的に、この「需要と供給のバランス」の影響により、プリウスαの中古車は他の車種と比較して安価で取引される傾向があります。市場における多くの供給量が、中古車価格を下げる大きな要因となっているのです。

【理由2】数年経過したモデルが多く出回っているから

プリウスαの特徴ともいえる「数年経過したモデルが多く出回っているから」

プリウスαの中古車が安価である理由の一つは「モデルの古さ」にあります。自動車の価値は、年式やモデルの新しさに大きく影響されます。プリウスαは2011年に発売されたため、市場には既に数年経過したモデルが多数存在します。

例えば、一般的に自動車の価値は、新車購入後最初の3年間で約40~50%減少するとされています。プリウスαもこの傾向から逃れることはできず、特に発売から数年が経過したモデルは、より大きな価値の減少を見せています。加えて、自動車技術の進化により、新しいモデルや競合他車が市場に登場することで、古いモデルの魅力はさらに低下します。

したがって、プリウスαの中古車が安価になる主要因の一つは、発売からの経過年数とそれに伴う自然な価値減少にあると結論づけられます。時間の経過とともに減少する自動車の価値は、プリウスαに限らず一般的な現象であり、この理由が中古車市場における低価格の根底にあるのです。

【理由3】ハイブリッド車特有のバッテリー交換が高額だから

3つ目の理由が「ハイブリッド車特有のバッテリー交換が高額だから」

プリウスαの中古車が市場で安価になる一因は、ハイブリッド車特有の「バッテリーの寿命」に関連しています。ハイブリッド車のバッテリーは、時間の経過と共に劣化し、その交換費用が比較的高額であることが、中古車価格に影響を与えています。

ハイブリッド車のバッテリーは通常、約10年または15万キロメートルの使用を目安に交換が推奨されます。プリウスαの場合もこの例外ではありません。新車から数年が経過した車両の場合、近い将来バッテリーの交換が必要になる可能性が高く、これが中古車価格の低下に繋がります。例えば、バッテリーの交換コストは数十万円に及ぶことがあり、これが中古車購入時の総コストを考える上での重要な要因となります。

したがって、バッテリーの寿命と交換コストは、プリウスαの中古車価格が低く設定される重要な理由の一つです。バッテリーの状態や交換時期を考慮する必要があり、これらの要素が中古車の価格に反映されるのです。

【理由4】購入後の維持費とメンテナンスコストが高いから

4つ目の理由が「購入後の維持費とメンテナンスコストが高いから」

結論、中古が安い理由は「維持費と修理コスト」の高さにあります。特にハイブリッド車特有の部品の維持や交換には高額な費用がかかり、これが中古車の価値に影響を与えます。

具体例として、プリウスαのハイブリッドシステムやバッテリーの維持・交換コストは、通常のガソリン車と比較して高い傾向にあります。例えば、ハイブリッドバッテリーの交換費用は数十万円に及ぶことが一般的です。さらに、ハイブリッド車の専門的なメンテナンスや修理には特別な技術が必要とされ、これが維持費を押し上げる要因となっています。

加えて、プリウスαは先進的な電子機器やシステムを多く搭載しているため、これらの部品の故障や修理にも高額な費用が発生します。このような維持・修理コストの高さは、中古車としてのプリウスαの価値を下げ、市場価格に反映されることになります。

結局のところ、維持費と修理コストの高さは、プリウスαの中古車が安価で取引される主な理由の一つです。特にハイブリッド車固有の部品の維持・交換に関連する費用が、中古車価格に大きな影響を与えるのです。

【理由5】高い走行距離と耐久性に優れているから(供給過多)

そして5つ目の理由が「高い走行距離と耐久性に優れているから」

  • エンジンの耐久性
  • バッテリーと電動モーターの寿命
  • 高品質の鋼材、亜鉛コーティング、塗装による錆びにくい構造

これらの特徴から、プリウスαは高い走行距離と耐久性を実現しています。

なんですが、高い走行距離と耐久性があるにもかかわらず、中古車市場では価格が低めに設定される傾向があります。これは、多くのプリウスαが長期間使用されているため、市場に流通する中古車の台数が多く、供給過多となっているからです。

結論として、プリウスαの中古車が比較的安価である理由の一つは、高い走行距離と耐久性にも関わらず、市場に多くの中古車が存在しているためです。これにより、購入者にとってはコストパフォーマンスの高い選択肢となっています。

※ 今すぐプリウスαの中古をお得に格安で購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。中古車を安心して購入することができます。

プリウスαを中古で買う時の注意点

ここまで、プリウスαの中古がなぜ安いのか?その理由について解説してきました。

安い理由がわかっても、中古車購入には注意が必要です。
具体的に中古車購入を検討する際には、どんな点に注意すればいいのか?

ここでは、プリウスαを中古で買う時の注意点をまとめていきます。

【注意点1】走行距離と車両の年式を確認する

まず必須なのが「走行距離と車両の年式を確認する」

走行距離と車両の年式は、プリウスαの中古車を選ぶ際に非常に重要です。

走行距離が多い、または年式が古い車両は、価値が低くなる傾向があります。一般的に、自動車は年間約1万キロメートルを走行するとされており、この数値を基準に走行距離を評価します。また、車の年式が古いと、技術の陳腐化や部品の劣化が進んでいる可能性が高くなります。たとえば、5年以上経過した車両では、大きなメンテナンスが必要になる可能性が高まります。

したがって、走行距離と年式は中古車の価値を決定する上で重要な指標となります。

【注意点2】バッテリーの状態をチェックする

次に「バッテリーの状態をチェックする」

バッテリーの状態確認は、プリウスαの中古車選定時に非常に重要です。

ハイブリッド車のバッテリーは、性能が時間と共に低下し、最終的に交換が必要になります。通常、ハイブリッドバッテリーの寿命は約10年または15万キロメートルとされていますが、これは使用条件によって異なります。したがって、中古車を選ぶ際は、バッテリーの残存寿命や交換歴を確認することが重要です。

バッテリー交換が必要な場合、そのコストは数十万円に上る可能性があるため、総コストを考慮する必要があります。

【注意点3】安全装備が正常に機能するか確認する

そして「安全装備が正常に機能するか確認する」

安全装備の確認は、プリウスαの中古車購入時に極めて重要です。

近年の車両では、進化した安全技術が搭載されており、特にハイブリッド車は最新の安全装備を備えることが多いです。例えば、自動緊急ブレーキシステム、レーンキーピングアシスト、盲点モニタリングなどがあります。これらの装備は、事故のリスクを低減し、運転の安全性を高めます。

したがって、中古車を選ぶ際は、これらの安全装備が搭載されているか、または正常に機能しているかを確認することが重要です。

※ 今すぐプリウスαの中古をお得に格安で購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。中古車を安心して購入することができます。

プリウスαのグレード別の特徴と中古相場

歴史の流れプリウスαも、そのモデルは数多くリリースされてきました。

中古車を買うにも、どんな年代のモデルがあるのか?
ここでは、参考情報としてプリウスαのグレード別の特徴と中古相場もみていきます。

【相場1】S Lセレクション

エンジンと性能:
エンジン型式は2ZR-FXEで、最高出力は99ps(73kW)/5200rpm、最大トルクは14.5kg・m(142N・m)/4000rpm、総排気量は1797ccで、使用燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

燃費と環境性能:
JC08モード燃費は26.2km/L、WLTCモード燃費は市街地モードで19.5km/L、郊外モードで21.5km/L、高速道路モードで20.8km/Lです。

外装と寸法:
プリウスα S Lセレクションはミニバン・ワンボックスタイプで、全長×全幅×全高は4630×1775×1575mm、ホイールベースは2780mm、車両重量は1450kg、最小回転半径は5.5mです。

安全装備:
標準装備には運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)が含まれます。

内装とアメニティ:
フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、ステアリングテレスコピック機構、ステアリングチルト機構、クルーズコントロールが標準装備されています。分割可倒式リアシート、UVカットガラス、プライバシーガラスも標準装備です。

プリウスα S Lセレクションは、高い燃費性能と安全性、快適な内装が特徴のモデルです。

そんなプリウスα S Lセレクションの中古車総支払価格は、51.9万円から307.5万円となっています。

【相場2】S

エンジンと性能:
エンジン型式は2ZR-FXEで、最高出力は99ps(73kW)/5200rpm、最大トルクは14.5kg・m(142N・m)/4000rpm、総排気量は1797ccで、使用燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

燃費と環境性能:
JC08モード燃費は公開されていませんが、WLTCモードでの燃費は市街地モードで19.5km/L、郊外モードで21.5km/L、高速道路モードで20.8km/Lです。

外装と寸法:
プリウスα Sはミニバン・ワンボックスタイプで、全長×全幅×全高は4645×1775×1575mm、ホイールベースは2780mm、車両重量は1470kg、最小回転半径は5.8mです。

安全装備:
標準装備には運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)が含まれます。

内装とアメニティ:
フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、ステアリングテレスコピック機構、ステアリングチルト機構、クルーズコントロールが標準装備されています。分割可倒式リアシート、UVカットガラス、プライバシーガラスも標準装備です。

プリウスα Sグレードは、効率的なエンジン性能、優れた燃費、安全性、快適な内装が特徴のモデルです。

そんなプリウスα Sグレードの中古車総支払価格は、51.9万円から307.5万円となっています。

【相場3】S ツーリングセレクション

エンジンと性能:
エンジン型式は2ZR-FXEで、最高出力は99ps(73kW)/5200rpm、最大トルクは14.5kg・m(142N・m)/4000rpm、総排気量は1797cc、使用燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

燃費と環境性能:
WLTCモードの燃費は市街地モードで19.5km/L、郊外モードで21.5km/L、高速道路モードで20.8km/Lです。

外装と寸法:
全長×全幅×全高は4645×1775×1575mm、ホイールベースは2780mm、車両重量は1470kg、最小回転半径は5.8mです。

安全装備:
標準装備には運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)が含まれます。

内装とアメニティ:
フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、ステアリングテレスコピック機構、ステアリングチルト機構、クルーズコントロールが標準装備されています。分割可倒式リアシート、UVカットガラス、プライバシーガラスも標準装備です。

トヨタのプリウスα Sツーリングセレクションは、効率的なエンジン性能と環境に配慮した燃費、快適性と安全性を兼ね備えたモデルです。

そんなプリウスα Sツーリングセレクションの中古車総支払価格は、51.9万円から307.5万円となっています。

【相場4】S ツーリングセレクション・GRスポーツ

外装と寸法:
全長×全幅×全高は4665×1775×1560mmで、ホイールベースは2780mm、トレッド前後はそれぞれ1535mmと1540mm、室内寸法は長さ1910mm、幅1520mm、高さ1220mm、車両重量は1480kgです。

エンジンと性能:
エンジン型式は2ZR-FXEで、最高出力は99ps(73kW)/5200rpm、最大トルクは14.5kg・m(142N・m)/4000rpm、総排気量は1797ccで、使用燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

燃費と環境性能:
WLTCモードの燃費は市街地モードで19.5km/L、郊外モードで21.5km/L、高速道路モードで20.8km/Lです。

安全装備:
標準装備には運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)が含まれます。

内装とアメニティ:
フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、ステアリングテレスコピック機構、ステアリングチルト機構が標準装備されています。また、18インチのアルミホイール、UVカットガラス、プライバシーガラスも標準装備です。

トヨタのプリウスα Sツーリングセレクション・GRスポーツは、高い性能と環境性能を持つモデルであり、安全性と快適性を兼ね備えています。

そんなプリウスα Sツーリングセレクション・GRスポーツの中古車総支払価格は、51.9万円から307.5万円となっています。

※ 今すぐプリウスαの中古をお得に格安で購入する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。中古車を安心して購入することができます。

【相場5】G

外装と寸法:
全長×全幅×全高は4630×1775×1575mm、ホイールベースは2780mm、トレッド前後は1540mm/1545mm、室内寸法は長さ2690mm、幅1520mm、高さ1220mm、車両重量は1480kgです。

エンジンと性能:
エンジン型式は2ZR-FXEで、最高出力は99ps(73kW)/5200rpm、最大トルクは14.5kg・m(142N・m)/4000rpm、総排気量は1797ccで、使用燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

燃費と環境性能:
WLTCモードの燃費は市街地モードで19.5km/L、郊外モードで21.5km/L、高速道路モードで20.8km/Lです。

安全装備:
標準装備には運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)が含まれます。

内装とアメニティ:
フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、ステアリングテレスコピック機構、ステアリングチルト機構が標準装備されています。また、17インチのアルミホイール、UVカットガラス、プライバシーガラスも標準装備です。

トヨタのプリウスα Gグレードは、効率的なエンジン性能と環境に配慮した燃費、快適性と安全性を兼ね備えています。

そんなプリウスα Gグレードの中古車総支払価格は、51.9万円から307.5万円となっています。

【相場6】G ツーリングセレクション

外装と寸法:
全長×全幅×全高は4645×1775×1575mmで、ホイールベースは2780mm、トレッド前後は1530mm/1535mm、室内寸法は長さ2690mm、幅1520mm、高さ1220mm、車両重量は1480kgです。

エンジンと性能:
エンジン型式は2ZR-FXEで、最高出力は99ps(73kW)/5200rpm、最大トルクは14.5kg・m(142N・m)/4000rpm、総排気量は1797ccで、使用燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

燃費と環境性能:
WLTCモードの燃費は市街地モードで19.5km/L、郊外モードで21.5km/L、高速道路モードで20.8km/Lです。

安全装備:
標準装備には運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)が含まれます。

内装とアメニティ:
フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、ステアリングテレスコピック機構、ステアリングチルト機構が標準装備されています。また、17インチのアルミホイール、UVカットガラス、プライバシーガラスも標準装備です。

トヨタのプリウスα Gツーリングセレクションは、効率的なエンジン性能と環境に配慮した燃費、快適性と安全性を兼ね備えたモデルです。

そんなプリウスα Gツーリングセレクションの中古車総支払価格は、51.9万円から307.5万円となっています。

【お得】プリウスαの中古を格安で購入する方法

プリウスαの中古を格安で購入する方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

プリウスαの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても、買取の方が20万円近くも高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】中古プリウスαの安さに関するよくある質問

最後に中古プリウスαの安さに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】プリウスαはコスパ最強の車?

疑問に思う男性

「プリウスαはコスパ最強の車?」

結論、プリウスαはコスパ最強の車です。

その理由は、優れた燃費性能と中古市場における手頃な価格にあります。カタログ燃費は26.2km/Lと燃費性能が良く、新車時の価格に比べて中古車市場では大幅に価格が下がります。具体例として、5年落ちの中古プリウスαは新車価格の約半額で購入可能です。長期間にわたる維持費の削減が見込めるため、総合的に見てコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。プリウスαはコスパ最強の車です。

【質問2】プリウスαの中古を購入して後悔した点は?

疑問に思う男性

「プリウスαの中古を購入して後悔した点は?」

中古プリウスαを購入して後悔する点は、バッテリーの交換費用と部品の耐久性に関する懸念です。

特に、ハイブリッド車特有の高額なバッテリー交換費用が挙げられます。例えば、バッテリーの寿命は約10年または20万kmとされていますが、交換費用は30万円以上に上ることがあります。また、中古車購入時には既に使用期間が長いため、その他の部品の摩耗も懸念されます。結果として、想定外の修理費用が発生するリスクがあります。これらの点を考慮すると、中古プリウスαの購入には注意が必要です。

【質問3】「プリウスαは最悪」と言われる理由は?

疑問に思う男性

「「プリウスαは最悪」と言われる理由は?」

「プリウスαは最悪」との声は、主に乗り心地とデザインに関する個人的な好みから来ています。

具体的には、一部のユーザーは硬めの乗り心地や特有の外観デザインを好まないことがあります。加えて、内装の質感や使い勝手についても、一部の評価が分かれるポイントです。例えば、独特のダッシュボードレイアウトは、一部のドライバーには非直感的と感じられることがあるようです。しかし、これらの点は主観的な評価であり、燃費の良さや実用性を重視するユーザーには、プリウスαは依然として魅力的な選択肢です。

まとめ:プリウスαの中古が安い理由と購入時の注意点

プリウスαの中古が安い理由と購入時の注意点をまとめてきました。

改めて、プリウスαの中古が安い理由をまとめると、

プリウスαの中古が安い理由

  1. 流通台数が多くて供給過剰だから
  2. 数年経過したモデルが多く出回っているから
  3. ハイブリッド車特有のバッテリー交換が高額だから
  4. 購入後の維持費とメンテナンスコストが高いから
  5. 高い走行距離と耐久性に優れているから(供給過多)

プリウスαの中古が安い理由があるのは事実。
特に、人気であるが故の流通台数の多さや維持費の高さが目立ちました。

さらに、中古車購入にあたっては、購入のデメリットや注意点もあります。

どういった点に注意し、購入すればいいのか?
初心者どころか、中古購入の経験がある人でも、躊躇してしまうことは多々あります。

悩む男性2

「プリウスαが欲しい、でも中古購入には不安がある。」

こんな方は「車探しのプロ」に依頼するのが賢い選択です。
そして車探しのプロというのが、累計販売台数100万台を突破する「ズバブーン車販売」の中古車無料お探しサービス

ズバブーン車販売」とは、車探しのプロであるスマートカーライフプランナーが、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップの中からあなたのニーズにマッチした車を提案してくれるサービスのこと。

✅ズバブーン車販売を利用するメリット

  • 車探しにかかる膨大な「時間」と「手間」を省ける!
  • ネットには出ない「非公開車両」を提案してくれる!
  • 充実した保証や返品サービスの付いたお得な中古車を選べる!

理想の車を、しかも無料で探して提案してくれるのは嬉しいですね。

中古車を安心して購入したい、少しでも効率的に探したい方は、ぜひご活用ください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン車販売』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

さらに、今の車から乗り換えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が20万円近くも高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp