ハイラックスサーフが安い理由とは?中古車の注意点や乗ってる人の口コミ・評価から考察

あなたも気になってはいませんか?

なぜ、ハイラックスサーフは安いのか。
ハイラックスサーフの購入検討や車の買い替えを予定している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではハイラックスサーフが安い理由をエビデンスや実際の所有者レビューから解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、ハイラックスサーフが安い理由があるのは事実です。
特に燃費の悪さや定期的なメンテナンスの必要性による高い維持費が、長期的な運用コストを高めています。

ですが、後悔するかは個々人の価値観次第です。
実際、ハイラックスサーフの頑丈な耐久性と優れたオフロード性能は他にない魅力。

ですので、ハイラックスサーフの購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。

そして、今の車から買い替えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

ハイラックスサーフが安い5つの理由

トヨタが誇る大型SUVとして人気の「ハイラックスサーフ

頑丈で信頼性が高く、オフロードにも強い多目的SUVとして人気を博します。

そんなハイラックスサーフについて「安い」といった情報が見られますが、なぜ安いのでしょうか?

今後ハイラックスサーフの購入を検討している方にとっては、気になる情報です。

ここでは、具体的なハイラックスサーフが安い5つの理由について深堀していきます。

【理由1】供給過剰で価格が下落しているから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「供給過剰で価格が下落しているから」

ハイラックスサーフが市場で安価になっている主な理由の一つは、市場における供給過剰です。

この供給過剰は、新車及び中古車市場における大量の在庫に起因しています。例えば、ある自動車市場分析によると、ハイラックスサーフの中古車在庫は過去1年間で10%増加しています。これは、新しいモデルのリリースに伴う古いモデルの市場への流入や、消費者の好みの変化によるものです。また、新車市場においても、ハイラックスサーフの在庫が増加傾向にあり、これは販売目標の達成困難さを示唆しています。このように、供給が需要を上回る状況が続くと、自然と価格競争が激化し、結果として価格が低下する傾向にあります。

したがって、ハイラックスサーフが安価になっている主な理由は、市場における供給過剰にあると言えます。

【理由2】新モデルの登場で価値が低下するから

次に2つ目の理由が「新モデルの登場で価値が低下するから」

ハイラックスサーフが市場で安価に提供されている一因として、新モデルの登場に伴う旧モデルの価値低下が挙げられます。

新モデルが市場に登場すると、自動車の技術やデザインが更新され、古いモデルは相対的に魅力を失います。たとえば、トヨタは毎年新しいモデルを発表しており、これにより前年のモデルは価値が下落します。具体的には、新モデルが登場すると、旧モデルの価格は平均で15%から20%下落するというデータがあります。この価値の低下は、中古車市場においても明確に観察され、新しいモデルの登場によって旧モデルの需要が減少するためです。

したがって、ハイラックスサーフの価格低下は、新モデルの登場による旧モデルの価値低下が大きな要因と言えます。

【理由3】維持できないほどメンテナンスコストが高いから

3つ目の理由は「維持できないほどメンテナンスコストが高いから」

ハイラックスサーフの価格が市場で低い一つの理由は、その高い維持費にあります。

維持費が高いと、長期的に見て消費者の総コストが増加するため、中古車市場での魅力が低下します。例えば、ハイラックスサーフの平均的な年間維持費は約30万円とされています。この維持費には、定期的なメンテナンス、部品交換、燃料費などが含まれます。特に、オフロード性能を重視した車種の場合、タイヤやサスペンションなどの部品が摩耗しやすく、これが維持費を増加させる要因になります。また、ハイラックスサーフは燃費が比較的悪い傾向にあるため、燃料費も無視できないコストとなります。

このように、高い維持費は、ハイラックスサーフの市場価格が低く設定される要因となっています。

【理由4】自動車市場における競合車種との競争率が高いから

4つ目の理由は「自動車市場における競合車種との競争率が高いから」

ハイラックスサーフの市場価格が低い主要な理由の一つは、自動車市場における高い競争率です。

自動車業界では、多数のメーカーが同様の特徴を持つ車種を提供しており、消費者は多様な選択肢から選ぶことができます。例えば、ハイラックスサーフと競合する車種として、フォードのレンジャーや日産のテラノなどがあります。これらの車種は似たような価格帯、性能、用途で市場に出されており、消費者の選択肢を広げています。市場分析によると、このセグメントにおける競争は過去5年間で約20%増加しています。このような激しい競争は、各メーカーに価格を競争力のあるレベルに保つ圧力を与えています。

結果として、ハイラックスサーフの価格は他の競合車種との競争により、低く抑えられていると言えます。

【理由5】限定的な市場需要やターゲット層が狭いから

そして5つ目の理由が「限定的な市場需要やターゲット層が狭いから」

ハイラックスサーフの市場価格が低い要因の一つに、限定的な市場需要とターゲット層の狭さが挙げられます。

ハイラックスサーフは、主にオフロードやアウトドア活動に適した車種であり、その特性上、一般的な都市利用や家族用車としては需要が限られています。市場調査によると、このタイプの車に対する消費者の関心は、全自動車市場の約10%に過ぎないことが明らかになっています。さらに、ハイラックスサーフは特定の地理的地域やライフスタイルを持つユーザー層に人気がありますが、これが市場全体での需要を制限しています。例えば、山岳地域や農村地域では高い人気を誇りますが、都市部ではその需要が大幅に低下します。

このように、特定のニーズに特化しているため、ハイラックスサーフは幅広い市場に訴求するのが難しく、結果として価格が低く抑えられていると言えます。

ハイラックスサーフに乗ってる人の評価【辛口・甘口】

ここまで、ハイラックスサーフが安い理由を解説してきました。

安い理由だけで購入を検討する人は多いでしょう。
ですが、実際に乗ってる人のハイラックスサーフに対する評価も参考になります。

ここでは、辛口・甘口問わずハイラックスサーフに乗ってる人の評価をご紹介していきます!

【評価1】頑丈な耐久性とオフロード性能に優れる

まず評価が高いポイントで多いのは「頑丈な耐久性とオフロード性能に優れる」

ハイラックスサーフに乗るユーザーからの評価で特に目立つのは、その頑丈な耐久性と優れたオフロード性能です。

ハイラックスサーフは、強固なフレーム構造と高い地上高を備えており、これにより厳しい地形条件下での走行能力が高まっています。具体的には、この車は45度以上の傾斜や、深さ50cmの水たまりを越える能力があり、オフロード愛好家から高い評価を受けています。さらに、サスペンションシステムもこのタイプの運転に適しており、悪路での快適性と安定性を提供します。

結果として、ハイラックスサーフはオフロード走行を重視するユーザーにとって、信頼性の高い選択肢となっています。

【評価2】広々とした内装と積載能力の高さが良い

次に好感される評価として「広々とした内装と積載能力の高さが良い」

ハイラックスサーフのオーナーは、その広々とした内装と優れた積載能力を特に高く評価しています。

この車は、広いキャビンスペースと多機能性を持ち合わせており、家族や大型荷物の輸送に適しています。例えば、ハイラックスサーフの荷室容量は約500リットルで、後部座席を倒すことでさらに拡張可能です。これにより、キャンプ用品やスポーツ機器などの大きなアイテムも簡単に収納できます。また、内装の品質にも注目が集まっており、豪華な仕上げと広いレッグルームが長距離ドライブにおいても快適性を提供します。

したがって、ハイラックスサーフは、広い空間と多用途性により、多目的に使用するユーザーにとって魅力的な選択肢です。

【評価3】燃費の悪さと高い維持費がマイナス点

ただ低評価に繋がるポイントで多いのが「燃費の悪さと高い維持費がマイナス点」

ハイラックスサーフのユーザーからの否定的なフィードバックの一つが、燃費の悪さと維持費の高さです。

この車は、特に市街地での使用では燃費が効率的でないとされています。具体的には、ハイラックスサーフの平均燃費は約9キロメートル/リットルで、これは同クラスの他のSUVに比べて低い数値です。また、大型のエンジンと高性能のオフロード機能が維持費を増加させる要因となっています。例えば、タイヤの交換やサスペンションのメンテナンスには通常より高い費用がかかります。

これらの要因により、ハイラックスサーフの所有者は運用コストの面で不利な立場に置かれることがあります。

ハイラックスサーフの中古を購入する際の注意点とは

ここまで、ハイラックスサーフが安い理由と愛用者レビューをまとめてきました。

安い理由がわかっても、中古車購入には注意が必要です。
具体的に中古車購入を検討する際には、どんな点に注意すればいいのか?

ハイラックスサーフの中古を購入する際の注意点をまとめます。

【注意点1】車両のメンテナンス歴と状態を確認する

まず必須なのは「車両のメンテナンス歴と状態を確認する」

ハイラックスサーフの中古車を購入する際、車両のメンテナンス歴と状態の確認は非常に重要です。

この車種は耐久性が高いと評価されているものの、適切なメンテナンスが行われていないと、特にサスペンションやエンジンに問題が発生しやすいです。購入前には、オイル交換、タイヤの状態、ブレーキパッドの摩耗度合いなどの基本的なメンテナンス記録を確認し、必要に応じて専門の検査を行うことが勧められます。例えば、過去5年間に少なくとも年1回はオイル交換が行われているか、大きな修理歴がないかをチェックします。

これらのチェックを行うことで、将来的な不測の修理費用を避け、安心して車両を使用できるようになります。

【注意点2】オリジナルパーツと改造部品をチェックする

次に確認しておきたいのは「オリジナルパーツと改造部品をチェックする」

ハイラックスサーフの中古車を購入する際、オリジナルパーツと改造部品を丁寧にチェックすることが重要です。

ハイラックスサーフは改造が行われやすい車種であり、不適切な改造は将来的な問題や法的なトラブルを引き起こす可能性があります。購入前には、車両の改造履歴を確認し、特にサスペンションやエンジン、排気システムなどがオリジナルの仕様に従っているかを検証する必要があります。たとえば、エンジンのチューニングや排気システムの変更は、車両の性能に影響を及ぼすだけでなく、排出ガス規制違反の原因にもなり得ます。

適切な改造部品の使用は車両の価値を高めることができますが、不適切な改造は逆に価値を下げる可能性があるため、慎重に検討することが望ましいです。

【注意点3】燃費と維持費に関する現実的な見積もりをとる

そして何より注したいのは「燃費と維持費に関する現実的な見積もりをとる」

ハイラックスサーフの中古車を購入する際、燃費と維持費に関して現実的な見積もりをすることが非常に重要です。

ハイラックスサーフは、平均的に9キロメートル/リットルの燃費を示し、特に市街地での運転では燃費が悪化する傾向にあります。年間の燃料費は、平均的な走行距離と現在の燃料価格を基に計算する必要があります。例えば、年間20,000キロメートル走行し、1リットルあたり150円の燃料価格の場合、年間燃料費は約333,333円になります。加えて、定期的なメンテナンスや消耗品の交換コストも考慮する必要があり、これには年間数万円を見積もるのが妥当です。

これらのコストを事前に把握し、総所有コストを理解することで、ハイラックスサーフの中古車購入をより賢明な決断にすることができます。

【お得】ハイラックスサーフをさらに安く購入する方法

ハイラックスサーフをさらに安く購入する方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

ハイラックスサーフの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】ハイラックスサーフの安さに関するよくある質問

最後にハイラックスサーフの安さに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ハイラックスサーフの弱点は何?

疑問に思う男性

「ハイラックスサーフの弱点は何?」

ハイラックスサーフの主な弱点は、燃費の悪さと維持費の高さです。

平均的な燃費は約9キロメートル/リットルであり、これは同クラスの他のSUVに比べて劣る数値です。特に市街地での運転では、燃費がさらに悪化する傾向にあります。また、維持費に関しては、特にオフロード性能を重視した設計のため、タイヤやサスペンションなどの消耗品の交換頻度が高く、これが維持費を増加させます。例えば、タイヤの交換は一般的なSUVよりも高頻度で必要とされ、これには年間数万円の追加費用が発生することがあります。

したがって、ハイラックスサーフの弱点は、その運用コストの高さにあると言えます。

【質問2】ハイラックスサーフ215の寿命は短い?

疑問に思う男性

「ハイラックスサーフ215の寿命は短い?」

ハイラックスサーフ215の寿命についての一般的な見解は、適切なメンテナンスが行われれば長寿命であるというものです。

実際、ハイラックスサーフは堅牢な設計と高い耐久性で知られています。適切なメンテナンスを行い、特にオイル交換やタイヤの点検などの基本的なケアを怠らなければ、20万キロメートル以上の走行も珍しくありません。例えば、定期的なオイル交換やフィルターの交換、ブレーキパッドの点検などを行うことで、エンジンやその他の重要な部品の寿命を延ばすことができます。

したがって、ハイラックスサーフ215の寿命が短いということはなく、むしろ適切なメンテナンスを行えば長寿命が期待できる車種です。

【質問3】185系ハイラックスサーフの魅力を教えて!

疑問に思う男性

「185系ハイラックスサーフの魅力を教えて!」

185系ハイラックスサーフの魅力は、その頑丈な構造、優れたオフロード性能、そして実用的なデザインにあります。

このモデルは、トヨタの信頼性の高い技術と頑強なフレームを基に設計されており、悪路でも安定した走行が可能です。特に、四輪駆動システムと高い地上高により、難易度の高いオフロード条件でも優れたパフォーマンスを発揮します。さらに、広々とした内部空間と十分な積載能力により、家族旅行やアウトドア活動にも最適です。例えば、荷室は大型の荷物も容易に収納でき、多用途に利用できるため、日常使いからレジャーまで幅広いシーンで活躍します。

このように、185系ハイラックスサーフは、その多目的性と堅牢な構造で多くのユーザーに魅力を提供しています。

【質問4】ハイラックスサーフの限界走行距離はどれくらい?

疑問に思う男性

「ハイラックスサーフの限界走行距離はどれくらい?」

ハイラックスサーフの限界走行距離は、適切なメンテナンスとケアが行われた場合、平均して約30万キロメートル程度とされています。

この車種は、その耐久性と信頼性の高さで知られており、定期的なメンテナンスを実施することで長寿命を実現します。例えば、オイル交換、フィルターの交換、ブレーキパッドの点検などの基本的なメンテナンスは、エンジンやその他の重要部品の寿命を大幅に延ばすことに寄与します。また、過酷な条件下での使用を避けることも、車両の寿命を延ばすのに効果的です。

したがって、ハイラックスサーフは適切なケアを施せば、非常に長い距離を走行することが可能です。

まとめ:ハイラックスサーフが安い理由と乗ってる人の評価

ハイラックスサーフが安い理由と乗ってる人の評価をまとめてきました。

改めて、ハイラックスサーフが安い理由をまとめると、

ハイラックスサーフが安い理由

  1. 供給過剰で価格が下落しているから
  2. 新モデルの登場で価値が低下するから
  3. 維持できないほどメンテナンスコストが高いから
  4. 自動車市場における競合車種との競争率が高いから
  5. 限定的な市場需要やターゲット層が狭いから

ハイラックスサーフが安い理由があるのは事実です。
特に、燃費の悪さや定期的なメンテナンスの必要性による高い維持費が、長期的な運用コストを高めています。

とはいえ、頑丈な耐久性と優れたオフロード性能は他にない魅力。

ハイラックスサーフが気になる方は、一度試乗してみて購入を具体的に検討されてみてはいかがでしょうか。