スバルBRZは何人乗り?後部座席の乗り心地や狭いかの印象も調査

「スバルBRZは、実際は何人乗りの車?」

「後部座席の乗り心地は悪い?狭さを感じない?」

BRZはスバルが誇る、スポーティな走りと日常の実用性を両立したコンパクトなスポーツカー。

走る楽しさと実用性を兼ね備えたスポーツカー。
なんですが、その大きさから何人乗りなのか?気になる人は多いです。

そこで!本記事ではスバルBRZは何人乗りかの結論と後部座席の乗り心地を徹底調査していきます!

【結論】スバルBRZは何人乗り?

スバルBRZは何人乗りなのかどうか?

結論からいうと、4人乗りです。
実際、BRZの主要諸元表にも、全てのグレード・車種において乗車定員は4名と明記されています。

なんですが、実際には後部座席のスペースは狭く、大人が長時間座るには不向きであると言えます。

特に、後部座席の足元や頭上のスペースは限られているため、子供や荷物を載せるのに適していますが、大人が後部座席に座るのは厳しいでしょう。

したがって、実際の使用シーンを考慮すると、2人乗りとしての使用が主となることが予想されます。

BRZの後部座席は乗り心地が良い?悪い?

結論、BRZの乗車定員は4人です。
ですが、車内の広さから鑑みるに2人乗りが主な使われ方になるでしょう。

そこで気になるのが「BRZの後部座席は乗り心地が良い?悪い?」

ここでは、BRZの実際の使ってみた印象や後部座席の乗り心地をレビューしていきます。

BRZの室内スペースと使ってみた印象

まず、BRZの室内スペースと使ってみた印象についてです。

室内スペースの広さや寸法は以下の通りとなります。
(「R」グレード(6MT及び6AT)と「S」グレード(6MT及び6AT)ともに同じ寸法)

BRZの室内スペース(寸法)

  • 室内長×室内幅×室内高(mm)は、1625×1480×1060。
  • 外観寸法は、全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mm。
  • 2022年5月以降のモデルも同様に、全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mm。

スバルBRZの室内スペースは、コンパクトなスポーツカーとしては適切な広さを提供しています。全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mmの寸法により、運転席と助手席は十分な広さを確保しており、長時間のドライブも快適です。後席は狭めですが、短距離の移動には十分なスペースを提供しています。

スバルBRZの乗り心地は、スポーティーな走りに焦点を当てたものです。

特に、フロントシートは身体をしっかりとホールドするデザイン、かつ低重心で安定した走行性能を体験できることから、スポーツドライビングの楽しさを向上させています。また、トランクスペースは、日常使用に適したサイズを提供しており、小旅行に必要な荷物も十分に収納できるでしょう。

スバルBRZは、スポーティなドライビング体験と日常の利便性を両立させた室内設計が特徴です。

BRZの後部座席に乗ってみた感想

次に問題のBRZの後部座席に乗ってみた感想についです。

結論からいうと、後部座席は狭いです。

スバルBRZの後部座席に乗車した際の印象は、コンパクトなスポーツカーとしては予想通りの限られたスペースが提供されているというものです。全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mmの車両サイズにもかかわらず、後部座席は短距離移動や臨時の使用に適した設計です。座席は成人にはやや窮屈に感じられるかもしれませんが、小さな子供や荷物置き場としては十分な空間があります。

また、スポーツカー特有の低い屋根ラインと後部座席の位置関係から、頭上空間も限定的です。結論として、スバルBRZの後部座席は、日常的な使用よりも緊急時や短距離移動に適しており、スポーツカーとしての特性を考慮すると妥当な設計と言えます。

大人4人で乗るのには狭いのが本音

ですので、結論、大人4人で乗るのには狭いのが本音です。

スバルBRZの後部座席は、大人4人が乗車するには狭いと言えます。特に、スポーツカーとして設計されているため、後部座席は緊急時や短距離の利用に適しており、大人4人が快適に座るための広さはありません。

実際に後部座席に座ると、特に足元と頭上の空間が狭く感じられ、長距離のドライブには適していないことが明らかです。したがって、スバルBRZは主に前席の乗員の快適性に重点を置いて設計されており、後部座席は短時間の使用や荷物の収納に適していると結論づけられます。

BRZとGR86を乗車人数や使い勝手で比較検証

BRZの購入検討している方は、GR86も気になっていることでしょう。

なぜなら、両者はトヨタとスバルが共同開発した姉妹車だから。
車体サイズも搭載するエンジン性能も変わらず共通している点が多いのもその理由です。

だからこそ、どっちがいいのか?
購入検討に当たって悩まれる方は多いことと察します。

そこで!BRZとGR86を乗車人数や使い勝手で比較検証していきます!

乗車人数

まず乗車人数についてです。

スバルBRZとトヨタGR86はどちらも4人乗りの車両です。これは、スポーツカーとしての特性に沿った設計で、両モデルとも後部座席のスペースは限られていることを意味します。乗車定員に関しては、これら二つの車両に大きな違いはありません

使い勝手

次に使い勝手についてです。

スバルBRZとトヨタGR86は、共同開発されたベースを持つ車種であり、基本的な使い勝手に大きな違いはありません。両車共にコンパクトなスポーツカーであり、日常使用とスポーツ走行のバランスを目指しています。4人乗りの構造であるが、後部座席は狭めであり、主に荷物置き場として使用されることが多いです。トランクスペースも同様にコンパクトですが、日常的な使用には十分な容量を提供します。運転の楽しさと日常の使い勝手を兼ね備えた車種と言えるでしょう。

走行性能

そして最後に走行性能についてです。

スバルBRZとトヨタGR86は共同開発された兄弟車であり、基本的な走行性能は非常に似ています。両モデルは軽量でバランスの取れたFR(後輪駆動)プラットフォームを採用しており、敏捷なハンドリングと優れたコーナリング性能を実現しています。両車ともに高回転型のエンジンを搭載し、スムーズで力強い加速を提供します。BRZとGR86の違いは、主にデザインや微妙なチューニングの違いにありますが、それらの違いは運転体験に大きな影響を与えるものではありません。これらの車種は、スポーツドライビングを楽しむドライバーに適した車両であり、日常の運転にも適しています。

スバルBRZの車両価格や特徴・基本スペック

具体的にスバルBRZの購入を検討している方に!
ここでは、スバルBRZの車両価格や特徴・基本スペックを詳しくまとめていきます!

どんな車か?特徴

まず、BRZはどんな車か?特徴について簡単にご紹介します。

BRZは、スポーティな走りと日常の実用性を両立したコンパクトなスポーツカーです。全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mmの寸法により、低重心で安定した走行性能を提供します。2.4L水平対向エンジンを搭載し、スムーズで力強い加速を実現しています。この車は4人乗りであり、フロントシートには十分なスペースがありますが、リアシートはやや狭めで、短距離の移動や子供の乗車、荷物置き場として利用されることが多いです。

また、トランクスペースも日常使用に適したサイズを提供しています。スバルBRZは、ドライビングの楽しさと日常の使いやすさを求めるドライバーに最適な車両と言えます。

車両価格とリセールバリュー

次に、BRZの車両価格とリセールバリューについてです。

スバルBRZの車両価格は、グレードによって異なりますが、およその価格は以下の通りです。

スバルBRZの車両価格

  • Rグレード(6MT): 3,080,000円
  • Rグレード(6AT): 3,245,000円
  • Sグレード(6MT): 3,267,000円
  • Sグレード(6AT): 3,432,000円

リセールバリューについて、新車時の価格が約205.8万円から437.3万円の間で、リセールバリューは8.4%から52.9%の範囲で変動します。

例えば、新車価格が2,970,000円のSグレード(MT)の場合、3年後の平均買取額は約230万円、残価率は約77%となります。9年後のリセールバリューは、新車価格に対して8.4%から52.9%の間で推移しています。

これらのデータは、新車購入時の参考として有用です。ただし、リセールバリューは市場の状況や車の状態によって変動するため、買取相場は中古車買取店に問い合わせることをおすすめします。

エクステリアや内装の特徴

次に、BRZのエクステリアや内装の特徴についてです。

スバルBRZの外観は、スピード感を感じさせる低く前傾したフォルムが特徴です。低重心を感じさせるワイドなフロントフェイス、タイヤの存在感を強調する絞り込んだボディと張り出したフェンダーがスポーティな印象を与えます。

内装には、赤いステッチの入ったドアトリムが標準装備されており、高級感とスポーティな雰囲気を演出しています。S、GT、STI Sportの3グレードにはフルオートエアコンが標準装備されています。

アルミペダルは、R Customize Packageを除く全てのグレードに標準装備されており、スポーツカーらしい外観と操作感を提供します。また、運転中の安定性を高めるニーパッドもS、GT、STI Sportの上級モデルに配置されています。

ディーラーオプションでは、ウルトラスエードを使用したインテリアパッケージを装着することが可能です。フロントのセンターコンソールにはカップ2個分のカップホルダーを設置し、脱着式なので前後に動かすことができます。

フロントの視界は、パーテーションガラスとスリム化したフロントピラーによって広く確保されており、リアガラスの上部中央に設置されたハイマウントストップランプの位置も、後方の視界を確保するために配慮されています。

これらの特徴は、スバルBRZをスポーツ走行を意識したスタイリッシュなデザインに仕上げており、見た目だけではなく安全性と使い勝手の良さにも配慮している点が魅力です。また、各グレードによって装備やデザインに差がありますが、全体的に運転が楽しくなる装いが特徴です。

燃費と実用性に優れた点

BRZの燃費と実用性に優れた点についてです。

BRZのWLTCモードカタログ燃費は以下の通りです。

BRZのWLTCモードカタログ燃費

  • 6MT(マニュアルトランスミッション): 約11.9~12.0km/L
  • 6AT(オートマチックトランスミッション): 約11.7~11.8km/L

実燃費は、6MTが約11.3km/L、6ATが約11.0km/Lとなっています。これはカタログ燃費と比較しても大きな差はないことを示しています。

BRZは、走行性能を重視したスポーツカーですが、燃費性能にも優れています。特に6MTモデルは、スポーツカーの中では比較的良好な燃費を達成しています。軽量かつ高剛性のFRプラットフォームを採用し、ねじり剛性やサスペンションの取り付け部の剛性を強化しています。これにより、ステアリングレスポンスの向上と優れた運動性能を実現しており、スポーツカーとしての楽しさと日常使用の実用性のバランスを取っています。

総じて、スバルBRZはスポーツカーとしての走行性能に優れながらも、燃費効率の良さを保持している点が特筆されます。日常の運転からスポーツドライビングまで幅広いシーンでの使用に適しています。

メリット・デメリット一覧

BRZのメリット・デメリット一覧についてです。

BRZのメリット

  • 走行性能: BRZは高回転出力型エンジンを搭載し、高速道路での伸びが良い。サーキットでの走行にも適しています。
  • ハンドリング: コンパクトなサイズで小回りが利き、シートや足回りの剛性が高いため、走行中の安定性が高い。
  • 外観: スポーティなデザインが特徴で、若者向けだがベテランドライバーにも楽しめるスタイル。

BRZのデメリット

  • 燃費: JC08モードで13.0km/lと、現代の車と比べるとやや低い。燃料費がかかりやすい。
  • 乗り心地: 足回りとシートが硬めで突き上げ感があるため、乗り心地が悪いと感じる人もいる。
  • 後部座席: 狭く、実質的に2人乗りであるため、ファミリーカーとしては不向き。

これらの特徴を踏まえて、BRZはスポーツカーとしての性能を重視している点が明らかです。ただし、燃費の面やファミリー使用には向かない点を考慮する必要があります

購入に向いている人の特徴

そしてBRZの購入に向いている人の特徴についてです。

BRZの購入に向いている人の特徴

  • スポーツカーへの情熱:スバルBRZは、2.4L水平対向エンジンを搭載したスポーツカーであり、高回転域までスムーズに加速するスポーティーな特性を持ちます。したがって、運転する喜びや走行性能を重視するドライバーに最適です。
  • 日常使用と週末の楽しみを兼ね備えたい人:BRZは、スポーツ走行を楽しむだけでなく、日常の使用にも十分対応できる実用性を備えています。適度な燃費性能と実用的な荷室スペースを持ち合わせているため、日常の移動から週末のドライブまで幅広く活用できます。
  • パフォーマンスとスタイルを求める人:BRZは、そのスタイリッシュなエクステリアデザインと高性能エンジンで知られています。このため、外見と性能の両方にこだわるドライバーに適しています。
  • 手ごろな価格のスポーツカーを求める人:BRZは、高性能ながらも比較的手頃な価格で提供されています。スポーツカーの楽しみを求めつつ、予算を重視するドライバーにも適しています。

以上のように、スバルBRZはスポーツドライビングを重視しつつも日常使いの便利さも考慮した車を求める方に適しています。また、スタイリッシュなデザインと手頃な価格帯を重視する方にもおすすめできます。これらの情報はスバルの公式ウェブサイトから得られる内容を基にしています

BRZの中古車を安くお得に購入するおすすめの方法

BRZの中古車を安くお得に購入するおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

BRZの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】何人乗りか気になるBRZに関するよくある質問

最後に何人乗りか気になるBRZに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】初代BRZも4人乗りですか?

疑問に思う男性

「初代BRZも4人乗りですか?」

初代スバルBRZも4人乗りです。

初代BRZは、2012年に発売され、コンパクトなスポーツカーとしての設計がなされています。その設計において、乗車定員は4人とされており、これはフロントに2人、リアに2人が乗車できる構造を意味します。リアシートはコンパクトなスペースであり、大人が長時間快適に過ごすのは難しいかもしれませんが、短距離の移動や子供の乗車、荷物置き場としては十分なスペースがあります。

初代BRZのこの4人乗りの特性は、スポーツカーの性能と日常使いの実用性を両立させるための設計決定でした。

【質問2】86の定員は何人乗りですか?

疑問に思う男性

「86の定員は何人乗りですか?」

トヨタ86の乗車定員は4人です。

86はスバルBRZと同じく、スポーツカーの特性を持ちながらも4人が乗車可能な設計となっています。フロントシートはドライバーと助手席に十分なスペースを提供しており、快適な運転環境を実現しています。一方、リアシートはスポーツカー特有のコンパクトな空間で、大人が長時間快適に過ごすには狭いかもしれませんが、短距離移動や子供の乗車、さらには荷物置き場としての利用には適しています。

したがって、86は日常的な使用や週末のドライブを楽しむ個人や小さな家族に適した車両です。

【質問3】BRZで3人乗りの長距離移動は苦痛ですか?

疑問に思う男性

「BRZで3人乗りの長距離移動は苦痛ですか?」

結論、スバルBRZで3人乗りの長距離移動が苦痛かどうかは、乗車する人々の体格や個人の快適さに対する基準により異なります。

BRZは全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mmという寸法を持ち、フロントシートには十分なスペースが確保されていますが、リアシートはスポーツカー特有のコンパクトな設計であり、長時間の快適性には限界があります。大人3人が長距離移動をする場合、フロントシートの乗員は比較的快適に過ごせる可能性が高いですが、リアシートの乗員は足元や頭上の空間が狭く、長時間の移動では快適性が低下する可能性が高いです。

したがって、3人乗りでの長距離移動は、特にリアシートに乗る人にとっては快適とは言い難いかもしれません。

まとめ:スバルBRZは何人乗りかの結論と後部座席の乗り心地

スバルBRZは何人乗りかの結論と後部座席の乗り心地に関する情報をまとめてきました。

結論、BRZの乗車定員は4人です。
ですが、車内の広さから鑑みるに2人乗りが主な使われ方になるでしょう。

BRZは、手頃な価格で楽しめるスポーティなFR(後輪駆動)スポーツカー。
走行性能やドライビング体験を重視しているため、利用目的に合致する方には最適な一台です。