プジョーはなぜ「やめとけ」と言われるのか?5つの理由と評判から購入に向いてる人の特徴を考察

独特のデザインが特徴的なフランス車「プジョー」

SUVからオフロードまで、様々なドライビングニーズに対応したプジョーですが、一部で「やめとけ」との声も聞かれますが本当でしょうか?

なぜやめとけと言われるのか?
今後、プジョーの車種を購入予定や車の買い替えを検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事ではプジョーがやめとけと言われる理由と評判から購入に向いてる人の特徴を解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、プジョーはやめとけと言われる理由があるのは事実。
主な理由として、プジョーの故障率に関する不満の声が多く挙がっています。

一番の要因としては、外車は故障率が高いといったイメージがいまだに根強く残っていることが大きいと考察します。

なんですが、不満に感じるかは個々人の価値観次第です。
プジョーの購入を検討されている方は、一度試乗してみることをおすすめします。

そして、今の車から買い替えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

  • 動かない車
  • 10年落ちや走行距離10万㎞の車両
  • 値段の付かないような廃車・事故車

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

プジョーとはどんな会社?

プジョーはやめとけと言われる理由を解説する前に。
まずプジョーとはどんな会社か?会社概要をまとめておきます。

社名 ステランティス N.V.(英語表記: Stellantis N.V.)
本社所在地 オランダ アムステルダム
設立 1810年(プジョー単体の会社創業年を指す)
従業員数 272,367人
資本金 186,200,000,000 ユーロ
事業内容 多国籍自動車製造・販売

もともと家族経営の製鉄会社としてスタートした「プジョー」。

1976年に経営難だったシトロエンを吸収合併し、「PSA・プジョーシトロエン」を設立、現在ではステランティス N.V.の一部門となっています。

エンジン性能の高さとデザイン性に定評あり。
特に2019年発売の新型208は、2020年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにも見事輝きました。

プジョーの歴史をみると、カー・オブ・ザ・イヤーにプジョー車はこれまで、1969年、88年、2002年の307、2014年の308、2017年3008、2020年208と、6台もの車が選ばれています。

プジョーはやめとけと言われる5つの理由

なぜ「プジョーはやめとけ」と言われるのか?

今後購入を検討している方や車の買い替えを予定している方にとって、非常に気になる情報です。

ここでは、プジョーはやめとけと言われる5つの理由について考察していきます。

【理由1】リセールバリューが悪いから

まず1つ目の理由が「リセールバリューが悪いから」

プジョー車は、再販価値が他の多くの自動車ブランドに比べて低い傾向にあります。

主な理由は、ブランドの市場知名度と認知度の問題、および一部のモデルにおける信頼性の問題に起因します。

市場調査によると、プジョー車の再販価値は新車価格の約40-50%にまで低下することが一般的で、特に5年間の所有後の再販価値で顕著です。

実際、プジョー308のようなモデルでは、新車購入後3年でその価値の約60%を失うというデータがあります。

また、高級車種であるプジョー508でも、同様の傾向が見られ、新車価格の約半分以下にまで価値が下がることが報告されています。

このように、プジョー車は再販市場において低い価値を示すことが多いです。

しかしながら、この低下はプジョー車の品質を直接反映するものではなく、市場の知名度やブランド認知度に大きく影響される面があります。

【理由2】修理とメンテナンスのコストが高いから

次に2つ目の理由が「修理とメンテナンスのコストが高いから」

プジョー車のメンテナンスコストは、他の車種に比べて高い傾向にあります。

理由として、主にプジョーの部品が国内で容易に入手できないことに起因しています。

例えば、国産車の部品は広く流通しており、修理や交換にかかるコストが低めです。
一方で、プジョーのような輸入車の部品は国内に流通量が限られており、必要な部品が手に入りにくいことが多いです。

結果として、部品の入手や交換には高額なコストが発生しやすくなります。

実際、特定の部品が国産車の場合1万円で手に入るとすると、プジョー車ではその2倍以上の価格になることが珍しくありません。

このように、プジョー車のメンテナンスコストは他車種に比べて高くなりがちですが、これは部品の入手難度と関連しています。

したがって、プジョー車の購入を検討する際には、長期的なメンテナンスコストを考慮に入れることが重要です。

【理由3】燃費性能は思ったほど良くはないから

3つ目の理由は「燃費性能は思ったほど良くはないから」

プジョー車の燃費問題は、一部のモデルにおいて効率が他の競合車種と比べて劣るという評価を受けています。

燃費の効率は、車両の設計、重量、エンジンのタイプに大きく依存します。
例えば、プジョーのSUVモデルの中には、市街地走行でリッターあたり10キロメートル未満の燃費を示すものがあります。

これは、同クラスの他の競合車種と比較してやや低い数値です。

具体的には、プジョー3008 SUVの一部バージョンでは、公式データによると市街地走行での燃費はリッターあたり約9.7キロメートルで、高速道路走行ではリッターあたり約15.6キロメートルとなっています。

これは、同クラスの競合他車種と比較すると、約5-10%低い燃費効率です。

このように、プジョー車は特定のモデルにおいて燃費効率に課題を持つ可能性があります。
しかし、この燃費の問題は、車両の設計やエンジン性能の改善によって改善されつつあります。

【理由4】車内空間は狭くて操作性もイマイチだから

4つ目の理由が「車内空間は狭くて操作性もイマイチだから」

プジョーの車内空間が狭いという評価は、特に小型車種において顕著です。

この狭さは、車種によって異なる内部設計とサイズに起因します。
例えば、プジョー208の場合、全長が約4メートル、全幅が約1.7メートルとなっており、これは一般的な小型車に比べてややコンパクトな寸法です。

そのため、車内の広さも限られ、特に後部座席のスペースが狭く感じられることがあります。

結果的に、家族連れや大人数での長距離移動にはあまり適していないという評価に繋がっています。

さらに、プジョー車の乗り心地と操作性に関する一部の批判は、サスペンションの硬さやステアリングの応答性に起因します。

実際、プジョーの一部モデルでは、サスペンションが硬めに設定されており、不整路面での乗り心地が他の競合車種と比較して劣るとの意見があります。

これらの点を踏まえると、プジョー車は乗り心地や操作性において、一部のユーザーにとって好ましい特性を持っていない可能性があります。

しかし、都市部での使用や少人数での利用を主な目的とする場合、プジョーの小型車はそのサイズが逆に利点となることもあります。

総じて、プジョー車を選ぶ際には、使用目的や必要な車内スペースを考慮することが重要です。

【理由5】メーカー自体の人気と信頼性が低いから

そして5つ目の理由は「メーカー自体の人気と信頼性が低いから」

プジョー車のメーカーとしての人気は、特に日本市場において他の輸入車ブランドに比べて低い傾向にあります。

これは、日本でのプジョーの知名度やブランドイメージが、ドイツ車のような主要な輸入車メーカーと比べるとやや劣ることに起因します。

例えば、日本における輸入車市場におけるシェアを見ると、ドイツ車ブランドが上位を占め、フランス車は相対的に下位に留まることが多いです。

さらに、輸入車愛好家の間でも、プジョーはメルセデス・ベンツやBMWなどのドイツ車に比べて選ばれにくい傾向にあるとされています。

しかし、これはあくまで日本市場特有の傾向であり、他国ではプジョーの人気や評価が異なる場合があります。

したがって、プジョー車の選択にあたっては、日本市場におけるブランドの人気や知名度だけでなく、車の品質や性能、総合的なコストパフォーマンスを総合的に考慮することが重要です。

やめとけとは思わない?プジョーの良い口コミ

ここまで、プジョーはやめとけと言われる理由について解説してきました。

やめとけと感じる理由があるのは事実です。
ですが、プジョーにもメリットは当然あります。

ここでは、実際の利用者によるプジョーの良い口コミをご紹介していきます。

【口コミ1】独特のフロントグリルデザインが魅力的!

まず1つ目の良い口コミは「独特のフロントグリルデザインが魅力的!」

プジョー車のデザインとスタイルは、ヨーロッパの洗練された美学を体現しています。

特に注目すべきは、その独特のフロントグリルデザインと流麗なボディラインです。
例えば、プジョー 508は、その低いルーフラインと広がったフロントグリルで、エレガントかつ力強い印象を与えます。

内装においても、高品質な素材と洗練されたデザインが際立ちます。プジョーのi-Cockpitは、ドライバーに直感的かつ快適な運転体験を提供します。

また、LEDヘッドライトやテールライトの採用により、昼夜を問わず顕著な視認性とスタイリッシュな外観を実現しています。

実際、プジョー 3008 SUVは、そのダイナミックなデザインとLEDライトで、多くの自動車デザイン賞を受賞しています。

これらのデザイン要素は、プジョー車が市場で高く評価される主な理由の一つです。
プジョー車のデザインは、単なる見た目の美しさに留まらず、使用される素材や形状が機能性と快適性を高めています。

【口コミ2】走行性能とハンドリングが優れている

次に2つ目の良い口コミは「走行性能とハンドリングが優れている」

プジョー車は、特に走行性能とハンドリングの面で優れています。
この優れたパフォーマンスは、精密に設計されたサスペンションシステム、バランスのとれた重量配分、そして高性能エンジンによって実現されています。

例えば、プジョー 308 GTiは、205馬力のエンジンを搭載し、0から100キロメートル/時までの加速を約6秒で達成します。
また、この車種の特徴として、特別に調整されたスポーツサスペンションがあり、カーブや曲がり角での優れたハンドリングを提供します。

プジョー 3008 SUVにおいても、この走行性能は顕著です。
このモデルは、電子制御されたグリップコントロールシステムを装備しており、さまざまな路面状況での安定した走行を実現します。

さらに、プジョー独自のi-Cockpitは、運転席からの視界と操作性を最適化し、ドライバーに直感的な運転体験を提供します。

これらの車種は、日常の運転からスポーティなドライビングまで、幅広い使用シナリオに対応しています。

プジョー車の走行性能は、ドライバーに快適でレスポンシブな運転体験を提供することで、その魅力を高めています。

【口コミ3】革新的な技術と安全性の面で評価が高い

そして3つ目の良い口コミが「革新的な技術と安全性の面で評価が高い」

プジョー車は、革新的な技術と安全性の面で高い評価を受けています。

プジョーは、自動車安全技術の先進性に注力しており、特に最新モデルでは多くの先進的な安全機能を搭載しています。

例えば、プジョー 3008 SUVには、死角監視システム、車線逸脱警告システム、緊急ブレーキシステムが標準装備されています。

これらのシステムは、衝突リスクを低減し、ドライバーと乗員の安全を高めます。

また、プジョーはエコフレンドリーな技術にも力を入れており、環境への影響を考慮したエンジンオプションを提供しています。

実際、プジョー 208は、最新のEuro 6排出基準に準拠したエンジンを搭載し、低排出ガスを実現しています。

さらに、プジョーは電気自動車の開発にも注力しており、e-208などのモデルではゼロエミッションを実現しています。

これらの革新的な技術と安全性は、プジョー車が提供する価値の重要な要素です。

ドライバーは、これらの技術により、より安全で環境に配慮した運転体験を楽しむことができます。

後悔する前に確認したいプジョーの中古購入時の注意点

後悔する前に確認したいプジョーの中古購入時の注意点をまとめていきます。

【注意点1】メンテナンス履歴の確認する

まず外せないのは「メンテナンス履歴の確認する」

プジョーの中古車を購入する際に、メンテナンス履歴の確認は非常に重要です。

この履歴は、車がどのように扱われ、定期的に整備されてきたかを示す重要な指標です。

具体的には、オイル交換、ブレーキパッドの交換、タイヤの交換など、定期的なメンテナンス活動の記録を確認する必要があります。

これらの履歴は、車の寿命や将来的な修理コストに大きな影響を与えます。

例えば、確認すべきチェックポイントと交換頻度は以下の通りです。

メンテナンス履歴の確認ポイント

  • エンジンオイルは通常、10,000~15,000キロメートルごと、または1年に1回のペースで交換を推奨。
  • ブレーキパッドは約20,000~30,000キロメートルでの交換が一般的。
  • タイミングベルトの交換は、約60,000~100,000キロメートルごとに推奨。

これらのメンテナンス活動が適切に実施されていない場合、将来的に高額な修理が必要になる可能性があります。

メンテナンス履歴の詳細を確認することで、車が適切にケアされてきたかどうかを把握できます。

これは、中古車の潜在的な信頼性と将来の維持費用を判断する上で不可欠な情報です。

【注意点2】電子機器の機能チェックを行う

次に試乗などで確認したい「電子機器の機能チェックを行う」

プジョーの中古車を購入する際には、電子機器の機能チェックが非常に重要です。

プジョー車には、ナビゲーションシステム、エンターテイメントシステム、運転支援システムなど、多様な電子機器が搭載されています。

これらの機器の機能を詳細にチェックすることで、将来的な修理や交換の必要性を予測できます。

具体的には、以下のポイントを確認することが推奨されます。

電子機器の機能チェックポイント

  • まず、ナビゲーションシステムの画面表示と操作反応をチェックし、地図の更新状況やGPSの正確性を確認します。
  • 次に、オーディオシステムとスピーカーの機能を試し、音質の異常がないかを確かめます。
  • また、バックカメラやパーキングアシストなどの運転支援機能が正常に動作するかも重要です。
  • さらに、エアコンやヒーターの温度調節機能、電動シートの動作、ウィンドウやミラーの電動調整機能もチェックする必要があります。

これらの機能に問題がある場合、修理には高額な費用がかかることがあります。

これらの電子機器の機能チェックを行うことで、中古車の状態をより正確に把握し、予期せぬ追加費用を避けることができます。

【注意点3】ディーラー認定技術者など専門家に検査してもらう

そして「ディーラー認定技術者など専門家に検査してもらう」

プジョーの中古車購入時には、ディーラー認定技術者や専門家による検査を受けることが非常に重要です。

ディーラー認定技術者は、プジョーの特定モデルに関する深い知識と経験を有しており、車の状態を正確に評価する能力を持っています。

この検査には、エンジン、トランスミッション、サスペンション、ブレーキシステム、排気システムなど、車両の主要な機械的部分が含まれます。

例えば、エンジンの検査では、圧縮テストを実施してエンジンの健全性を評価します。

このテストは、エンジン内部のシリンダーが適切に圧縮されているかを測定し、エンジンの摩耗や損傷の有無を判断します。

また、トランスミッションの検査では、変速の滑らかさや異音の有無をチェックし、内部の損傷や摩耗を確認します。

さらに、サスペンションシステムの検査では、ショックアブソーバーの機能やスプリングの状態を評価します。

ブレーキシステムについても、パッドの摩耗度合いやブレーキ液の状態を検査します。

これらの検査を専門家によって行うことで、中古車の潜在的な問題を早期に特定し、将来的な修理費用や安全性のリスクを回避することができます。

やめとけと言われてもプジョーの購入に向いてる人の特徴

ここまで、プジョーの評判を主観と客観の両面からまとめてきました。

ではどんな人がプジョー購入には向いているのか?

向かない人が購入してしまっては、ますますやめとけと感じるだけです。

具体的なやめとけと言われてもプジョーの購入に向いてる人の特徴もまとめていきます!

【特徴1】コンパクトな外車に乗りたい人

まず1つ目の特徴が「コンパクトな外車に乗りたい人」

外車の中でも、コンパクトな車に乗りたい人には、プジョーの車は向いています。
もともとフランス車は、細い路地に適した車の必要性から、コンパクトな車が多く作られた交通事情があります。

コンパクトだと維持費も安くつくので、お得感も得られます。
プジョーもコンパクトな車のラインナップは豊富で、性能も高いので安心して運転することができます。

【特徴2】街乗りメインで利用する人

次に2つ目の特徴が「街乗りメインで利用する人」

プジョーは走行性能の高さから、長距離運転に向いているように見られがちです。
なんですが、街乗りメインで利用する人にも、プジョーのモデルは適した車が多いです。

たとえば、プジョーのコンパクトカーは小回りが効くので、住宅地や市街地で走行するのに、非常に使い勝手が良いです。

中でもハッチバック型の208は、最小回転半径が5.4~5.5と取り回しのよいモデルになるのでおすすめです。

【特徴3】大人数でドライブを楽しみたい人

そして3つ目の特徴が「大人数でドライブを楽しみたい人」

プジョーは、大人数でドライブを楽しみたい人にも適したモデルがあります。
たとえば5008は、最大7人乗車可能なSUVモデルで、室内空間が広く、乗り心地も快適なので、長距離旅行やキャンプに行くのに最適です。

価格も5,806,000円~と、サイズが大きい割に値段はそこまで高い印象を受けないのが良いですね。

【お得】プジョーの中古車を安く買うおすすめの方法

プジョーの中古車を安く買うおすすめの方法があります!

その方法というのが、ネットに載らない「非公開車両」から探す、ということ。

実は、全国の中古車情報のうち、ネットで見れる情報は全体のわずか30%。

その残り70%は「非公開車両」なんです。
数字でみても明らかですが、非公開車両の中から中古車を探した方が安く購入できますよね。

では肝心の、どうやって非公開車両を探すか?

それは、累計販売台数が100万台超えの「ズバブーン」を使って探すのがおすすめです。

市場に出せば、即売れの新古車や未使用車などをプロが提案!
実際、ズバブーンであれば、ネットには掲載されない優良車両の情報を早くて即日、通常2日で紹介してくれます。

また、ズバブーンは大手企業がサポートしているので、全国にネットワークがあり、かつ、安心な取り引きが可能です。

プジョーの中古車をさらに安く購入したい方は、ぜひ活用してみてください。

\非公開車両の情報もゲット!/
『ズバブーン』まずは無料で車両を探してみる
【公式サイト:https://www.zbaboon.jp

そして、今乗っている車を高値で売却した場合は、「車買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りよりも高値で買い取ってもらえるから。
実際、買取と下取りの相場データを調べても買取のほうが数十万円高いことが分かっています。

ではどこで買い取ってもらえればいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

どんな車も高価買取り&無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

【Q&A】やめとけと言われるプジョーに関するよくある質問

最後にやめとけと言われるプジョーの評判に関するよくある質問に回答していきます。

【質問1】プジョーは壊れやすい車ですか?

疑問に思う男性

「プジョーは壊れやすい車ですか?」

プジョー車が壊れやすいかという問いに対する回答は、複数の要因を考慮する必要があります。プジョーの信頼性は、モデル、年式、メンテナンスの状況によって異なります。自動車の信頼性を評価する指標の一つとして、故障率があります。故障率は、特定の期間内に発生する平均的な故障数を表す数値です。

一般的に、プジョー車の故障率は中間程度とされています。例えば、特定の市場調査において、プジョーは故障率が平均的な範囲内にあると評価されています。これは、プジョーが他の一般的な自動車ブランドと比較して特別に壊れやすいわけではないことを示しています。

さらに、プジョー車の耐久性は、定期的なメンテナンスと適切な使用に大きく依存します。例えば、定期的なオイル交換や適切な運転習慣は、車の寿命を延ばすのに役立ちます。

したがって、プジョー車が特別に壊れやすいとは一概には言えません。車の状態と性能は、使用方法やメンテナンスの質に大きく左右されるため、これらの要因を考慮することが重要です。

【質問2】プジョーに乗る男性のイメージは?

疑問に思う男性

「プジョーに乗る男性のイメージは?」

「プジョーに乗る男性のイメージ」についての回答は、一般的な市場調査やブランドイメージに基づいています。プジョーはヨーロピアンスタイルのエレガンスと革新的なデザインで知られており、そのユーザーは洗練された好みを持つと見なされがちです。

市場調査によると、プジョーのドライバーはしばしば、スタイルと品質を重視する人物として描かれます。特に、デザインと走行性能に焦点を当てたモデルを選ぶ男性は、現代的で洗練されたライフスタイルを送っているという印象を与えます。例えば、プジョー508のような高級セダンを選ぶ男性は、プロフェッショナルであり、品質と快適性を求める傾向にあります。

また、プジョーSUVモデルを選ぶ男性は、アクティブで冒険を好むライフスタイルを持つと見なされます。これらの車は、実用性とスタイルのバランスが取れているため、多様なアクティビティに適しているとされます。

このように、プジョーに乗る男性は、モダンで洗練されたデザイン、高い品質、そして快適なドライビングエクスペリエンスを重視する人物として認識されています。

【質問3】プジョーに乗る女性ってどうですか?

疑問に思う男性

「プジョーに乗る女性ってどうですか?」

プジョーに乗る女性のイメージについての考察は、主にブランドの特性と市場調査に基づいています。プジョーはその洗練されたデザインと高品質な内装で知られており、このブランドを選ぶ女性は、スタイリッシュで現代的なライフスタイルを重視すると見なされます。

市場調査や消費者行動の分析によると、プジョーを選ぶ女性は、デザインと機能性のバランスを重視しています。例えば、プジョーのコンパクトカー、特にプジョー 208やプジョー 308を選ぶ女性は、都市生活に適したスマートな選択としてこれらの車種を好む傾向があります。これらのモデルは、都市部での運転や駐車の容易さ、燃費の良さを提供します。

さらに、プジョーSUVモデル、特にプジョー 3008やプジョー 5008を選ぶ女性は、ファミリー向けの車両としての機能性とスタイルを重視します。これらの車種は、広々とした内装、安全性、そして多用途性を提供し、家族での使用に適しています。

プジョーに乗る女性は、洗練されたデザインセンスと実用性を兼ね備え、賢明で洗練された選択をするというイメージがあります。

【質問4】プジョーは変わり者が乗る車ですか?

疑問に思う男性

「プジョーは変わり者が乗る車ですか?」

「プジョーは変わり者が乗る車か」という問いに対しては、プジョーのブランドイメージと市場ポジショニングに基づいて回答することが適切です。プジョーはヨーロッパのエレガントで洗練されたデザインと革新的な技術で知られており、このブランドを選ぶ人々は、独自性と個性を重視すると考えられます。

市場調査やブランド分析によると、プジョーのユーザーは、伝統的な選択からは一線を画す、独特のデザインや技術に価値を見出す傾向にあります。例えば、プジョーのi-Cockpitのような革新的な内装デザインや、BlueHDiエンジンテクノロジーのような環境に配慮した技術は、伝統的な選択肢とは異なる、新しいアプローチを提供しています。

さらに、プジョーは独特なスタイリングとパフォーマンスを備えた車種を提供しており、これによりプジョーの選択は、一般的な選択肢からは少し離れた、独自のスタイルを求める人々に魅力的です。

したがって、プジョーが「変わり者」のためのブランドであるとは一概には言えませんが、個性と独自性を重視する人々にとって魅力的な選択肢であることは明らかです。

【質問5】プジョーは長く乗れる車ですか?

疑問に思う男性

「プジョーは長く乗れる車ですか?」

プジョー車が長期間乗れるかどうかについては、その耐久性と品質に基づいて評価することが適切です。一般的に、プジョー車は高品質な材料と堅牢な製造プロセスを用いて製造されており、適切なメンテナンスとケアが行われれば、長期間の使用が可能です。

自動車業界のデータによると、プジョー車の平均寿命は、他の主要なブランドの車両と比較して競争力があります。例えば、適切なメンテナンスを受けたプジョー車は、平均して200,000キロメートル以上の走行が可能とされています。これは、同クラスの他の車種と比較しても優れた耐久性を示しています。

重要なのは、定期的なオイル交換、タイヤのローテーション、ブレーキパッドの交換など、適切なメンテナンスを行うことです。これにより、エンジンやその他の重要な部品の寿命を延ばし、車両の全体的な性能を維持することができます。

したがって、プジョー車は、適切なメンテナンスが行われることを前提として、長期間にわたり乗ることが可能です。

まとめ:プジョーはやめとけと言われる理由と評判を口コミから考察

プジョーはやめとけと言われる理由と評判を口コミから考察してきました。

改めて、プジョーはやめとけと言われる理由をまとめると、

プジョーはやめとけと言われる理由

  1. リセールバリューが悪いから
  2. 修理とメンテナンスのコストが高いから
  3. 燃費性能は思ったほど良くはないから
  4. 車内空間は狭くて操作性もイマイチだから
  5. メーカー自体の人気と信頼性が低いから

プジョーはやめとけと言われる理由があるのは事実です。
主に、プジョーの故障率に関する不満の声が多い印象を受けました。

一番の要因としては、外車は故障率が高いといったイメージがいまだに根強く残っていることが大きいと考察します。

ですが、近年では自動車耐久品質調査でも、外車が国産車を抑えて評価されるケースが増えているので、過度に懸念する必要はないのではないでしょうか。