セレナe-powerは買って後悔する車?5つの理由と愛用者の口コミから評判を考察

「セレナe-powerは買って後悔する車?その理由は?」

「ライバル車種と比較してセレナe-powerの評判は良い?悪い?」

日産が誇る革新的なハイブリッドファミリーカーの「セレナe-power」
電気主動のユニークなハイブリッドシステムを採用し、家族向けの広々とした室内空間と高い燃料効率を兼ね備えています。

なんですが、一部で「セレナe-powerは買って後悔した」との声が聞かれますが、なぜでしょうか?

今後、セレナe-powerを購入検討している方や車の買い替えを予定している方にとって、非常に気になる情報です。

そこで!本記事ではセレナe-powerは買って後悔する理由や実際の愛用者レビューから解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、セレナe-powerは買って後悔する理由があるのは事実。
理由の多くは、e-powerのバッテリー性能に関する不満の声が散見されました。

要因としては、100%モーター駆動による日産独自の技術がまだまだ発展段階であり、改善すべき点が多いことが挙げられます。

そして、今の車から買い替えを検討しているなら「車買取」を選ぶのが賢明です。

なぜなら、下取りよりも額は大きくなりやすいから。
実際、買取相場・下取り相場を比較しても、買取の方が高くなっています。

ではどこで、買い取ってもらえばいいのか?

最もおすすめは、現在CMでも話題の高価買取を強化する「カーネクスト」がおすすめです。

カーネクストは、どんな車も無料査定で、日本全国どこでも希望の場所まで引取りに伺う買取サービスです。

✅カーネクストを利用するメリット

  • どんな車も0円以上での買取保証
  • 全国どこでも引取り・手続き無料
  • 買取金額にプラスして還付金が受け取れる

あなたが思っている以上の金額で、買い取ってもらえるかも?

無料査定入力は20秒で簡単に済みます。
まずは査定金額を確認して、買い取ってもらうか決めるのがおすすめです。

\来店不要!高価買取強化中/
『カーネクスト』今すぐ無料査定してみる
【公式サイト:https://carnext-haishakaitori.jp

セレナe-powerとは?スペック(仕様)情報

セレナe-powerは買って後悔する理由を解説する前に。
まずはじめにセレナe-powerとはどんな車か?スペック(仕様)情報をまとめます。

販売 日産自動車株式会社(英:Nissan Motor Co., Ltd.)
ボディサイズ(全長/全幅/全高) 4,690mm/1,695mm/1,870mm
ホイールベース 2,870mm
トレッド前/後 1,475mm/1,485mm
最低地上高 135mm
車両重量 1,790kg
乗車定員 8名
燃料消費率 18.4~20.6km/L(グレードにより異なる)
総排気量 1.433L
最高出力 72kW(98PS)/5,600rpm
発売日 2023年4月23日

使い勝手の良いミニバンの中でも、特に人気の高いのが日産「セレナ」。

現在は6代目モデルとなり、2022年12月にガソリン2WDタイプが発売しました。

そして、2023年4月23日に発売したのが、「新型セレナ e-POWER」モデルです。
e-POWER」とは、従来のハイブリッド車とは異なる、日産が独自に開発したモーター制御エンジンであり、今回は第2世代に進化したパワーユニットとなります。

従来の「e-POWER」が持つ燃費性能と静粛性がより向上し、快適な室内空間となっているのが魅力のひとつです。

セレナe-powerは買って後悔する5つの理由

「セレナe-powerを買ったら後悔するのではないか?」
車の性能や評判に関する情報を気にする人は、とにかく多いです。

なぜ買って後悔すると感じるのでしょうか?
具体的なセレナe-powerは買って後悔する5つの理由について触れていきます。

【理由1】バッテリー寿命が短いから買って後悔?

口コミでも頻繁に噂されるのが「バッテリー寿命が短いから買って後悔?」

本当にセレナe-POWERのバッテリー寿命は短いのでしょうか?

結論からいうと、基本的にe-POWERのバッテリーは交換不要です。
なぜなら、e-POWER搭載車に使用されているバッテリーは耐久性が高いから。

実際、公式ホームページを確認してみると、「通常の使用であればバッテリーの交換は不要」との記載があるくらいです。

また、公式にもあるように、5年または10万キロ走行以内であれば、メーカーの特別保証がついているので、劣化してもメーカー保証で交換することもできます。

以上のことから、セレナe-POWERのバッテリー寿命は、通常利用の運転であればまったく心配する必要はないと言えます。

【理由2】燃費がかなり悪いから買って後悔?

バッテリーだけでなく口コミで挙がるのが「燃費がかなり悪いから買って後悔?」

結論からいうと、セレナe-powerの燃費は悪くありません。
同クラスのライバル車と比較しても高く、実燃費も前のモデルより向上しているので、セレナe-powerの燃費は良いと言えます。

たとえば、他社の同クラスモデル「ステップワゴン」を見ると、ハイブリッドタイプの最高燃費が20.0km/Lに比べ、セレナe-powerは最高20.6km/Lのモデルがあります。

また、車情報サイトの実燃費レビューでは、前モデルの18.5km/Lよりも高い19.04km/Lという結果になり、燃費性能はさらに向上していることが判明しました。

以上を踏まえると、セレナe-powerの燃費は、悪いどころか実際には良いと言えるでしょう。

【理由3】バッテリーが上がりやすいから買って後悔?

日産のセレナe-powerはバッテリーが上がりやすい、との口コミがあります。
ですが、正しい使い方をすれば長持ちさせることは可能なので、一概に上がりやすいとは言えません。

実際に公式サイトでは、長距離走行をしない場合はロングライフモードで充電することや、頻繁に急速充電する場合は充電量を80%以下にする、等の方法を推奨しています。

なので、これらの使い方を怠った場合は、バッテリー上がりの可能性は否定できません。
言い換えれば、寿命を延ばす方法を遵守していれば、バッテリー上がりは回避できると言えるでしょう。

以上のことから、日産セレナe-powerはバッテリーが上がりやすいから買って後悔する、と一律に決めつけてしまうのは、無理があるといえそうです。

【理由4】高速道路でバッテリーが枯渇するから買って後悔?

高速道路運転時の状況でも買って後悔する、といった噂が挙がっているようです。

ですが、まったく問題ありません。
日産セレナe-powerのバッテリー残量は、高速走行時、減速してバッテリー充電を行いながら効率よく消費されます。

実際、車情報サイトの走行レビューによると、セレナe-powerは高速では通常時より加速が鈍るものの、600km区間をパワー不足感なく走行できた、としています。

つまり、e-powerエンジンは、高速走行時にはモーター駆動とともに、バッテリー充電も行うため、通常の乗り方でバッテリー残量が無くなる心配がないと言えます。

以上のことから、日産セレナe-powerは高速道路でバッテリー充電が足りなくなるという情報は、正しいとは言えないでしょう。

【理由5】サイドブレーキがないから買って後悔?

日産セレナe-powerはサイドブレーキがなくなり不便との口コミがあります。
確かにレバーはなくなりましたが、パーキングブレーキがボタン式の電動になっており、非常に便利です。

実際、ある車情報サイトでは、パーキングブレーキが電動することにより、ブレーキの解除し忘れによるトラブルや操作力が少なくて済むことなどのメリットを上げています。

また、発進のときは、シフトポジションをDかRにして、アクセルペダルをゆっくり踏むだけで自動解除できるので、ストレスなく発進することができます。

以上のことを踏まえると、セレナe-powerはサイドブレーキがなくなったものの、ボタン式のパーキングブレーキによりさらに便利になったと言えるのではないでしょうか。

つまり、「サイドブレーキがないから買って後悔する」かは個々人の主観。
レバーはない方が便利と感じる人も多いので、購入する前に実際に試乗してみて感覚を掴んでみることをおすすめします。

買って良かった!セレナe-powerの良い口コミ

ここまで、セレナe-powerは買って後悔する理由について解説してきました。

買って後悔した情報があるのは事実です。
ですが、セレナe-powerにもメリットは当然あります。

ここでは、実際の愛用者によるセレナe-powerの良い口コミをご紹介していきます。

【口コミ1】静音性が非常に高い

日産セレナe-POWERは、静音性が高い、とのコメントが多く見られます。

セレナe-POWERの制御技術は、発電の時だけエンジンが使用され、駆動は100%モーターなので、圧倒的な静粛性を実現しています。

これら制御技術の向上によって静粛性が保たれることで、セレナは快適な運転をすることができます。

【口コミ2】加速性能が高く力強い走り

セレナe-powerの加速性能を評価する声も多くありました。

第2世代に進化した「e-power」は、120kWの高出力が実現することで、今までよりも大幅に加速性能が向上しています。

車体が大きく安定性も高いので、高速道路でも楽々と運転することができるでしょう。

【口コミ3】e-Powerにより燃費性能が高い

セレナe-Powerは燃費性能が高く、評価する声が見られます。

セレナe-Powerの燃費はカタログ値で18.4~20.6km/L(グレードにより異なる)と、非常に燃費効率は良いと言えるでしょう。

なので、ガソリン代などの維持費を抑えるのに役立つモデルだと言えます。

ライバル車種比較からセレナe-powerの評判も検証

ここまで、セレナe-powerの評判をオーナーレビューから解説してきました。

ただ、ここまでの情報はすべて主観による評価。
客観的な情報がなくては、情報の信ぴょう性には欠けて、購入検討者のニーズを満たすことは難しいです。

実際、ライバル車種と比較してどれがいいのか?迷う人は多い。
そこで!ライバル車種比較からセレナe-powerの評判も検証していきます!

ライバル車種(ミニバン)との比較表

まず、セレナe-powerとライバル車種(ミニバン)との比較表は以下の通りです。

比較(ハイブリッド車) セレナ
(e-POWER車)
ステップワゴン
(e:HEV車)
本体価格 319万8800円~479万8200円 338万2500円~384万6700円
全長 4690~4765mm 4800~4830mm
全幅 1695~1715mm 1750mm
全高 1870~1895mm 1840~1855mm
エンジン 1.4L・3気筒 2.0L
走行用モーター最高出力 163ps 184ps/5000~6000rpm
最大トルク 32.1kgf・m 32.1kgf・m/0~2000rpm
燃費性能
(WLTCモード値)
18.4~20.6km/L 19.5~20.0km/L
室内サイズ 長さ:3135~3145mm
横幅:1545mm
高さ:1400mm
長さ:2845mm
横幅:1545mm
高さ:1410~1425mm
特徴・強み マルチセンターシートを採用
スライド機構を標準装備
デュアルバックドアを採用
ハンズフリー機構付きの両側スライドドア
橫方向のスライド機構を新採用
メモリー機能付き電動パワーテールゲート
水平なベルトラインを採用

【比較1】シートアレンジが多彩なのはセレナ

セレナの魅力は、圧倒的なシートアレンジの豊富さです。
シートは前後スライドができるだけでなく、セカンドシートのスライドや横スライドも可能で、乗車人数や使い方に合わせたアレンジをすることができます。

なので、セレナを選べば非常に使い勝手の良い室内空間が実現できるでしょう。

【比較2】積載性を重視するならステップワゴン

ステップワゴンとセレナの一番大きな違いは3列目シートの収納方法です。
セレナは3列目シートが跳ね上げ式なのに対し、ステップワゴンは床下に格納するタイプの収納方式です。

なので、ステップワゴンであれば、荷室が広く使えて、より多くの荷物を置くことができます。

買って後悔すると言われてもセレナe-powerに向いてる人の特徴3選

ここまで、セレナe-powerの評判をまとめてきました。

ではどんな人がセレナe-powerには向いているのか?
買って後悔すると言われてもセレナe-powerに向いてる人の特徴もまとめていきます!

【特徴1】家族向けの広々とした室内空間をもつ車が欲しい人

まず1つ目の特徴が「家族向けの広々とした室内空間をもつ車が欲しい人」

セレナe-POWERは広い室内空間を備えており、大家族や多人数での移動に最適です。

また、子供がいる家庭にも適しています。

広い室内は子供たちに快適な空間を提供し、長距離の旅行でもストレスを感じさせません。

多くの荷物を運ぶ必要がある場合や、頻繁に大人数で移動する家庭にとって、セレナe-POWERは理想的な選択肢です。

【特徴2】環境に配慮したe-POWERシステムを搭載した車に乗りたい人

次に2つ目の特徴が「環境に配慮したe-POWERシステムを搭載した車に乗りたい人」

環境に配慮しているユーザーや、燃費の良さを重視するユーザーに適しています。

e-POWERシステムは、ガソリンエンジンを発電機として使用し、電動モーターで駆動するため、従来のガソリン車よりも燃費が良く、CO2排出量を削減します。

環境意識が高く、かつ燃費の良い車を求めるユーザーにとって、セレナe-POWERは魅力的な選択です。

【特徴3】先進的な安全機能を多数搭載した車を運転したい人

そして3つ目の特徴が「先進的な安全機能を多数搭載した車を運転したい人」

安全性を重視するユーザーに最適です。

セレナe-POWERには、自動ブレーキシステムや衝突回避支援など、先進的な安全機能が多数搭載されています。

これらの機能は、特に交通量が多い都市部での運転や、子供を乗せての運転において重要です。

安全性を最優先するドライバーにとって、セレナe-POWERは信頼性の高い選択となります。

【Q&A】買って後悔する前に!セレナe-powerに関するよくある質問

最後にセレナe-powerに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】バッテリーの値段(交換費用)はどれくらい?

疑問に思う男性

「バッテリーの値段(交換費用)はどれくらい?」

日産e-powerのリチウムイオンバッテリーは、公式にもあるように、通常の使い方であれば交換する必要はありません。

ですが、メインバッテリーをサポートする補機バッテリーは、楽天市場で調べると、7,500円~24,000円までの価格で販売されています。

なので、カー用品店で交換を行う場合、工賃を含めて3万円くらいで交換が可能なのではないでしょうか。

【質問2】ハイウェイスターVの新車購入価格はいくら?

疑問に思う男性

「ハイウェイスターVの新車購入価格はいくら?」

新型セレナe-POWERのハイウェイスターVの新車価格は、3,686,100円(税別)となります。

なので、税金諸費用含めると、乗り出し価格は420万円前後になると予想することができます。

【質問3】セレナe-powerの中古車購入時の注意点はありますか?

疑問に思う男性

「セレナe-powerの中古車購入時の注意点はありますか?」

年式に関係なく、走行距離の少ないe-powerの中古車は、注意する必要があります。
なぜなら、メインバッテリーが長期間放置されて、放電により劣化している可能性があるからです。

なので、走行距離と年式のバランスが良い車を選ぶことをおすすめします。

【質問4】セレナガソリン車とe-powerはどっちのほうがいいですか?

疑問に思う男性

「セレナガソリン車とe-powerはどっちのほうがいいですか?」

燃費性能と静粛性においては、e-powerの方が性能が上でおすすめです。
一方ガソリン車は、本体価格がお手頃なのとハイブリッド車特有の回生ブレーキの影響がない、ということがメリットとして挙げられます。

なので、快適な運転がしたい人や、維持費を抑えたい人には、e-powerタイプの方が向いていると言えるでしょう。

まとめ:セレナe-powerは買って後悔する理由と評判を口コミから考察

セレナe-powerは買って後悔する理由と評判を口コミから考察してきました。

改めて、セレナe-powerは買って後悔する理由をまとめると、

セレナe-powerは買って後悔する理由

  1. バッテリー寿命が短いから買って後悔?
  2. 燃費がかなり悪いから買って後悔?
  3. バッテリーが上がりやすいから買って後悔?
  4. 高速道路でバッテリーが枯渇するから買って後悔?
  5. サイドブレーキがないから買って後悔?

セレナe-powerは買って後悔する理由があるのは事実です。
主に、e-powerのバッテリー性能に関する不満の声が多く見受けられました。

要因としては、100%モーター駆動による日産独自の技術がまだまだ発展段階であり、改善すべき点が多いことが挙げられると考察します。

ですが、セレナe-powerの静粛性や燃費性能については評価する声も多いので、今後の技術進展にぜひ期待したいです。